ドローンの飛行時間についての疑問。おすすめ商品と長時間飛行のコツ

ドローンの飛行時間についての疑問。おすすめ商品と長時間飛行のコツ

LIFE STYLE 2018.10.22

Share :

ドローンの飛行時間はどの程度か

ドローン飛行を楽しんではいても、一体飛行時間はどれくらいなのだろうか?または、できるだけ飛行時間を長くする方法はないのだろうか、ということが気になりませんか?特にドローンの初心者の場合、注意することはたくさんあるのです。ドローンを飛ばすときのメリットとデメリットを知り、楽しくドローンを飛ばしてください。

ドローンの平均飛行時間は20〜30分程度

ドローンはカメラなど積載して20分〜30分くらいが一般的な飛行時間です。写真や映像を撮ることに関しては、少々足りないないかもしれませんが、バッテリーの関係で20分程度の飛行が可能になっています。平均飛行時間が20分だとしてもダイナミックな飛行を繰り返すと、その分バッテリーの消耗は多くなります。

 

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

このような飛行は、ドローンの飛行途中にバッテリーが切れてしまいます。対策としては、余裕のある飛行時間で無理なく飛行させる方法があります。ドローンが途中でバッテリー切れを起こしてしまうと、操作不能になりドローンが墜落して壊れてしまいます。
ドローンも高性能の物は高額ですから、お金をかけたくない人は、飛行時間に気をつけてドローンを楽しんでください。

飛行時間の長いドローン

飛行時間が長いドローンは人気もあり、使い方もいろいろと応用が考えられます。値段や使い方によって、選ぶ基準は違ってくるので、使用方法を考えながら、ドローンを選んでいきましょう。

DJI Phantom 4 Advanced


DJI Phantom 4 Advancedは飛行時間は最大で28分飛行し、カメラの有効画素数は2000万画素と十分な機能があるのが特徴です。インテリジェントフライトモードもあり、最大ホバリング時間は無風状態で28分です。

DJI ドローン Phantom 2 Zenmuse H3


Phantom 2 Zenmuse H3はPhantom1を改良し、バッテリーでの飛行時間最大25分、墜落防止のオート帰還もついていて、全長35cmのコンパクトサイズです。

DJI ドローン Mavic Air Fly More コンボ


DJI ドローン Mavic Air Fly More コンボは最大飛行時間21分、手のジェスチャーだけでドローンを操作できるスマートキャプチャ、アクティブトラック機能、スローモーション動画も録画できます。

ドローンの飛行時間を長くするには

できるだけ、ドローンは長い時間飛行させたいものです。では、どのようにすればできるだけドローンを長く飛行させることができるのでしょうか?飛行技術や予備のバッテリーを準備するなど、いくつか飛行時間を長くする方法をみていきましょう。

無駄のない飛行技術を意識する

操縦の無駄を無くすことが大事で、意識してドローンを操作することによって、飛行時間が長くなります。飛行技術が未熟の場合にはドローンを何度も上下させたりして、無駄な動きが多くなります。無駄な時間が多くなることにより、バッテリーの消費も多くなり、結果、飛行時間に影響がでてきます。

 

飛行技術があがり、ホバリングも安定してくると、カメラでの撮影だけに集中できるので、そのぶん、バッテリーにもよい影響でてきます。

予備バッテリーを準備する

ドローンの飛行時間は限度があり、20〜30分くらいが目安になります。それ以上の飛行時間が必要な場合には、一度飛行を辞めないといけません。
長い時間を飛行するときには、必ず予備のバッテリーと急速充電器を購入すると便利です。予備のバッテリーも500円くらいから購入できるので、ドローンのバッテリーがなくなったら、予備のバッテリーで飛ばし、その間に急速充電器で充電すれば、長い時間飛行できるでしょう。

 

しかし、予備バッテリーの保管についても要注意が必要です。ドローンのバッテリーは乾電池のような感覚で保管すると発火のおそれがあります。ドローンのバッテリーにはリポバッテリーが使用されているからです。保管するときには必ず専用のセーフティバックを使用して、保管してください。

飛行時間が長いメリット

ドローンが飛行時間が長いとメリットがたくさんあります。すぐにバッテリーが無くなってしまうと、飛ばしていても楽しくありませんし、空撮や測量も正しくできません。飛行時間が長いメリットを知り、ドローンを楽しみましょう。

飛ばして遊ぶには楽しい

飛行時間が長いと集中してドローンを飛ばせるので、その分楽しむことができます。しかし、外でドローンを飛ばすとなると、許可申請などのルールが存在します。私有地や市街地では許可が必要だし、その他でもドローンを他ばせない場所もあります。

しかし、小型のドローンもたくさんあり、室内や練習なら長い時間飛ばせる小型の方が楽しく、室内なら許可も必要なく、天気にも左右されないので、遊ぶのには楽しいです。

空撮や測量はしっかりできる

ドローンは空撮や測量にも活用されています。ドローンを利用して測量をすると大体3~4ヘクタールを撮るのに、1時間も要さないので活用されることが多くなっています。

 

今までは、測量機器を使い、地形などをデータ化し設計図に起こさなければ、工事に取り掛かるのも数日かかっていたので、ドローンを利用することによって、短縮でき工事も早く進んでいきます。また、空撮する場合にも、バッテリーが長いと数テイク撮る余裕ができるので、撮影時間も短縮できます。

事故を回避できる

飛行時間が短いドローンだと着地の際の時間、余裕がないので誘導する時間を中々取れなかったりします。そうすると飛行中にバッテリーが切れてします恐れがあるから危ないのです。

 

飛行時間に余裕をもっていないと、数万円するドローンが落下し壊れてしまうだけでなく、墜落して他人に迷惑をかけることにもなり、飛行時間が長いものだとゆっくりとできるからリスクが減ることになります。

【参照URL】https://drone-school-navi.com/news/%E3%83%89%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%8C%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%81%AE%E5%A2%9C%E8%90%BD%E4%BA%8B%E6%95%85%E4%BB%B6%E6%95%B0%E3%81%AF%EF%BC%9F%E4%BA%8B%E6%95%85%E5%8E%9F%E5%9B%A0%E3%82%92%E6%8E%A2/

飛行時間が長いデメリットは集中力を保つのが難しいこと

飛行時間は長いほうがメリットも多く便利なことが多いのですが、デメリットもでてきます。飛行時間が長くなると、そのぶん集中して操作しなくてはいけません。長い時間集中できないと操作ミスや外で障害物にぶつかるリスクも高くなるのです。

 

特に風が強い日には、安定して操作することは難しく、集中力が必要です。ドローンの操作が慣れていない場合には注意してください。

長く飛せる方が得な感じがするがリスクも増える。

ドローンの飛行時間はバッテリーの容量や運転技術によって大きく変わっていきます。長く飛ばせるほうが、写真や動画を多く撮影できるし、バッテリーを変えて、何度も飛ばすことをしなくても良いのがメリットです。
しかし、長く飛ばせることによるリスクも充分に理解しておきましょう。また、ドローンの操縦になれてない人は集中力が必要です。特に風の強い日には、無理なくドローンを楽しむようにしましょう。

category

記事カテゴリー