ドローンの練習方法を知れば上達する|初心者必見のテクニックを伝授

ドローンの練習方法を知れば上達する|初心者必見のテクニックを伝授

LIFE STYLE 2018.09.11

Share :

ドローンをかっこよく飛ばすには

ドローンを購入しようとしている方から、すでに持っている方まで、目標とするのはドローンを上手に飛ばすことでしょう。自分の手足のようにドローンを操作できるようなれば、一段と楽しさも増すことでしょう。
そのためにも、ドローンを練習していく必要があります。そこで、本記事ではドローンをうまく操る方法について説明していきます。
湖

初めにやりたいドローンの操作の練習方法

ドローンを手に入れたからには、思い通りに操ることが最終ゴールともいえるでしょう。そのためにも、練習でやっておきたい操作があります。ドローン操作をスムーズに上達させるためにも、ポイントとなる練習方法は知っておきたいところです。

まずは離着の練習から

ドローンを操作する中で、もっとも基本的なことが離着の練習になります。この離着の操作を身につけておけば、ドローン操作はもっと容易になります。
まず、離着の練習を開始するにあたり、重要なことが練習する場所になります。練習するにはドローンの大きさなどを考慮し、できるだけ平らなところで行う必要があります。公共の場所は避けて、人の迷惑にならないような空き地がよいでしょう。

その場に留めるホバリング

ドローン操作が少し慣れてきた頃に覚えておきたい操作がホバリングになります。ホバリングとはドローンを離陸させた後に、空中のある一箇所に静止させて留めることです。少しずつ、ホバリングの要領が掴めてきたら、目線の高さに留めるのを意識してみましょう。
また、その場で回転させる、ドローンを目線の高さに留めて静止させるなどの操作を繰り返して行ってみましょう。

目的の場所への移動の練習

ドローン操作で、重要なのが目的の場所へ移動させることです。目的の場所にいくことができなければ、いつまでたってもドローンを使いこなすことができません。初めは近い場所などに目印となるものを置いておき、そこまで飛ばせるようにしていきます。今までつちかった離陸やホバリングなどの技術を駆使してドローンを飛ばします。その際、初めから遠い場所に目的地を設定しないようにしましょう。
また、四角に目印を置き、ホバリングを使いながら行う四角飛行や八の字を描きながら行う八の字飛行を応用練習として実践してみましょう。
ドローン

ドローンの練習ができるアプリ

早くドローン操作を駆使できるようになりたいという思いから、練習に夢中になってしまう方も多いはずです。しかし、ドローンの練習をするためには、ある程度のまとまった時間が必要になります。
そこで、役に立つのがアプリです。アプリであれば、日中は仕事をしている人でも簡単に練習ができます。

Electric RC Sim

iPhone用のドローンシミュレーターとして使えるアプリがElectric RC Sim。画面をタッチして操作しいていきます。機体は10種類。ドローンを操作するための場所も3種類から選択できます。有料版と無料版があるので、最初は無料版から始めてみてもよいでしょう。
参考:Electric RC Sim

Quadcopter FX Simulator

android用のドローンシミュレーターとして使えるアプリが、こちらのQuadcopter FX Simulator。ドローンの動きや飛んでいる場所などが、非常にリアルです。アプリ起動後、すぐにドローンの飛行が可能となっています。前後左右に操作でき、シミュレーション内のドローンの動きも本物に近く感じます。アプリは有料版と無料版があります。無料版から練習もできるので、ぜひ試してみてください。
参考:Quadcopter FX Simulator
ドローン

ドローンの練習場所を探すには

ドローンの練習をしたいけど、悩んでしまうのがドローンの練習場所です。ドローンの操作によって事故や迷惑行為になるようなことだけは絶対に避けなければいけません。そのためにも、ドローン練習に最適な場所を見つける必要があります。

近所の練習場所を探せるフライトマップ

自宅近くでドローンを練習できる場所を見つけたいという人にとって役に立つのが、フライトマップです。ドローンの製造会社DJIが提供しているシステムとなり、安心安全にドローンの練習に取り組める場所を見つけることができるでしょう。

確実に練習場所を確保したいならdrone market β版

ドローンを練習する場所が近所にない。空きスペースがあるけど、人の迷惑にならないか心配。このような状況でも、ドローンを練習したい人におすすめできるのが練習場所をレンタルするシステムです。
料金は時間単位で発生してしまいますが、ドローンを飛ばせるスペースとしてお金を払ってレンタルするので思う存分練習ができます。自分専用のスペースとなるので気兼ねなくドローンの練習を行えます。
ドローン

おすすめの練習機ドローン

ドローンが注目されるようになって、さまざまな種類のものが登場してきました。シンプルな機能を持ち合わせたものから高機能なタイプまで販売されています。多くのドローンの中から自分にとって使い勝手のよいものを選択しましょう。
また、ドローン初心者であれば、どれを買えばいいのか迷ってしまうかもしれません。その場合は、手軽に練習できる練習機としてのドローンがおすすめです。

HUBSAN X4 HD


HUBSAN X4 HDは200万画素のHDカメラを搭載したお手軽なタイプのドローン。200万画素HDカメラを装備しているので、高品質の映像を撮影できます。また、ドローンを見失わないようにLEDライトも搭載されています。

Holy Stone ミニドローン HS170


Holy Stone ミニドローン HS170はドローンの機体が小型になっており、価格も5,000円をきる手軽さ。この値段であれば練習に最適です。サイズは手のひらに収まりそうな小型タイプ。室内用での練習に使えます。特徴としては、飛行速度の切り替えができるようになっています。
ドローン

コツコツ練習してうまくなりましょう

ドローンを自分の思った通りに操れるようになれば、最終的には空撮もできるようになるでしょう。地上からでは見ることのない上空からの景色をドローンで撮影することができます。その映像はきっと見たことのない魅力あふれる映像となるでしょう。
ぜひ、そのためにも、あいてる時間はドローン操作を上達させるための練習時間にしていきましょう。少しずつ練習を繰り返していけば、ドローンを使いこなせる日も近くなるはずです。

category

記事カテゴリー