おすすめのダンベル60kgセットとは。ダンベルのメリットをご紹介

おすすめのダンベル60kgセットとは。ダンベルのメリットをご紹介

LIFE STYLE 2018.09.16

Share :

筋トレに慣れてきた人におすすめの60kgダンベル

筋トレにも大分慣れてきたが、筋力アップをするのに何か物足りない。60kgダンベルがはたして自分に合うのだろうか。そんな想いをお持ちの人もいらっしゃるでしょう。本記事では、60kgセットのダンベルを選ぶメリットやダンベルとバーベルを比較しつつ、60kgセットのおすすめダンベルをご紹介します。
ダンベル

60kgセットのダンベルを選ぶメリット

それでは、60kgセットのダンベルを使うべきメリットを早速みていきましょう。

軽い負荷で回数をこなすより効果的

まず筋肉量を増やしてしっかりとした筋肉を手に入れるなら、60kgダンベルを使ったトレーニングがおすすめ。もちろん、余程慣れている人でない限り、いきなり60kgダンベルでのトレーニングは難しいでしょう。無理なフォームでのトレーニングは、故障やケガの元。自宅でのトレーニングの場合、可変式のダンベル60kgを使えば、20kg、40kgと少しずつ負荷を上げられますのでおすすめです。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

筋肉量を増やすトレーニングで重要なことは、8〜12回をこなせるくらいの重量で行うこと。トレーニングを続けていきますと、軽い負荷ではそのうち物足りなさを感じるようになってきます。ダンベルの重さの変化を実感できることも、ダンベルを使うトレーニングのメリットの1つといえそうです。

理想の逆三角形に重要な背筋群が鍛えられる

つぎに理想の体型と言われれば、逆三角形体型をイメージする人もいるかもしれません。筋トレで逆三角形体型を形づくる重要部位は、背中にある背筋群という筋肉になります。

厚みのある背中をつくるには、ダンベルを両手に持ち、背中を真っすぐキープしたまま膝下まで前屈する、ダンベルデッドリフトというトレーニングが必要不可欠。このダンベルデッドリフトをきっちり行うために、片側30kgの60kgセットダンベルが必要になってくるのです。

あとから60kgセットをさらに買うよりお得

さらに60kgセットをはじめから購入したほうが、あとから60kgセットを別途購入するよりも器具代がかかりません。それに別途60 kgセットを購入するよりも、ダンベルの置き場所などスペースを取りません。なぜなら40kgセットを購入後、別途60kgセットを購入した場合、2セット分の置き場所が必要になるからです。

以上を踏まえ、費用スペースの面で60kgセットをはじめから購入したほうがいいでしょう。
バーベル

ダンベルとバーベルの比較

ここからはダンベルとバーベルの違いをみていきます。

ダンベルのほうが可動域が広い

まずダンベルはバーベルよりも可動域が広いので、より自然な動きが可能です。なぜならダンベルは左右それぞれの手で握ることを前提に設計されており、ダンベルを用いたトレーニングでは左右別に、それぞれ異なる動作が可能だからです。

そのため、ダンベルはバーベルよりも身体が自由に動ける、細々と負荷を調整することで体への負担を減らせる、無用なケガのリスクを抑えられる、といったメリットがあるのです。

バーベルであれば重い重量も扱える

ではバーベルにはどのようなメリットがあるのでしょうか。それは、バーベルはダンベルよりも重い重量を扱えること。バーベルに取り付けるプレートには、1.25kgや2.5kgなどのマイクロプレートから、5kg、10kgといった5kg毎のプレートまで、さまざま種類のプレートがあります。

それらプレートを自分の筋力レベルに応じて変えられるのです。一方ダンベルは1kg、2kg、3kg、4kg、5kgといった具合に、バーベルよりも圧倒的に重量が軽いので、ダンベルには重い重量を扱えないというデメリットがあります。

ダンベルは軽い重量でより負荷をかけられる

最後にダンベルを自宅で使用する場合、ダンベルはバーベルよりも重量が軽いので、軽い重量で強い負荷を身体にかけられるメリットがあります。なぜならダンベルのように軽い重量で負荷をかけるほうが、腰への影響が小さいからです。それにダンベルは先述したように可動域を広く取れます。

そのためダンベルのほうが、より強い負荷を身体にかけやすいからです。さらに自宅での使用を考えた場合、重いバーベルを家の床に置くことを検討するならば、置き場所など保管場所を確保しづらい面もあるようです。
ダンベル

おすすめ60kgセットのダンベル

ここまでバーベルとダンベルの違いをみてきました。これからはおすすめ60kgセットのダンベルをご紹介します。なお選定基準を以下のように設定しました。

  • 価格2万円弱
  • 評価が高い商品
  • ラバーリングがついているもの

それでは早速みていきましょう。

IROTEC ラバー ダンベル 60KG セット


5kgプレート×8枚、2.5kgプレート×4枚、1.25kgプレート×4枚、45センチダンベルシャフト2.5kg×2本(カラー付き)の計60kgセット。
例えば片手5kg、7.5kg、10kgといった具合に、筋力レベルに合わせて重量を調節できる、人気のダンベルセットです。ラバーリングが付いていますので、床を傷つけにくく、さらには床に置くときやプレート同士の衝撃音を軽減できることが特徴。初心者から上級者まで、レベルを問わず使用可能です。さらなるレベルアップを目指す人におすすめのダンベルセットです。

リーディングエッジ ラバーダンベル 30kg 2個 セット


ラバーカバー付きダンベルプレート1.25kg×4枚、2.5kg×4枚、5.0kg×8枚、ダンベルシャフト(長さ40cm、直径28mm)2kg×2本の最大重量30kg2個(ラバーカバーの重量含む)セット。
劣化に強くニオイの少ない高級シリコンラバーを採用しています。そのため床を傷つけにくく、トレーニング時にプレート同士が直に接触しないので静音であることが特徴。さらにデザイン面で工夫を凝らし、新たにロゴ付きプレートをプラスしました。筋力のレベルに応じてプレートサイズを変更することで、さまざまな重量でトレーニング可能です。

PURE RISE ラバー付 ダンベル 片手 30KG 2セット


プレート:1.25kg×4枚、2.5kg×4枚、5kg×8枚、シャフト(長さ41センチ 直径2.8センチ)2.5kg×2本の最大重量合計30kg2セット。
安心安全のスクリュー式を採用しています。スクリュー式はプレートが緩んでいても、プレートが落下しない安全設計であることが特徴。プレートに取り外し可能なラバーカバーを付けることで、床に置いたときの振動や音を軽減します。握りやすいシャフト径を採用したうえで、シャフトのすべり止めの凹凸を浅く設計し、素手でも手の痛みを軽減できるよう配慮しました。
ダンベル

60kgセットのダンベルで筋トレを始めよう

ここまで60kgセットのダンベルのメリットやダンベルとバーベルの違い、60kgセットのおすすめダンベルをみてきました。ダンベルは可動域が広いので、軽量でありながらも筋肉に高負荷をかけられる、優れたトレーニング器具であることが分かりました。

本記事を参考に、目的に合う60kgセットのダンベルを探してみませんか。60kgセットダンベルでさらに筋肉をつけて、理想の体型を目指してみましょう。

category

記事カテゴリー