ライザップの料理を学ぶ|料理教室派と本で自習派おすすめはどちら

ライザップの料理を学ぶ|料理教室派と本で自習派おすすめはどちら

LIFE STYLE 2018.09.24

Share :

ライザップの料理教室について紹介します。

結果にコミットするライザップが、料理教室を開催していることをご存知でしょうか。筋トレや食事制限ばかりが有名で、ほとんど知られてないように思います。

ライザップが目指しているのは「太らない体づくり」。もし毎日の美味しい料理で太らない体を目指せるのなら、自分も家族も大満足できるはず。今回はライザップの料理教室について紹介します。
フルーツ

ライザップの料理教室とは

ライザップの料理教室はちまたの料理教室と比較して、どのような違いがあるのでしょうか。詳しくみていきます。

プロの講師がマンツーマン指導をしてくれる

一般的な料理教室と聞くと、一人の講師が複数の生徒に対して一斉に教えているイメージです。数人のアシスタントがつく場合もあるようですが、先生を自分一人で独占できるわけではないため何度も質問するのはためらわれるかもしれません。

その点ライザップの料理教室では、先生を独り占めできるマンツーマンレッスン。他の人の目も気にならないので、「こんなこと聞くのは恥ずかしいな」、「さっき質問したけれど、やっぱりわからない。再度聞くのは他の人にも悪い」などと余計な気を使う必要な全くありません。

また教室も個室でありながら広々としています。もちろん調理器具なども完備されています。自分の聞きたいことを聞きたいだけ教えてもらえるので、その分料理の上達も早くなります。

対象は初心者からプロ志望まで

マンツーマンなのは料理を習うときだけではありません。習う料理の内容も一人一人の目的や味の好み、料理の習熟度合いによって全てオーダーメイドしてもらえるのです。

料理に自信がない全くの初心者から、プロ級のホームパーティーを開きたいレベルまで幅広くサポートしてもらえます。一般的な料理教室ではレベルが高すぎてついていけなかったり、逆にもっとハイレベルな料理を求めていたのにがっかり、ということもあるでしょう。

ですがライザップの料理教室なら通い始めてから「こんなはずではなかった…」と後悔することは少ないでしょう。

料金は1回2万円程度

ライザップの料理教室に通う上で、唯一の難点になる可能性があるのは料金です。入会費が50,000円、週2回通える16回コースが298,000円で、合計348,000円(全て税抜)からという強気の価格設定。一般的な料理教室に比べると高額だと言えるでしょう。

ですが週2回のマンツーマンレッスンに加え、管理栄養士の電話サポート、毎日のオンラインレッスン、一人ひとりに合わせたレシピの提供やそのためのカウンセリングなど、アフターフォローも完備されています。また材料費やテキスト代などの追加料金も一切ありません。

そしてダイエットと違い、一度身についた料理の技術はリバウンドをすることがありません。自分の一生ものの財産を2ヶ月で手に入れることができると考えると、決して高い買い物ではないようにも感じます。

教えてもらえるレシピは希望を出せる

料理教室では珍しく、ライザップではカウンセリングが存在します。このカウンセリングこそ重要。ライザップの料理教室はあなたが「なぜ」料理が苦手なのかを見極めて、基本を重視したレッスンを重ねてくれます。おかげで料理スキルがみるみる上がるのを体感できるでしょう。

またオーダーメイドのレッスンなので、教えてもらえるレシピは希望を出すことができます。毎日の家庭料理の腕を磨きたい人や、味だけではなく健康や美容に気を使いたい人、料理で生活習慣病の改善を目指す人などにもおすすめです。

体験レッスンも無料で開催していて、2018年8月時点では「鶏肉と夏野菜の香味ダレ」、「チキンのカレーパン粉焼きラタトゥイユ添え」の2種類のレシピから選ぶことができます。どちらも糖質が抑えられていて、彩りも豊か。体験しても即入会する必要もないため、一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

現在は4店舗ある

料理教室があるのは銀座や自由が丘など都内で4箇所。いずれも駅から徒歩数分の好立地にあり、夜も22時まで営業しています。
持参物もエプロンのみ(なくても無料の貸し出しあり)なので仕事帰りの習い事としてライザップの料理教室に通っている人も多いようです。

オンラインで復習できる

料理教室に通っていても、いざ自宅のキッチンで作って見ようと思うと「あれ、ここってどうするんだっけ」とつまずいてしまうことが多いもの。その点、ライザップの料理教室ならオンラインで復習することが可能。家に帰ってからでも見直すことができるため、帰ってからも再現しやすいのが魅力です。

オンラインが活用できるのはレッスンの復習だけではありません。毎日の献立のアドバイスをもらったり、わからないことはすぐに質問でき回答を得ることができます。このあたりは体づくりのライザップと似通ったサポートといえるでしょう。
ライザップは「料理の上達の秘訣は、毎日の積み重ねと継続」だといいます。

教室でも自宅でも安心して料理をする環境を整えることができるため、一般的な料理教室と比べても上達が早くなるそうです。
書籍 研鑽

ライザップ料理レシピ本の活用

ライザップの料理教室は魅力的。ですが都内近郊に住んでいない人は通うのが難しいでしょうし、費用も安くはありません。そのような人にはライザップのレシピ本で料理を学ぶことが可能です。

料理がある程度できる人は本で学べる


ライザップからレシピ本が数冊出ています。さすがライザップ、と言いたくなるような低糖質レシピがたっぷり掲載。おすすめの食材はもちろん、避けるべき食材も記載されているので毎日の買い物の参考にすることもできます。

肉や魚の献立はもちろん、スープ、朝食、スイーツまでレシピの種類も豊かです。ある程度の料理スキルが備わっている人であれば、レシピ本を見ながらでもバリエーションを増やしたり、食生活を改善させることは可能でしょう。

自宅で手軽に作れる


仕事をしていたり、子供がいると週2回のレッスンに通うのもひと苦労という場合もあるでしょう。ライザップのレシピ本があれば、自宅にいながら手軽に料理を学ぶことができます。

1から全てレシピ本に頼るのもいいでしょうし、いつものメニューにプラス一品する際のヒントにする、という使い方も。毎日料理をする機会のない人は、まずレシピ本を見ながら自分で作ってみることから初めてみるのもおすすめです。

費用が少ない

レシピ本の最大のメリットは低コストで済むこと。本の購入代金と材料費のみだけで料理のスキルアップを始めることができるため、とても手軽です。
料理教室に通いたいけれどレッスン代が高すぎると感じる方には、レシピ本を購入して自力でステップアップするのがよいでしょう。
調理

ライザップの料理教室が向いてる人

何事にも向き・不向きがあるように、料理のスキルアップの方法も向き・不向きが存在します。ライザップの料理教室に通うのに向いている人とはどのような人なのでしょうか。

基礎知識が無い料理初心者

ライザップの料理教室にぜひ通って欲しいのが、料理をほとんどしたことのない初心者の人です。一般的な料理教室では、グループレッスンで習う内容に手が出せず終始見ているだけで終わってしまう可能性も。

また「できない」と言うのが恥ずかしく、「こんなこともできない自分には料理は無理なんだ」と落ち込んで帰ってくる人も少なくないそうです。
その点ライザップの料理教室であればマンツーマンで教えてもらうことができるので、毎回自信を持って料理のスキルをアップして帰ってくることが可能です。この差はとても大きいといえるでしょう。

お店を開くほど真剣に学びたい人

調理師免許を取るための勉強ではありませんが、「普通の料理のさらに上をいきたい」と思っている人にもライザップの料理教室はおすすめです。

ライザップで料理を教えてくれるのは元料亭や有名ホテルなどで長年腕を振るってきた凄腕の料理人ばかり。並みの料理教室で教わったレシピを飲食店で出すわけには行かないでしょうが、あなたのためにオーダーメイドで作ってくれたレシピであればそれも可能かもしれません。

インスタ映えな盛り付けなどプロの知識が知りたい人

ライザップが教えてくれるのは、料理の作り方だけではありません。インスタ映えする盛り付けのコツや、作った料理の保存方法までしっかり教えてもらえます。

飾り付けのテクニックや皿選びのポイントには、規則性があり美しく見せる方法が存在します。「センスを磨く」という抽象的な方法よりも、経験豊富なプロに直接聞いてみるのが一番早い上達方法だといえるでしょう。
調理

プロの料理がしっかり学べます

ライザップの料理教室はプロの料理が基本からしっかり学ぶことが可能。費用や教室へ通えるかどうかという制約さえクリアできるようであれば、料理教室は通う価値がありそうです。

クリアすることができない人でもレシピ本があれば料理スキルを上げることはできるので、自信の料理スキルをもう1段アップさせたい方はこれから始めてみてはいかがでしょうか。

category

記事カテゴリー