婚活でLINEを送る頻度は。失敗しないコミュニケーションの取り方

婚活でLINEを送る頻度は。失敗しないコミュニケーションの取り方

LIFE STYLE 2018.09.07

Share :

出会った彼女とLINEで失敗しないために

LINEは、友達同士の連絡以外にも婚活で使用する人も増えてきています。友達とのラインでは特になにも考えなくてもLINEのやり取りができますが、婚活ではLINEを送るタイミングが重要になってきます。LINEを送る頻度やタイミングを見直して、これからの婚活に活かしましょう。
スマートフォン

気になるLINEの頻度

婚活中にLINEを送る頻度はどのくらいがいいのでしょうか。理想の頻度とタイミングを見ていきましょう。

好感が持たれるのは1週間に数回

毎日頻繁にLINEを送るのはおすすめできません。また、相手の返信に対して即座に長文で送り返すのは控えるようにしましょう。あなたにその気持ちがなくても、相手に対してがっついている印象を与えてしまいます。LINEのやり取りを始めたころは、1週間に数回程度で連絡を取り合うようにしましょう。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

仲良くなってきたら1日に1回へ

1週間に数回のLINEのやり取りで仲良くなってきたら、初めのころよりも頻度を上げてLINEをします。このとき気を付けて欲しいのが、相手のペースにも合わせることです。相手が1日1回LINEでメッセージをくれるのであればこちらも1日1回。1日3回であればこちらも3回送るといった具合がいいでしょう。

時間帯は相手に合わせる

相手の生活リズムに合わせた頻度を心がけましょう。仕事などによって、LINEやメールをやり取りできる時間帯が変わります。相手のことをまだよく知らない段階なら、メールをしていい時間を聞き大人の対応ができるようにしましょう。
お互い仕事をしているのであれば、20時から24時くらいの間にLINEなどのやり取りをする場合が多いです。しかし、多忙な仕事や夜勤などがある場合、この時間帯では難しいこともあるので、相手の状況を見ながら連絡をしましょう。

1日のやりとりが多すぎると感じたら一言メッセージを

婚活中のLINEでのやり取りは、信頼を得てリアルで会うための機会をつくるためにします。そのため、相手に対する気遣いを忘れないようにしましょう。1日のやり取りが多すぎると感じた場合、「今日は楽しかったので、多くなって負担になってしまっていたらごめんね。」などと気遣う内容を送りましょう。
相手に重く思わせないことが大切です。一言添えるだけで、相手があなたにいだく印象がガラリと変わるので意識して送るようにしましょう。

個人差によりLINEの適度な回数が変わる

LINEでの頻度は、相手との価値観や個人差により最適な頻度がかわります。メールの回数ばかりを意識してしまうと奥手になりすぎたり、逆にあせってしまい相手にプレッシャーを与えたりと、失敗の原因にもなります。まずは自分からメールを送り、相手のちょうどいい頻度を考えましょう。
メールの内容によっては、盛り上がっているときは押す、返信が来ないときは引くといった臨機応変さが必要です。
花束

出会ってからの1ヶ月は分かれ道

婚活でのLINEでのやり取りは、出会ってから1カ月が分かれ道です。相手の雰囲気や性格などを掴むのに1カ月くらいかかります。LINEのやり取りの頻度によっては、会う気があるのかないのかが分かります。こちらが連絡をしても、何日間も連絡が無いようなら会う気がないと判断していいでしょう。
LINE交換をしてからも1度も会わずに、だらだらやり取りを続けるのは避けましょう。LINEやメールでの自己アピールには限界があります。メールだけで好きになってもらうには、相当なテクニックが必要です。デートにつなげる内容を送って、直接会う機会を多くした方が自分をアピールすることができます。
女性後ろ姿

LINEの内容も好印象を意識して次回に繋げる

LINEを送るとき、内容も好印象を意識することで次回のデートにつなげることができます。好印象を与えるLINEの内容を見ていきましょう。

最初はお礼からスタート

LINEの交換をしたあとは、交換してくれたことへ感謝を伝えましょう。お礼を兼ねて何気ない日常会話や面白かった話などをして、交流を重ねるといいです。また出会ったあとであれば、会ってくれたことへの感謝も忘れずに伝えてください。お礼を忘れずに伝えることが大切です。
LINE交換や会ったあとにお礼がないと、相手から横柄な態度を取っているように見えてしまいます。大人の対応として、相手に必ずお礼を伝えるようにしましょう。

言葉づかいは丁寧にすること

LINEを送るときに、なれなれしい口調、俗に言う「タメ口」で送らないように気を付けてください。なれなれしい口調での内容は、軽率な印象に受け取られます。できるだけ敬語で送るのが好ましいです。気になる相手であるなら始めは、敬語でしっかりした内容を送り分別のある大人の印象を与えましょう。
デートで会ったときは、その場の状況に合わせてフレンドリーな話し方をしても大丈夫です。このときもTPOをわきまえて敬語がフレンドリーな口調かを使い分けてください。デートで別れたあとのLINEでのお礼は、敬語で送るようにしたほうが印象がよく映ります。

愚痴や悪口はメッセージに入れない

LINEのやり取りが続くと、次第に仲良くなり気が緩んでしまいます。気が緩んでしまうことによって、ついつい周りの人の悪口や仕事の愚痴を送ってしまいがちです。男性がこの内容を送ると、「問題解決能力に乏しい」「女々しい」といった負のイメージを与えてしまいます。LINEでは、文字として残るので後から読み返したときに良い印象を残せなくなります。

楽しいことや前向きなLINEにする

LINEのやり取りをするときは、楽しいことや前向きなことを送るようにしましょう。楽しい内容のほうが、やり取りを長く続けたいと思います。ネットで見つけた画像や出かけたときに撮った写真など、話しのきっかけにして送ることで相手への負担を軽くすることができます。
美味しいご飯を食べたことや出先の写真を送ることで、食事へ誘いやすくなることもあります。次のデートにつながりやすい内容を心がけましょう。
プレゼント

彼女とのLINEでのやりとりを楽しむ気持ちを

LINEで婚活をするときは、彼女とのやり取りを楽しむ気持ちが大切です。LINEのやり取りが多くなると、ついついネガティブなことを送りそうになりますがそこはグッとこらえましょう。LINEでは、楽しいことポジティブな内容を心がけて、次のデートにつなげるようにしてください。LINEは、文面として残るので相手に好印象になる内容を送るようにしましょう。

category

記事カテゴリー