キャンプで薪ストーブを使いたい。使うときの注意点とおすすめとは?

キャンプで薪ストーブを使いたい。使うときの注意点とおすすめとは?

LIFE STYLE 2018.10.06

Share :

薪ストーブでテント内をあたためよう

アウトドアで暖をとるには欠かせないストーブ。燃料が異なるタイプで複数種類ありますが、暖をとりながら調理もできる薪ストーブが注目を集めています。キャンプ場で薪ストーブを準備すれば、周りの人から憧れのまなざしを向けられること間違いなしです。

火を使うストーブになるので、メリットだけでなくデメリットや使用する上で注意しなければならない点も考えられます。薪ストーブのメリット、デメリットを理解して、アウトドアを充実させましょう。
焚き火

薪ストーブのメリット

薪ストーブは火を見ているだけでも、気分を落ち着かせてくれたり、キャンプの雰囲気を盛り上げてくれることもあります。オシャレなメリットだけでなく、実用的なメリットとして、どのような点が挙げられるのか、しっかりと理解しておきましょう。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

テント内が汗が出るほど暖かくなる

薪ストーブは、薪を燃やして暖を取っているため暖まりやすいというメリットがあります。テントの中で使用すると、テント内で汗が出るほどに温まることもあります。また、ストーブの中ではかなり広範囲で暖めてくれるストーブであるといわれています。
しかし薪を原料にして燃えるため、煙が出ることをしっかりと理解しておきましょう。煙を外に出してくれるような仕組みのストーブもありますが、値段が高額になるものもあるので、しっかりと検討することが必要です。

薪ストーブなら調理もできる

薪ストーブが1台あるだけで、暖をとるだけでなく、煮込み料理や焼き芋など調理にも使用できるメリットが挙げられます。料理にも使用したい場合は、薪ストーブの上部が天板になっているものを選ぶようにしましょう。天板の上に鍋やフライパンを乗せるだけで調理ができます。また、本体の薪の中でオーブン料理を作ることも可能です。
焚き火 キャンプ

薪ストーブのデメリット

薪ストーブのメリットを理解したら、デメリットもしっかりと知っておく必要があります。薪を燃やして暖める薪ストーブには、誤った使い方をすると事故やケガを招くおそれもあります。薪ストーブのデメリットには、どんなものが考えられるのでしょうか。

薪のコストもそれなりなので費用が掛かる

薪ストーブでは、原料となる薪を大量に使うため、費用がかかるというデメリットが考えられます。これは、使う時期や使い方により異なるので、持参した量で足りない場合、キャンプ場で購入することも覚えておかなければなりません。薪が使い放題というキャンプ場もあるので、そういったものを利用することもよいでしょう。

取り扱いが難しい

薪ストーブは、初心者の人にとっては取り扱いが難しいというデメリットが考えられます。しかし、ナイフで薪を小さくした後に着火したり、最終手段としてバーナーを使用して一気に着火するなど、工夫することで、取り扱いにも慣れていきます。

積載面で不自由である

車に積んで持ち運ぶ際、本体のみならず煙突や薪のことを考えると積載には広いスペースが必要となります。ただ、コンパクトモデルも多く発売されているので、車載のことを考慮して購入を検討することがおすすめです。キャンプのときには、薪ストーブで使用する薪も大量に必要になってくるので、他の荷物を積載することも合わせて検討しましょう。
キャンプ 料理

薪ストーブを使う上での注意点

薪ストーブのメリット、デメリットを理解したら、使用上の注意点を確認しておきましょう。正しく使わないと事故やケガにつながるので、しっかりと確認し、注意点を守る必要があります。せっかくのキャンプを台無しにしてしまわないよう、薪ストーブの使用上の注意を学んでおきましょう。

コットン製のテントか薪ストーブ用テントを使う

薪ストーブは薪を燃やしているのでストーブ本体が高温になることはもちろん、火の粉も飛びます。キャンプで使われる一般的なテントは、熱に弱いポリエステルのものが多く、テントに穴が開いてしまう可能性があります。薪ストーブを使うのであれば、熱に強いコットン製のテントを選ぶようにしましょう。火の粉が飛んでも、被害を最小限に抑えることが可能になるでしょう。

火傷に注意

薪ストーブは本体だけでなく、煙突の部分も約300℃まで上昇するといわれています。直接触れることはもちろん、衣服や小さなお子様も触れないよう注意が必要です。火器を扱うということをしっかりと理解し、燃えやすいものは近くに置かないことを徹底するようにしましょう。

一酸化炭素中毒にならないようにする

最近ではテント内でストーブを使用する人も増えています。テント内で使用する際は、換気を十分に行う必要があり、一酸化炭素中毒になる危険があります。一酸化炭素は目に見えず無臭で気づきにくいです。予防するためにも、換気を十分に行いながら、一酸化炭素警報機をテント内に設置し併用することがおすすめです。

テントの生地が煙突に直接当たらないように気を付ける

テントの中に薪ストーブを設置する場合、煙突をテントの外まで伸ばさなければなりません。その際、テントと煙突が直接触れないよう配慮しないといけません。この作業を怠るとシェルターが一瞬で燃えてしまう危険があります。また、風向きを考慮して、熱風がテントに当たらないように、火の粉がテントに飛ばないよう注意する必要があります。
焚き火

おすすめの薪ストーブ

薪ストーブは大きさも金額も高めのものが多いです。そのため、薪ストーブ選びは失敗したくないところ。安価すぎるものは避け、少々高額でも良質なものを選ぶようにしましょう。

テンマクデザイン iron-stove ちび アイアンストーブ


薪ストーブとしての基本的な性能は持ち合わせたまま、アウトドアシーンでの利便性や調理のしやすさなどを追求した薪ストーブです。黒く耐熱塗装された本体は、重厚な雰囲気を醸しだし、耐熱ガラスからは薪火のゆらめきを楽しむことができます。天板には直火があたる火口が2つ設けられており、効率的に調理鍋を温めることが可能です。

アネヴェイ フロンティア ストーブ プラス ANEVAY Frontier Stove Plus


アウトドアブランドANEVAYから発売されている薪ストーブは、携帯にも便利なコンパクト設計が魅力です。また、長年アウトドアシーンでのストーブ研究を行ってきたブランドならではの、スタイリッシュなデザイン性も注目され、ベテランキャンパーから新たなキャンパー層まで幅広く支持されています。
燃焼効率を高める工夫が施されているので、キャンプ中に暖をとったり、ストーブの上で調理したりと、キャンプスタイルをセンスアップしてくれ、オシャレに演出してくれます。本体は煙突、脚を含まずに横28cm×奥行49cm×縦23cmです。

G – Stove Heat View/ジー ストーブ


ノルウェー初の万能薪ストーブは、女性でも簡単に持ち運ぶことが可能なほどのコンパクト設計が魅力です。煙突の長さは最長で240cmまで伸び、収納時は6つに分解できる上、本体の中に収納して持ち運ぶことが可能です。空気調整扉が付いているので、開け閉めすることで火力の強弱を調整できます。
焚き火

薪ストーブの火力に注意しながら活用しよう

薪ストーブは、多くのキャンパーの憧れの存在。若干高額ではありますが、良質なものを選んでキャンプを格上げしたいものです。
薪ストーブは燃料である薪を燃やして暖をとるため、火器としての扱いをしっかり認識し、メリット、デメリットを確認しましょう。事故やケガをしないよう注意しながら使用し、ハイセンスでおしゃれなキャンプを演出しましょう。

category

記事カテゴリー