【FXのレバレッジ】を徹底解説。仕組みを理解してFXを始めよう

【FXのレバレッジ】を徹底解説。仕組みを理解してFXを始めよう

BUSINESS 2018.10.23

Share :

FXを始めるならまず知っておくべきレバレッジ

FXのレバレッジとは、元手の資金(必要証拠金)を担保にして、何倍もの金額にして通貨の取引をおこなうことです。

例えば、10万円の資金(必要証拠金) であればレバレッジなし(1倍)だと10万円分の取引になりますが、25倍のレバレッジをかけると、取引できる金額が250万円となります。レバレッジをかけると、元手の資金(必要証拠金)のなん倍もの金額を取引できるようになります。

レバレッジの仕組み

レバレッジの仕組みについて、実例などをふまえて詳しく解説していきます。また、ロスカットについても解説していきます。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

少ない資金で投資ができるレバレッジ

レバレッジとは、はじめに取引会社に自分のお金を証拠金として預け入れることで、証拠金をなん倍にも膨らませて取引できることをいいます。

日本国内であれば、レバレッジの最大は25倍までと決まっております。海外には制限がないので数百倍~数千倍のところまであります。
レバレッジをかけると、利益や損失もその分大きくなります少ない資金(証拠金)で何倍もの為替を売り買いできるのがレバレッジの魅力になります。

レバレッジの倍率とロスカット

レバレッジの倍率は、数倍から数千倍まで様々あります。日本国内業者の場合は、あらかじめ25倍に設定されているところが大多数です。

ロスカットというのは、自分の思惑とは逆行して損をしていて、FX会社が定めるロスカットの基準が証拠金維持率以下となった場合(証拠金が足りないと判断されたら)、全ての保有ポジションを自動的に強制決済されることです。各FX会社で、ロスカットの基準(証拠金維持率なん%以下か)が違うので、事前に確認することをオススメします。

レバレッジを上手に活用するために

レバレッジを理解して、ロスカットを計算できるようにする。レバレッジを上手に活用できると取引もスムーズにできるようになります。

ハイリスクハイリターンのレバレッジを理解する

レバレッジは、投資家にとっては元手が少なくても取引が行えるので非常に便利です。少ない資金で大きな利益も狙えます。しかしその反面、大きな損失も発生しやすくなります。

例えば、レバレッジが5倍の場合と25倍の場合を比べてみると、1ドル100円を1万通貨買う場合、レバレッジ5倍の場合は20万円の必要証拠金が必要なのに対して、レバレッジ25倍の場合は4万円の必要証拠金だけで同じ量の取引ができることになります。

レバレッジを25倍の方が少ない証拠金で大きい勝負ができているのですが、余裕資金がないとすぐにロスカットされたりするので注意が必要です。

ロスカットを計算して考える

口座の余裕資金次第では、レバレッジを使うとロスカットされにくくなることもあります。例えば、口座資金が5万円だとして、ドル円をレバレッジ25倍で1ドル100円で1万通貨買うとします。そうすると、必要証拠金は4万円となります。

この時、余裕資金は1万円になります。つまり、買ってから自分の予想が外れて1万円分損すると、証拠金維持率が100%を下回ってくるので強制ロスカットの対象になります。(会社によって違いますが、証拠金維持率がだいたい20%~100%で強制ロスカットになります。)

こうならないためにも、口座の余裕資金というのが大切になります。口座資金を5万円ではなく、例えば10万にしておけば、必要証拠金4万円で余裕資金は6万円になります。余裕資金が6万円の場合は、6万円分を損しない限りはロスカットをされずに済むということになります。

低リスクから始めるおすすめのレバレッジの設定

レバレッジに慣れていない場合は、まずは低いレバレッジから練習していくことがオススメです。また、高いレバレッジにする場合も通貨単位を少なくしてリスクを減らすことをオススメします。

初心者がいきなり高レバレッジは危険

FXを始めて、陥りがちなパターンとして、レバレッジの倍率をあげて一発勝負をし、大儲けしようとして大きく負けるというのがあります。資金が少ない時こそ、ローリスクでハイリターンを狙う気持ちは分かるのですが、逆に一気にお金を減らすと、次のチャンスがきてもポジションさえ持つことができない状態になってしまいます。

また、高レバレッジで取引をしていると、資金の動きが大きく、冷静な判断力を失ってしまうことが多々あります。冷静な判断力を失ってしまってる時こそ本当に危険です。なかなか損切りできなかったり、利益は伸ばせないまま少し利益が減るとすぐ決済してしまったりします。(これをプロスペクト理論といいます。)資金が大きくなりすぎると、ギャンブル的な要素も強くなります。

低い倍率から練習して知識を身に着けよう

FXは、初めてやる方には、分からないことだらけだと思います。自分も初めての時は分からない事ばかりでした。まずやるべきことは、実際に取引してみるということです。色々な用語や、知識を書面やwebサイトで学ぶのも大切ですが、実践して分かっていくのが一番手っ取り早かったことを覚えています。

そこでオススメするがまずはデモトレードといって、本番と同じように取引をすることです。お金はかかってないので、損失することなく、色々学べます。そこである程度慣れてきたら、低い倍率から本番のトレードをしていくのがオススメです。

高い倍率の練習は1,000通貨単位を利用してみよう

FXは、基本的には1万通貨以上から取引できる業者が多いですが、なかには1,000通貨から取引できる業者もあります。高い倍率で練習する場合は、1,000通貨単位からできる業者を利用するとよいです。1,000通貨単位からできるメリットとしては、少ない資金で取り引きが可能ということです。

また、為替相場が例えば1円動いても、1,000通貨であれば1,000円の損益になるので、自分の資産の動く幅も少なくて負けたとしても大きく減らさずに済みます。(逆に大きくも勝てない。)ちなみに、10,000通貨であれば1円動くと10,000円の損益になります。

初心者にもおすすめのレバレッジ1倍設定

レバレッジ1倍という設定があります。1倍レバレッジならではのメリットを紹介していきます。

1倍レバレッジでも利益を上げることができる

1倍のレバレッジとは、全額自分の資産で保有している状態です。つまり、ドル円なら買いで持ち続けていると、スワップポイントが半永久的にもらえます。スワップポイントとは、金利の異なる通貨を取引・保有した際に発生する金利差相当額の事です。

一般的に、金利の安い通貨で金利の高い通貨を買うと、投資家はスワップポイントを受け取れますが、逆に金利の高い通貨で金利の低い通貨を買うと、金利差はマイナスとなり、スワップポイントを支払う事になります。

1倍レバレッジでじっくり取引しながら経験を積もう

1倍レバレッジは、すべて自分の資産で取引をしているので、取り返しのつかない損失が出る可能性はほぼないので、じっくりと取引していきましょう。

ロスカットのリスクが圧倒的に少ないので、相場をゆっくりと眺めて、取引できると思います。1倍レバレッジで経験を積んでいきましょう。1倍レバレッジであれば、資金的にも余裕のあるトレードになります。
疲れとストレス

おすすめのFX会社

オススメのFX会社を紹介していきます。人気が高く、大手で信頼度の高い会社をピックアップしました。各会社の特徴も紹介しています。

DMM FX

DMM FXは、スプレッド(取引時にかかる手数料のこと)が業界最狭水準であり、取引ツールも非常に使いやすいです。私もいろいろな業者の取引ツールを使っていますが、DMM FXの取引ツールが一番分かりやすくて使いやすいです。

また、手数料はすべて無料です。サポート体制も整っており、平日24時間電話、メール、LINEで対応しています。

GMOクリック証券

GMOクリック証券は、業界最狭水準スプレッドで、各種手数料0円です。また取引ツールも使いやすいです。

また、高水準のスワップポイントも魅力の一つで、他社と比較してもスワップポイントが高いので、スワップポイント狙いの投資をする方、長期的に保有する方はこちらがオススメとなります。

外為どっとコム

外為どっとコムは、1,000通貨単位から取引できます。また、約定スピードも早いのも売りです。

業界最狭水準のスプレッドで、使いやすさを追求した取引ツールとなってます。1,000通貨から取引できるのは、初心者にとってはオススメの材料になります。

ヒロセ通商

ヒロセ通商は、珍しくスキャルピングを公認しております。スキャルピングとは、ポジション保有時間が非常に短く、すぐに決済して少しずつ利益を出していく方法です。

これは、他社では非公認の場合が多く、スキャルピングを続けると注意を受けたり口座が凍結される恐れがあります。また、ヒロセ通商では1,000通貨から取引ができて、各種手数料も無料で、スプレッドも業界最狭水準なので安心して取引できます。毎月おこなうキャンペーンも魅力です。

YJFX!

YJFX!は、ヤフーグループなので信頼が大きいです。

また、スプレッドも業界最狭水準で各種手数料も無料です。1,000通貨から取引できることも魅力の一つです。通貨ペアも22種類と豊富なので、取引しやすい環境が揃っています。

海外のFXではさらにたかいレバレッジ倍率

海外のFXでは、日本国内のようにレバレッジ25倍の規制などはないので、さらに高いレバレッジ倍率となります。オススメの海外FX業者も紹介していきます。

海外のFXでは最大3,000倍も

日本国内だとレバレッジ25倍が上限と決められていますが、海外のFXでは法律的規制がないためレバレッジの上限がありません。

そのため、レバレッジ3,000倍などがあり、少ない資金で大儲けを狙えます。その分、すぐに資金が尽きる可能性もありますが、リスクが高いと思われがちのハイレバレッジも、計画的な資金管理とリスクの許容さえしっかりしていれば、一発大逆転が狙えるシステムになります。

おすすめの海外FX

オススメの海外FX業者を紹介します。レバレッジも高く、大手で使いやすい業者をまとめました。

XM(エックスエム)

XMは、スプレッドはドル円で1~2pips程度と国内業者より高いですが、その分、入金ボーナスやポイントが充実していて入出金手数料も無料です。また、日本人によるサポートもありますので、わからないことがあってもしっかりと対応してくれます。

ボーナス分は、現金として出金することはできませんが、トレードで得た利益分は出金することができます。ボーナスやポイントで証拠金を増やせるのは、国内口座ではないので嬉しい特典となります。また、レバレッジ最大888倍と高いため少ない資金で大きな取引ができるのも魅力です。

日本人の口座数もトップですので、海外口座を開くならまずはXMをオススメします。ゼロカットを採用しているので、万が一大きな損失を受けて口座がマイナスになったとしても、追証(追加でお金を払うこと)はありません。

FBS

FBSは、最大レバレッジ3,000倍と非常に高いレバレッジで取引できるのが魅力です。ドル円が100円だとして、10万通貨持つ場合、レバレッジ1倍だと証拠金が1,000万円必要なのに対し、レバレッジ25倍だと40万円、レバレッジ3,000倍だと3,333円で済みます。

日本の口座だと最低40万円必要な時も、FBSであれば3,333円あれば取引できるので大きな勝負ができます。また、ゼロカットを採用しています。ゼロカットとは、例え大きくかけて負けて口座の資金がマイナスになったとしても追証(追加でお金を払うこと)がないシステムのことです。

TitanFX

TitanFXは、海外口座の中ではスプレッドか狭いです。その分トレードをしやすくなります。レバレッジは最大500倍で追証なしのゼロカットを採用しています。

また、NDD方式を採用しているため、不利な約定などもなく、リクオートもないので確実に約定できます。ただし、入金ボーナスなどは一切ないため、海外口座にボーナス系を期待している方にはあまりオススメはできません。

AXIORY

AXIORYは、最大レバレッジ400倍で追証なしです。また、日本語対応サポートがあるため、日本人も使いやすい海外FX業者の一つになります。AXIORYでは顧客に安心してトレードをしてもらうための環境作りに力を入れています。

提携しているリクイディティプロバイダーや約定率(リクオート率)、約定スピードなどの情報を公式HP上にて公開しています。情報開示性が高くて信頼できます。

レバレッジ10倍規制について

金融庁で日本国内のレバレッジが10倍に規制されるという報道がありました。今後いつレバレッジが規制されるかは分かりませんが、今回の件についてまとめてみたいと思います。

レバレッジを規制していく流れについて

今、日本のレバレッジは25倍が上限とされていますが、金融庁でレバレッジ上限10倍を検討していることがわかりました。外国為替相場が急変動した際に、個人投資家や金融機関が想定を超える損失を抱えるリスクが高まっていると判断して、規制見直しで日本発の市場混乱を防ぐためだそうです。

また金融庁は、これまで蓄積された国民の貯蓄(資産)を安定的に増大させることが重要で、家計における長期・積立・分散投資の促進が基本方針として掲げています。そのために、リスクのあるレバレッジを下げる方向で議論しているとのことでした。

10倍規制は見送りに

レバレッジ10倍規制は見送りの報道がありました。金融庁が正式に発表があったわけでありませんが、投資家らの反対もあり見送りになったようです。

レバレッジ規制をすることで、海外口座に顧客が流れたり、必要証拠金が大きくなるだけで顧客保護にはあまりならないとの見解もあります。レバレッジ規制ではなく、海外口座のようにゼロカット(追証なし)にしてもらいたいです。

リスク管理をしっかり行いFXを始めてみよう

日本国内の業者や海外業者の違いや、レバレッジの違いを見てきましたが、一番大切なのはリスク管理をしっかりとおこなうことです。リスク管理ができていないと、どの業者を使っても、レバレッジがなん倍でも資産が尽きてしまう可能性があります。

許容できる損失を理解して、しっかりとトレードすることをオススメします。許容できる範囲であれば、FXはとても素晴らしい投資になると思います。ぜひこの機会にFXを始めてみませんか。

category

記事カテゴリー