おすすめの人気バイク紹介。メーカーの違いからお役立ち情報まで

おすすめの人気バイク紹介。メーカーの違いからお役立ち情報まで

CAR / MOTORCYCLE 2018.09.23

Share :

バイク選びからが大事

自分のバイクを手に入れようと思ったのならば、バイクをどう選ぶのか、それが肝心です。つまり、何よりバイク選びからが最も大事なことなのです。
もちろん、どんなショップで購入するのがよいか。季節に応じてどのような対策をするべきか。事故についてはどのような心構えをしておくべきか。すべて大切なことです。

しかし、まずはいかにバイクを選ぶか、というところから始めましょう。
バイクをいかに選ぶか。それにはバイクメーカーにはどのようなものがあるか、各メーカーはどのような物語や背景を持っているか、それを知ることが最初の一歩です。さまざまなオートバイ製造メーカーについて、ひとつずつ紹介していきます。
バイク

主なバイクメーカーの紹介

バイクメーカーにはどのようなものがあるかご存知でしょうか。
バイクメーカーは巨大企業ばかりです。日本や先進国ならファッションや趣味でバイクに乗る方も多いでしょうが、そもそも乗り物は生活必需品。そのため、オートバイメーカーは車のメーカーと同じく世界的に収益を上げている大企業がほとんどです。

国内メーカーは、いずれも歴史も知名度も抜群で、高度経済成長を支えた日本を代表する企業が勢ぞろいしています。海外メーカーも、世界屈指のブランド会社ばかり。世界中のバイカーたちをうならせている、バイクメーカーは華やかです。
それではご紹介を始めます、自分好みのメーカーを見つけてください。

国内で人気のメーカー

国内で人気のバイクメーカーについてご紹介していきます。日本の製造業を支え、世界で評価されている会社ばかりなので、安心して選べます。

乗りやすさが特徴でバランス抜群の国内1位メーカーホンダ

誰もが知ってるメーカーですね。本田宗一郎氏が創業し東京都港区に本社を持つ、日本を代表する乗り物メーカーです。オートバイや車は当然ながら芝刈り機なども販売していて、高度な技術を誇り世界で大きな存在感を放っています。

二輪車は売上の規模・販売台数双方とも世界一。誰もが認める、最もポピュラーなバイクメーカーだと言ってよいでしょう。ベトナムでは、オートバイを指す一般名詞として「Honda」が使われているとか。
ホンダのバイクは作りが非常に丁寧で、とにかく乗りやすいことが特徴です。ストレスフリーでバランスのよい乗り心地です。白バイや教習所でのバイクにホンダ製のバイクが多く使われているのは、このバランスの高さの証左と言えるでしょう。

デザインについては、万人受けするものを採用していく傾向があります。エッジの効いたものはあまりありませんが、独特すぎて外すこともないデザインで、一定の評価で知られています。

トヨタと連携し高い技術力のヤマハ

ヤマハと言えば、楽器製造が有名ですが、バイクの世界でもビッグネームなのです。ヤマハ発電機は世界のトヨタと提携してバイク開発・販売を行っています。1955年からバイクの生産をしていて、昔から高い技術力には定評があります。
技術は特筆すべきものがあります。たとえば、YZF-R1の不等間隔爆発を実現した4気筒エンジンは、ヤマハでしか製造されていません。美しいうえにハイテクなバイクを作るメーカーと言えますね。

デザインに関してもこだわりと追求があります。とにかくオシャレ。カラーリングは黄色または赤のストロボカラーが有名です。
こんなエピソードがあります。ヤマハはなんと、最初のバイクを作った時からデザインを外注していたとのこと。1955年という、まだデザインという概念すら確立されていなかった時代にです。このエピソードから、「デザインのヤマハ」「芸術のヤマハ」などと言われることもあります。

独特なデザインが特徴のスズキ

スポーツタイプのオートバイ「隼」、ご存知でしょうか。かっこいいですよね。197馬力もある、現代日本バイクを代表する一品です。スズキのバイクといえば、やはり特徴のあるデザインです。それは、街で誰かが流しているさまを一目見て、「あ、スズキのバイクだ」、とわかるほど。

その独特のデザインセンスから、見ているだけでも楽しいバイクが多く、はまってしまうと抜けられない何とも言えない魅力があります。ハードコアなファンが多いのが特徴です。
また、新しいことに挑戦していく姿勢を忘れておらず、その姿勢から近年はハヤブサ、カタナといった新名車も生み出しています。鈴鹿の8時間耐久レースに出場し、当時「無敵艦隊」として最強を誇っていたホンダのチームを下して優勝したエピソードも有名ですね。

骨太なデザインが男性に人気のカワサキ

バイクマニアにウケがいいのが、カワサキです。おじさん向けのバイクメーカーというイメージがありますが、最近はそうでもありません。初心者でも抵抗なく乗れるようなモデルを発表していて、国内でも好調な売れ行きを記録しています。

カワサキがバイクフリークにうける理由は、その魅力あるデザインです。4気筒エンジンを搭載した、代名詞ともいえるライムグリーン色の車体が街中を颯爽と走り抜けるさまは、世界中のバイク好きをうっとりトリコにし続けています。

人気の海外メーカー

人気の海外のバイクメーカーは、その圧倒的なブランド感がみどころ。誰もがふりかえるスタイリッシュなデザインをぜひご確認ください。

日本に強い影響をもたらしたアメリカのハーレーダビッドソン

アメリカのバイクメーカーで、こちらも超有名ですね。映画などでもよく見るので、アメリカのバイクといえばハーレーを連想する方も多いと思います。その独特なスタイルは、もはや生き方そのもの。日本の単車乗りにとにかく多くの影響を与えました。

カスタムして乗る方がとても多く、専用のカスタムショップが世界中にあり、さまざまなパーツがあります。自分だけのモデルが欲しい、という方にうってつけのメーカーです。
ハーレーの特徴はなんと言っても、背もたれにゆったり腰掛ける乗車姿勢と独特なエンジン音です。特にトルクを重要視した大排気量空冷V型ツインエンジンによる音は、世界中でファンから愛されています。

上品で高級感のあるデザインドイツのBMW

ドイツのBMWと言えば、車のイメージが強いかもしれません。しかし、バイクの製造も行っているのです。1920年代からバイク製造を行っている老舗中の老舗。自動車のイメージと同様に、堅牢で壊れにくいマシンを販売しています。水平2気筒エンジンが多くの人に知られています。
デザインとしては自動車同様洗練されたイカつめのボディで、ダンディな男性に根強く人気があります。

スポーティなデザインが魅力のドゥカティ

ドゥカティはイタリアメーカーのバイクの代表格です。90年もの歴史を持ち、数々のレースを制覇し、世界中でとてつもない人気を誇っています。
特にボディのハイクオリティなデザインでは、他社を圧倒しています。世界中のデザインコンペで多くの賞を受けており、その美しさはぜひ直接ショップで見てください。
バイク

おすすめのバイクショップ

バイクを手に入れた後、それを売却したり、関連のグッズをどう購入すればよいのか迷っている方もいるかと思います。おすすめのバイクショップについて、紹介します。今回は下記の選考基準でショップを選びました。

  • 大手や人気店。
  • 全国に店舗が多いかネット通販がある。

一般的なショップなので、はずれのない売買をすることができます。

一括で大手買取会社の比較査定ができるバイクブロス

バイクブロスはバイク車体買取のサイトですが、その魅力は1分ほどの簡単な情報入力で、大手会社の査定をしてもらえるところです。これは本当に便利です。複数の会社への同時依頼もできるので、よりよい条件で売却できるところを探すことができます。
特にカスタムバイクなら、各パーツについて高い評価価格がつくこともあるので、こだわり抜いた自慢のバイクを手放す場合はぜひ利用してみてください。

業界トップの実績バイク買取はバイク王

買い取り実績ナンバーワンのサイトと言えば、バイク王です。CMも頻繁に流れているのでご存知の方も多いと思います。
出張料の負担がないこと、買取価格が安定していることなど、大手で資本があることからのメリットも多いのでお勧めです。

バイク用品店ならライコランド

ライコランドは全国各地に系列店が多く、品ぞろえが充実していることが知られています。バイク用品店としてはかなりポピュラーなお店です。

メーカーの出張イベントなども頻繁に催されており、ふと立ち寄るだけでも賑わいを楽しむことができます。バイク好きの方々のイベントがどんなものか、知ることができて楽しいですよ。

全国展開し通販サイトもあって便利なナップス

ナップスは、店舗は関東圏での出店が多いですが、全国展開もしているバイク用品店です。実店舗だけでなく通販サイトもあるので、全国どこからでも注文が可能なので便利です。
バイク」

おすすめの人気バイク

おすすめのバイクについてご紹介させていただきます。下記の選定基準で選びました。

  • 大手メーカーの商品。
  • デザイン性がある。

「これだ!」声をあげるような、あなたにぴったりの車種が見つかることを祈っています。

人気の大型バイク

バイクはやはり大型に乗りたいですよね。存在感と重量感で魅了する、各社の代表的なモデルをご紹介していきます。

ホンダ CB1100

万人に人気な、ホンダらしいスタンダードなバイクです。走りを楽しむ、という姿勢を追い求めることをテーマとしており、とにかく走りの味わいを価値として提供することを目的としています。
空冷直列4気筒1100ccエンジンを乗せており、軽快な旋回フィールで高応答のハンドリングがすばらしいです。はずれの無い車種と言えるでしょう。

スズキ HAYABUSA

独特なフォルムでの特異な世界観で、多くのコアなファンをうならせているバイクです。貫禄のある前方にもったり含みのあるデザインは、「一つの時代を築いた」と言われるほど世界中で称賛されました。

実際は数百キロのスピードがでる馬力あるエンジンが搭載されているのですが、スピードリミッターという機能が備え付けられており、180キロを超えるスピードは出ないようになっているので安全です。そもそも日本の公道には、180キロも速度を出せる環境はまず存在しませんものね。

カワサキ Ninja 1000

シャープでスポーティな造形美は必見です。カワサキ「ニンジャ」は、その名で海外でも注目されているマシン。ライムグリーンの映える車体で、今までにないライディングフィールを実現しています。

バランスの取れた走行性能と、エンジンの回転数に合わせて高まる吸気音は、ツーリングで遠くに出かけたいという意欲を燃え上がらせますね。

カワサキ Z1000ABS

跳ねるイタチのような躍動感ある体つきで、向き合う者の心をわしづかみにします。スロットルを開けると放たれる強いトルク音に、心臓の鼓動が呼応していく感じは何とも言えない快感でしょう。

成人男性の身長に合ったちょうどよい寸法で制作されているとのこと。ライディングがしやすい設計はうれしいです。

BMW R1200GS Rallye

BMWのR1200GS ラリースタイルは、何といってもその走行安定性の高さが魅力。比類ないアドベンチャーモデルとして、砂利道も山道も、道がなくてもどんなところでも突き進むことができます。

ルパンブルー・メタリックに塗装された、耐久力自慢のフォルム。青い炎のようで、かっこいいですね。

人気の中型バイク

コストや利便性から中型のバイクを選択肢として考えていらっしゃる方も多いでしょう。高品質かつ等身大の中型バイクをご紹介します。

ヤマハ YZF-R25

毎日乗れる、スーパーバイクをモチーフに、ヤマハが開発した250ccロードスポーツモデルです。幅広いユーザへ、バイクに乗ることそのものの楽しさをアピールしています。

デザインもカッコよくオシャレですね。初心者の方におすすめの、入門的なバイクと言えるでしょう。

ホンダ CB400スーパーフォア

ホンダの伝統と革新を兼ねそろえたデザインで、400ccクラスのナンバーワンネイキッドといわれる直球ど真ん中ストレートなモデルです。
高速で走行した際の抜群の安定感と、長距離を走破した時の快適さは随一のものを持っています。

カワサキ Z250

DOHC4バルブのパラレルツインエンジンを搭載したZ250は、豊富なトルクと伸びやかな吹きあがりを持つモデルマシンです。シティでも郊外でも、幅広い領域で、すばらしいパフォーマンスを体験できます。
まるで闇夜にひそむ黒い忍者のようなデザインも魅力です。

スズキ グラディウス400

寝そべった猫のようなエレガントなボディは、そのゆったりしたデザインに反して曲がりくねった道を俊敏にかけぬけます。Vツインエンジンが奏でる心地のよい振動は、すべての関係者を虜にしてやみません。
グラディウスとは、古代ローマ時代のローマ軍団剣闘士が用いた短剣からとられた名前。まさに伝説のような幻想観を醸し出しています。

ドゥカティ Scrambler Sixty2

「モーターサイクルの本質に戻るために誕生させた」、とドゥカティが自信をもって放つ「ポップアイコン」がこちらです。スクランブラーはなんと400ccなので、普通自動二輪免許で乗ることができます。

ユーザのニーズに合わせ、マーケットを開拓にいった新提案のオートバイとして、注目されています。
バイク

バイクを快適に乗るために

バイクを快適に乗るためにはどのようなことに気を付ければよいでしょうか。
それには季節に合わせた装備をそろえることが何より大事です。バイクは道を走ります。道は都会にも何もない田舎にもつながっています。

そこで直面するのは自然の厳しさです。夏場と冬場では、当然バイクに乗る服装が違います。
季節に合わせてどのようなアイテムや服装をそろえるべきか。このカテゴリで紹介します。

夏は暑さ対策して熱中症にならないように

夏は昼間の時間が長いです。その分陽に当たる時間が長くなります。そのため、遠征するようなツーリングの際は水分補給や暑さ対策が肝心となります。直射日光や道路の照り返しとエンジン熱を甘く見てはいけません。

とにかく夏場のライディングは暑さとの戦いと言えるでしょう。大型のバイクのエンジンは、驚くほどの熱を持ちます。きちんと暑さ対策をして、熱中症にならないように気を付けてください。

夏場にするべき服装

夏場は暑いです、しかしそれでも乗車時は肌を露出しない服装をするのがよいでしょう。転倒してしまった時などに肌を傷つけないように守るという意味合いもありますが、日光や照り返し、バイクの熱によるやけどから身を守るためです。

しかし、厚着をしてしまうと本末転倒でなおさら熱中症になる可能性が高まってしまいます。そのため吸汗速乾性に優れた生地でできた、涼しい服を着るようにしましょう。

冬のバイクは防寒が必須

冬場は、寒いです。特に真冬に高速で疾走していると、体温がどんどん奪われていきます。風の当たる指先が凍傷になってしまうことも普通にありますので、防寒対策は必要不可欠です。

できるだけ気密性の高いライダースジャケットや、グローブなどを身につけましょう。冷たい風が吹くのスキマに入り込むことで体温低下を引き起こします。風が大敵なので、隙間のない服装、袖口などをマジックやリブで留められるものを選びましょう。
バイク

バイク事故を防ぐために気を付けること

バイク事故はとても怖いものです。二輪車の交通事故で、2015年には50名の方がお亡くなりになりました。車と違って車体で身体をガードされたり、エアバッグなどもないので、衝撃を肉体で直接受けてしまうことで大きな損傷をしてしまいがちです。

バイク事故を未然に防ぐには、バイク事故がどういうものかをあらかじめ知っておくのがよいでしょう。このカテゴリでは、そのことについて説明しておきます。後悔先に立たず。全バイク乗り必読です。

第一に安全運転を心がける

まず、バイクに乗る際は、安全運転を心がけましょう。当たり前ですが、これが何よりも大切なことです。他人の車やバイクを煽ったり、スピードを出すことなどもってのほか。無茶な追い越しなども絶対にしないようにしましょう。

重量のある大型の車などと接触事故を起こしてしまうと、相対的に軽いバイカーは簡単に吹き飛んでしまいます。そして簡単に致命傷を負ってしまいます。そうならないように、とにかく、安全運転をしましょう。これが第一です。

交通ルールを順守する

安全運転をするのにはどうすればよいか。これまた当たり前なのですが、その答えは交通ルールを守ることです。交通ルール順守こそが大前提です。

実際現実では、交通ルールを守っているから事故は起きない、ということはあり得ないのですが、自ら違反することでリスクを高めることほど不用意なことはありません。交通ルールは順守しましょう。そのことで損をしてしまうことは決してありません。

バイクの特徴を知っておく

バイクを乗り回すにあたり、車の死角に入りやすいところ、バランスをとりにくいところなど、バイクの運転の特徴などを知っておくことは、バイク事故回避にとても有効です。

例えば、二輪車ライダーの特性として、前かがみの乗車姿勢にどうしてもなってしまうということがあります。このことで、道路中心で視界が構成されてしまいます。バイクに乗っているときは、頭上や道の脇は視界に入りにくくなりがちなのです。そのため道路わきからの障害物が飛び出してきた時などに対処が遅れがちになってしまいます。

このことはバイク乗車時の特性として頭に入れておくとよいでしょう。それだけで大きな事故を回避できることがあります。
また、バイクは同乗での指導を受けることが難しいため、運転が自己流になりがちです。正しい交通ルールなどはこまめにチェックするようにしましょう。

プロテクターを装着する

2015年に二輪車の交通事故で亡くなられた50名のうち、プロテクターを着用されていた方は3名だけだったそうです。残りの47名ももしプロテクターを装着していれば不幸は避けられたのかもしれません。

実は、バイクの死亡事故で強く打ってしまう箇所の1位は頭部、2位は胸部なのです。頭部はヘルメットでガードすることが義務付けられていますが、胸部を保護することは法律では決められていません。法律で決められていないからやらなくていい、ということには当然なりませんので、胸部保護のため、バイクに乗るのならプロテクターも着用するべきでしょう。

体調不良の時は運転を控える

その日その時の体調や気分は、自分で気が付かなくてもそのまま運転に影響を与えます。運転には、冷静に判断や動作をする身体と精神が必要不可欠です。

体調が悪かったり、ストレスがあると判断能力が鈍り、荒い運転になってしまいます。このことが大きな事故を引き起こす原因になることもあります。
眠い、つかれた、いらいらする、といったささいなことでも、運転の前には自己チェックして、不要なリスクはとらないようにしましょう。
バイク

バイクヘルメットの選び方

頭部を守るバイクヘルメットについては、どのようなものを選ぶのがよいでしょうか。
こちらでは色やヘルメットの種類などからお勧めをご紹介します。

バイクヘルメットの人気な色から選ぶ

バイクのヘルメットは、まずは人気の色から選ぶのがよいでしょう。単色なものよりも派手なものがよいです。その理由は、目立つヘルメットを着用することで同車線内のドライバーに存在をアピールできるからです。目立つことで事故防止につながるというわけです。

また、バイクの色に合わせるのもよいでしょう。バイクの色が赤ならヘルメットの色も赤、というように合わせると、色合いのあった気持ちのいいスタイルになります。また、バイクの色ではなく、ウェアの色に合わせる方法もあります。こちらもおしゃれですね。

無難なのは黒かシルバーなのですが、バイクに乗るなら目立ってなんぼ、上記のように危険回避も合わせて、ヘルメットやウェアは派手目がお勧めです。

使う状況によって選ぶ

ヘルメットの形状について選ぶ方法もあります。形状によってメリットデメリットがあるので状況によって選び分けましょう。

まず、保護性能を求めるならフルフェイスヘルメットがよいでしょう。その名の通り、顔全体を覆うものです。顔全体を覆っているので防御力がとても高くおすすめです。
安全性を重視したいなら、迷わずフルフェイスヘルメットでよいと思います。
このヘルメットのデメリットとしては、重くなってしまうこと、熱がこもってしまうことなどが挙げられます。通気性のよい製品もあるので探してみてもよいかもしれません。

ジェットタイプのヘルメットは、シールドが特徴です。フルフェイスヘルメットとの違いは、顔の部分が空いていることです。覆う部分が一部分だけのため、開放感があります。
デメリットはやはり、防御力が低くなってしまうことですね。ここは結構大きなデメリットだと思います。安全性は重視することをお勧めします。

バイクライフを楽しもう

バイクについて多角的に説明してきましたが、バイクライフのイメージはつきましたでしょうか。バイクライフと言っても十人十色です。ここで紹介しきれていないスペースに、あなただけのバイクライフがある可能性は十分にあります。

あなただけのすばらしいバイクライフが構築されることを願っています。そしてそのバイクライフをあなたが作り上げていく最中、いや、その道中に、きっと最も楽しいひとときがあることでしょう。

category

記事カテゴリー