キャンプ用の焚き火台の選び方のコツ!適切なものを選ぼう!

キャンプ用の焚き火台の選び方のコツ!適切なものを選ぼう!

CAMP 2018.10.27

Share :

キャンプにどの焚き火台を選んだらいいのか

キャンプをする際にどのようなタイプの焚き火台を選ぶようにするのがいいのでしょうか?適切なタイプの焚き火台をチョイスするにはそれに関する基本的な内容を知っておくようにすることが必要です。
また、初心者の方に最適な焚き火台と上級者の方に最適な焚き火台は異なっている部分もありますので、自分のこれまでのキャンプでの経験に照らし合わせて焚き火台を選ぶようにすることも必要です。このサイトでは適切にキャンプ用の焚き火台を選ぶ際のコツを紹介します。

焚き火台について知っておきたいこと

意外に思うかもしれませんが、初心者の方に最適な焚き火台と上級者の方に最適な焚き火台は異なっている部分もありますので、自分のこれまでのキャンプでの経験に照らし合わせて焚き火台を選ぶようにすることも必要です。このサイトでは適切にキャンプ用の焚き火台を選ぶ際のコツをしょうかいします。
焚き火台を選んでいくにはその基本的な機能について知っておくようにすることが重要です。どのような役割を果たすものであるかを知っておけば、それをヒントにしながら適切な装置を選ぶことが可能になってきます。

焚き火台の役割

焚き火台の役割は暖房・照明・調理などいろいろな用途が考えられます。特に直火が禁止されている場所では大きな威力を発揮することになります。そのような場所でキャンプをすることを考えているのであれば忘れずに焚き火台を持って行くことを考えなくてはなりません。持って行く場合には、移動に便利なタイプの焚き火台を購入しておくようにすると便利です。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

焚き火台の選び方

焚き火台を選ぶ際にはキャンプにおいて必要になる用途が全て揃っているかについてまずは検討して見るようにするといいでしょう。また、キャンプ地に持っていてそれを使うことを考えなくてはいけませんので、持ち運びに便利かどうかを検討してみてもいいでしょう。また、十分な収納性を持ったものであるかについても検討が必要になってきます。

焚き火台に必要なもの

焚き火台を使うためには、着火剤、油分を多く含んだ薪、ライター、燃えやすい紙切れなどが必要になってきます。キャンプ地では簡単に手に入れることができない場合も多いので忘れずにそれを携帯するようにするといいでしょう。持ち物は出かける前にチェックしておくようにすると良いでしょう。

火のつけ方

焚き火台に火をつけることを考えるのであれば、着火剤の上に薪まばらにおいて並べて添加するようにすると容易に火をつけることが可能になってきます。知っていないと、キャンプ場で火をつけるのに一苦労となってしまいますので、あらかじめ知っておくようにするといいでしょう。

初心者向けのおすすめ焚き火台

初心者の方にお勧めの焚き火台はどのようなものなのでしょうか?キャンプ場に行って簡単にそれを使うことができるように組み立てを簡単にすることができる仕様のものを選ぶようにするといいでしょう。

UNIFLAME/ユニフレーム  ファイアグリル/683040


UNIFLAME/ユニフレーム  ファイアグリル/683040は組み立てが非常に簡単な初心者向けの焚き火台です。火おこしがとても簡単ですし、軽量なので運搬も容易に行うことができます。軽量ですが、耐久性にあふれていますので長期間お使いになることが可能ですので非常に便利です。

スノーピーク(snow peak) 焚火台 L [5~6人用]


スノーピーク(snow peak) 焚火台 L [5~6人用]は細かな部品がほとんどありませんので、短時間で組み立てをすることが可能な初心者向けの焚き火台です。火をつけるのも簡単ですので、キャンプ場で火が付かなくて困ってしまうようなことはありません。意外とキャンプ場での火の確保は大変ですので、非常におすすめです。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキューコンロ 焚火台 ダッチオーブン 1台3役 ヘキサステンレス ファイア グリル バッグ付 M-6500


キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) バーベキューコンロ 焚火台 ダッチオーブン 1台3役 ヘキサステンレス ファイア グリル バッグ付 M-6500は乙系にならない時にはコンパクトに収納することが可能です。また、装置を組み立てる際にネジは不要ですので、とても利便性に優れた焚き火台です。初心者の方もスムーズにお使いになれます。

上級者向けの個性的な焚き火台

焚き火台に慣れている上級者向きのものはどのような仕様であればいいのでしょうか?他の装置には見られないようなデザインや機能を持っているものが特におすすめです。オシャレにキャンプを楽しむことができるようになるので大変便利です。

Solo Stove 【ソロストーブ】 ソロストーブ・タイタン Titan


Solo Stove 【ソロストーブ】 ソロストーブ・タイタン Titanはドラム缶のような形を持った焚き火台です。他にはあまり見られないような形状が上級者に人気を集めています。高い熱効率を持った装置ですので、十分な熱量を出してくれますので非常に快適です。

BioLite(バイオライト) ベースキャンプ 1824234 1824234


BioLite(バイオライト) ベースキャンプ 1824234 1824234は従来の焚き火台としての機能に加えて、焚き火のネルによって電気を作り出すことができる機能を備えていますので、充電器としてもお使いになれます。電気の確保が難しいキャンプ地などでは大きな威力を発揮してくれます。この商品は非常に便利な装置なので、多くの人が愛用しています。

FIBI-STOVE アウトドアクッカー + 専用ヒートシールドの2点セット


FIBI-STOVE アウトドアクッカー + 専用ヒートシールドの2点セットは煙突状の構造を持った焚き火台です。熱効率がとてもいいので、多くの人に愛用されている焚き火台です。

自作でオリジナルの焚き火台を

焚き火台ですが、性能の良い物を購入してももちろんいいのですが、DIYが得意な方であれば、自分で焚き火台を作ってみてもいいでしょう。
自分だけのオリジナルな焚き火台をつくることが可能になりますので大変おすすめです。焚き火台をDIYによって作る場合には安全対策をしっかりと行うようにすることが必要です。火を使う装置ですので、生命の危険の可能性も考えられますので、しっかりとした対策が必要であるのは言うまでもありません。

焚き火台でキャンプをより楽しめるように

焚き火台をキャンプに持って行くとキャンプでの機能性と利便性が非常にアップしますので、おすすめです。しかしながら、焚き火台の機能について十分な知識を持っていないとそれを十分に使いこなすことができなくなってしまいますので、その点は注意が必要です。
また、キャンプ場に持って行って使うためには移動における負担が少ない物を選ぶようにするのがおすすめです。特に初心者のかたは組み立てが簡単にできるものを選ぶようにするといいでしょう。火も簡単に付けることができる仕様のものもおすすめです。

上級者の方は自分でDIYによって焚き火台を作ってみるのもおすすめです。自分で焚き火台をつくる場合には安全対策をしっかりとすることが肝要です。自分自身が怪我をしてしまったら意味が無くなってしまいます。

category

記事カテゴリー