30kgのダンベルを使ってみよう。おすすめのトレーニングを紹介

30kgのダンベルを使ってみよう。おすすめのトレーニングを紹介

LIFE STYLE 2018.09.07

Share :

いきなり30kgのダンベルは重い

本格的に筋トレをしていると、単なる腕立て伏せや腹筋などの自重トレーニングだけでは満足できず、そろそろ器具を使ったトレーニングにシフトしてみたいという欲が湧いてくると思います。
ある程度筋力に自信のある人でも、いきなり30kgのダンベルを使いこなすのは難しいといえます。少しずつウエイトをあげて、最終的に30kgのダンベルを使えるようになるのが理想です。無理をせずに少しずつトレーニングをしていきましょう。
ダンベルトレーニング

ダンベルの重さの選び方

まずはダンベルの重さの選び方から解説していきます。ダンベルは軽すぎても重すぎてもいけません。きちんと筋トレに効果が反映されるよう、適切なウエイトのものを選びます。

重すぎるものを選ぶと怪我につながる

見るからに重そうなダンベルを軽々と握っている人を見ると、同性でも「かっこいいな」と憧れの視線を送ってしまいます。ウエイトの重いものの方がより体を鍛えられるようにも感じるでしょう。
ですが重いからといって、筋トレの効果が飛躍的に上がることはありません。しかも見栄を張って重いものを選ぶと怪我の原因になり、かえって逆効果になることも。自分にあったウエイトを選ぶことが筋トレの近道です。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

平均的な筋力を参考にして選ぶ

筋トレの目的や、目標によっても使用するダンベルの重さが変わります。またご自身の体のサイズによってもおすすめする重さも変わってくるので、平均的な筋力を参考にして選ぶのもよいでしょう。
平均的な筋力から換算すると、体重60kgの男性なら、筋トレ初心者で20kg、中級者で30kg。体重70kgなら、筋トレ初心者で25kg、中級者で40kgが目安です。

初心者であれば10kgがおすすめ

ダンベルを購入したら早速トレーニングを始めたいところですが、いきなり平均的な重さのウエイトを使うのは待ってください。初心者の男性なら、まずは10kgから始めるのがおすすめです。30kgのダンベルを購入して、プレートで重量を調整すればOK。
なぜならばダンベルを用いたトレーニングには、正しいフォームを身につける必要があるからです。間違ったフォームでは効率よく筋肉が鍛えられないため、効果を実感しにくくなります。少しだけ遠回りに感じるかもしれませんが、怪我を予防するためにも少しずつ体を慣らしていきましょう。

厚い胸板をつけたいなら30kgから始めるのもあり

筋トレをする目的や部位によっては、いきなり30kgからスタートさせても問題ない場合もあります。それは大胸筋のトレーニングです。
大胸筋は体のなかでもかなり大きい部位なので、少し鍛えただけでもかなりの速度で発達します。ボディビルダーとまではいきませんが、スーツを着ていても「あの人、何かやってるな」とそばから見てもわかる程度にはなるでしょう。もちろん無理のないように鍛えていくことはお忘れなく。
ダンベルトレーニング

ダンベルトレーニングのメリット

ダンベルのいいところは、自分でプレートを脱着するだけでウエイトを自由に増減できる点です。ご自分の体重や筋トレ具合、体調によって調整しましょう。最初はやや軽いものから初めて、徐々にウエイトをあげていけば問題ありません。
一方、似たようなトレーニンググッズでバーベルがあります。どちらも筋力トレーニングに適した器具ですが、今回は敢えてダンベルでのトレーニングをおすすめします。

バーベルより器具の用意が簡単にできる

ダンベルをおすすめする理由としては、ダンベルのほうが断然安く、またスペースもとらない点です。バーベルであればトレーニング用のベンチが必要ですが、ダンベルであれば自重トレーニングの延長上の感覚で自宅で気軽に始めることができます。
また収納スペースもさほど取らないため、うっかり蹴飛ばさない程度の場所にしまっておくだけの手軽さも魅力。ジムへ通ってトレーニングする人であれば、ダンベルでもバーベルでもどちらでも結構です。

左右の筋肉バランスを整えられる

ダンベルをおすすめするもう1つの理由として、左右バランスよく鍛えられる点が挙げられます。人間の体はどうしても左右で筋肉量に差があります。
バーベルでのトレーニングでは利き腕が弱い方の腕をかばいながらでもバーを持ち上げることができてしまいうため、鍛え方にも左右で差ができてしまいます。一方ダンベルであれば左右のウエイトに差をつけたり、弱い方だけをより鍛え上げることも容易です。
スクワット

おすすめの30kgのダンベル

これからダンベルを購入しよう、またはより重いものにシフトしようと思っている人に、おすすめのダンベルを紹介します。またここで紹介する30kgとは、片手で30kg、両手で60kgのダンベルのことを指します。
選定基準は以下の3点です。

  • 価格1万円前後で購入できること。
  • 家でも使いやすい、傷防止がついていること。
  • 口コミの評価が高いことは。

IROTEC ラバー ダンベル 30kg 2個セット


IROTEC(アイロテック)はダンベルを始め、ベンチプレスやランニングマシンまでフィットネス機器を幅広く扱う会社です。赤と黒のスパルタンカラーが特徴で、見た目にも高級感があります。
うっかり落としてしまっても床に傷がつかないよう、ラバーを巻くことができるので家トレにぴったり。プレートも豊富なので、5kg、7.5kg、10kg…と細かくウエイト調整が可能。少しずつウエイトをあげていきたい人に一押しのダンベルです。

FIELDOOR ラックアイアンダンベル 30kg 2個セット


FIELDOOR(フィールダー)のダンベルには魅力的的な特徴があります。それはダンベルのシャフト部分にバーベル用のシャフトを連結させて使うことができる点。ダンベルだけではなく、バーベルも両方購入したいと思っている人には朗報です。
見出しの商品には20kg×2とありますが、カラー選択で30kg×2を選べるようになっています。プレートも豊富に取り揃えてあるので、より強度の高いトレーニングをしたくなってもプレートを追加するだけでカスタマイズが可能。長く鍛えていきたい人におすすめです。

リーディングエッジ ラバーダンベル 30kg 2個 セット


初めてダンベルを購入した際に驚くのが「自分でラバーをセットしないといけない」商品が多いという点。けして難しい作業ではありませんが、ついている潤滑油をふき取ったりラバーの形を整えたりと、意外に手間がかかります。早速トレーニングをするぞと意気込んでいたのに、出鼻をくじかれたトレーニーも多いようです。
その点こちらの商品は初めからラバーがセットされているので、準備の煩わしさを感じません。またシャフトだけでも2kgあるので、パートナーやお子様と一緒にトレーニングするのにもおすすめできます。
ダンベルトレーニング

自分の筋力に合わせたダンベルを買おう

筋トレをする上でもっとも大切なことは「継続させること」。重すぎるダンベルではモチベーションも続かないでしょうし、軽すぎても結果がなかなか出ないのでトレーニングに飽きてしまうかもしれません。初めは軽いダンベルからスタートさせ、無理なく徐々にウエイトを上げていきましょう。
もしダンベル選びに自信が持てない場合は、すでにダンベルを使ったトレーニングをしている先輩トレーニーや、ジムのトレーナー、専門店の店員さんなどに相談してみるのもおすすめです。自分の筋力に応じたダンベルで、魅力的な肉体を作っていきましょう。

category

記事カテゴリー