肉体改造をしたい人必見!プロテインは安価のものでも効果がある

肉体改造をしたい人必見!プロテインは安価のものでも効果がある

TRAINING 2018.10.29

Share :

おすすめの安価なプロテインは

肉体改造を考えている人はプロテインを購入する場合が多いです。

プロテインは高くないと効果がないのではと思われがちなのですが、安くても効果のあるものは沢山出回っているので、どのようなプロティンなのかを把握することが重要なポイントになります。

プロテインとは

プロテインはたんぱく質のことです。たんぱく質と言うと、筋肉等をつくり、体の機能を調整するペプチドホルモン、酵素、神経伝達物質にも関与する栄養素で、生きていくために必要な成分といえます。そして、体内で作られたアミノ酸が集まってできているのです。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

つまり、たんぱく質とアミノ酸は深い関係にあります。 プロテインは、栄養補助食品としても注目されています。そのことについては、下記で詳しくご紹介しましょう。
さらにビタミンやミネラルを含むものもあること、効率的に筋肉をつけるのに有効的かどうか、必須アミノ酸BCAAが含まれるというのはどういうことか、低栄養の予防効果についてもお伝えします。

たんぱく質が強化された栄養補助食品

プロテインとはたんぱく質のことを言います。そして、たんぱく質は身体づくりの元となる人にとって必要な栄養素ですから、生きていくうえで欠かせないものです。

けれども、一般的に言うプロテインとなると、たんぱく質を強化し吸収されやすいように調整された加工食品の事を指す場合が多いです。
この加工食品のプロテインはドラッグストアなどでも売っていますが、インターネットで調べて、インターネット販売で買うのも良いでしょう。

ただ、なかなか高いお値段なので、買うのには躊躇してしまう場合があります。特に年齢の若い人ですと、まだお給料も良くないでしょうからそんなに高い物は欲しくないでしょう。

ビタミンやミネラルを含む商品もある

市販されている加工食品のプロテインの中には、ビタミンやミネラルを含む商品もあります。そういった商品はたんぱく質のみではなく他の栄養素もあった方が体に良いという考えの元で作られたのでしょう。

ビタミンやミネラルは代謝に必要な栄養素なので、そういったものがたんぱく質と一緒となると最強です。
このようなビタミンやミネラルも含むプロテインは、様々なメーカーから出ています。興味のある方は、インターネットで検索してみると良いです。

その中から、お気に入りを探してチェックしてみて、買うかどうか考えてみましょう。口コミ等を見て、どのように良い商品なのか慎重に考えてから買うと良いです。

効率的に筋肉をつけるのに有効的

プロテインは効率的に筋肉を付けるのに有効な手段です。何しろ、余分な脂質をとらずにたんぱく質のみをとることができますので、体に余分な脂肪がつくといったことはありません。これは有り難いことであり、従来の目的をすぐに達成できそうな気持ちになるでしょう。

運動して、飲むだけというのも運動好きの人にとっては簡単で嬉しいものです。 こういったものはプロテイン以外ではなかなか見られません。そのように考えると、プロテインは大事な栄養素が沢山入っていますので、体を強化するのにはぴったりのものということです。

アスリートなどに良く使われているというのもこのように考えるとよくわかります。体を強化するのには他ならないものだからでしょう。

必須アミノ酸BCAAが含まれる

アミノ酸は筋肉のエネルギーを代謝しますので、大事な成分です。それだけではなく、たんぱく質が運動によって分解されないように防ぐという役割を果たし、体が疲れにくくなるようにサポートもします。このような必須アミノ酸BCAAが含まれるプロテインは理想的なものでしょう。

必須アミノ酸BCAAについてですが、Branched Chain Amino Acidsの略で日本語では 分岐鎖(ぶんきさ)アミノ酸といいます。

バリン、ロイシン、イソロイシンという必須アミノ酸にも含まれる成分も含まれているのです。こうした成分は筋肉のエネルギー代謝にも関わり、必須アミノ酸の約35%を占めています。

低栄養の予防効果

プロテインには低栄養の予防効果もあります。どのようなことかといいますと、偏った日々の食事のために低栄養になってしまうことがあります。低栄養とはたんぱく質不足になってしまうことですが、プロテインを食事の補助として活用すると、たんぱく質補給に繋がりますから、栄養不足を防げます。

たんぱく質が不足すると、筋肉が作られないというだけでなく、体のあちこちに弊害がおこるでしょう。たとえば、免疫力が低下し、病気になりやすくなる、老化が進んでしまうなど、困ったことが沢山起こるのです。ただ単に栄養不足だけでは侮れない物があるのは確かですから、食事内容には気を付けましょう。

プロテインの成分

プロテインの成分はどのようなもので出来ているか、ご紹介します。ひと言でプロテインといっても、どのようなものかはわかりにくいでしょう。ここで、成分を知っておくと、これからプロテインを取り入れたいと思う人にとっては特に大事です。成分を知った上での購入をおすすめします。

具体的にどのような成分があるかといいますと、乳成分由来カゼイン、乳成分由来ホエイ、大豆成分ソイたんぱく質、エッグプロテインです。これら一つひとつを取り出してご紹介します。成分の性質もよく理解しておくと安心できますから、下記に記述したことをよく読んでプロテインの成分についての知識、理解を深めましょう。

乳成分由来ホエイ

乳成分由来ホエイとは聞いたことがあるかもしれません。牛乳に含まれるタンパク質成分でヨーグルトの上澄みにできる乳清成分のことを言う事もあります。

水溶性で吸収効率が高い成分で、吸収速度も速いのです。そして、味は淡白で飲みやすいものですから、余りクセが強くないでしょう。

運動の後に摂るのが効果的で良いとされています。 このように、乳成分由来ホエイは体に良いものですが、たんぱく質成分がホエイのみのプロテインは値段が高いというデメリットがあります。
それだけ価値のあるものなので、仕方がないのですが、なかなかそこまではお金が出せないという場合はこまってしまいます。 特に若い人ですと、そこまで自分にお金を掛けたくないと思うかもしれません。

乳成分由来カゼイン

乳成分由来カゼインは牛乳に含まれるたんぱく質成分です。こちらは生乳のたんぱく質の80%を占めていまして不溶性であるために吸収速度が遅く、体内に長時間たんぱく質が保有されますから就寝1時間前にとるのが効果的でしょう。

寝ている間に体が強化されるので、積極的に摂りたいです。
たんぱく質を摂ると体が強化され筋肉アップになることは間違いないでしょう。それと同時に、腹持ちのよさからダイエット効果にもつながるのがガゼインのうれしいところです。

ガゼインを飲むとすぐに満腹感を得られ、それが長時間続くので余計なカロリーを摂らずにすむのは助かるでしょう。

大豆成分ソイたんぱく質

大豆成分ソイたんぱく質は大豆のたんぱく質部分を粉末にしたものです。カゼインよりも吸収速度が遅く、満腹感が得やすいという特徴があり、イソフラボンの効果として肌に良い効果や血流が良くなる、新陳代謝が良くなるなど期待できます。

しかし、植物性のため粉が溶けにくいために吸収率についても疑問が残るのは事実です。 こういった大豆成分を利用したプロテインは、健康志向の強いタイプの人やダイエット志向の人に人気があります。

また、満腹感が得やすいためにダイエットのためにこのプロテインを飲むという男性もいるのです。こういった人が目指すのは「すんなりしたボディ」で筋肉マッチョではありません。

エッグプロテイン

エッグプロテインはその名前のとおりに卵のたんぱく質です。働きというとガゼインとおなじですが、牛乳の成分はないので牛乳が苦手な人には最適です。アミノ酸量が多いのも特徴で筋肉代謝に良い効果があるでしょう。

しかし、残念なことに他のプロテインよりも値段が高いので、チャレンジしにくいという人もいるかもしれません。 低コレステロールで高タンパク、筋トレの効果アップや牛乳を飲めない体質の人には牛乳替わりになります。
吸収が速いので、疲れた筋肉の分解を整えるのに良いというメリットがエッグプロテインにはあります。お値段高めなのは残念ですが、試してみる価値はあるでしょう。

プロテインの相場

次は気になるプロテインの相場について、ご紹介します。プロテインは決して安いものではありません。今まで、いろいろとご紹介したとおり、良い成分が豊富に入っていますので、どうしても原価がかかってしまうというわけです。

そうなると、残念ながら販売価格は安くはないという状態になります。 1キロあたりの値段、たんぱく質1gあたりの値段、成分の配合によって値段が変わる理由についてお伝えします。
プロテインの値段の高さが気になる方、これからプロテインを取り入れたい方は良い参考になりますので、ご覧になってみると良いでしょう。こういったことを知っておいてから、プロテインを始めることをおすすめします。

1キロあたりの値段

プロテインの気になる値段ですが、1キロあたり4000〜5000円が平均になります。決して安くはないのですが、それでも飲んでいる人がいるということはそれなりの効果を得られているからです。

仕事柄、筋肉質の身体を維持しなければならないという人もいるでしょうし、筋肉のある体でいたいという強い思いの人もいるでしょう。 しかし、そのようにプロテインが必ず必要という人は1ヶ月1キロでは足りませんから、1ヶ月あたりのプロテイン代だけでも2万円前後はかけているようです。

それだけでなくジムにも行っているのであれば、筋肉を維持するのにはかなりの出費になります。なかなかの値段になってしまいますから、生活がギリギリという人には辛いものでしょう。

たんぱく質1gあたりの値段に注意

たんぱく質1g辺りの値段にも注意してみましょう。実は、たんぱく質が入っている量はその製品によっても違います。ですから、全体量の重量で単価を計算しても意味がないということもあるのです。

大事なのはたんぱく質の量ですから、そのあたりを良くチェックした方が良いかもしれません。 たとえば、総重量の中にたんぱく質が何グラム入っているのか、成分表などで確かめると良いです。その辺りを見て、コスパの良さなどを考えてみると良いかもしれません。

たんぱく質の量は多い方が良いのは当然のことでしょう。もしも安くても、たんぱく質の量が少なければ意味がないということになります。

成分の配合によって値段が変わる

ホエイプロテインはしっかりと筋肉を作ってくれるので、人気ですが、同じたんぱく質でもその度数によって値段が変わります。

WPCと呼ばれるのはホエイプロテインの純度が80%以下の場合、WPIは90%前後です。このようにWPCとWPIはその濃度による違いがあります。ホエイプロテイン2種類あるという事を覚えておくと良いです。

このようなことからわかりますように、値段の高いホエイプロテインは通常純度が高いWPIです。そして、それに比べて価格が安いのは、純度がそれよりも低いホエイプロテインのWPCになります。
そうなるとWPCの方が良いかと思うかもしれませんが、WPCは乳頭を多く含む場合があるので、人によってはお腹がゆるくなることがあるのです。

リーズナブルなおすすめのプロテイン

ここまで、プロテインの値段が高いということをご紹介しましたが、手ごろな価格の物も最近、出て来ています。

しかし、そのような価格のものだときちんとした物なのかどうか、効果があるのかなど心配という人もいるでしょう。
その点はだいじょうぶです。そういったことを考慮した製品をご紹介します。 皆さまが気になる選定基準は、手頃だけど成分にこだわった商品です。

価格帯は2000円〜5500円というお手頃なもので探しました。このくらいの価格ならば、ちょっと飲んでみようかなという程度の人でも、気軽に試せるでしょう。
飲んでみて気に入ったら、続けるというのでも良いのです。まずは気軽に試してみるというのも良い事になります。

初心者にはホエイ成分のおすすめ

手頃だけど成分にこだわった商品のご紹介です。価格帯は2000円〜5500円に絞っていますのでお手頃と言えます。まずは、初心者におすすめのホエイ成分のプロテインです。ホエイ成分というと、飲みやすいものなので初心者にはちょうど良いでしょう。

それでいて、価格がお求めやすいものとなると一石二鳥です。 ボデイウィング ホエイプロテイン無添加ナチュラル、ザバス ホエイプロテイン100 ココアをご紹介しますので、よくご覧になって検討してみましょう。
良さそうかと思ったら、お試し感覚で買ってみるというのでも良いのです。値段がお手頃価格なので、試しやすいという利点があります。  

ボデイウィング ホエイプロテイン無添加ナチュラル

ボデイウィング ホエイプロテイン無添加ナチュラルは1kg2290円(税込み)です。プロテインにしては、なかなかの安さでこのくらいであれば、ためらいなく買えます。

高めの値段設定になりやすいWPIなのに、このように価格がリーズナブルなのは嬉しい限りでしょう。無添加のため甘さはないのですが、ミルク風味で溶けやすいのは便利です。
安いのですが、無添加で安心です。 砂糖、合成甘味料、保存料、着色料、香料、増粘剤、消泡剤といった添加物は使っていません。無添加のため、水の量に気を付けた方が良いです。

少量過ぎるとドロドロして飲みにくかったり、多すぎると溶けにくくなってダマになりますから、使用量は規定通りにしましょう。  

ビーレジェンドプロテイン

ビーレジェンドプロテインは1kg3100円(税込み)という安さです。フレーバーが多いのも色々選べてうれしいところでしょう。味についてもモンドセレクションのおすみつきなので安心できます。

たんぱく質が多く摂れ、その他にビタミンC、ビタミンB6も含まれます。プロテインの中では平均より1000円近く安いです。 フレーバーはミルク、チョコ、リンゴ、パイン、バナナ、キャラメルなどのなんと12種類もあります。

これだけ種類が揃っていますと、好きな物を選べるのはもちろんで飲みやすくおいしいと定評があるのもうなずけるところでしょう。何種類かストックして毎日違う味を楽しむという事もできそうです。  

ザバス ホエイプロテイン100 ココア


ザバス ホエイプロテイン100 ココアはアマゾン1kg3990円(税込み)です。ザバスは人気のブランドなので、この安さは嬉しいものでしょう。ホエイプロテインを100%配合し、7種のビタミン郡+ビタミンCを含み栄養バランスに特化しています。

水で溶かしても飲みやすいので、お手軽にいつでも飲めます。 運動後、就寝前、朝食時がおすすめの飲み時です。水の他、牛乳に溶かして飲んでもおいしいでしょう。
水か牛乳200〜300mlに付いているスプーン3杯が基本ですが、量はお好みによって調整可能です。専用のシェーカーで溶かすと飲みやすい様ですが、お家にあるコップでもだいじょうぶです。

ソイ成分のおすすめ

ソイ成分のプロテインもおすすめです。その現状は大豆で、タンパク質部分を取り出して粉末にしました。
そのためにたんぱく質の比率は高く、水分、糖分、脂肪は減らされているので、植物性の良質なたんぱく質を体に有効に摂取できます。

価格が他のプロテインに比べて安いということも大きな特徴です。 今回はザバス ウェイトダウンソイプロテインというソイ成分のリーズナブルなプロテインをご紹介しますので、ソイプロテインに興味のある方は良い参考になります。

こちらのプロテインは試しやすい価格なので、買って試してみるのも良いでしょう。プロテイン初心者向きのものかもしれません。  

ザバス ウェイトダウンソイプロテイン

ザバス ウェイトダウンソイプロテインは人気スポーツブランドのザバスの商品です。アマゾン1kg3872円(税込み)とリーズナブルなのはうれしいところでしょう。

大豆プロテイン100%、ガルシニアエキスを配合し、11種類のビタミンと3種類のミネラルを含まれています。細マッチョの人におすすめです。 特に減量目的でプロテインを摂取している人には、おすすめのプロテインになります。

というのも、減量の時にも必要な11種類のビタミンやミネラルが含まれているからです。このような栄養成分のしっかりとしたプロテインを摂取していれば、減量のために体調が悪くなるのを避けられるでしょう。

飲むタイミングが重要

プロテインの良さはご紹介した通りですので、よくおわかりになったでしょう。ここで、またさらに重要なことをお伝えします。実はプロテインにとって大事なのは、飲むタイミングもあるということです。

飲むタイミングを逃してしまうともったいないことになりますので、気を付けた方が良いかもしれません。 最後にご紹介するのは運動後に摂取で筋肉アップ、就寝前に摂取で成長ホルモンを促進ということについてです。
運動後に飲んで筋肉アップできるものかどうか、就寝前に飲むのも効果があるかどうか、栄養不足の場合はどうか、よく考えてみましょう。より良いタイミングで飲んで、筋力アップ等に取り組むとより効果があります。

運動後に摂取で筋肉アップ

たとえ、どんなに安いプロテインでも、飲むタイミングを工夫すれば、効果的に筋肉をつけられます。運動後45分以内は筋組織を回復するのに良い時間で、栄養の吸収が高まりますので、その時間を逃さないようにしましょう。

その際、吸収の高いホエイプロテインと糖質を摂ると良いので、心掛けることをおすすめします。 もう少し詳しく解説しますと、運動後の45分以内ですと、そのまま筋肉に送られるアミノ酸の量がプロテインを飲むと飲まないでは全然違います。

なんと、45分以内のプロテイン摂取でアミノ酸の量は3倍も増えるのです。このタイミングが大事なのはこういったことを考えるとよくわかるでしょう。

就寝前に摂取で成長ホルモンを促進

成長ホルモンは就寝中により活動し、たんぱく質の吸収に関わります。そういったことを利用するために就寝前に吸収速度の遅いカゼインプロテイン、ソイプロテインを飲むのがおすすめです。

就寝前の30分から1時間が良いとされていますので、そのタイミングを逃がさないように就寝前にプロテインを用意しましょう。 就寝前に飲めば、就寝中に成長ホルモンの活動によって、筋肉が育ちます。
筋肉が育てば、夢のマッチョに近づけるというものです。そのためには、寝る時間も余り遅くならないようにした方が良いかもしれません。余りに遅い時間ですと飲むのが面倒になってしまう可能性がありますし、睡眠は大事です。

栄養不足には食事前後に

栄養不足という人は食事前後にプロテインを飲むと良いです。その理由は食事の前後でプロテインをとると食事で不足しているようなたんぱく質を摂取できるからでしょう。

例えば、一人暮らしで食事の用意もままならないという人などには、その方法がぴったりです。プロテインを栄養補給に役立てられます。 プロテインにはいろいろな種類がありますので、好きなものをいくつか用意しておくと飽きずに摂取できるでしょう。

栄養が足りないという場合は牛乳で溶かすとたんぱく質やカルシウムがとれて良いかもしれません。ご紹介したような安価のプロテインも多数出ていますので、まとめ買いしておくと便利です。

プロテインで筋肉体型を手に入れよう

筋肉体型を手に入れる必須アイテムはプロテインです。価格の安いものも多数ありますので、検索してみると良いかもしれません。

買いやすい価格のものを選んで、おいしく飲みながら、体を鍛えて筋肉マッチョを目指しましょう。

category

記事カテゴリー