自分らしいキャンプスタイルをつくってキャンプを楽しもう

自分らしいキャンプスタイルをつくってキャンプを楽しもう

CAMP 2018.10.28

Share :

キャンプスタイルは自分が心地いいかどうか

キャンプを楽しむ為には、自分らしいキャンプスタイルをつくることが大切です。

自分らしくキャンプを楽しむ為にどんなキャンプスタイルがあるのか知りましょう。キャンプスタイルにはどんな種類があるのか、またキャンプスタイルをつくるコツを紹介します。

大人が楽しむキャンプスタイルとは

大人が楽しめるキャンプスタイルを作る為にはまず、どんなキャンプスタイルがあるのかを知る所から始めましょう。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

キャンプスタイルによって用意する物も異なれば、それぞれ魅力的な部分も異なります。大人が楽しむキャンプスタイルの特徴やメリットはこちらです。

いつもより低い位置で楽しむロースタイル

イスに座ったりシートに座って楽しむタイプのロースタイルでは、いつもとは違う視線でキャンプを行えますので、お子様と同じ目線からキャンプを楽しめます。タープの下でもゆったり広々と過ごせて足も思いっきり伸ばせますので、のんびりと開放的にキャンプを出来るでしょう。

また、ハイスタイルよりも小さいギアですので荷物を削減になると共に、おしゃれにゆったりとキャンプを楽しめるのが魅力です。のんびりと寝転がることができるのも、ロースタイルだからこそのメリットと言えるでしょう。

和風にお座敷スタイル

お座敷スタイルで和風テイストに空間をまとめることで、まるで室内にいるかのような快適リラックス空間を作りやすくなります。靴を脱いでゆったりのんびりキャンプできる空間が魅力的であると共に、座椅子や座布団など、好みのアイテムを取り入れる事でおしゃれになるでしょう。

自分がリラックス出来るギア選びをすることで、より快適な自分だけの空間を演出します。距離感が自然と近くなりますので、初対面の人とキャンプをするようなタイミングにもピッタリです。

ヴィンテージスタイルも個性的

コットンテントやクーラーボックスなど、ヴィンテージ物のギアを取り入れる事もおすすめのスタイルです。

ヴィンテージ物は見た目がおしゃれに決まることはもちろん、使い込まれたからこそアジのあるアイテムに仕上がっているのが魅力になります。
ヴィンテージものを利用する事で更に空間を快適に出来るようなアイテムもありますので、好みに合わせて色々と使い分けることも出来るでしょう。

ナチュラルスタイルで大人の落ち着き感を

ベージュをメインカラーに使ってナチュラルスタイルに仕上げる事で、自然と溶け込み非常に落ち着きのある大人なスタイルを確立します。

ベージュをメインにしたテントサイト作りをする際には、アイテム1つ1つの色合いはもちろんの事、同じベージュのような色でも、上手に差し色をすることが大切です。ベージュ一色でも綺麗にまとめることで、綺麗にまとまりやすくなるでしょう。

ミリタリーテイストでかっこよく

ミリタリーテイストを各自取り入れるのも、おおすめのスタイルです。柄やカラーなどの上手にミリタリーテイストを紹介できます。

一部のみミリタリーテイストにするというのもおすすめですので、好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

モノトーンでまとめればアーバンスタイルに

白黒のモノトーンでまとめることで、機能美を持つアーバンスタイルが完成します。

建築的な希望日を持つアーバンスタイルでは、どこかスタイリッシュなスタイルが完成しますので、近代的なアーティスティックなスタイルを楽しみたいという方にもおすすめです。

気軽に始められるキャンプスタイル

キャンプスタイルはこのように様々なタイプがあります。

その他にも、ギアを揃えずとも出来るお手軽なスタイルもありますので、最初からキャンプアイテムを揃えるのでは無く、出来る所から少しずつ集めてみることをおすすめします。

泊まらずに食事を楽しむデイキャンプ

その日一日だけキャンプを楽しめる、止まらずに食事を楽しむキャンプスタイルが、デイキャンプです。

キャンプ飯を堪能するため、キャンプのスタイルを試してみるためデイキャンプを始める方が多いですが、食材と調理グッズさえ持っていけばOKなので、気軽に楽しめる点が魅力になります。
まずはアウトドアの楽しさを知りたい、初めてキャンプをするけど泊まるのは難易度が高く感じるというような初心者キャンパーにもおすすめのスタイルです。

リゾート気分で楽しむグランピング

まるでリゾートにいるかのような開放的な空間を楽しめるグランピングですが、こちらもギアを揃えなくとも楽しめる点が特徴です。

グランピングはテントの中にいるにも関わらず、高級なホテルの中にいるようなおしゃれな雰囲気があります。値段はその分高いですが、気軽に出来る日帰りの物も多いため、お試しをするにもピッタリと言えるでしょう。

キャンプ場に行けばいいだけの手ぶらでキャンプ

何も持たずにキャンプをしたいという方にもおすすめなのが、手ぶらキャンプです。手ぶらキャンプはただキャンプ場に行けばOKですので、テントや他の道具なども一切必要ありません。

食材や飲み物、着替えだけを持っていけば、後は楽しいキャンプを楽しめるので、出来るだけ何の道具も用意したくないという方に最適です。
自宅にキャンプ道具一式をおいておくとそれなりのスペースが必要となりますので、キャンプやアウトドアは好きだけど、荷物一式置いておくのが難しいと言う方にもオススメのスタイルになります。

キャンプ場によって取り揃えてあるアイテムが異なりますので、利用する際には事前に確認しておきましょう。

キャンプスタイルの決め方

自分に合っているキャンプスタイルは何なのか悩んでしまう方もいますが、自分に合っているスタイルは、ちょっとしたポイントを抑えれば判断しやすくなります。

自分に合っているキャンプスタイルを作るためのコツはこちらです。

キャンプの目的から考える

キャンプをするのは一人で行うのか、それとも家族や友達など複数人、グループで行うのかなど、キャンプの目的からキャンプスタイルを決める事がおすすめです。

リラックス出来るお座敷スタイルなど、参加人数に合わせてチョイスすると、失敗が少ないでしょう。

好きな物を揃える

自分の好きな道具を好きなだけ持ち込んで、好きな物だけに囲まれて過ごす事が出来るという点は、キャンプスタイルを作る上で大きなメリットです。

キャンプ道具にも様々な種類がありますので、自分の好きな色やブランドのアイテムを選んで、自分の空間をコーディネートしてみましょう。

心地いいスタイルで楽しむキャンプを

キャンプを楽しむ為にも、自分らしいストレスフリーなキャンプスタイルを見つける事が大切です。

キャンプスタイルには様々な種類がありますので、まずは自分に合っているスタイルを見つけていくと良いでしょう。快適で素敵なキャンプ生活を楽しめますように。

category

記事カテゴリー