筋トレに効果的なコーヒーの飲み方!筋トレを効率よく行う!

筋トレに効果的なコーヒーの飲み方!筋トレを効率よく行う!

TRAINING 2018.11.04

Share :

筋トレにコーヒーが向いているのはなぜか

コーヒーに含まれるカフェインには脂肪燃焼効果、血管の拡張の作用、利尿作用などがあります。これらの要素は筋トレをしているときには非常に重要であり、即効性があるのも魅力です。筋トレをしても思うような効果を得られていないのなら、特にコーヒーに含まれるカフェインの要素に注目してみてはいかがでしょうか。筋トレとコーヒーは密接な関係にあるといえます。

コーヒーが筋トレに向いている理由

コーヒーに含まれるカフェインにはダイエットや健康に向いている物質が多く含まれています。やみくもに筋トレをしても思うような効果を得られない場合も少なくありません。筋トレの効果をより高めるためにはコーヒーを導入する意味は大きいといえます。

コーヒーに含まれているカフェインは、朝の目覚めで有名ですが意欲的になる、積極的に行動するときにも向いています。何か一生懸命取り組むときや、目的を持ってやり遂げるときなど、すっきりした気持ちでできます。
この状態を応用して筋トレにのぞめば、少しだるいときややりたくないと思っているときも、一つの気持ちの切り替えをして意欲的に続けることができる、気持ちの面でもおすすめです。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

脂肪燃焼が促進される

筋トレ前にコーヒーを飲むことで、カフェインを摂取できます。脂肪がエネルギーとして消費されやすくなることが分かっており、大きなプラスになります。筋肉が動くとグリコーゲンがブドウ糖に分解されて消費され、運動をしてしまう消費されるのはグリコーゲンであるため、脂肪はあまり燃焼されません。

コーヒーを飲めば、脂肪燃焼が促進され、脂肪の分解がされることが判明しています。筋トレの目的は多くの場合はダイエット効果を望むためのはずです。脂肪燃焼が促進されるのがコーヒーを飲むべく最も大きな理由になります。

パフォーマンス力が上がる

コーヒーに含まれるカフェインで注目すべき効果効能としては、興奮作用と覚醒作用です。この2つの効果が筋トレの集中力アップやモチベーションアップにつながります。
筋トレをしているときに気が散って集中できない、なぜかモチベーションが上がっていないといった状態であれば、筋トレ効果は薄れてしまうのが注意点です。

コーヒーに含まれるカフェインが脳を刺激して活性化し、集中力とモチベーションが高まっていきます。筋トレ効果を上げるために集中力とモチベーションが高まる状態にするのは欠かせません。

集中力が高まる

筋トレをしているときの集中力は効果を高めるために必要不可欠といえます。脳が活性化して集中力が高まることで、真剣に追い込む筋トレを行うにあたって、あと数回の追い込みがしやすくなります。筋肉に命令を出すのは脳であるため、脳を活性化させてパフォーマンスを向上させる意味は大きいです。

筋肉の疲労感を解消させる

筋トレが長続きしない原因の一つとなるのが疲労感です。脳が疲労を感じる部分をコーヒーに含まれるカフェインで麻痺させることで、筋トレの集中力向上にもつながっていきます。回数もセット数も増やすことができるため、長続きしての筋トレの実現につながるでしょう。

コーヒーの正しい飲み方

筋トレのためにコーヒーを飲むのであれば、正しい飲み方を意識しないといけません。効果的な飲み方は筋トレを行う30分〜60分前です。2時間以上となると、血中濃度が薄まって効果が減ってしまうのが注意点になります。

飲む量について

カフェインをただ摂取すればよいわけではなく、摂取量を考えるのも大切です。筋トレをするときにはこの飲む量を意識するのが望ましいです。

飲む量について

コーヒーを飲む量に関しては200mg以上だと摂取のし過ぎになるため、100mg~150mgが望ましいといえます。また、飲む量が適しているにしても、毎日のように過剰摂取してしまうと、胃痛や冷え性、睡眠障害などの副作用も起きやすくなるのも注意点です。

コーヒーの種類について

飲むコーヒーの種類はブラックコーヒーであれば特に問題ないと考えて大丈夫です。缶コーヒー、ドリップコーヒー、インスタントコーヒーなどから選択ができます。
ただ、あくまでもブラックコーヒーであれば問題ないということです。ミルクや砂糖がたくさん入っているコーヒーは余分な成分が多くなります。筋トレには適していないのを覚えておいた方がよいでしょう。

コーヒーが苦手な人におすすめのドリンク

筋トレのためにコーヒーを飲みたいと思うものの、コーヒーが苦手であるのが理由で飲めないという問題があります。この点を考えるにあたって大切になるのは、別のドリンクを選択することです。どういったドリンクが適しているのかをチェックしていきましょう。

エナジードリンク

エナジードリンクにはカフェイン、ビタミンB群、Lカルニチンなどが配合されて筋トレに適しています。さらに、ほとんどカロリーがないというのも嬉しい要素になります。

紅茶

紅茶にはカフェインやポリフェノールが多く含まれています。紅茶を飲むことで褐色脂肪細胞の働きが活性化されて、白色脂肪細胞の働きが抑えられます。そして、脂肪が燃えやすい体になっていくのが大きいです。

緑茶

緑茶に多く含まれているカテキンに褐色脂肪細胞を活性化させる働きがあります。脂肪燃焼に大きくプラスに作用するカテキンは筋トレをするにあたって重要になります。脂肪燃焼を促す働きがあることが、脂肪が燃えやすい体になっていくことにもつながるものです。

コーヒーを飲んで効果的な筋トレを

筋トレを行うのなら、いかに効果的に行うかを考えないといけません。どういった効果に適している筋トレの種類であるのかはもちろん、コーヒーに含まれるカフェインの効果も頭に入れた方がよいでしょう。筋トレを行うときにカフェインを摂取することによって、継続的に筋トレを行いやすくなります。
結果的に脂肪が燃えやすい体になっていくのも大きいです。コーヒーを飲めないという人でも、エナジードリンクや紅茶や緑茶で代用することもできるため、取り入れてみてはいかがでしょうか。

category

記事カテゴリー