レイコップとダイソンの比較。それぞれの布団クリーナーの特徴を公開

レイコップとダイソンの比較。それぞれの布団クリーナーの特徴を公開

LIFE STYLE 2018.10.10

Share :

レイコップかダイソンかどちらが良いか

布団クリーナーを選ぶ際、メーカーは気になるポイント。代表的な企業として、レイコップとダイソンがありますが、どちらの布団クリーナーがおすすめなのでしょうか。

購入を検討している人は迷うところですね。そこでここでは、それぞれの布団クリーナーの特徴や、おすすめの布団クリーナーについて詳しくみていきます。

レイコップの布団クリーナーの特徴

まずは、レイコップの布団クリーナーについて取り上げていきます。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

レイコップは韓国メーカーであり、日本に布団をクリーニングする習慣を広めました。光クリーンメカニズムを搭載しており、「パワフルたたき」とい機能でハウスダスト対策に。こうした特徴について詳しく解説します。

レイコップという企業

レイコップは韓国メーカーです。代表取締役は医師であり、呼吸器のアレルギー予防から、布団クリーナーを発明することになりました。布団を清潔な状態に保てるクリーナーだけではなく、快適な睡眠を目指せる「ふとんコンディショナー」もリリースしています。国内家電量販店にて、2013年〜2016年の数量シェアナンバーワンという確かな実績もあります。
【参照リンク:https://www.raycop.co.jp/company/profile/?】

光クリーンという機能

レイコップには、光クリーンという機能が備わっています。クリーナーの底にUVランプがついており、これがウィルスや菌に効果的。UV除菌やウイルス除去は、99.9%という数値です。
【参照リンク:https://www.raycop.co.jp/brand/?】

パワフルたたきという機能

パワフルたたきという機能は、ハウスダストをしっかりとたたき出すことができます。

それに吸引を組み合わせることで、除去効果が高まるでしょう。吸引の機能性も高く、布団に吸いつくようなことはありません。光クリーンやパワフルたたきなどの機能により、布団を清潔な状態に保つことができます。

レイコップのおすすめの布団クリーナー

レイコップのおすすめの布団クリーナーについてみていきましょう。

最軽量タイプや最高級モデルなど、幅広いラインナップがあり、ぜひ購入を検討してみてください。

RAYCOP RN

「RAYCOP RN(レイコップ アールエヌ)」は、レイコップシリーズの中で、もっともコンパクトなサイズです。布団についた髪の毛などをしっかりと吸い込むフィンパンチブラシという機能を備え、吸引幅やたたき回数も拡大。軽さや持ちやすさも特徴です。
【参照リンク:https://www.raycop.co.jp/product/rn/?】

RAYCOP RS2

「RAYCOP RS2(レイコップ アールエスツー)」は、羽毛布団モード・掛け布団モード・敷き布団モードと布団に合わせてケアできる「ふとんケアコントロール」という機能を搭載。電源コードを内臓でき、コンパクトに収納できます。
【参照リンク:https://www.raycop.co.jp/product/rs2/?】

RAYCOP RX

「RAYCOP RX(レイコップ アールエックス)」は、はじめて脱臭できる「まくらモード」を搭載しているモデルです。レイコップの中でもっとも高値で高機能。コードレスであり、さまざまなモードで布団の種類や状況にあわせて、しっかりとクリーニングできます。
【参照リンク:https://www.raycop.co.jp/product/rx/?】

ダイソンの布団クリーナーの特徴

ダイソンの布団クリーナーもみていきましょう。ダイソンは、掃除機やロボット掃除機を製造しているメーカーとして大変知名度の高い会社です。

布団クリーナーは、吸引力などに優れています。具体的にダイソンの布団クリーナーについてまとめていきましょう。

ダイソンという企業

イギリス生れのダイソンは、サイクロン式掃除機でおなじみのメーカーです。手掛けている製品は、掃除機、ロボット掃除機、空調家電、加湿器、ヘアドライヤー、照明など幅広く、67カ国で販売されています。科学者やエンジニアによるアイデアや研究を積み重ね、より便利な掃除機器をリリースし続けています。
【参照リンク:https://www.dyson.co.jp/community/about-dyson.aspx?】

高い吸引力

ダイソンの掃除機と言えば、高い吸引力で知られています。人の皮膚やダニなどの吸引できるパワーがあり、しかも、コードレスで扱いやすいのも特徴といえるでしょう。

専用ツールである「フトンツール」を用いることで、布団のホコリや毛玉などを除去することも可能です。

アレルゲンを強力に吸い込む力に優れている

ダニの死骸やフンなどのアレルゲンを吸い込む力があるのは、ダイソンです。

ダイソンでは、ダニの研究所でアレルゲンの吸収レストなどを行っています。レイコップのように未然にダニを防ぐものではありませんが、強力な吸引力が自慢です。

ダイソンのおすすめの布団クリーナー

ダイソンの布団クリーナーは、ハウスダストまでをも除去する「Dyson V7 Mattress」があります。布団以外にも使用できる「Dyson V7 Triggerpro」もおすすめ。それぞれについて詳しくみてみましょう。

Dyson V7 Mattress

「Dyson V7 Mattress」は強力な吸引力があるだけなく、V6シリーズと比較すれば運転音が減り、ハウスダストなどを空気から分離させることができます。使用できる時間は、約30分。その間も吸引力は同一です。「フトンツール」「ミニ ソフトブラシ」「延長ホース」など嬉しい付属品あり。
【参照リンク:https://www.dyson.co.jp/dyson-vacuums/handheld/dyson-v7/dyson-v7-mattress.aspx?】

Dyson V7 Triggerpro

「Dyson V7 Triggerpro」は、布団クリーナーとして活用できるだけなく、車内清掃もできるアイテムです。「カーチャージャー」がセットになっており、車で充電することが可能。運転音も静寂であり、ゴミ捨ても簡単にできます。「Dyson V7 Mattress」と同一の、本体質量1.76kg、充電時間約3.5時間、サイズ144mm x 404mm x 206mmです。
【参照リンク:https://www.dyson.co.jp/dyson-vacuums/handheld/dyson-v7/dyson-v7-triggerpro.aspx?】

レイコップかダイソンかはそれぞれ特徴が違うので目的に合った方を選ぼう

布団クリーナーを販売しているメーカーと言えば、レイコップとダイソン。レイコップは韓国の会社であり、UV除菌やウイルス除去の光クリーンという機能や、ハウスダスト吸引のパワフルたたきという機能を備えていることが特徴です。

ダイソンはイギリスの企業であり、高い吸引力や使いやすさに特徴があります。
それぞれのメーカーの布団クリーナーは、異なる機能性を備えているため、除菌であればレイコップ、吸引ならばダイソンと使い分けることが望ましいでしょう。

また、クリーナーによって、機能性が異なり、安値であればコンパクトサイズに、高値であれば、さまざまシーンで活用することも可能です。毎日使う布団を清潔な状態にしておくために、ぜひ布団クリーナーを使用してみましょう。

category

記事カテゴリー