プロテイン料理を上手に摂取。マンネリを解消し肉体改造を行う方法

プロテイン料理を上手に摂取。マンネリを解消し肉体改造を行う方法

LIFE STYLE 2018.09.11

Share :

プロテインの基本知識

プロテインには3種類存在し、それぞれホエイ、ソイ、カゼインプロテインと言います。そしれ、3つにはそれぞれ特徴が存在します。
ホエイプロテインは、牛乳を材料としているタンパク質で、アミノ酸も含んでいます。メリットは、体への吸収スピードがはやいということです。カゼインプロテインは、体内への吸収スピードが遅い、不溶性であるという特徴があります。ソイプロテインは、健康によいさまざまな効果があり、大豆が材料となっているなどの特徴があります。ドリンク

プロテインを料理で摂取してマンネリ化を解消する

普段プロテインをどのように摂取しているでしょうか。一般的には水などに溶いた状態で、摂取します。しかしその方法だと単調で、いつかは飽きがきてしまいます。
そこで活用できる方法が、普段の食事にプロテインを取り込んで摂取すれば、飽きを感じることもなくなるでしょう。更にプロテインには、色々な種類のフレーバーがあります。例えばカフェオレ味、チョコレート味、フルーツパフェ味、桃の杏仁豆腐味などです。
これらの種類のフレーバーを上手く料理に活用することで、飽きがこないだけでなく、楽しみながらプロテインを摂取することも可能です。

プロテイン料理を摂取するタイミングが大事

筋トレ後は筋繊維が傷付き、回復を必要とします。その際、タンパク質が必要です。筋トレ後の傷付いた筋繊維にタンパク質が加わることで筋肉が回復し、以前の状態よりも筋肉が増強されます。
より多くのタンパク質を、摂取するための方法として、運動後45分以内に、アミノ酸やタンパク質を摂取するとよいです。運動後の45分以内は、アミノ酸のタンパク同化作用の度合いが高いため、この時間を活用すれば、更に効率のよい筋肉増強が可能となります。
食事にプロテインを上手く取り入れ工夫し、更には、運動後の45分以内を活用してタンパク質を最大限摂取していけば、効率のよい筋肉増強ができます。パンケーキ

4種類のお勧めプロテイン料理

以下では、プロテインパンケーキ、プロテインごま豆腐、プロテイントリュフ、プロテインアイスなどの4つのプロテイン料理を紹介しています。これらの料理はすべて、手間なく簡単に作れるので、お勧めです。

プロテインパンケーキ

市販のプロテインパンケーキを購入します。次にボウルに水と、卵1個、プロテインパンケーキを入れ、混ぜます。フライパンを用意し、混ぜ合わせた材料を入れ、片方ずつ3分程焼いて完成です。
手順を踏めば、簡単に作ることができます。

プロテインごま豆腐

豆腐4分の1、バナナを1本、牛乳を250ml、ヨーグルトを2分の1、ココアを大さじ3、すりゴマを大さじ3杯用意します。次に、全ての材料をミキサーにかけ、液体状にすれば完成です。
すりゴマは、フードプロセッサーなどを使用して作りす。

プロテイントリュフ

用意する材料は、さつまいも100グラム、大豆プロテイン小さじ1杯、グラニュー糖10グラム、ココアパウダー25グラムと、仕上げ用のココアパウダー適量です。さつまいも100グラムを水洗し、その後ラップに包んで、レンジで加熱してください。
熱いさつまいもを裏ごしし、ボウルにプロテイン、グラニュー糖、ココアパウダーを入れて一緒に混ぜ合わせましょう。1つとなった材料を丸めて、お好みの大きさで等分し、お皿の上に移します。別のお皿に仕上げ用のココアパウダーを広げ、丸めて等分した材料を転がせば完成です。

プロテインアイス

用意する材料は、プロテイン35グラムと、無調整豆乳80ccです。材料2つをシェイカーで混ぜ合わせ、ジップロックに入れます。その後、冷凍庫に入れ、1時間半後に1度取り出し、混ぜ直したら、再び冷凍庫に入れます。その後、再び1時間冷凍庫に入れて冷やすと、出来上がりです。
見た目も美味しそうなデザートが出来上がるのでお勧めです。サラダ

効率良く肉体改造を行うために知っておくべきプロテイン料理の注意点

プロテインを料理で摂取する場合の注意点として、過剰摂取についてと、細菌の繁殖について説明します。
以下の内容を注意深く守り、デメリットを抑え、プロテインを上手に摂取してください。

過剰摂取は肥満を招くので注意

タンパク質には1グラム4キロカロリー含まれ、食事とプロテイン料理で摂取していくときに、カロリー計算を怠ると、肥満を招くことになります。
こういった事態を招かないためにも、カロリーをなるべく抑えることが大事です。具体的には、脂質の少ない食事を心がける、更には、適切な油の量を意識することです。

細菌の繁殖に気を付ける

一度プロテイン料理を作って口を付けると、細菌が繁殖する可能性が出てきます。プロテイン料理を作って保存をする際には、細菌が繁殖しないように注意をすることが大切です。
細菌が繁殖するための条件としては、水分、栄養素となるタンパク質、15度〜40度までの温度の3つがあります。細菌を繁殖させないためには、この三条件を揃えないということが必須となります。
加えて、プロテイン料理を作った後は、細菌繁殖のリスクをできるだけ少なくするためにも、なるべく早く食べ終えましょう。大豆

プロテイン摂取のマンネリ化を解消するプロテイン料理

プロテインを摂取するときは、一般的な方法である飲料として摂取すると、マンネリ化しやすく、最終的には困ることになるでしょう。そのマンネリ化を解消する方法として、今回紹介したプロテイン料理が存在しました。
今回紹介した記事内容を活用して頂ければ、効率良く、美しく健康的な肉体を手に入れることができます。

category

記事カテゴリー