子供の成長に欠かせない栄養をプロテインで上手に補おう!

子供の成長に欠かせない栄養をプロテインで上手に補おう!

LIFE STYLE 2018.11.03

Share :

子供にプロテインは害のないものなのか

子供の成長には多くの栄養素が必要となり、特に筋肉形成に欠かせないたんぱく質は必要不可欠です。

毎日の食事で摂取することが難しい場合には、プロテインを利用して栄養を補ってあげたいと思うのが親心ですが、子供の頃からプロテインを摂ることで害が生じることはあるのでしょうか。子供のプロテインについて正しく理解することが大切です。

子供がプロテインを摂取する目的

プロテインとはたんぱく質のことで、合成化学物質や薬の名前ではありません。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

たんぱく質は子供の成長過程において欠かすことができない栄養素であり、プロテインを摂ることで健康な成長を促すサポートになります。子供がプロテインを必要とする理由について考えてみましょう。

骨の形成や筋肉の増強

人の体はたんぱく質で構成されており、その割合は15〜20%と言われています。たんぱく質はいくつものアミノ酸が結合して出来ている栄養素で、骨にあるコラーゲンもこの1種となります。

 

たんぱく質はカルシウムを骨に吸着させて強くする働きがあり、骨の形成に大きな役割を担っています。
さらに、筋肉や肌、髪の毛、爪などもたんぱく質によって作られていますので、プロテインを摂ることでカルシウムへ働きかけ、子供の成長期の骨の形成や筋肉の増強、健康的な体作りをサポートします。

筋肉疲労の回復

子供が活発に運動した後の筋肉疲労にもプロテインが有効です。運動で疲労した筋肉を回復させるには、運動後のすぐのタイミングでプロテインを摂ってたんぱく質補給をしてあげましょう。

理想的なタイミングは、運動後30分から60分以内に摂取すると最も効果的と言われています。なお、2時間経過してしまうと通常の摂取と同レベルに戻るとされています。

足りない栄養の補給

子供の健全な成長のためには、必要な栄養素をバランス良くとることが大切です。

しかしながら、現代のライフスタイルでは、食事が不規則になったり、毎日3食きっちりとることが難しいこともありますので、間食としてプロテインを摂ることで不足しがちな栄養素を補うことができます。

子供のプロテイン摂取で誤解されていること

子供がプロテインを飲むと害があるという噂を聞いたことがある人も多いと思います。実際には誤解されているケースがほとんどです。

プロテインを飲むことで害とされている噂の真相について解明します。

身長が伸びない

プロテインを飲むと身長が伸びない、あるいは、飲むだけで身長が伸びるという噂がありますが、実際は間違いです。

成長期で育ち盛りの子供の体が身長を伸ばすためには多くのたんぱく質を摂る必要があります。

筋肉がつきすぎてしまう

子供がプロテインを摂ると筋肉がつきすぎてムキムキになるという噂も実際には起こりえません。プロテインは筋肉増強剤のような薬剤ではなく、たんぱく質を補うために摂る栄養補助食品です。

また、筋肉をつけるためにはプロテインを飲むだけではなく、プロテインとトレーニングをセットにする必要があります。本格的なウェイトトレーニングをしてはじめて筋肉が作られますので、プロテインを飲んで普通のスポーツをするだけでムキムキになることはありません。

 

子供のうちにそのような本格的なウェイトトレーニングを行うことはまずないと思いますので、筋肉がつき過ぎるのではという心配は無用です。

どんどん太ってしまう

プロテインも摂取をし過ぎると、余分なたんぱく質が体脂肪に変わって蓄積されますので太る可能性があります。

ただし、食事でカバーできない栄養補助として摂取する場合、規定量を守れば特に問題はないでしょう。カロリーオーバーだけ気をつけていればどんどん太るということはありません。

子供向けのおすすめのプロテインをご紹介

トレーニング・フィットネス用やダイエット用など、プロテインには様々な種類が登場していますが、子供向けのプロテインも沢山のメーカーから色々な商品が販売されています。

子供向けのプロテインで、検索したサイトで名前があがっている頻度が多く、子供が好きそうな味付けになっているおすすめの商品を紹介します。

明治 ザバス ジュニアプロテイン ココア味


明治 ザバス ジュニアプロテイン ココア味は、1日2食を目安に摂ると、たんぱく質をはじめ、カルシウムや鉄、ビタミンB1、B2、Cなどの子供が必要とする栄養素を1度で接することが可能です。子供のスポーツをする体と、成長のために必要な栄養素が配合されたプロテインです。

IZMO -イズモ- ジュニアプロテイン 350g ストロベリー風味


IZMO -イズモ- ジュニアプロテイン 350g ストロベリー風味は、小学生までの栄養補給のために開発された乳酸菌入りのプロテインです。更にバランス良く摂取できるように、全21種類の野菜パウダーが配合されています。たんぱく質の他、子供の体の成長に必要なビタミンやミネラル、カルシウム、生きた乳酸菌BC-30などが配合されています。

ウイダー ジュニアプロテイン ヨーグルトドリンク味


ウイダー ジュニアプロテイン ヨーグルトドリンク味は、たんぱく質の働きをサポートするビタミンB群が7種類も配合されていて、合成甘味料不使用で安心して利用できる子供用のプロテインです。子供の成長に欠かせないカルシウム、鉄なども配合されており、成長期の子供の栄養サポートに大変おすすめです。

ビーレジェンド ジュニアプロテイン すくすくチョコ風味


ビーレジェンド ジュニアプロテイン すくすくチョコ風味に含まれる、1食あたりのたんぱく質の量が国内ナンバーワンのプロテインです。体作りに欠かせないたんぱく質を11.4gも含み、カルシウムとビタミンDもプラスされています。試行錯誤を繰り返し、子供が飲みやすい味の開発に成功。

子供用と大人用のプロテインの違い

子供用のプロテインは大人用と何が異なるのでしょうか。子供用に特化したプロテインと大人用のプロテインの違いについて理解しておきましょう。

含まれている栄養素の違い

ジュニアプロテインは、大人用と比較してたんぱく質の量が少なくなっており、鉄やカルシウム、ビタミンDなどの子供の成長に必要となる栄養素がプラスされています。

筋肉を大きくしたり増やすためではなく、成長のために使われる体を作るための材料が配合されているということになります。

1日に摂取すべき量が違う

ジュニアプロテインと大人用プロテインでは、1日に摂取するたんぱく質の量が異なります。

大人と子供では体の大きさが違うため、通常のプロテインでは1食あたり21g含有していますが、子供用では1食あたり14gとなっており、3分の2程度となります。

プロテインは正しい摂取量で子供に飲ませてあげよう

子供の成長にプロテインは害になるどころか栄養補助として大きな助けになります。

決められた量を守って正しく摂取すれば太ることもありませんので、食事だけでは不足しがちな栄養素をプロテインで補ってあげましょう。

category

記事カテゴリー