プロテインザバスの商品と選び方。正しく摂取して美しい体へ

プロテインザバスの商品と選び方。正しく摂取して美しい体へ

LIFE STYLE 2018.09.17

Share :

自分に合ったプロテインザバスを見つけたい

プロテインザバスには、目的に合わせてさまざまな商品が用意されています。これからプロテインを飲み始めようと思っても、どれが自分に合うのかわからない方。

それぞれに商品の特徴などが記載されているので、自分に合ったプロテインを探すことが大切です。初めてプロテインザバスを飲みたい人のために、商品選びから特徴までを一緒に学んでいきましょう。種類が豊富ですので、ずっと続けられる一品を決めていきます。
ウェブ 

プロテインザバスの基礎知識

ザバスのロゴは運動やダイエットに興味がある人は、誰でも知っているものでしょう。どのような会社なのかをまずは知ることから初めていきます。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

株式会社明治が生産しているプロテイン

意外と知らない人も多いですが、ザバスは「明治」で発売されている商品です。販売開始は1980年で、歴史のあるプロテイン販売会社といえます。
スポーツ関係でしたらそのほかに脂肪燃焼系飲料「VAAM」が挙げられます。1917年設立からさまざまな健康商品を生み出し、顧客に愛され続けた老舗といってよいでしょう。ジムには必ずといってよいほど、プロテインザバスが販売されています。

多くのアスリートをサポート

プロテインザバスがサポートしているのは野球の「侍ジャパン」やラグビー、バレーボールやバスケットボールの日本代表やJリーグチームなど多数のスポーツに関わっています。

多くのトップアスリートたちに支持されているザバスは、上質な筋肉を作る上でとても重要な役割を果たしているといえるでしょう。アスリートもさまざまな種目があるため、自分に合ったプロテインを毎日飲んでいるようです。

プロテインの種類が豊富

種類が豊富なので目的に合わせて、商品を選ぶことができるというのも人気の秘訣のようです。ダイエット目的のほか、筋肉強化やマラソンなどの持久力アップなどさまざまな効果が発揮できます。
目的別でいいますと15種類以上の商品があるため、自分の目的に合わせて商品を購入できるのです。これほどまでにプロテインの種類が豊富な商品は、ほかにはないでしょう。

日本一の売り上げを誇る

Amazonのプロテイン売れ筋ランキングでも、上位4位がザバスの商品ということをご存知でしょうか。口コミなどでもとても定評のあるザバスですので、安心して購入できるところがポイントの高いところです。

全体的にカロリーも低く収まっているため、上質な筋肉を作るのにはとても適した商品です。プロテインといえばザバスという人も多いようで、プロテインに興味がある人は一度は購入しています。
トレーニング

プロテインザバスが優れている点

なぜザバスは多くのアスリートたちに、支持されているのでしょうか。支持されている理由はたくさんありますので、その点をチェックしていきましょう。

安心して飲むことができる

ザバス製品は全て「公益財団法人日本アンチドーピング機構JADAの公式認定商品」ということを存知でしょうか。ドーピングコントロールで、禁止薬物に指定されている物質は一切含んでおらず、アスリートも安心して飲めるところが支持されているひとつです。

また、ジュニアプロテインという子供向けの商品がありますが、 それ以外の商品を子供が飲んでも特に問題はないというところが大きなポイントではないでしょうか。大人だけでなく子供にも、健康的で安全な商品ということがわかります。

手軽に入手しやすい

スポーツ販売店やドラッグストア、楽天やAmazonなどで購入でき、ジムなどにも販売されているため気軽に手に入るということも大きな要因です。特に、アスリートにとってザバスはとてもブランドの信頼性も高いため、プロテインといえばザバスというような風潮になっているようです。

最近では、コンビニでもゼリー系のものや飲料が発売されていて、ますます手軽にプロテインを摂取できるようになりました。それほど人々がプロテインに興味があり、健康志向の人が増えたということなのでしょうか。健康 ドリンク

プロテインに関する基礎知識

プロテインはどのような効果があるのか詳しくみていくとともに、それぞれのどのような種類があるのかをみていきましょう。

英語でタンパク質という意味

タンパク質は炭水化物・脂質とともに3大栄養素と呼ばれる重要な栄養素のひとつで、生命維持になくてはならないものです。プロテインはタンパク質を主成分としたプロテインサプリメントですので、上質な筋肉や皮膚、毛髪を育成するための重要な要素なのです。

プロテインは英語でタンパク質という意味で、ギリシャ語でプロテインは「一番大切なもの」という語源があります。昔からタンパク質は人間にとって、とても重要なものだったのです。

プロテインは3種類ある

プロテインにはさまざまな種類があります。

牛乳からできたホエイプロテイン

牛乳からの精製プロテインで、筋肉に必要なアミノ酸を多く含んでいます。乳脂肪分やカゼインを取り除いており、以前は牛乳からチーズを作る際にできた余りものとして扱われていました。しかし、ホエイプロテインが研究によって、重要なタンパク源ということがわかったのです。

基本のプロテインはこのホエイプロテインから作られていて、吸収が早いためボディービルダーもよく飲んでいます。特に、筋肉の合成に必要なアミノ酸が豊富に含まれていて、BCAAという必須アミノ酸「バリン・ロイシン・イソロイシン」のことを指します。人間の体内では生成できないため、食事として摂取しなくてはいけないものです。

大豆からできたソイプロテイン

ソイとは大豆という意味で、大豆から作られるプロテインのことです。アミノ酸スコアが高く、脂肪が少ないのでダイエットに効果的です。
ダイエット目的でもうひとつよい利点は、消化吸収が遅いため空腹状態が短くなるということです。

しかし、ソイプロテインは飲みにくいというのが難点で、さまざまな工夫をして飲まなくてはいけません。

カゼインプロテイン

カゼインとは凝固するタンパク質で、ホエイプロテインと同じく牛乳を主成分としますが、牛乳の成分は全体の約80%のみとなります。牛乳から脂肪とホエイを取り除いた成分なので、カゼインプロテインの特徴は固まりやすく、吸収がゆっくりなところも特徴的です。

運動直後に飲んでタンパク質を素早く吸収させるのは、ホエイプロテインがおすすめですが、カゼインプロテインの場合は就寝前に摂取し、ゆっくりと体に蓄えさせるという働きがあります。
ホエイプロテインは流通的に多く販売されていますが、カゼインプロテインのメリットは7~8時間かけてゆっくりと吸収されていくため、スタミナ効果が抜群になるのです。
健康 

プロテインにはさまざまなメリットがある

プロテインは粉状のものですので、あまり体によくないのでは?と思われがちです。しかし、プロテインを摂ることによって、健康的な体を手に入れることができるのです。

簡単にタンパク質を摂ることができる

食事からタンパク質を摂ろうと思うと、意外と大変で一日の必要量に満たないことが多いようです。プロテインを飲むことで、必要なタンパク質を毎日簡単に摂ることができます。

タンパク質は体重が重い人ほど多く摂取しなければなりません。男性で70kgの場合は筋肉強化をするためには一日に100gほど必要になってきます。そうなってくると食事だけでは難しく、プロテインで補えるのです。

プロテインからタンパク質を摂ったほうが安い

良質なタンパク質を摂るために、毎日肉類を購入すればかなり経済的に負担になるのは目に見えています。必要なタンパク質を取るためだけであれば、プロテインのほうが安く済むということも頭に入れておきましょう。

タンパク質=肉ではなく、タンパク質100g必要な人は、肉に換算すると600g以上食べなければいけないのです。そうなってくると毎日では経済的にも大変になりますし、なによりも内臓に負担がかかります。通常の食事だけでは補えない分だけをプロテインで補給すれば安く済むということです。

時間と場所を選ばず摂取することができる

粉末や錠剤なので持ち運びができ、出先でも摂取することができます。プロテインを外出先で一回飲む分には、シェイカーで十分補給できますし。
また、何回もプロテインを飲まなくてはいけないときには、小袋にプロテインの粉末を入れて持ち運びするのもよいでしょう。シェイカーひとつあれば、そのほかはかさばらないため、簡単に持ち運びができます。

カロリーオーバーや栄養不足を防げる

必要な栄養素をすべて食事から取ろうとすると、カロリーオーバーになってしまうことがあります。例えばお肉でタンパク質を摂ろうとすると、どうしても脂質も一緒に摂ってしまいます。

また、減量するためにカロリーを抑えれば、栄養不足になることもあるのです。特に、ダイエットをしている人は食事のカロリーを抑え、必要な栄養素をプロテインでとればよいでしょう。栄養食

自分に合ったプロテインザバスの見つけかた

さまざまな種類があるザバスですが、どのようにすれば自分に合うものが見つかるのでしょうか。シーン別に選んでみましょう。

トレーニングの内容で決める

鍛えているのであれば、自分がどのトレーニングをしているかによって選んでいきます。

爆発瞬発系のトレーニングをする場合

筋トレなどのトレーニングをする人には、牛乳から精製された動物性のプロテインがよいでしょう。特に、筋トレをしたあとには45分以内にタンパク質を摂取すれば、筋肉や皮膚を強化してくれる「成長ホルモン」の手助けをしてくれるのです。

ホエイは吸収率も早いため、運動でダメージを受けた体に対して効果的に補強してくれる働きがあります。ボディービルダーなど、筋肉増加を目的としている人におすすめです。

持久系のトレーニングをする場合

マラソンやトライアスロンなどのトレーニングをする人には、大豆を原料にした植物性のプロテインがよいでしょう。ソイプロテインを飲んでから有酸素運動をすると、さらに持久力がアップするため効果的です。また、大豆は基礎代謝が上がり脂肪燃焼につながりますので、ダイエットしている人にはおすすめです。

パワー持久系のトレーニングをする場合

インターバルトレーニングなどをする人には、動物性と植物性をブレンドしたプロテインがおすすめです。筋肉を鍛えることによって、傷んでしまった筋肉には栄養が必要になってきますが、急速に補給することができるのです。

吸収するスピードが早いホエイと、時間をかけて吸収していくカゼインを合わせることによって、トレーニングを終えたあとに早く栄養を吸収してくれます。そして、時間をかけてタンパク質を吸収していくため、非常に効果的な飲みかたになるのです。

目的で選ぶ

筋肉をつけたいと思っている人には「タイプ1ストレングス」がおすすめで、ウェイトアップ減量を目的としている人には「ウェイトダウンソイプロテイン100」などがあるので選んでみましょう。

また、ザバスには自分が行いたい競技別などの種類がありますので、それに合わせて購入ができます。シェイクが苦手な人は手軽に飲めるゼリーも販売されていますので、試してみてはいかがでしょうか。

商品の主成分で選ぶ

体作りにはプロテインが必要になってきますが、主成分が大豆か牛乳から精製されるホエイがよいか、などを決めてから購入するようにしましょう。

エネルギーチャージの場合は糖質を多めの商品を選ぶとよいです。運動中に糖分を摂ることで、急速に血糖値が下がるのを防いでくれます。そのため、運動していても疲労しにくい体になるのです。

自分の好みで選ぶ

さまざまなプロテインの種類や効果などがありますが、トレーニングを目的としたものなどを選んでみてください。
プロテインは飲みにくいと感じる人もいますので、味がついたものも販売されています。継続していかないと意味がないため、いくつか試してみて自分に合ったものを選ぶのが一番よいでしょう。
トレーニング

プロテインザバスのおすすめ商品

初心者向けのプロテインザバスを2点ご紹介します。自分に合いそうなものがあれば試してみてください。

ザバス ホエイプロテイン100 ココア味1,050g


値段が3,925円で、吸収のよいホエイプロテインを100%使用しています。水や牛乳に溶けやすいので、プロテイン特有の飲みにくさを感じさせません。
また、ココア味のため牛乳で溶かすとミルクココアのような感覚で飲めます。一食分のタンパク質は15g摂取できるため、食事の補助的存在になるでしょう。Amazonでもランキング1位になっている人気商品です。

ザバス ソイプロテイン100 ココア味1,050g


値段が3,695円で、ソイホエイプロテインを100%使用しています。たんぱく原料の「大豆プロテイン」と7種類のビタミンB群とビタミンCを配合されていて、トレーニング直後にタンパク質を補給でき、理想的な体づくりをサポートしてくれるでしょう。
また、ホエイではお腹がゆるくなってしまう人に、ソイプロテインはおすすめです。こちらもココア味ですので毎日継続しやすくなっています。大豆から作られているため、ダイエットしつつ筋肉もつけたいという人は一度試してみてはいかがでしょうか。
健康ドリンク

ダイエットにおすすめのプロテインザバス

栄養もしっかり摂りつつ、ダイエットできるおすすめプロテインです。飲みやすいため継続することができるでしょう。

ザバス ウェイトダウン ヨーグルト風味 1,050g


値段が3,769円で、大豆プロテインとガルシニアエキスを配合したプロテインです。カラダづくりに欠かせない11種類のビタミンとカルシウム・鉄・マグネシウムを配合していて栄養バランスもとれています。運動で減量したい人のカラダづくりに役立つ商品で、とても人気があります。
ダイエットすると筋肉も落ちてしまうため、ウェイトダウンプロテインを飲むことによって、筋肉は維持したままウエイトダウンが期待できるのです。
牛乳

パウダー状のプロテインザバスの飲みかた

継続するには、飲みかたも工夫していかなくてはいけません。どのようにして飲んだほうが、効果が得られるのでしょうか。

牛乳や水などに混ぜて飲む

基本の飲みかたはプロテインパウダー1食分約14〜21gを牛乳や水200ml〜300mlに溶かして飲みます。コツはシェイカーの中に先に水か牛乳を入れ、その上にプロテインを入れます。シェイカーのフタの部分を持ち、実験でフラスコをゆっくり回すようにしてから、普通にシェイクすると溶けやすくなります。

水だけではなかなか飲めない人も多いため、フルーツを入れる人もいるようです。しかし、その場合は余計な糖分が増えてしまうので気をつけましょう。

運動直後または寝る前に飲む

運動後30分以内はゴールデンタイムといわれているため、体のケアや体づくりに欠かせないタンパク質が必要になってきます。プロテインザバスも、そのタイミングで飲むとよいでしょう。

また、寝ている前にタンパク質を補給することで、筋肉や皮膚を作ってくれる成長ホルモンの分泌を助けてくれて、タンパク質の吸収率をさらに高められます。朝食時にはタンパク質が不足しているため、摂取するのもおすすめです。

メモ 

プロテインザバスを飲むときの注意点

ただ飲むということだけでは、上手に飲んでいるとはいえません。間違った方法で飲むのは、かえって逆効果になる可能性があるのです。

作り置きしないこと

プロテインをシェイカーで作るのは意外と面倒なことで、忙しいとつい飲み忘れてしまうこともあるでしょう。しかし、面倒だから大量に作り置きしてしまうと、変質して栄養価が下がる可能性があるので、その都度作ることを前提としてください。

また、シャイカー内で雑菌が繁殖する可能性があるため、体にとって悪影響になってしまいます。面倒ではありますが、一回ごとに作ることをおすすめします。

3カ月以内に飲みきること

封を開けてしまったら、できるだけ早く飲みきることが必須です。プロテインの置き場所は、直射日光の当たらない涼しい湿気のない所で保管しましょう。

中にはビタミンなどが添加されている場合、酸化すると壊れてしまいますのでなるべく早めに飲みきるようにしてください。安いからといって大量に購入するのは避け、毎日継続していくのに1ヵ月分ですと約600gが必要ですので、新鮮なプロテインを常に購入していくのがよいです。

メモ

プロテインザバスにはゼリー状の商品もある

ザバスにはさまざまな商品が販売されていますので、自分が継続しやすそうなものを選ぶのもよいでしょう。いくつかピックアップしていますので、参考にしてみてはいかがでしょうか。

エネルギーチャージを目的としたもの

エナジーメーカーゼリー、ピットインエネルギージェル、ピットインゼリーバーの3種類があります。エナジーメーカーゼリーはすぐにエネルギーが補給できて、スポーツするときなど飲みやすいゼリーです。クエン酸や5種類のビタミンB群配合ですのでエネルギー源となっています。

ピットインエネルギージェルは、1本で170kcalの高エネルギー補給ができるジェルタイプです。カフェインも配合されているため、集中したいときなどよいでしょう。ピットインゼリーバーはバナナ一本分の栄養がとれ、食感もあるため満足できる商品です。

運動後の疲労回復を目的としたもの

リカバリーメーカーゼリーは、スポーツで疲れた体に必要なタンパク質などをすぐに補給できる優れものです。飲みやすいゼリードリンクですので、スポーツしたあとでも気軽に摂取できます。タンパク源はホエイを使用していて、消化吸収に優れています。

また、5種のビタミンB群を配合しているため、栄養バランスもよいといえます。アップル風味で飲みやすくなっているところも特徴でしょう。

ストレッチ

プロテインザバスはコンビニでも買える

ザバスミルクプロテインは飲みきりタイプのプロテイン飲料で、価格は税別150円と手頃な値段となっています。コンビニだけでなくスーパーでも購入できるため、手軽に購入できるでしょう。

摂取したミルクプロテインは吸収も早いため、筋肉を回復したいときなどは運動後に飲むと効果的です。一本につきタンパク質が15gも摂取できますが、炭水化物も10g含まれているため、ダイエット目的の人は飲みすぎには注意です。
ドロドロしたプロテインが苦手という人には、ミルクプロテインはかなり飲みやすいため、一度試してみてはいかがでしょうか。
ストレッチ

プロテインザバスは種類が豊富で目的に合わせて選べる

これほどまでに目的別に種類があることが、プロテインザバスの人気の秘密でもあります。アマゾンでは常に上位を独占していますので、リピーターや顧客満足が多い証拠でもあります。豊富な種類から自分の目的とする商品をすぐに見つけられるため、お気に入りを購入してみてはいかがでしょうか。

しかし、プロテインはあくまでも食事の代わりではなく、食事では補えなかった分摂取するものです。正しいプロテインの摂り方をしっかりと学び、自分の体をコントロールしていきましょう。

category

記事カテゴリー