おすすめメンズ時計ブランドを厳選。おしゃれな男性用ウォッチを解析

おすすめメンズ時計ブランドを厳選。おしゃれな男性用ウォッチを解析

FASHION 2018.10.13

Share :

かっこいい男性に欠かせないブランド時計

ブランド時計を身に付けているだけで、男としてのステータスは上がるものです。今や時計は、かっこいい男性には欠かせないアイテムになっています。

しかしながら、ブランド時計であれば何でもいい訳ではありません。それぞれのブランドの個性も理解して身に付けることで、さらにかっこいい男性へ変身することができます。

時計の基礎知識解説

人気のブランド時計を解説する前に、時計のタイプについて一つずつ解説していきます。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

時計のタイプによって、機能やデザインが大きく変わりますので、自分にあったブランド時計を選ぶにはまず時計のタイプ選びが重要になってきます。

機械式とクォーツ式

時計のタイプは大きく分けて2つに分けられます。一つは機械式で、ゼンマイの緩む力を利用して動く時計です。こちらの腕時計の特徴は、レトロな昔ながらの渋いデザインが多いことと定期的にメンテナンスをすることで半永久的に使えることです。

但し、デメリットとしてメンテ費が高くなることがあり、数十万円ものランニングコストがかかってしまう場合もあります。
もう一つはクォーツ式で、電池で動く腕時計です。比較的安価で購入できます。機械式に比べ壊れにくいですが、電子回路のため古くなると修理できない場合が多いです。

また、機械式よりも資産価値が安いことが多く、おしゃれなアイテムとしてはやや安物と思われてしまう場合があります。

さまざまな特殊機能がついた時計もある

冒頭でも解説した通り、時刻を正確に知らせるだけの時計であれば今や売れません。そのため、各時計メーカーはGMT機能、カレンダーなどの便利な機能が備わっています。更に、ソーラー電池や耐性(耐衝撃性、防水性など)のある特殊機能付きの時計も多くラインナップとして揃えています。

今や海外旅行や海外出張が珍しくない時代ですので、現地に着くと自動で時刻を合わせてくれるGMT機能や、年月日を知らせてくれるカレンダー機能は非常に便利です。また、電池切れの心配がないソーラー電池や精密機械にはない耐性の高い時計で、メンテナンス要らずで長く使えるようになったのもこれらの特殊機能のおかげです。

時計の防水性について

耐水性は一般的には生活防水のことを指します。具体的には、3気圧(BAR)程度の防水機能で水が掛かってしまったり、お風呂に落としても耐えられる程度の機能です。ですが、水仕事やスイミングなどのマリンスポーツでは局所的に水圧がかかるため、生活防水程度では壊れてしまいます。

時計も“防水機能付き”と仕様に記載されていれば、基本的には生活防水程度の機能です。それ以上の機能をある場合は、どの程度まで耐水性があるかが必ず記載されています。水仕事をする方であれば、最低でも5気圧、スイミングをする方であれば10気圧までの耐圧の機能は持っておきたいです。

後悔しないためのブランド時計の選びかた

時計の基礎知識を学んだ次は、後悔しないブランド時計の選びかたについて解説していきます。ブランド時計は数万円以上の高価な買い物になりますので、自分に合ったものを選ばないと後悔してしまいます。自分が納得するブランド時計選びのポイントを一つずつ解説していきます。

ブランドの評判から選ぶ

時計はブランドによって大きく個性が異なります。デザイン重視のブランドや多機能重視、コスパに優れたなどさまざまです。もちろん、同じデザイン重視なブランドでもアンティークなデザインやシックでかっこいいデザインなど、まったく違う特徴が出てきます。

時計選びでは、まず各ブランドがどのような特徴があるかを知ることからはじまります。周りに時計好きな方がいれば、聞いて情報収集するのもおすすめです。周りに時計が好きな方や詳しい方がいなければ、ネットの書き込みなども参考にすると、有力な情報が手に入ります。

腕時計の種類から選ぶ

ブランドによって時計の特徴は異なりますが、もちろん種類によっても大きく特徴が違います。例えば、レトロで風合いのあるデザインが多いおしゃれな三針ウォッチやラグジュアリーで高価なジュエリーウォッチなどデザインに大きな違いがあります。

また、マリンスポーツにも耐えられる耐水性の高いダイバーズウォッチ、衝撃にも強い大きくワイルドなミリタリーウォッチなど機能の違いも出てきます。
種類で時計を選ぶ際は、あなたがどのようなシーンで多く時計を身に付けるかで選ぶのがおすすめです。

例えば、アクティブにアウトドアやスポーツを楽しむなら丈夫なダイバーズウォッチやミリタリーウォッチ、ビジネスシーンが多ければ三針ウォッチなどのデザイン重視などです。他にも、プライベートで優雅な気分を味わいたいならジュエリーウォッチなど、あなたが使う目的で時計の種類を選ぶと失敗は少なくなります。

ムーブメントから選ぶ

ムーブメント選びも時計を選ぶ際に重要な項目です。ムーブメントは針などの時計を動かく機構のことを言います。時計の基礎知識でも紹介した機械式とクォーツ式があります。

ノーメンテで使用したいなら機械式で、メンテをしてでも半永久的に使いたいならクォーツ式です。
クォーツ式は長く愛用できることと高級で身に付けているだけでステータスにもなる反面、メンテ費が高くついてしまいます。機械式は多機能で比較的安価でコスパには優れますが、クォーツ式ほど資産価値が出てこないというデメリットもあります。

これらの特徴を考慮してどちらの時計がいいか判断しましょう。

試着してみて選ぶ

意外と多い失敗は、ショーケースや画像のイメージと実際に身に付けてみた時のイメージにギャップがある事です。思っていたよりも小さかったり大きかったり、バランスが悪かったりします。更に着け心地も悪かったりすることもあります。

お店で購入する場合は、遠慮なく試着させていただくことをおすすめします。あなたの腕にフィットする時計を選んでお求めください。

値段から選ぶ

最終的には予算内で購入できることも、選ぶときにはとても重要です。ブランドを選ぶ際に、各ブランドの相場がありますので、予算に見合ったブランドに的を絞って選ぶことがおすすめです。

勘違いしてはいけないのが、高い時計=よい時計ではないことです。安い時計でも探せばあなたにピッタリな時計は見つかるはずです。ステータスや立場に応じた金額の時計を選ぶことが重要です。

時計の本場スイスのおすすめブランド

おすすめしたいのは、時計大国スイスのおすすめブランド時計です。世界中の時計好きから愛されている人気で、高級なブランドばかりが揃っています。その中でも、人気が高くブランド力の高い物をチョイスして解説します。

世界一有名な時計ロレックス

まずはじめに解説するのは、世界一有名な時計ブランドと言っても過言ではないロレックスです。ロレックスは、“ロレックスの3大発明”とも呼ばれる世界で、初の技術を開発したブランドです。一つ目は、世界初の防水腕時計オイスター。

二つ目は、世界初の全回転式自動巻き機構パーペチュアル。三つ目は、深夜0時になると日付が自動的に切り替わるデイトジャストです。ブランドとしては、男女問わず付けられる世界最高峰のブランドに位置し、時計好きではない方でも一度は聞いたことはある程の有名ブランドです。

また、セレブが身に付けている時計のイメージが強いはずです。

ロレックスに次いで知名度の高いオメガ

ロレックスと並ぶ世界的に有名なブランドがオメガです。こちらも世界最高峰のブランドで、高級時計のイメージが強いブランドです。高級時計を買おうとするときに必ず候補に挙がってくるのが、ロレックスとオメガの二つです。

オメガと言えば、1969年にアポロ11号が人類で初の月面着陸を果たした宇宙飛行士であるバズ・オルドリン氏がオメガのスピードマスターを着用していたことが有名です。宇宙の過酷な条件下でも問題なく稼働するスペックの高さも持ち、ただの高級ブランドではないことも裏付けられた時計です。

スポーツウォッチが充実しているタグホイヤー

各スポーツのスポンサーや競技のタイムを、計測しているメーカーとして有名なタグホイヤーです。スポーツモデルの時計が多く、アクティブなアウトドア派やカジュアルなファッションを好む方に人気の高いブランドです。

また、ビジネスシーンでもぴったりなデザインも多く揃っています。さまざまなシーンで合わせやすい柔軟なデザインも特徴の一つです。高級感はロレックスやオメガには劣りますが、確かな技術と少し気軽に身に付けられる時計です。複数のデザインを持ってその時の気分やファッションで替えて身に付けるのもおすすな方法です。

文字盤がオシャレなフランク・ミュラー

フランク・ミュラーは、創設者のフランク・ミュラーから由来したブランド名です。個性的な文字盤が特徴で、シックなデザインが多く、セレブたちからも愛されるブランドです。特に時計好きな方なヘビィーユーザーに多く愛されています。

個性的なのはデザインだけではなく、独特な技術も持っているため、時計技師を目指す方たちからは、他の最高峰のブランドよりもこのフランク・ミュラーの方が高い評価を受けています。その中でも、クレイジーアワードなどこれまでにない斬新な時計で、フランク・ミュラーならではの時計を手掛けています。

セレブが多く愛用するウブロ

ウブロは「成功者が手にする腕時計」と言われていて、特にセレブから愛されたブランドです。創設は1980年と比較的新しい会社ですが、2005年に発表したビックバンで大ブレイクし一躍有名になったブランドです。

ウブロを愛用するセレブたちはの中には、世界最速の男のウサイン・ボルトやサッカー界レジェンドであるディエゴ・マラドーナなど世界的に成功を収めた超一流アスリートたちがいます。そのため、数々のセレブたちが愛用するようになりウブロは「成功者の証し」となりました。

魅力的なモデルが多いイタリアのおすすめブランド

スイスのブランドも素晴らしいですが、イタリアの時計ブランドも魅力がいっぱいです。特におしゃれなブランドが揃っていますので、ファッション性を高めたい方や、おしゃれにトータルコーデをしたい方におすすめです。

ユニークなデザインが特徴のクラス14

独特でユニークなデザインが特徴的で、男女問わず人気が高いのがクラス14です。デザインが他のブランドと比べても非常に個性的で、他の人とは違ったファッションをしたい方やファッションのアクセントとしても使えるデザインで、ファッション界でも注目されているブランドです。

デザイナーや有名人とのコラボアイテムが多く、特別感の高いアイテムも充実しています。高級時計としては数万円から購入できるため、セカンド時計としたり複数購入して使い分けることもできます。

日本でも徐々に人気が高まっているガガミラノ

日本ではサッカー日本代表の本田圭佑が着用していた時計として、知名度が上がったブランドです。ガガミラノの「ガガ」はイタリア語で「自分の価値観を信じる伊達男」と言う意味です。ガガミラノは、非常に奇抜なデザインとカラーリングが印象的です。

大人の男性に似合うデザインのグッチ

バッグやウォレットなどの革製品で有名なグッチですが、もちろん腕時計もラインナップとして揃っています。バッグや小物、靴、スーツなど全身をグッチに揃えることもできます。

やはり、高級ブランドですので、落ち着いた大人のデザインが特徴的です。ブラックやブラウンなどの落ち着いた色合いが多く、30代後半の大人の男性にぴったりなブランドです。

軍用時計として使われていた高性能パネライ

パネライはイタリア海軍で、採用されているほどハイスペックな性能を搭載したブランドです。世界で初めて蛍光物質のラジオミールを文字盤と針に使用し、くらやみでも時間が分かるようにしたことも有名な話です。

ミリタリーウォッチですので、多機能で丈夫であることはもちろんですが、フォルムが大きくがっちりとしたデザインです。その存在感は、まさに男の時計と言った存在感がある時計となっています。

格式高いフランスのおすすめブランド

デザイン性だけではなく、気品のあるブランドが多く揃うのがフランスの時計ブランドです。続いては、フランスのおすすめブランドについてひとつずつ解説していきます。

上質な革素材が魅力のエルメス

世界最高峰の皮革製品を扱うエルメスも、腕時計を手掛けています。やはり、多くの革製品を手掛けているので、エルメスで注目してもらいたい腕時計は、ベルトが革製になっているアイテムです。

貴金属や丈夫なステンレス製でできた時計もかっこいいですが、革製の時計は使用し続けることで腕に馴染み、風合いあるデザインへ変化するので、またちがったよさがあります。特に革を熟知しているエルメスだからこそ、他のブランドでは出すことのできないよさを持っています。

高級ジュエリーで有名なカルティエ

フランスのラグジュアリーな時計ブランドと言えばカルティエです。ジュエリーを使用した時計が多く、男性が女性へプレゼントする時計ブランドのイメージが強いですが、男性向けなセレブなデザインの時計も多くあります。

カルティエはジュエリーで華やかさを持っただけのブランドではなく、時計専門のブランドに負けないほどの高い技術も持っています。華やかさやデザインだけではなく、身に付けているだけで時計本来のありかたを、かもしだしています。

世界的なファッションブランドのルイ・ヴィトン

こちらもグッチやエルメスと同様に、バッグやウォレットなどの革製品だけでなく、時計も人気のブランドです。頭から足のつま先まで全身ルイ・ヴィトンで、トータルコーデできれば、目を見張るものがあります。

ルイ・ヴィトンの時計は、文字盤にしっかりと“Louis Vuitton”としっかり刻まれ、モノグラムのバッグやウォレットと同じように誰が見て、ヴィトンだとわかります。また、アクセントとしてイエローやレッドなどのカラーを一色加えているアイテムが多く、非常に締まったデザインの時計が揃っていますので、男性向けのかっこいい時計に仕上がっています。

あのナポレオンも愛用 老舗メーカーのブレゲ

ブレゲはフランスのパリで創業したメーカーで、かの有名なナポレオンやマリーアントワネットも愛用していたほどの歴史を持つ老舗ブランドです。日本では、木村拓哉や石橋貴明などの一流芸能人が愛用している超高級ブランドです。

時計と言えば世界的に有名なのはスイスですが、実は世界で初めて腕時計を作ったのはこのブレゲなのです。1810年にナポリ王妃にから依頼を受け、世界で初めての腕時計を設計し製造してされたのがブレゲ・No.2639であるとブレゲの製図台帳にも記録として残っています。

実用性の高いアメリカのおすすめブランド

ヨーロッパの時計は、どちらかと言えば高級感やデザイン、ラグジュアリーに志向が偏っています。次に開設するのは、実用性と機能に優れたアメリカのおすすめブランドを解説していきます。

デザインと機能性の高さが人気のハミルトン

ハミルトンはアメリカの老舗ブランドで、古くからアメリカの鉄道用時計や軍用時計、航空用時計として採用されているメーカーです。

軍用や公共で使われているだけありスペックが高いのはもちろんですが、シンプルでシックなデザインは世界中の男性から人気の高いブランドでもあります。
シンプルなデザインですので、ビジネスシーンからデイリーユースまで幅広いシーンにも使いやすいです。一つ持っていれば、困ることはありません。

アメリカで一番の人気のタイメックス

全米のシェアNO.1でオシャレなブランドと言えば、タイメックスです。ヨーロッパのメーカーと比べてしまうと、高級感やラグジュアリー感はないですが、とにかく気軽に身に付けられるおしゃれなデザインばかりです。

気軽に身に付けられるデザインですので、どちらかと言えばビジネス、フォーマルシーンと言うよりはカジュアルなデイリーユース向けのデザインです。

さらにこれまで紹介してきたブランドの中でも、コスパがとてもよいので、その日の気分でデザインを切り替え、バリエーションを増やして身に付けることも可能です。

信頼性の高い日本のおすすめブランド

高級ブランドの時計と言えば、欧米のブランドがどうしても先行してしまいますが、日本のブランドも負けてはいません。最後に解説するのは、海外ブランドに負けない信頼性の高い、日本国内のおすすめブランドです。

日本最大の腕時計メーカーのグランドセイコー

時計大国スイスの技術に引けを取らない国内最高峰の時計ブランドは、グランドセイコーです。元々は、セイコーとして時計を手掛けていましたが、独立してグローバルブランドとして新たに誕生したのがこのグランドセイコーです。

これまでムーブメントは機械式とクォーツ式の2つでしたが、グランドセイコーは1999年に第3機構「スプリングドライブ」を独自の技術で開発し、世界中の時計界に衝撃を与えるほどの技術を持っています。また、クォーツ式のムーブメントでも年差±10秒ほどの極わずかな誤差で、世界最高峰の正確さも持っています。その技術力は世界でも認められ、評価の高いブランドです。

高い技術力を持つシチズン

グランドセイコーに次ぐ高い技術を持った国内ブランドと言えば、シチズンです。シチズンは英語で“市民”と言う意味で、「市民に愛され、親しまれるように」と言う意味を込めて1930年に社名を改名しました。

現在のシチズンのブランドコンセプトは「Better Starts Now」をうたっています。これを日本語で解説すると「どんな時であろうと、『今』をスタートだと考えて行動するかぎり、私たちは絶えずなにかをより良くしていけるのだ」という意味です。
シチズンと言えば、ソーラー電池や電波時計などの技術で電池取替不要と時刻合わせ不要で、メンテナンスが最小限で済むとても実用的な時計を多く手掛けています。時計でおしゃれはしたいけれど、手間暇とコストはかけたくない方にはもってこいのブランドです。

タフで男性に人気なデザインのG-SHOCK

1990年代に世界的に大ブレイクした日本の時計ブランドと言えば、G-SHOCKです。G-SHOCKは海外製のイメージを持たれている方も多いかと思いますが、日本のレーベルで海外製のG-SHOCKは言わば逆輸入品のようなものです。

とにかく丈夫で壊れにくい特徴があり、日本国内でも社会現象となり品切れが続出したほどでした。
デザインはゴツゴツして無骨なものでしたが、それが世の男性に受けて今もなお高い人気が続いています。

耐衝撃性だけではなく、防塵、防水、防泥性を備えてあらゆる外傷から時計を守ってくれるほど丈夫なアイテムです。

上品なデザインが男性に人気のオリエント

グランドセイコーやシチズン、G-SHOCKは機能重視のブランドですが、デザインでヨーロッパのブランドに対抗するならオリエントです。フォーマルで落ち着きのあるデザインで、大人向けの品のあるラインナップが揃っています。2009年にセイコーエプソンの子会社となり、2017年には販売部門がエプソンへ移ってしまったことで、事実上の解散となってしまいましたが、今もなおその製品は継続して流通しています。

特におすすめは、フォーマルなファッションと合わせると、相性は抜群です。若干、レトロな雰囲気も含んだデザインのアイテムもありますので、渋いデザイン好きの方にはおすすめのブランドです。

国内トップクラスの時計メーカーカシオ

グランドセイコー、シチズンとともに日本国内の時計技術を切磋琢磨して高めてきたブランドがカシオです。先ほど解説したG-SHOCKは、このカシオが生みの親であり、たくさんのカシオのノウハウがG-SHOCKには備わっています。

高い技術と言っても、カシオの技術の特徴は「最先端」の技術です。これまで国内の時計ブランドをリードしてきたパイオニア的な存在です。カシオをはじめ、国内のトップクラスのブランドが競い合ってきたからこそ、海外ブランドにも負けない注目される信頼の高いブランドへと成長していったのです。

お気に入りのブランド時計を見つけよう

スマホ普及で腕時計を身に付ける男性は大きく減ってしまいましたが、スマホにはない強い耐久性やファッションアイテムの一つとして使える腕時計は、独自の存在価値を新たに見出そうとしています。そして、富裕層のステータスを表すアイテムの一つであることは、今も昔も変わっていません。

正しい時刻を知らせるだけが時計ではありません。ブランドによってデザインや機能などの大きな特徴の違いもあります。自分を表現したり、アピールしたりするアイテムとしても使えますので、各ブランドの特徴からぜひ自分にあった腕時計を探してみたください。

category

記事カテゴリー