FXとは。今さら聞けない初心者でも分かる基本とすぐ使える実践用語

FXとは。今さら聞けない初心者でも分かる基本とすぐ使える実践用語

BUSINESS 2018.09.13

Share :

FXでの取引が話題になっている

資産運用や小遣い稼ぎともいわれて話題となっているFXですが、FXの「イロハ」も知らない、初心者が話題のFXを理解できる、基礎知識やFXで使用される用語、魅力やメリットとデメリット、実際に口座を開設する準備方法など、じっくり調べてみましょう。
実際にFX取引を始める口座を開設する際に、初心者におすすめな各FX会社を特徴やポイントを含めて解説しています。
硬貨

FXの基本知識

そもそもFXとは、どんな資産運用なのでしょう?資産運用というとなんだか凡人には、難しく感じてしまうこともありますが、今ある貯金を利用して小遣い稼ぎ程度に思えば、もっと手軽に利用できるでしょう。
ここでは、FXが全くの初心者でもマスターできるFXの基本知識を解説していきます。

外国為替証拠金取引という意味のFX

FXとはForeign Exchangeの頭文字をとった略称で、日本語では外国為替証拠取引といわれ「外為」の略称で呼ばれることもある、外国通貨の差益を目的とした金融商品の1つになります。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

1998年、金融取引の大幅規制緩和により、それまで規制が厳しかった通貨取引が解禁され、外国為替証拠取引、つまりFXが誕生しました。この緩和により、外貨預金取引も同時期にスタートしています。利息収入を目的とする外国預金と違い、FXは為替レートの変動により、売り値と買い値の差額から、利益を生み出す金融取引になります。

通貨の両替を行う

ドルやユーロなどの外国通貨や為替を交換・売買し、その差額の利益を目的として利益を得る仕組みになります。簡単に言うと、日本円をドルに両替し、その後両替したドルを日本円に変えるという具合に、各国の通貨を両替して、その相場つまり為替レートに従い、利益を増やしたり減らすこともある資産の運用方法です。

例えば、日本円1,000円でアメリカ通貨10ドル両替したとします。1週間後アメリカ通貨10ドルをその時のレートに従い両替したら1,100円になった場合、この差額の100円が、FXでいう儲かった利益ということになります。

参加者同士のお金のとりあい

土地売買では土地を売った値段の差額から預金の利息は銀行から、ではFXの利益は、どこから出ているのかと考えた時、それはFXを利用している誰かから出金されたお金になります。
誰かが儲かって利益を出せば、誰かが損失を抱えることなり、みんなで持つ1枚の紙幣を自分に引っ張れば自分がプラスに、相手に引っ張られれば自分のマイナスになります。FXを取引している世界各国の全ての人と、お金の取り合いをしているということになります。

資産運用としても注目される

FXは博打?と、思う方も少なくありませんが、FXは、一か八かの賭けに出る「博打」と違い、下準備と日頃のレート観察や、各国の情勢データから自分で判断し、管理して資産を運用する「投資」に近いといえます。資産を運用する目的で、FXを始める人も多くいます。
ヘソクリをFXで少しずつ増やしていく主婦などもいるほど、少しの資金でも資産運用を楽しむことができることで、注目される運用方法です。

レバレッジが存在する

実際の投資といわれる、株や投資信託などは、膨大な投資金額を元手に増やしていかなくてはならず、投資するほどの多くの資本金が無い場合、なかなか投資は難しいと考える場合が多くなります。

しかしFXの場合は、「レバレッジ」という制度があり、少ない資本金でも1倍から最高25倍の金額として取引が可能であるため、資本金自体は少なくても膨大な金額の取引を実現でき、うまくいけば膨大な利益を生みだすことが可能になります。
資本金が10万円の場合、株や投資信託の場合は10万円の価値でしかありませんが、FXの場合は10万円を証拠金として取扱業者に預けることで、その証拠金の25倍の250万円分のFX取引が可能になります。

24時間稼働している

資産運用の形で利用される株取引のように、1日のうち日中の間で時間が締め切られてしまう取引方法でなく、FXの場合は24時間稼働しています。世界中のインターバンク市場がありネットワークでつながっているので、月曜の朝からから金曜の深夜(土曜の早朝)まで、24時間いつでも取引ができることもFXの魅力となっています。

特に欧米の銀行が開くのは、日本時間では夜中になります。そのためFXの主要通貨であるドルやユーロは、日本の日中より深夜に取引が活発になる傾向があります。
ノート 研鑽

覚えておきたいFX用語

FXを始めるには、FX用語を覚えておく必要があります。FXで取引するには、さまざまなFX用語が頻繁に出現します。そのたびに調べているのでは、上手い取引が進まないことや理解できずにミスをしてしまう場合もあるので、最低限FXで覚えておきたい用語をしっかり習得する必要があります。

少ない金額で大きな取引を行うレバレッジ

少ない金額の資本金で大きな取引を行う「レバレッジ」とは、初めに取引業者に元手となるお金を「証拠金」として預け入れると、預け入れた金額に対して数倍〜最高25倍の金額の、FX取引が可能となるシステムをいいます。

このレバレッジのシステムがあるおかげで、少ない資金でも大きな金額の取引を楽しむことができることが、FX最大の魅力といわれています。現在日本では個人の場合、最低48,000円程度で25倍のアメリカ通貨約1万ドルの取引を行うことができる取引業者が一般的ですが、中には100円や10,000円程度から始められる取引業者もあります。

新規注文を行った状態であるエントリー

FXでトレードを開始したことを「エントリー」といいます。FX取引では、売り・買いどちらからでも開始することが可能です。買いエントリーを「ロング」や「Ask」、売りエントリーを「ショート」や「Bid」といった用語で言います。

例えば「ユーロ/円を120円で5枚ショートした」や「ドル/円を100円で2枚ロングした」などと使用したり、エントリーに入ったという意味も使われるので「106円で買いエントリー」106円でドル円を買った、という意味で使用する場合もあります。

通貨ペアの買値と売値の差を示すスプレッド

為替レートの変化を利用し運用するのが、FXということになりますが、通貨を売る時の値段(ショート・Bid)と、通貨を買うときの値段(ロング・Ask)の差を「スプレッド」といいます。

FXで利益を出すためには、この差額が少なければ少ないほど、コストを抑えて利益を出すことができます。これは、通貨ペアごとにスプレッドに違いがあり、取引数の多い通貨ほど通貨ペアの差は狭く、コストが安いということになります。
取引業者の多くは、このスプレッドの利益で運営されていることになります。そのため、スプレットは取引業者により違いがあるので、注目したい数値幅になります。

2つの通貨間の金利差の利益がスワップポイント

「スワップポイント」とは、外貨預金で言う利息のようなものになります。FXの場合は低金利の通貨を売り、高金利の通貨を買うことで、その金利差であるスワップポイントを受け取ることができます。反対に、高金利の通貨を売って、低金利の通貨を購入した場合は、スワップポイントを支払わなくてはなりません。

外貨を買いもしくは売りで保有している状態を「ポジション」といいますが、このポジションを持っている間は、毎日スワップポイントを得ることや支払うことになります。

仮想通貨でトレードをすることを指すデモトレード

初めてFXを取引する人用に多くのFX取引業者では、仮想通貨を使用してFXトレードを行う「デモトレード」という練習用FXトレードを試すことができる場合があります。デモトレードは、仮想通貨を使用して自由にFX取引できますが、取引で利益を出しても受け取る事もできませんが、損をしても支払う必要がありません。

お金が掛からないからと、デモトレードばかり繰り返し使用していると、いざ本当の通貨を使用したFX取引でも緊張感が無くなってしまう場合もあるので、あくまでもFX取引に慣れるためにデモトレードに挑戦してみましょう。
硬貨

FXの魅力

ただ単に資産運用やお小遣い稼ぎと、一言でFXを言い表せないFXには魅力があります。その魅力ゆえに世界中の人々がとりこになり、没頭してしまいます。FXには、どんな魅力が隠されているのか解説していきます。

少ない元手での投資ができる

投資のほとんどは、ある程度の大金をもとに資金を運用していくのが一般的ですが、FXの場合は、少額の資金でも証拠金として預けることで、最大25倍の金額の取引を行うことができます。

例えば10万円しかない元手を、FX取引業者に証拠金として預けることで、25倍の250万円分の外貨取引が可能になります。取引金額が多ければ、利益が生まれた場合も多くの利益が見込めることになります。損をした場合は、多くの損失が発生する場合もあります。

金利がもらえる

株などの場合は、売買したことで差額の利益が生まれる仕組みですが、FXの場合は売買での利益だけでなく、保有している通貨に対して通貨間の金利差(スワップポイント)を、毎日スワップポイントとしてもらえることになります。
満期にならないと金利がプラスされない外貨預金に比べ、FXは保有しているポジションがあれば毎日決まった時間に、金利となるスワップポイントを受け取れることもFXの魅力になります。

取引手数料が安い

FXを取引する際には、取扱業者に手数料を支払いますが、FXで支払われる手数料は、株取引などで支払わなければならない手数料よりも、安く設定されていることもFXの魅力といえます。ただし取扱業者によりこの手数料となるスプレッドの幅の違いがあります。

通常の外貨預金では、1ドル当たり手数料は1円程度掛かってしまいます。FXの場合は、1ドルの手数料は無料に設定されている場合が多く、実質的手数料のスプレッドを含めても、1ドルあたり1銭〜10銭程度と安く設定されています。

少額の取引ができる

取引業者によっての違いはありますが、FXの取引は1万円〜30万円程度の少額での取引が可能な点も、大きな金額でハラハラする心配なく、初心者でも気軽に楽しむことができる金額設定にも魅力があります。
中には100円や1,000円から取引可能というFX取扱業者もあるので、大きな金額の取引にビクビクすることなく安心して取引できる点も、FXの魅力といってよいでしょう。

時間の拘束を受けない

株式など1日のうちの開催時間が決められて、サラリーマンや日中に本業となる仕事を抱えている場合は、時間的にも取引を楽しむことは難しい場合もありますが、FXの場合は、世界各国のインターバンクとネットワークで結ばれている取引なので、約50か国以上のインターバンクと平日なら24時間取引することができます。

原則的に多くの企業が休む土日や、祝日以外24時間取引ができるので、サラリーマンなど日中は本業の仕事をしていても、仕事が終わった夜間にFX取引を思う存分楽しめることもFXの魅力の1つです。

日本の経済状況に左右されない

投資と呼ばれるほとんどは「安い時に買って、高い時に売る」ことで、その差額を利益にすることが原則となっていますが、FXの場合は「高い時に売って、安くなったら買い戻す」ことでも利益を上げることができます。
この原理から、円高でも円安でもどちらでも利益を生み出すことが可能なので、日本の経済状況に左右されずに取引が行えることもFXの魅力です。

売りから始めることもできる

FXの場合は、買いからだけでなく、売ることから始めることもできます。高い時に売って安くなったら買い戻すことで、売りからのスタートでも利益を得ることができます。

株の世界にある株価暴落などの場合、大損をする人が多く出たといわれていますが、FXでは売りからスタートして安く買い戻した人も多く大きな利益を生むこともあります。

インサイダー取引が起こりづらい

株式市場でよく耳にする不正取引でもある「インサイダー取引」は、誰もがまだ知り得ない情報を、その企業関係者から秘密裏に入手し、株式の売買を行い利益を得る方法を言います。

FXでは、このインサイダー取引という概念はありません。世界規模で行われる大きな市場なので、インサイダー情報が発生する可能性は、とても低くなります。そういった意味で、FXは公平でありクリーンな取引ができるという魅力があります。

銘柄が限定されている

数千社とある上場企業の銘柄の中から、選ばなくてはならない株式市場に比べ、FXの場合は、各国の外貨に限定されるため、それほど莫大な量でないので選択しやすいというメリットがあります。
銘柄が少ないということは、情報収集に時間や労力を多く使用せずに、銘柄の良し悪しを判断することができ、対策なども考えやすい魅力があります。

自動売買ができる

2012年ころから一般的に使用されるようになり、今ではFX取引では当たり前といわれる自動売買システムは「システムトレード」と呼ばれ、その便利さから利用する人がほとんどといわれています。

システムトレードは、自分の条件を指定して売買することができるので、画面に張り付いている必要もなく、熱くなって無駄遣いすることもなく、寝ている間も仕事している最中も、自動でFX取引をしてくれる便利な注文方法になります。
スマホ web

気をつけたいデメリット

FX取引を行う上で、注意したいFXのデメリットもあります。メリットばかり注目していてデメリットに気づかないと、大きな損失を生むこともあります。ここでは、FXの気を付けたいデメリットを解説します。

投資額以上を損する可能性がある

投資額をもとに、投資額の何倍もの大きな金額で取り引きするFXは、損をすればその分大きな損失が発生する場合もあります。ただし、証拠金といわれる投資額以上の損失が働かない救済システムもあるので、多く損をしたとしても、その証拠金分を損失するという小さなデメリットとなります。
証拠金に大金を預けている場合は、その証拠金全てが1度に損失してしまう危険性もあるので、分散させた運用が望ましいでしょう。

相場が常に動く

FX取引は24時間稼働しているので、自分が寝ている時間や仕事をしている最中に、相場が急変する可能性もあり、その間にポジションと呼ばれる、売り・買いポジションを持ったままでいるような場合は、知らない間に「強制ロスカット」と呼ばれる、証拠金以上の損失で強制的に決済されてしまうシステムが作動してしまう場合もあります。

FXの相場は24時間稼働し続けているので、自分が眠っている間や働いている間も、どこかの国では活発にFX取引が行われているので、気付かない相場の動きがデメリットになることもあります。

持っているだけで費用が掛かる場合がある

スワップポイントと呼ばれる金利は、プラスになる場合もあれば、マイナスで支払わなくてはならない場合もあります。高金利の通貨を売って、低金利の通貨を購入すればスワップポイントの支払い義務が発生します。

スワップポイントは毎日加減される金利になるので、高金利の通貨なら毎日利益になりますが、低金利の通貨を持っている場合は、毎日金利を支払わなければならないデメリットもあります。

悪徳な取引業者も存在

FX取引が始まった1998年ころは、監督省庁が設けられていなかったため悪徳な取引業者が多く、財政破綻後に証拠金が保全されず返還されないなどという場合や、顧客の証拠金を横領した取引業者、顧客から預かった証拠金を別の客の利息支払いへ自転車操業していた業者など、現在では減少していますが、いまだに少なからず悪徳な取引業社も存在しています。

FX会社が倒産する可能性もある

悪徳業者の欄でも述べたように、取引業者が倒産後証拠金を返還しないことも以前はありました。ただし、現在は、顧客から預かった証拠金は信託保全され分離して確保されることが、日本の法律で定められているため、倒産した場合も証拠金は保全会社から返還されるので安心です。
ただし、海外などの取引業者の場合は、日本の保全制度の法律は実施されないため、倒産後証拠金が返還されず損をするデメリットもあります。
ノート 研鑽

はじめ方と事前の準備でやっておきたいこと

FXについて少しずつ理解してきたところで、ここでは実際FXをはじめる場合の準備と、はじめる方法について解説していきます。やはり、何をするにしても下準備には、じっくり時間をかけて自分が納得してから始めることが肝心です。

口座と資金が必要

FXを始めるには、口座と資金が必要になります。口座開設のためには、取引業者での申し込み作業が必要になり、その際には投資する資金、いわゆる証拠金が必要になります。
証拠金は取引業者の最低取引額により違いもあり、現在では100円から取引可能などという業者もあるほどです。初心者の場合、平均的には5万円〜10万円程度の資金が相場といえます。

口座開設自体は、ネットなどの取引業者の口座開設サイトの申し込み内容を記載し、身分証明となるマイナンバーなどの証明書を、ネット上でアップロード送信かFAX、メール添付、郵送などの方法で送信すると、営業日1日〜2日程度で取引業者からIDとパスワードが発行され口座が開設されます。

実際にやってみる

口座を開設して証拠金も預けたら、実際にリアルトレードからはじめてみましょう。FX取引の流れやテクニックをリアルトレードを通して少しずつ身につけていき、本物のお金を操作する緊張感を味わうことで、慣れによる金銭感覚のズレを防ぐことができます。

仮想通貨を使用したデモトレードで、取引方法を覚えることもできますが、実際に自分のお金を元手にしているという緊張感がないので、金銭感覚のズレや怖さが身につかずに、そのままリアルトレードした時に危険な場合もあります。初めからリアルトレードで緊張感を身につけておくことがポイントです。

本やネットで勉強する

FXを実際始める前には、FXの基礎知識や用語、その他のテクニック方法などリアルな情報を、さまざまな本やネットなどの記事を参考に勉強しましょう。
本やネットの情報をもとに勉強する際は、その情報がなるべく最新のものであり、その情報の配信者や本の作者が、トレーダーやFXの専門家など専門的知識を持っていることが望ましいです。
硬貨

口座開設時に注目するポイント

FX取引業者は、現在日本だけでも大手から小規模な会社まで多くあります。その中からいかに自分に合った安全な業者を選ぶことができるかが、口座開設の第一ポイントになります。ここでは、口座を開設する業者を選ぶポイントを解説していきます。

手数料はいくらか

FX取引業者に支払うスプレッドと呼ばれる手数料は、各取引業者によりさまざまです。スプレッドが大きければ、FXで多く儲かってもその分多いスプレッドを支払わなくてはなりません。スプレッドが小さい業者でも、その代わりに口座維持手数料として、別の手数料が請求されるような場合もあります。

これから始めるのであれば、できるだけスプレッドである買値と売値の差額(取引にかかるコスト)が少なければ少ないほど、おすすめな業者として選ぶ方法もあります。

デモ機能の有無

初めてのFXは、操作方法もわからなくて不安な場合も多いので、デモトレード機能の有無でも決めるポイントになります。現在の多くの取引業者では、デモトレード機能が備わっている会社が多くなっています。

デモトレードは、実際に自分の資金を使用した取引でなく、仮想通貨を使用して実際の取引ができるので、FXの操作方法やテクニックを覚えるためには最善といえるでしょう。デモトレードでは、儲かったり損をしても資金の増減には関係ないので、安心して楽しむことができます。

会社の規模と安全性

自分の大切な資金を預ける取引業者なので、やはり安心できるバックボーンが大きな会社や、知られた名前の銀行が運営するFX取引業者など、会社の規模や安全性を考えて信頼できる業者に決めることがおすすめです。

現在の日本のFXの法律では、顧客の資金を信託保全することが義務付けられているので、資本金が戻ってこないという心配はありませんが、中には外国の会社が絡んでいる業者などもあるので、なるべく名前の知られた、バックボーンのしっかりとした信頼できる会社がおすすめです。

複数の口座に分散させる

投資の原則として「1つの口座にすべての資本を置くべからず」といいます。極僅かな資本ならば1カ所という場合もありますが、ある程度の大金が資本ならば、複数の口座に分散させておくことで、万が一なにかあった場合のリスクを減らすことができます。

また、各FX取引業者により操作ツールの使用方法やスプレッドの違いもあり、一度口座を持って利用してみないとわからないこともあります。口座を持ってみて使いにくければ、使用せずにいても口座はそのまま残るのでリスクはありません。
パソコン

おすすめの外為オンライン

口座を開設するための、FX外貨オンラインのおすすめを解説していきます。おすすめのポイントとして、初心者でも安心して利用できる会社や、誰でも簡単に利用できる会社を選んでみましょう。

初心者におすすめな外為オンライン

初心者にも分かりやすい、外為オンライン独自開発の自動取引システム「iサイクル注文」が利用できることが最大の人気となっています。初心者でも取引開始前の簡単な設定だけで、すぐに自動で取引を開始することができます。

また、通常の自動取引に飽きた人も使用しやすい「ランキング方式」や「マトリクス方式」などの、特徴ある注文方式が選べることも、外為オンラインが人気の理由となっています。
【参考:https://www.gaitameonline.com/

国内第1位のDMMFX

DMMFXは、2018年1月現在で国内第1位のFX口座数65万口座(2018年3月)を突破した利用者の多い人気の大手FX会社です。DMMFXに口座が多くあるということは、それだけ利用者から人気があり利用している人の数が多く信頼性の高いFX会社です。

人気の要因は、サポート体制の充実さや、業界最低水準のスプレッドの狭さ、取引ツールやアプリが使いやすい、ポイントシステムがある点など魅力的なシステムが多く揃っている点になります。
やはり大手というだけ信頼性や安心感も多く、低コストで始められることも、初心者でも始めやすいおすすめのFX会社になります。
【参考:https://fx.dmm.com/fx/

ヤフーのFX会社であるYJFX!

大手ヤフーがバックボーンのYJFXは、元々サイバーエージェントの子会社だったこともあり、スマホアプリの取引画面の使いやすさは口コミなどでも高評価となっています。スマホで取引する場合が多い人や、取引はもっぱらスマホのみという人には、おすすめのFX会社です。
YJFXのFX取引のスプレッド幅は、人気の通貨ペア別にみても、ほとんどが最高水準の狭さになっているので、コストを抑えて楽しみたい初心者にも人気のFX会社となっています。
【参考:https://www.yjfx.jp/

自動売買が魅力のFXブロードネット

自動販売で人気の高いFXブロードネットは、進化したリピート型自動発注機能「トラッキングトレード」で、着実にコツコツ利益を積み上げていきたい人には、特徴あるシステムでおすすめなFX会社です。

最小1,000通貨からの取引が可能なので、不慣れな初心者でも安心して取引できることや、トラッキングトレードでは、売り値と買い値の設定だけで自動で注文を確定してくれる点など、おすすめなシステムが多く揃っています。
ただし、少し慣れてきた経験者には、このあまり変動ない動きのFX取引に、物足りなさを感じることも無きにしもあらずです。
【参考:https://www.fxbroadnet.com/

世界第1位のGMOクリック証券

月間取引高が、6年連続世界第1位。業界最大手といっても過言でないGMOクリック証券は、初心者にも安心なメリットとして、取引コストのスプレッド幅が世界最狭でコストダウンが望めることや、スマホでもPCでも使いやすいと評判のアプリや、24時間安心サポート体制など初心者が使用しやすいFX会社です。
取引高やFX預かり資産ともに、大手FX会社らしく世界水準の安定性も、初めて大切な資金を預ける初心者には人気の理由となっています。
【参考:https://www.click-sec.com/

入門書のプレゼントもあるみんなのFX

最近注目されるFX会社として、トレイダース証券の子会社になる、みんなのFXになります。高金利の取り扱い通貨も続々と増加され、最狭スプレッド数値の通貨ペアもある注目のFX会社です。

取引途中でスワップポイントのみの引き出しも可能など、ユニークなシステムや自分の売買を分析してくれるツールもあり、取引に不慣れな初心者にはアドバイスツールとして利用することもできます。
1,000円から取引が可能なことも不安が多い初心者には、嬉しいシステムです。また、キャンペーンも続々と開催されて、入門書のプレゼントもあります。
【参考:https://min-fx.jp/

初心者にうれしい機能満載 外為どっとコム

外為どっとコムは、自社でシンクタンクを設立するほど、情報面のサポートに力を注ぎ、不慣れな初心者にも分かりやすく収集しやすい情報を提供しています。時間や値幅を指定できる多様な注文方法で、自分好みのトレードがしやすいメリットがあります。
安全の信託保険や24時間可能なサポートも充実しており、セミナーや情報メールの充実など、初心者にはつかみづらい情報を、その道の専門家が有益な情報としてサポートしてくれるFX会社です。
【参考:https://www.gaitame.com/
硬貨

目的に即してFXを利用する

大切な資金をどうやったら有効に利用できるか、投資という観点からも、FX取引は人任せでない分、自分で楽しめる資産運用です。株や外貨預金のように、大きな賭けでなく資金を駒にゲームをする感覚で楽しんでみることもよいでしょう。

資金は少なくても、大きな取引が可能で、その上大損することが無い救済処置も用意されており、大抵の場合は、損失を出しても証拠金として預け入れた金額のみで決済することが可能なことも、借金を抱え込むような大損が無く初心者にも安心な、金融商品です。
FXを初めて行うならば、まず目的を決めましょう。

例えば利益をロードバイク購入資金や車の購入資金に充てるとか、初めは小さな目的からクリアしていくことで、その目的のために、勉強し調査し動向を抑えつつチャレンジしていくことで、FXの楽しさが実感できるはずです。
少ない資本でトライできるFX。勉強しながら楽しみながら、着々と利益を増やしていくおすすめの資金運用です。

category

記事カテゴリー