インテリアの仕事に就くために必要な対策法、最短ルートでプロになる

インテリアの仕事に就くために必要な対策法、最短ルートでプロになる

LIFE STYLE 2018.09.18

Share :

インテリア関係の仕事内容と就くために必要なこと

インテリア関係の仕事に就くためには、大学や専門学校で知識と技術を学んだ後、住宅メーカーや建築会社に就職して、実務経験を積むことです。そうすれば、将来は、独立しフリーとして働くことも夢ではありません。

就職の際は、インテリア関係の資格を取っておいた方がスムーズに入社できます。異業種からの転職の場合なら、なおさら、資格取得は必須です。自分の実力を証明してくれる唯一のものなのでお薦めします。
店内 インテリア

インテリア関係の仕事とは

エクステリアに対してインテリアは内装におけるすべての作業となります。インテリア関係の仕事とは、デザイン要素だけでなく、室内環境の設備や便利・使いやすさなどといった機能性など、あらゆる視点から見た住み心地の良さの提案と、それを実現するための技術力が必要です。

主な職業は4種類

インテリア関係の主な職業はインテリアコーディネーター、インテリアプランナー、インテリアデザイナー、 家具職人の4種類です。
インテリアコーディネーターは、住宅の照明や壁紙などの内装を企画提案したり、住む人の立場になって快適な住空間を提案します。インテリアに必要な要素をコーディネートする役割と言えるでしょう。

インテリアプランナーは、トータルな視点でインテリアを設計します。室内環境のほかにも、設備の設計や内装の仕上げ方法など必要な設計図などを作成して施工管理まで行います。まさに、お客様のイメージを実現するために、材料集めから完成までをプランニングする役割を担います。
インテリアデザイナーは、住宅だけではなく、オフィスや航空機、船舶などの室内デザインなどにも携わります。建築設計者や施行業者、依頼人などと打ち合わせしながらデザインを進めていきます。室内空間や家具・照明などの専門分野においても活躍の場を広げています。

家具職人は、顧客の注文に合わせてテーブルや机、ベッドなどの家具を作り出します。家具のデザインや設計、加工、組み立てなどの全工程をひとりで行える技術力があれば、フリーランスでも家具工房を運営していくことが可能です。家具職人はインテリアのイメージを決める重要なセクションとも言えるでしょう。

コミュニケーション能力も必要とされる

インテリアの仕事と言うとインテリアだけの知識があればできるように思われがちですが、実際は接客する機会が多くコミュニケーション能力、プレゼン能力も必要とされます。
ハウス インテリア

インテリア関係の主な4種類の仕事内容について

インテリア関係の仕事で共通して求められるのは、コミュニケーション能力です。依頼者がどうしたいのかを上手く引き出し、相手の立場になって、企画提案することが必要となります。仕事内容については、それぞれ立ち位置が違うので、下記をご参考にしてください。

インテリアコーディネーターはインテリアの提案をする

インテリアコーディネーターは、住宅、オフィス、店舗、公共施設などのインテリアを依頼主の希望に応じてアドバイスや提案をする仕事です。自分のつくりたいものを押し付けるのではなく、依頼者がどんなイメージを持っているかを引き出し、依頼者にとってベストな状態を作り出すためのお手伝いが仕事となります。

インテリアプランナー企画から設計まで行う

オフィス、住宅、商業施設、公共施設など取り扱う仕事は幅広いといえます。また企画から設計、工事監理までこなしますので、仕事内容は建築士に近いともいえます。快適性だけでなく、機能性、安全性も考慮したイメージをデザインし、それを具現化するための材料選びから設計図の作成、施工管理なども担当します。

インテリアデザイナーは空間のデザインをする

依頼人の家族構成、予算、希望に沿ったインテリアを提案し空間を作り上げる仕事です。プロとして仕事を請け負うには資格が必要となります。重要な点は、依頼者が「どんな空間に住みたい」のかを聞き出し、温かみのある木を用いた空間や、透明感や緊張感を持たせた芸術を感じさせる空間など、相手の立場に立った空間を提案します。

家具職人は家具を製作する仕事

家具デザイナーの設計図を基に家具を製造する仕事ですが、家具のデザインから行う場合もあります。機能性とデザイン性の両面を求められる人も増えていますので、デザインから製造までを一貫して行える技術者が求められています。
インテリア ウッドデザイン

インテリア関係の主な4種類の仕事で必要な資格について

インテリア関係の主な4種類の仕事の中には、資格が必要な仕事も存在します。インテリアプランナーではインテリアの知識だけでなく、建築全般の知識がないと上手く仕事が回らない状態に陥ることもあるでしょう。

その他は、特別な資格の取得は必要ありません。ただ、現場での実務経験は常に求められるでしょう。

インテリアコーディネーターになるために資格は必要ない

インテリアコーディネーターの資格試験はありますが、就職に資格は特に必要ありません。ただ、インテリアコーディネーターの実務経験が求められるケースは多々あるようです。

インテリアの知識だけでなく、色彩感覚や 建築に関する知識もあると提案する内容のバリエーションの幅が広がります。また、依頼者の要望を上手く聞き出すためのコミュニケーション能力は必須と言えるでしょう。

インテリアプランナーは資格と登録が必要

インテリアプランナーとして働くためにはインテリアプランナー試験に合格しなければなりません。合格後はインテリアプランナー登録が必要となり、登録するためには、学歴・資格などに応じて所定の実務経験が必要となります。

また、インテリアの知識だけでなく建築全般の知識がないと難しいでしょう。現場で指揮することも多い仕事なので、仕事を順序立ててスタッフに指示が出せる能力も重要となってきます。

インテリアデザイナーになるために資格は必要ない

インテリアデザイナーの資格試験がありますが、インテリアデザイナーになるために特に必要ではありません。しかし仕事をする上で、一級建築士、二級建築士、木造建築士などの資格があると有利なのも事実です。
とりわけ、木造住宅や鉄筋コンクリート造などの設計、工事監理に従事する「二級建築士」があれば、建築士との打ち合わせも自信をもって挑むことができます。

家具職人になるために資格は必要ない

特に資格は必要ありませんが、家具製作技能士や木材加工用機械技能主任者という資格試験があります。国家資格である、木材加工用機械作業主任者は、労働安全衛生法に定められた作業主任者のひとつで、木材加工用機械作業主任者技能講習を修了した人の中から事業者により選任されます。
インテリア テーブル

インテリア関係の主な4種類の仕事に就く方法

インテリア関係の仕事に就くには、学校で知識や技術を学び、建築会社や住宅会社などに就職することが、一般的で、最短にインテリア関係の仕事に付ける方法だと思われます。

インテリアコーディネーターになるには建築関係に就職する

大学や専門学校などではインテリアコーディネーターの資格取得に特化した授業を学習できますので、資格を取得してから、卒業後は、建築やインテリア関係の会社に就職し、インテリアコーディネーターになるのが一般的で、最短なコースと言われています。

インテリアプランナーになるには建築系に就職後実務を重ねる

建築系の専門学校や大学を卒業しておくとインテリアプランナーの登録に有利になります。一般的には専門学校など建築に関わる知識と技術を学び、建築会社などに就職し実務経験を重ね、インテリアプランナーを目指すのが一般的と言われています。

インテリアデザイナーになるには設計事務所に就職する

特別な資格は必要なく専門学校や大学で建築や美術などを学び卒業後、設計事務所やインテリアデザイン事務所などに就職します。経験を積めばフリーでも働いていけるでしょう。

家具職人になるには工房などに就職する

家具製作会社や工房に見習いとして就職し一から学ぶか、職業訓練校や家具関連の学校で学んだ後家具製作会社や工房に就職するのベストです。資格取得は必須ではありませんが、技能の実力を証明してくれるので、取得していた方がスムーズにステップアップしていくことができます。

学校で学んだとしても、いきなり1人前の家具職人にはなれません。家具製作会社や工房へ就職し、下積みが必要となるでしょう。
インテリア テーブル

必須ではないが資格は取っておいたほうが有利に働らく

インテリア関係の仕事はインテリアプランナー以外であれば資格がなくても就くことができます。しかし実務経験者が優遇されるので転職したい場合は資格は取っておいたほうがよいでしょう。転職者の場合は、企業側も即戦力を求めてきますので、未経験からインテリア関係の企業に就職するなら、資格取得は必須といえます。

インテリア関係にも様々な仕事があるのでしっかりと見極めて対策しよう

インテリア関係の仕事にはさまざまな種類の仕事があるので、インテリアをプランニングしたいのか、住環境を提案したいのか、モノづくりにこだわり職人になりたいのか、しっかりと見極めて対策を講じる必要があるでしょう。

category

記事カテゴリー