比較サイトに惑わされない!自分に合う育毛剤の探し方を考える!

比較サイトに惑わされない!自分に合う育毛剤の探し方を考える!

LIFE STYLE 2018.11.02

Share :

比較サイトの人気より自分の症状を踏まえて育毛剤を探そう

最近は薄毛に悩んでいる人がとても多いです。そのため早いうちからいろいろな育毛剤を使っている人がいますし予防のために早いうちからあれこれしている人もいます。

ただ、せっかく育毛剤を利用するならばきちんと効果の出るものを使いたいものです。そこで自分の症状を踏まえて選ぶ必要があります。

まずはあなたの髪の毛のトラブル原因をチェック

育毛剤を選ぶにあたってはまずは何が原因で薄毛を引き起こしているのかを知ることが必要です。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

一言で薄毛といっても原因は様々ですし症状によって解決策は変わってきます。場合によっては逆効果になることもあります。

髪の毛が細くなってきていませんか

髪の毛を見ていると薄毛の人の中には髪の毛が細くなってきている人がいます。髪の毛が細くなってくるとどんどんと弱くなり抜けやすくなったり切れやすくなったりしてそれが影響して薄毛の原因となります。 このような状態になるのは不規則な食生活が原因です。

食生活が不規則になると栄養が偏ります。髪の毛が細くなるのは亜鉛やビタミンが減少していることが原因です。野菜が不足していたり魚介類を食べていなかったりするとこのような症状が出てきます。

頭皮が脂っぽいと感じていませんか

薄毛の人の特徴として多くの人は脂でテカテカした頭を想像します。これは皮脂が過剰に分泌しているのが原因です。皮脂が過剰に分泌する原因は不規則な生活をしていたり脂を摂取しすぎていたりすることで起こります。

わたしたちの生活は洋風化しており昔よりも肉類や脂質の摂取量が多いです。さらに生活リズムも不規則になっており脂漏性脱毛症を引き起こしている人が増えています。

ストレスを抱えることが多くなっていませんか

現代はストレス社会といわれており多くの人がストレスを抱えています。ストレスを抱えていないと逆にストレスになるといわれていますが、実際にはほとんどの人は必要以上にストレスを抱えているのが現状です。

ストレス以外にもダイエットをしていると男性ホルモンが過剰分泌する原因となります。男性ホルモンが過剰分泌すると薄毛を引き起こすといわれており、これがAGAといわれる男性脱毛症です。現在日本人の薄毛のもっとも多い理由と言われています。

頭皮が乾燥して時々かゆくなりませんか

薄毛の人の中には肩にたくさんフケが出るという人がいます。こういった人は頭皮にかゆみを感じていることも多いです。

頭皮がかゆくなる原因は乾燥していることで人によってはかゆみはないけれども乾燥していてフケは出てくるという場合もあります。

肌は潤いが無くなると乾燥していきますが頭皮も同じです。頭皮も乾燥すると細菌が繁殖しやすくなり粃糠性脱毛症を引き起こします。

肩こりや冷え性でも悩んでいませんか

普段の生活で肩こりや冷え性で悩んでいる人は多いです。特にパソコンやスマホを眺めるのに同じ姿勢をとっていることが多いと肩が凝りやすくなります。

肩こりや冷え性は血流が悪くなる原因です。血流が悪くなると頭皮まできちんと血液が送られなくなってしまい髪の毛の栄養不足で髪の毛が弱ってしまい薄毛になってしまいます。

各原因別最新版ベスト育毛剤

髪の毛が薄くなる原因は人によって違い、それによって効果のある育毛剤は変わってきます。そこで自分の薄毛の原因に合ったベストな育毛剤を使うようにしましょう。

髪の毛が細くなってきた人には毛母細胞に働きかけるチャップアップ

髪の毛が細くなってきた人は髪の毛の毛母細胞を活性化させることが大切です。毛母細胞は毛細血管から送られてくる酸素や栄養を受け取って細胞分裂を繰り返し髪の毛を育てています。

そのため毛母細胞を活性化させることで髪の毛は元気になりますし増えるのです。 毛母細胞を活性化させることのできる育毛剤がチャップアップです。これは専門医が発毛効果を認めている商品でよく知られています。もちろん効果も期待できる商品で、返金保証制度もついているので安心して使える育毛剤です。

頭皮が脂っぽい人には皮脂の過剰分泌を抑え保湿にも特化したポリピュアEX

頭皮が脂っぽい人は皮脂の過剰分泌を抑えることが必要になります。そのためにはグリチルリチン酸ジカリウムが皮脂の過剰分泌をおさえるのに効果的です。

ポリピュアEXはグリチルリチン酸ジカリウム以外にもバイオポリリン酸という保湿効果のある成分も配合しているので皮脂の分泌をおさえるとともに頭皮環境を正しい状態にしてくれます。

男性ホルモンと戦うなら育毛剤は忘れて医薬品から

男性ホルモンの分泌量が適正でないことで薄毛を引き起こしている人は悪玉男性ホルモンであるDHTが発生していることが問題です。そこで、悪玉男性ホルモンの原因となる男性ホルモンと結びつく2型5α-リダクターゼを抑えることが必要になります。

ただ、2型5α-リダクターゼと男性ホルモンを抑えることのできる育毛剤は現状ありません。そのため医薬品の服用と育毛シャンプーの併用がもっとも効果的です。医薬品はフィナステリドというものが配合されていると2型5α-リダクターゼと男性ホルモンの抑制ができます。

頭皮の乾燥に悩む人には水より頭皮に浸透するナノインパクト

頭皮の乾燥している人は保湿することがとても大切です。その際、少しでも頭皮が潤うようにするには浸透力の高いものを使うと効果が出やすくなります。

水やほかの育毛剤に比べても浸透力が高いということで人気があるのが名のインパクトです。薬用成分がナノレベルのカプセルに入っていることでほかの育毛剤よりも浸透力に期待が持てます。

血流が悪い人には血液の力をプラスさせるオメガプロ

血行不良を起こしている人は血流を改善することが必要です。そのためには漢方の効果を活用すると体の中から血流の改善が促せます。

センブリエキスやジオウエキスを配合しているものオメガプロは漢方の力での改善が期待できます。皮脂の除去にも効果的です。

育毛剤を使わないほうがいいという場合も

円形脱毛症についてはまだまだ解明できていないことがとても多いです。そのため効果や効能をみても本当に自分に合うかどうかはわからないですし、様々なことが絡み合って薄毛を作り出しているので個人差もとても大きいです。

そのため中には頭皮の環境を整えたり食事を改善したりといった育毛剤以外の部分での努力で改善をするということもあります。

恥ずかしいと思わずに、家族やお医者さんにも頼る勇気を

薄毛は現代人の多くが抱えている悩みです。どうしても髪の毛が少ないというのは恥ずかしいイメージがもたれます。

しかし、改善するためには治療が必要であり、そのためには勇気をもって医師や家族に相談することが大切です。

category

記事カテゴリー