ウイダーのプロテイン。その人気の秘密と種類別おすすめ商品を紹介

ウイダーのプロテイン。その人気の秘密と種類別おすすめ商品を紹介

LIFE STYLE 2018.09.30

Share :

ウイダーには様々な味がある

ウイダーという名前を聞いたことがありますか。ウイダーは多くのプロテイン食品を発売するブランド名です。日本でこのプロテインは多くの人に親しまれ、健康的な体作りに一役買っています。

そんなウイダーは長期的に摂取しても飽きないよう、さまざまな味のプロテイン食品を販売しています。ここでは、その特徴を含めプロテインの種類や味を知り、ウイダーの人気の秘密に迫っていきましょう。

ウイダーの特徴

ウイダーのプロテイン食品について知る前に、まずはウイダー社についての基本情報を知っていきましょう。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

 日本での販売は森永製菓

日本でウイダーと名の付く商品を販売しているのは森永製菓です。実は森永製菓はアメリカのウイダー社と業務提携していることから、inゼリーを筆頭とした各種プロテイン食品を販売することが可能となっています。

ウイダー独自のEMRが配合されていること

ウイダーのプロテイン食品には、他の商品とどのような点で違うのでしょうか。

ウイダーのプロテイン食品には、ウイダー独自の”EMR”が配合されています。このEMRには、プロテイン効果を高めたり活性酸素を減らす効果があります。より効果を得たいのであれば、EMRが含まれたプロテイン食品を積極的に摂取すべきでしょう。

プロテインの成分はタンパク質

「プロテインを食事に置き換えてしまえば、筋肉もついて都合がいいのでは」と思っている人もいるかもしれません。しかし、それは誤りです。プロテインの成分はタンパク質です。プロテインには、タンパク質以外の糖質や炭水化物があまり含まれていません。

そのため、プロテインだけを摂取していてもタンパク質以外の重要な栄養素を摂ることができず、栄養バランスが悪くなってしまいます。健康的な体でなければ、効率的に筋肉をつけることもままなりません。プロテイン食品を食事代わりにするのではなく、運動後などの最適なタイミングで補助食品として摂取するようにしてください。

ウイダープロテインの主な3種類

ウイダープロテインは大きく分けて3種類が存在します。一つがゼリータイプ、二つ目がパウダータイプ、そして三つ目がblueアーカイブタイプです。それぞれの特徴、そしてメリットについて解説していきます。

手軽に補給できるゼリータイプ

ウイダープロテインの中で、最も手軽に飲めるのがゼリータイプです。小腹が空いたときにもおすすめですが、運動後のタンパク質補給に適しています。水に溶かす必要がないため、どのような場所であっても飲みやすいことが大きな特徴です。

通常のプロテインと、プロテインの量が増加しているスーパープロテインの二種類があります。通常のプロテインゼリーはヨーグルト味、スーパープロテインはバナナヨーグルト味とそれぞれ味が違うため、好みの味を見つけやすいというメリットがあります。

水や牛乳などで飲むパウダータイプ

水や牛乳などにプロテイン粉末を溶かして飲むのが、パウダータイプのプロテインです。こちらのパウダータイプは種類が豊富であることが特徴で、リカバリーや筋肉増強など用途によって選ぶことが可能です。

また、味の種類もコーヒー、ココア、ピーチなどさまざま。無理なく続けるにあたって必要な、嗜好性の問題もクリアしています。飲む直前に水を加えればよいため、かさばらず持ち運びにも便利です。

どこでも食べられて小腹を満たせるバータイプ

こちらはバータイプのプロテインです。タンパク質の他に脂質や糖質も含まれているため、”タンパク質を多く含むお菓子”という感覚で摂取することをおすすめします。
食後のデザートとして食べたり、小腹が空いたときにおやつとして摂取するとよいでしょう。炭水化物、タンパク質、脂質、ビタミン・ミネラルが含まれるため、忙しい時の軽食としても最適です。

ただし脂質が多く過剰摂取すると肥満にもつながるため、あくまでも補助食に留めておくようにしてください。

おすすめのウイダーゼリー

ウイダーのプロテインの中で手軽に飲めるのがゼリータイプです。ウイダーゼリーの中でおすすめなのはどの商品なのでしょうか。ウイダーのプロテインゼリーの中でも買いだめしやすいセット商品をご紹介します。

inゼリー プロテイン ヨーグルト味 (180g×6個)


こちらはヨーグルト味のプロテインゼリー 6個セットの商品です。

10秒チャージゼリーの中でもプロテインが多く含まれており、ホエイペプチド5,000mg、クエン酸が1,000mg配合されています。運動後に欠かせないゼリーと言えます。ヨーグルトのさっぱりとした味わいが運動後の疲れた体をいやしてくれるでしょう。熱量が100kcal以下であるため、減量中にも嬉しい商品です。

ウイダーinゼリー スーパープロテイン 120gx6個


こちらはウイダーinゼリー スーパープロテイン6個セットの商品です。こちらの特徴は、内容量が120gとinゼリープロテインより少ないですが、タンパク質が10g含まれています。効率良くタンパク質を摂取したい人に特におすすめです。こちらはバナナヨーグルト味と食べやすくなっているので、長く飲み続けることができるでしょう。

おすすめの粉末状のウイダープロテイン

ウイダーのパウダープロテインは味の種類が豊富という特徴があります。値段が10,000円以下であるウイダーのパウダータイププロテインをいくつか見ていきましょう。

ウイダー マッスルフィット プロテイン バニラ味 2.5kg


こちらはバニラ味の粉末状プロテイン 2.5kgの商品です。大容量のため、買い置きがしやすいというメリットがあります。摂取のタイミングは運動後や就寝前の1〜2時間前がおすすめです。
原材料はホエイたんぱく(乳成分を含む)、カゼインカルシウム、食用油脂、ぶどう糖、炭酸Ca、乳化剤、香料、酵素処理ルチン、グルタミン、ピロリン酸鉄、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、スクラロース)、ナイアシン、パントテン酸Ca、ビタミンB6、ビタミンB2、ビタミンB1、葉酸、ビタミンB12で、筋肉を作り出すのに適したプロテインとなっています。よりよい筋肉を身体に付けたい人に推奨したい商品です。

ウイダー リカバリーパワープロテイン ピーチ味 1.02kg


こちらはピーチ味の粉末状プロテインの商品です。原材料には砂糖、ホエイたんぱく(乳成分を含む)、デキストリン、食用油脂、グルタミン、乳化剤、クエン酸、ビタミンC、香料、酵素処理ルチンなどが含まれており、疲労した筋肉の回復を促す効果があります。そのため、運動直後に摂取することをおすすめします。ピーチ味と飲みやすいため、疲労時にも無理なくタンパク質を取り込むことができるでしょう。

ウイダー ウエイトダウンプロテイン フルーツミックス味 約60回分 900g


こちらはフルーツミックス味900g 粉末状のプロテインの商品です。カロリーは1食あたり55gと低いため、ダイエット中に最適なプロテインと言えるでしょう。
朝食替わりや一日の始まりに飲むと、効率的にエネルギー補給をすることができます。フルーツミックス味と多くの人が受け入れやすい味であるため、毎日摂取することも苦になりにくいです。

おすすめのウイダープロテインバー

朝食の代わりなど軽食としても役立つバータイプのプロテイン。続いては、5,100円以下で購入する事のできるバータイプのプロテインをご紹介していきます。

ウイダーinバー プロテイン バニラ (12本入×1箱)


こちらはバニラ味のウイダープロテインバー12本入りの商品です。栄養成分は熱量 188kcal、たんぱく質 10.0g、脂質 9.9g、炭水化物 14.8g、ナトリウム 106mg、ビタミンB1 0.29-0.83mg、ビタミンB2 0.53mg、ビタミンB6 0.55mgなどが1本分に含まれています。
他のバランス栄養食品と比較しタンパク質の量が倍以上も配合されているため、気軽なタンパク質補給におすすめです。バニラ味で食べやすいプロテインバーであるため、運動後のおやつにも最適でしょう。

森永製菓 ウイダーinバー プロテイン ベイクドチョコ 36g x 36セット


こちらはウイダーinプロテインバー ベイクドチョコ味の36本セットの商品です。こちらのプロテインバーには10gのタンパク質が含まれており、効率的にたんぱく質を摂取することが可能。
チョコレートタイプのプロテインバーであるため、集中力が切れた際の糖分補給にももってこいです。甘味が抑えられているベイクドチョコは味にもこだわって製造されているため、お菓子感覚で無理なく食べることができるでしょう。

ウイダーのプロテインで筋肉をつけよう

ウイダーのプロテイン食品は形状や用途など別にさまざまな商品があります。ほとんどの商品に味がついており、食べやすいため毎日でも苦にならず摂取しやすいです。もちろんプロテインとして上質なタンパク質を作るのにも役立ちます。

さまざまな種類のあるウイダーのプロテインを摂取し、効率良く筋肉をつけていきましょう。

category

記事カテゴリー