プロテインの種類別おすすめランキング|簡単な選び方をご紹介

プロテインの種類別おすすめランキング|簡単な選び方をご紹介

LIFE STYLE 2018.09.24

Share :

美味しいプロテインを種類別に紹介

プロテインには色々な種類があります。その中には美味しいプロテイン等がありますので、取り入れるなら美味しいプロテインのほうが筋トレをやっている方も楽しみが増します。そこで美味しいプロテインを種類別に紹介していきます。

その前にプロテインについての基礎知識は知っておく必要があるでしょう。始めに基礎を解説したのちに、ランキング形式でオススメのプロテインをご紹介していきます。
ミルク

4種類のプロテイン

プロテインは四種類あります。ホエイプロテイン、カゼインプロテイン、ソイプロテイン、エッグプロテインに分けられます。ここでそれぞれの特徴を紹介していきます。特徴を知っておくと目的に合ったプロテインを選びやすくなります。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

筋トレ中の人におすすめホエイプロテイン

筋トレを現在やっている方にオススメのプロテインが、ホエイプロテインです。ホエイとは乳清タンパクを意味しています。プロテインの中では最も王道と言われ、価格は少し高めです。身体にスピーディーに吸収することができ、タンパク質が多く含まれていて必須アミノ酸の含有率に優れています。

摂取のタイミングとしては筋トレ後に取るのがベストなタイミングです。また、メリットとして種類も豊富にあり購入もしやすく、溶けやすい点が挙げられます。筋トレで傷ついた筋肉は、ホエイプロテインで栄養を補給し、鍛えていきましょう。

ダイエットに最適なカゼインプロテイン

カゼインプロテインはダイエットに最適なプロテインです。牛乳を原料として作られています。ホエイプロテインが体に吸収されるのが早いのに対して、カゼインプロテインはゆっくりと体に吸収される性質を持っています。

これはカゼインプロテインが、チーズやヨーグルトを固める主要成分であることから、不溶性で固まりやすいからです。この性質により、お腹の中で固形化されて満腹感を持続し、間食予防になります。運動はしたけれどついつい間食をして食べすぎてしまうという方にうってつけのプロテインと言えます。摂取するベストなタイミングとしては就寝前がオススメです。

健康志向の人におすすめソイプロテイン

がっつり筋トレをするわけではないが、健康志向の人にオススメなプロテインがソイプロテインです。こちらもカゼインプロテインと同じく、ゆっくりと体に吸収されるため満腹感を持続しやすいです。

このソイプロテインは大豆に含まれるイソフラボンの効果により、血流の改善や骨が強化されます。価格が安いこともソイプロテインの特徴の一つです。まさに健康志向の人のためのプロテインです。欠点としては溶かした際に、粉っぽくなりやすいため飲みづらくなることもあるそうです。最近では、改良されて溶けやすい商品も出ています。

低脂肪が魅力のエッグプロテイン

エッグプロテインは、名前から想像できるように卵を原料として作られたプロテインです。しかもコレステロールを含まない卵の白身の部分が使われているため、効率良くタンパク質を摂取することができます。また、脂質が少なく他のプロテインと比べて低脂肪であることも特徴の一つです。

このような特徴から、筋肉をつけながらダイエットに励んでいきたい人にはオススメのプロテイン。欠点としては、価格が高く、溶けにくい、商品の数が少ない、味が合わない人もいるという点が挙げられます。商品自体が少ないので通販で海外から直送し購入する人も中にはいます。その分、筋肉を鍛えるにはとても効率のよいプロテインなので、最近では多くの男性に注目されています。
トレーニング

自分にぴったりのプロテインを選ぶ方法

先ほど、四種類のプロテインがあることを説明しました。では、その中でどのプロテインを選んだらよいかを考えていきましょう。自分に合ったプロテインを選ぶことが大切になってきます。ここでは以下の基準で選びかたを取り上げました。

  • 種類
  • 価格
  • タンパク質の含有量
  • 栄養素

種類で選ぶ

まず自分の目的がなにかを考えてから、プロテインの種類を選んで行きましょう。とにかく筋肉をつけたり、肥大化させることが目的の方ならホエイプロテインがオススメです。

がっつり筋トレをするわけではないが、適度な筋トレでダイエットを目的としている方なら、間食防止や満腹感の持続からカゼインプロテインや、ソイプロテインをオススメします。また、脂肪は取りたくないが効率よくタンパク質をとってたくましい筋肉をつけたい方ならエッグプロテインをオススメします。

価格で選ぶ

プロテインの価格は様々です。そこで自分の予算と合う続けやすい価格で、プロテインを選ぶことも重要になっていきます。プロテインの価格は筋肉の発達に欠かせないタンパク質の含有率によって違ってきます。以下を参考にするとよいでしょう。

  • タンパク質の純度が80%以下になると価格はリーズナブル。
  • タンパク質の純度が90%前後で価格は高め。

タンパク質の含有量で選ぶ

タンパク質の含有量を見て、プロテインを選ぶのも基準の一つです。プロテインによってそれぞれ含有量は違ってきますので、その部分もしっかりと見ていきましょう。

買う時に大切なのは、パッケージの成分表を確認し参考にします。プロテインはタンパク質の純度が高いほど価格が高くなるわけですから、高い価格ならタンパク質の純度がパッケージの成分表からわかるはずです。一般的に言えばタンパク質の含有率が100gあたり70%以上あれば標準です。中には女性向けのプロテインでタンパク質が20%や30%のものもあるので気をつけましょう。

タンパク質以外の栄養素で選ぶ

プロテインは、主にタンパク質が含まれているのは間違いありませんが、他の栄養素が入っていることもプロテインの特徴の一つです。タンパク質だけの栄養素がプロテインではありません。

では他にどのような栄養素がプロテインに含まれているのかといえば、ビタミンCやビタミンB、ミネラル、カルシウム、鉄分等さまざまです。タンパク質のほかにどんな栄養成分があるのかも見て、自分が摂取したい栄養素に注目して選ぶとよいでしょう。
卵

プロテインを効果的に摂取できるタイミング

プロテインは基本的にいつ摂取しても構いませんが、効果的に摂取するタイミングがあります。それによって効率的に筋肉を鍛えることが可能です。そのタイミングも考慮してプロテインを摂取するようにしましょう。タイミングとしては、運動直後、朝食時、就寝前がよいとされているので、それを以下に解説します。

運動した直後が絶好のタイミング

プロテインを摂取するタイミングは、運動後45分以内がベストなタイミングと言われていて、プロテインのゴールデンタイムとも言えます。このタイミングは、筋肉に送られるアミノ酸が3倍にまで上がり、激しく活動した筋肉が栄養補給と回復を行うため、体に吸収されやすいタイミングです。

トレーニング後は筋肉が収縮し、分解が進んでいきます。そこで栄養が足りていないと筋肉が減ってしまいますので、45分以内にプロテインを摂取することにより効率的に筋肉を鍛えることが可能です。なので運動後は「45分以内」を意識して、プロテインを摂取しましょう。

朝食時に栄養補給として摂取する

朝食時に摂取するのも最適なタイミングです。人は朝起きたとき、栄養が全般的に不足している状態です。そのため、体が新たなタンパク質を求めていると言えます。

そこでプロテインを摂取することができれば、不足しているタンパク質を補うことができるので、朝食時もぜひプロテインを取り入れたほうがよいでしょう。特に、筋トレをしている方で朝食を簡単なシリアルやパンで済ましている人ならなおさら朝食に取り入れるようにしましょう。

疲労回復目的なら就寝前

プロテインは筋肉をつけるための栄養剤だけでなく、疲労回復を目的とした摂取の仕方もできます。そのタイミングが就寝前とされていて、人は睡眠中に成長ホルモンが分泌されて修復と回復が行われ、その成長ホルモンによって疲労回復もなされるわけです。

なので成長ホルモン分泌の元になってくるタンパク質が必要になってきます。プロテインを就寝前に摂取することによって、タンパク質を補給することができ、疲労回復効果が高まってくるというわけです。
小麦 牛乳

プロテインの摂取量の目安

プロテインはたくさん取ればよいというわけではありません。適切な量を守り摂取することが大切ですので、どのぐらいと取ればよいかも確認してみましょう。

まず人それぞれのライフスタイルによってタンパク質を摂取したほうがよい量が少し違ってきます。大きくライフスタイルを分けると以下になりますので、自分が現在どういうライフスタイルを送っているのかを確認し、それによって適切な量のプロテインを摂取するようにしましょう。

  • 日頃運動をしていない方(体重1kgに対して0.9g)
  • 定期的に軽い運動をしている方(体重1kgに対して約1.5g)
  • ジムでマシーン、フリーウェイト等を使いしっかり週3日以上運動している方(体重1kgにたいして約2g)

上記から自分のライフスタイルと照らし合わせて、体重1kgに対して必要なタンパク質の量がわかったら、そのグラムに自分の体重をかけます。以下に計算の例を記載します。
(例)定期的に軽い運動をしている方(体重60kgで体重1kgに対して約1.5g) 60 x 1.5 = 90g(1日に必要なタンパク質の量)
以上を踏まえて、プロテインを適切な量で摂取しましょう。
栄養 ドリンク

おすすめのホエイプロテインをランキングで紹介

ここでオススメのホエイプロテインを紹介していきたいと思います。基準としては、飲みやすさと1万円以下の価格で手に入れられやすいホエイプロテインを紹介します。

1位 オプティマムニュートリション Gold Standard

【国内正規品】Gold Standard 100% ホエイ エクストリーム ミルクチョコレート 907g (2lb)
高品質なタンパク質が含まれている割には価格がリーズナブルであり、主成分であるホエイたんぱく分離物(WPI)は加水分解によって小さい分子になり、体に吸収されやすくなっています。また世界でのシェア率も高く、日本では2017年1月に正式に市場に参入してきた製品です。

味も飲みやすくつくられており、液体に簡単に溶けるようになっていて世界中で支持されている人気のプロテインです。筋トレをやっている方で、ホエイプロテインを探している方ならこの製品を選んでおけば間違いないでしょう。パッケージがカッコイイのも魅力的です。

2位 マイプロテイン インパクトホエイプロテイン

マイプロテイン ホエイ・Impact ホエイプロテイン (バナナ, 1kg)
イギリスで有名なプロテインです。タンパク質の含有率は80%と一般的なプロテインとそんなに変わらないですが、味が豊富にあることや価格も4,000円を切る値段で、量もそれなりにありコスパはかなりよい商品です。
栄養成分も脂質を1.9g、炭水化物を1gまで削ぎ落としている点も考えると、非常に良質なプロテインであることがわかります。パッケージもシルバーとブルーの色合いにより爽やかな感じであることも魅力的で、家に置いておくと一目につき筋トレへのモチベーションにつながる可能性もあるかもしれません。

3位 ザバス ホエイプロテイン100

明治 ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【50食分】 1,050g
国産のプロテインでタンパク質の含有率は80%と一般的です。価格も安く、流通が多いことからドラッグストアやドン・キホーテ等で簡単に手に入りやすい商品です。また、通販でもAmazonや楽天で気軽に購入できるのもよい点です。

そのため無くなったら近くのお店に買いに行ける気楽な点やネットで素早く購入できる点が魅力的であるといえるでしょう。味に関しても豊富にあることで、自分の好きな味が選びやすく初心者が選ぶならザバスのプロテインは王道であると言えるのでオススメです。

4位 DAILY BASIC ホエイプロテイン

【FIXIT】ホエイプロテイン DAILY BASIC 1kg (バニラ)
高タンパク質で低糖質の製品設計をしていて、筋肉をつけて脂肪はつけたくない方にオススメの製品です。そのため必要以上に体を大きくすることなく、引き締まった体を目指すことができます。また、ダマにならないように水に溶けやすい性質であることから、飲みやすく味もシンプルです。

バニラ味とストロベリー味と二種類あり、選びやすい点も魅力的と言えます。筋トレをしているがボディービルダーのような体ではなく、細マッチョほう面に体づくりをしていきたい方はこのプロテインを摂取しましょう。

5位 ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート

ファイン・ラボ ホエイプロテインピュアアイソレート ミルクココア風味 1kg
糖質や脂質を極限までカットしていてタンパク質の純度の高いプロテインです。その他、栄養成分にカルシウムを豊富に含んでいて、タンパク質以外にもほかの栄養成分も摂取したい方にはオススメです。

価格的には5,000円はしてしまいますが、品質もよく味も高評価なためプロテインの摂取に慣れてきた方なら試してもよい商品です。
牛乳

おすすめのカゼインプロテインをランキングで紹介

続いてオススメのカゼインプロテインを紹介していきたいと思います。ここでも10,000円以下で飲みやすいプロテインを紹介していきます。

1位 バルクスポーツ ビッグカゼイン

バルクスポーツ プロテイン ビッグカゼイン 1kg ナチュラル
通販ではトップクラスで、人気のカゼインプロテインのうちの一つです。価格もリーズナブルに設定されている製品であり、成分に関しても余分な糖質や脂質を取り除き、体づくりに大切な必須アミノ酸やBCAA、ホエイプロテインよりもグルタミンが多く含まれています。

また、とろみがありデザートのようなプロテインであることから空腹を満たすこともできるでしょう。ダイエット中の男性の方にはオススメのプロテインです。

2位 マイプロテイン カゼインミセル

カゼイン ミセル パウダー(カゼイン プロテイン) (ノンフレーバー, 1kg)
タンパク質が1食あたり24g含まれていて、アミノ酸や分岐鎖アミノ酸(BCAAs)も含まれています。カゼインプロテインでは珍しく、四種類の味が用意されているため、自分好みの味を楽しめます。

主に長期的に身体的トレーニングを行っている方に効果的で、パッケージも爽やかかつシンプルで魅力的な商品です。価格もそれほど高くないのもよい点です。

3位 マッスルファーム 100%カゼインプロテイン

コンバット 100%カゼイン チョコレートミルク 32oz (907g)
成分が大変すぐれているプロテインです。飲みやすく高品質なタンパク質を筋肉へ届けてくれます。消化に関してもスローなのが特徴的で、就寝前に飲むとより効果的に筋肉をサポートしてくれます。価格はそれなりにしますが、高品質で優良なカゼインプロテインであるといえます。アスリート方向けでガッツリ筋トレを行っている方は試してみてもよいでしょう。

4位 マッスルテック カゼインプロテイン

ミセルカゼインプロテイン(8時間持続タイムリリース型)チョコレート味 907g[海外直送品]
高品質なタンパク質が配合されていて、最長8時間にわたってアミノ酸を筋肉に送ります。またジム初心者の方から上級者でボディビルダーの方まで幅広く目的を持った方に合わせることができるプロテインであり、価格もリーズナブルです。

味もカゼインプロテインの中では飲みやすい商品であるため、今まで味が悪くてカゼインプロテインを飲めなかった人でもオススメな商品です。

5位 ON ゴールドスタンダード カゼインプロテイン

ゴールドスタンダート カゼインプロテイン クッキーズ&クリーム 海外直送
タンパク質の含有率は75%と他のカゼインプロテインと比較すると高いわけではないが、スイーツのような甘みのある味が色々あり、カゼインプロテインを初めて摂取する方はストレスなく飲むことができるでしょう。

なので自分好みの味を選んだり、ガッツリ筋トレをするわけでなくダイエットを中心に考えている男性の方なら最適な商品です。
大豆

おすすめのソイプロテインをランキングで紹介

おすすめのソイプロテインを紹介していきます。こちらも飲みやすく価格もリーズナブルな商品を選びました。

1位 ザバス ウェイトダウン

明治 ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味【50食分】 1,050g
ソイプロテインなので大豆を配合していますが、ヨーグルト風味で飲みやすい仕様になっています。スポーツ後や朝食代わりにマッチするプロテインで人気も高く、筋肉をキープしたまま減量することができるので、引き締まった体にしていきたい方には最適な商品です。

またザバスシリーズのプロテインは流通量も多く簡単に近くのお店で購入しやすい点やネットで気軽に購入しやすい点も魅力的なところです。

2位 ボディウイング 大豆プロテイン

大豆プロテイン 1kg 無添加 飲みやすいソイプロテイン
タンパク質の含有率が85%と高く、アミノ酸にも大変優れている商品です。これほど優れている商品にもかかわらず、価格が2,100円とかなりお安くなっていて、コストパフォーマンスが高いソイプロテインです。

また、大豆プロテインが苦手な方のために従来品よりも大豆臭抑えていて飲もうと思えば抵抗なく飲める商品です。長期的にダイエットや筋肉をキープして減量をする方にはコスト的に安く済むのでオススメな商品の一つです。

3位 健康体力研究所 Kentai 100%SOYパワープロテインタブ

Kentai 100%SOYパワープロテインタブ 900粒
プロテインの形状がタブレットであることからサプリメント感覚で飲める商品です。液体に溶かす必要もないので手間もかからず、味を気にしなくてよいところも魅力的なプロテインです。

朝は忙しいがしっかりプロテインは摂取しておきたい方には最適な商品です。商品のサイズもコンパクトであることから、旅行先や移動中の持ち運びにも便利なところもメリットであるといえます。

4位 ザバス シェイプ&ビューティ

明治 ザバス シェイプ&ビューティ ミルクティー風味【15食分】 210g
低カロリーで低脂質のダイエットを、重点的にやっている方にオススメのプロテインです。他のソイプロテインと比べて特徴的なのがコラーゲンや鉄も栄養分に含まれていて、美容を意識する男性の方であれば試してもよい商品だといえます。

味もミルクティー風味とソイプロテインの中では飲みやすく、価格も安いことから購入も簡単にできます。購入する際は自分がダイエットを重点的に行っているのか、もしくは筋トレを重点的に行っているのかを明確にしてから検討してみるとよいでしょう。

おすすめのエッグプロテインをランキングで紹介

最後にオススメのエッグプロテインを紹介していきます。数が少ないのがエッグプロテインの難点ですが、その中で飲みやすくリーズナブルな商品を紹介します。

1位 NOW エッグプロテイン

エッグホワイトプロテイン(リッチチョコレート) 1.5ポンド(海外直送品)
海外直送品のエッグプロテインです。日本でも購入する方が多く、エッグプロテインの中では比較的飲みやすい商品になります。

脂質やコレステロールを徹底的に抑えたい方には試してもよい商品です。もし試して味がどうしても無理という方なら高品質なホエイプロテインに切り替えるなどするのも一つの手段です。

2位 マイプロテイン エッグ ホワイト パウダー

1食分あたり80%以上のプロテインが含まれています。価格もリーズナブルであり、低脂質(0.1g)と炭水化物(1.3g)の仕様になっていて、無駄のない筋肉の発達に必要な高品質の栄養を摂取することができます。味は特にバニラ味が飲みやすくオススメです。
トレーニング

自分にぴったりのプロテインを探そう

プロテインは自分に合う商品を見つけることが大切です。そのためにはまず、自分が筋トレに重点をおいて行っていくライフスタイルなのか、それとも適度な運動レベルなのか、もしくはダイエットを目的としているのかを考えていきましょう。

それを踏まえて、四種類のプロテインの中から選び、その中でお気に入りの商品を選んで自分が理想とする体や、ライフスタイルにマッチするプロテインを摂取していきましょう。

category

記事カテゴリー