正しいドローン操作を学ぶ。スクールや独学で学ぶ方法とその注意点

正しいドローン操作を学ぶ。スクールや独学で学ぶ方法とその注意点

LIFE STYLE 2018.09.19

Share :

ドローンの操縦は正しい知識と練習で上手くなる

ドローンを購入して、すぐに操作してみると意外と難しく感じます。初心者がドローンを操作してみると、すぐに操作できないことが多いでしょう。

そこで、諦めてしまうのはもったいないです。ドローン操縦を身につけるには練習が必要です。そこで、本記事では、ドローン操縦ができるようになる方法についてみていきます。
ドローン

ドローンの操作をどれだけうまくなりたいか

ドローン操作をマスターするためには、目的を明確にすることが重要です。ただ単に、趣味で操縦したいのか、上空からのきれいな景色を撮影したいのか、ドローンを使った仕事に就くことを目標としているのかなどで取り組み方が変わってきます。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

事業で使うならスクールで本格的に学ぶ

最近では、少しずつドローンを使った仕事が増えてきています。空撮カメラマン、測量や農業などが有名です。このように、事業としても活躍させたいのであればドローン操作を真剣に学ぶ必要があります。

業務用に使われるドローンは、通常のものに比べると大きめのサイズになっています。事業で使う大型ドローンを操縦するためには、本格的な操縦を行う知識が必要となります。
ドローン操縦を事業の目的で学びたいのであれば、スクールがおすすめです。事業用のドローンはプロとして知識や安全性が求められます。そのような知識はスクールで勉強しておいたほうが安全といえます。

趣味で楽しみたいなら独学でも大丈夫

ドローンを趣味として、空高く飛ばしてみたいという方も多くなっています。その魅力は上空からの空撮です。ドローンを空高く飛ばした先にある景色、上空から見える地上の景色など、普段、私たちが見ることのない景色を撮影することができます。

このような趣味としてのドローン操作であれば独学でも問題ありません。ただ、ドローン操縦によって人の迷惑行為にならないような知識は知っておく必要があります。独学だとしても練習や勉強はしっかり行いましょう。
ドローン

ドローンの操作を上達させるには

早く思い通りに、ドローン操縦できるようになりたい。そのためには、知識と練習が必要になってきます。ドローンを本格的に学び、早い段階で上達させていくためには、スクールでプロに教えてもらうとよいでしょう。また、独学であっても、賢くドローン操作を学ぶ方法はあります。ドローン操作を学ぶ方法を具体的にみていきましょう。

ドローンスクールに通いプロに教えてもらう

今すぐにでもドローンを学ぶ必要がある方には、ドローンスクールがおすすめです。スクールであれば専門的なカリキュラムが用意されているので、その内容にそって勉強や練習を行うだけです。

また、ドローン操縦のプロがアシストしてくれるので心配はいりません。スクール講師であるプロだけが持つテクニックやコツなども、わかりやすく教えてくれるでしょう。

ドローンスクールのメリットは体系的に学べる

ドローンを飛ばすために資格は必要ありません。しかし、ドローンを飛ばす場所については制限があり航空法を学んでおく必要があります。
事業として、ドローンを活用するのであれば知っておかないといけません。

トラブルが起こってしまうと大変なことになってしまいます。ドローンスクールであれば、その点はカバーできています。目的を明確にした上で学ぶことができるので安心です。

ドローンスクールの費用は27万ぐらい

ドローンスクールの入会を検討する上で、気になるのが費用です。最近では、ドローン操作の需要によりスクールが増えています。評判も含めて検討するとよいでしょう。ドローンスクールの費用は、コースのプランによって異なります。
相場は、27万円前後といわれています。ただし、スクールによっては特徴は変わってきますので、事前に調べておきましょう。

独学で練習する

ドローン操作を独学で練習する方法も、さまざまです。一番、基本的な練習は、自宅で本や動画を見ながら行う練習法になります。自宅であれば誰の迷惑にもかからないので気軽に行えます。しかし、基本的に、ドローンは外で操縦するためのものなので、適切な場所で練習を行う必要があります。

アプリでドローン操作の練習をイメージ

独学でドローン操縦を学びたい人にとって一番困るのが練習する場所です。ドローンを練習する際は、トラブルが起きないような空き地がよいでしょう。しかし、近所にそのような場所がないというケースもあります。

また、普段働いている方は頻繁に練習することができません。そこで、活用できるのが、アプリでのドローン操作です。アプリで練習するメリットは、事故のリスクがないことです。時間がない方でも隙間時間を活用できます。使ってみると、リアルなドローン操作が練習できます。

ドローンの練習場所はドローン練習場が便利

ドローン練習は適切な場所で行う必要があります。特に、注意すべきことは人に迷惑をかけないことです。そうなってくると練習できる場所は限定されてしまいます。公共の場で人が多い場所は難しいかもしれません。ドローンにとって最適な場所となるのは、人がいない場所となります。探すには労力がかかってきます。

そこで、おすすめなのがドローン練習場です。最近では、無料の練習場まで登場しています。ドローン練習場であれば、気兼ねなく練習ができるので便利です。

ドローンの練習はとにかく実践あるのみ

一度や二度、ドローンを練習しただけでは、安定した操縦を身につけることはできません。ドローン操縦には根気が必要です。諦めずに何度も練習を重ねて実践していくしかありません。ドローン操作の練習では、離着陸からスタートします。

その操作に慣れて、うまく操れるようになったら操縦者の目線の高さで静止させるホバリングの操作に移ります。そして、前後左右の動きから八の字飛行や障害物をさけるような操作の練習も行っていきます。

飛行禁止区域などの知識も勉強する

ドローンを本格的に飛ばすのであれば、飛行禁止区域かどうかなどの知識が必要になります。人口密集地、空港近辺、150メートル以上の高度飛行、夜間飛行、目視外飛行は飛行申請が必要となります。その他の条件でも、ドローンを飛ばすための許可をもらわないといけない場所があります。知らなかったでは遅いので事前に勉強をしておきましょう。
ドローン

ドローン操作に資格と免許は必要なのか

ドローン操作は練習を積み重ねていくことで操縦が容易になります。飛ばすだけであれば、資格や免許は必要ではありません。しかし、事業でドローンを使う場合に資格があれば役に立ちそうです。

免許や資格は無くても飛ばせる

ドローン操縦には、免許や資格はなくても問題ありません。過去にドローン操縦が、問題になったこともあるので免許や資格があってもいいのかもしれません。いずれ、ドローン操縦の活用が広がっていけば、免許や資格が登場することがあるかもしれません。

飛ばすのに申請が必要な場所がある

ドローン操縦で気をつけたいのが飛行時の申請です。ドローンの機体が200g以上であれば申請が必要となる可能性があります。
また、飛ばす場所によっては重量は関係なく申請が必要となります。その際のポイントは、迷惑がかかる場所かどうかになります。たとえば、非人口集中地区であれば飛行に必要となる申請はないといわれています。申請が必要かどうかについては細かく規制が決まっていますので調べておきましょう。

資格は信頼が得られる

ドローンを操縦するための資格や免許はありません。しかし、操縦技能者証明証というものが存在します。この資格はドローン操縦でのスペシャリストを証明してくれるものです。

一般社団法人JUIDAが発行しており、事業でドローンを活用する人には、注目され始めている資格になります。知識があることが、第三者から証明されるので、信頼されやすくなります。個人でも、仕事にするなら持っておきたい資格になります。
ドローン

ドローン操作を上達させたいなら練習をしよう

ドローンを思い通りに操縦できるようにしたいのであれば、練習あるのみです。上達するかどうかは、練習の積み重ねで得られるコツなどによります。ドローン操縦を、独学で学ぶのかスクールでしっかり学ぶのかは目的により変わってくるでしょう。

自分の目的を明確にし、どこで学ぶのか、どう使いたいのか、どのくらい上手くなりたいのかで判断するのがいいかと思います。

category

記事カテゴリー