可変式ダンベルでトレーニングしたい。選び方やおすすめとは?

可変式ダンベルでトレーニングしたい。選び方やおすすめとは?

TRAINING 2018.10.19

Share :

可変式ダンベルでトレーニングしよう

エクササイズや筋トレで必要になってくるダンベル。重量が決められている固定式のタイプと、重量が変えられる可変式のタイプに分類されます。可変式のタイプは、もともと複数種類のプレートがセットになっているため、経済的にもメリットがあります。

 

また、自宅などの限られたスペースで行う場合は、可変式のタイプがおすすめになります。場所とお金の無駄を省く省エネダンベルでトレーニングしてみましょう。
ダンベルトレーニング

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

固定式ダンベルと可変式ダンベル

固定式ダンベルは重量が変えられないタイプ、可変式ダンベルは重量が変えられるタイプという違いがあります。また、それぞれには、固定式はジム向き、可変式は自宅でのトレーニング向きといった特徴が挙げられます。

 

固定式ダンベルはジムなどで使用することが一般的なように、さまざまな種類のダンベルを用意しなければならないことから、初期費用がかさんでしまうという欠点もあります。一方、可変式ダンベルは筋トレメニューによっては途中で何度かウエイトを調整しなければならないという欠点もあります。

可変式ダンベルの種類と選び方

可変式ダンベルと一言でいっても、さまざまな種類があります。どのような種類があるのか確認し、自分にぴったりのダンベルを選ぶようにしましょう。

コスパ重視ならスピンロックダンベル

スピンロックダンベルとはバーベルのようにウェートプレートをシャフトにつけて使うタイプのダンベルのことです。最近では最も一般的に利用されているダンベルで、扱いも簡単ではありますが、重いプレートを使って筋トレする際は、しっかり固定されているか確認しながら進めていくことが必要です。

 

バーのサイズもさまざまで、バーのサイズによって、ダンベルの総重量が変わってくるのであらかじめチェックしておくことがおすすめです。素材にも色々なものがあり、中でも鉄製やゴム製のものはコスパ重視の人におすすめですが、それぞれにメリット、デメリットがあるので事前に確認するようにしましょう。

簡単に重量変更ができるダイヤル式

ダイヤル式のダンベルは、ダンベルの端についているダイヤルで一気に重量を変更することが可能です。簡単に重量変更ができ、スペースも取らないことがメリットといえるでしょう。
ただし、グリップが太いものが多く、手が小さい人や握力が弱い人にとっては、筋トレメニューにも影響が出てくる部分なので、店頭などでしっかり確認することがおすすめです。また、ダイヤル部分が壊れやすい傾向があります。このようなデメリットも踏まえて検討するとよいでしょう。

おすすめのスピンロックダンベル

プレートを付け替えて使用するスピンロックダンベルにはどのようなものがあるのでしょうか。比較的購入しやすい価格帯のおすすめダンベルをチェックしておきましょう。

IROTEC ラバー ダンベル


プレートの外周をラバーで覆っているタイプなので、床や壁を傷付けにくいという特徴があります。最大の総重量は60kgまで可能。片手5kg、7.5kg、10kg、12.5kg、15kg、20kgなどと、レベルに合わせた調整が可能になります。

F.R.JAPAN ダンベル ラバータイプ


ラバーでプレートの外周を覆っているので、プレート同士の衝撃や音も緩和してくれます。さらに、プレートを交換するときの滑りも予防してくれるので、誤って落としてしまう心配も少なく、安心して使用することができます。

リーディングエッジ アーミーダンベル 20kg × 2個 セット


ダンベルの外枠に強度の高いポリエチレンを採用しており、サビの心配がありません。鉄やラバーのように特有の臭いもなく、使いやすいです。冬でもグリップが冷たくなりにくいので、一年を通して快適にトレーニングすることが可能。プレートは転がりにくい立体設計になっています。

ワイルドフィット ダンベルセット


プレートの外周をラバーで覆っている仕様になりますが、使用するプレートに自分でラバーを装着させて使用します。冬などの寒い時期は、ラバーが固くなっていることが多いので、部屋の温度でしっかりと温めてから使用することがおすすめ。鉄の素材を用いたダンベルになります。
ダンベル

おすすめのダイヤル式ダンベル

ダイヤルで重要を変化することができるダイヤル式ダンベルにはどのようなものがあるのでしょうか。それぞれの特徴をしっかりと理解して、自分に合うダンベルを探してみましょう。

Bowflex アジャスタブルダンベル552


重量の負荷は2kgから最大24kgまで15段階で調節可能なので、初心者からベテランまで、自分に合ったトレーニングをすることができます。見た目には重厚感のあるダンベルですが、コンパクトな設計なので、置き場所にも困らず使用することができるでしょう。

NIHOLI 40Kg可変ダンベル


重量の切り替えがワンタッチでできるので、スムーズに重量変更することができます。重量は5kgから最大40kgまで17段階で変更が可能。マットブラックな男前な印象を与える見た目の魅力だけでなく、置き場所にもスペースを取らないので、快適にトレーニングをすることができます。

ワイルドフィット アジャスタブルダンベル


ダイヤルを回すだけで2.5kgから最大24kgまで15段階で重量を変えられます。プレートが樹脂コーティングされているので、錆びにくいという特徴があります。複数種類のダンベルを揃えなくても、体力に合った重量に引き上げるだけで、トレーニングすることができます。

MRGアジャスタブルダンベルセット


2.5kgから最大24kgまで15段階で調整可能。たった5秒で重量を変えることができる点も魅力の一つです。重量はポンドの数値ではなく、キログラムに変換されて表示されているので、ひと目見ただけで重量の確認をすることができます。

自分にぴったりのダンベルでトレーニングしよう

自宅で空いた時間に手軽にトレーニングしたいという人はとても多いです。さまざまなトレーニングをすることも可能なダンベルがおすすめです。省スペース設計のものや、壁や床を傷付けない仕様など、それぞれに特徴があります。自分に合うダンベルでトレーニングをし、今よりもメリハリのあるボディを手に入れましょう。

category

記事カテゴリー