電動ロードバイクとはどんなものか|その特徴と魅力・値段を知ろう

電動ロードバイクとはどんなものか|その特徴と魅力・値段を知ろう

CYCLING 2018.12.03

Share :

電動ロードバイクの補助で仲間と走りを楽しめる

ロードバイクを若いときに楽しんでいた人も、年を重ねると体力が衰えてきて諦めてしまうこともあります。

仲間は楽しんで走っているのに、それを黙って見ているだけなのはとてもツライものです。電動ロードバイクは走りを補助してくれますので、体力など必要ないしもちろん年齢も関係なく、ロードバイクを楽しむことができます。

電動ロードバイクは、ロードバイクのように自転車ライフを楽しむことができるのでしょうか。電動自転車について詳しくみていきます。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

電動のロードバイクの特徴

ロードバイクに電動式のものがあります。最高時速も法律で決められているので、街中を走っても危険性は低くなっています。

電動のモーターとバッテリーを搭載

ロードバイクはeバイクと言われるスポーツ電動アシスト自転車で、走りを補助してくれます。eバイクは体力に自信がない人に適した乗り物。年齢的にサイクリングがきつくなっている人や、元々体力がない人でも急で大変な坂道も楽に上れます。

また、通勤の際にも汗をかくこともなくこぐことができます。電車通勤をしている人は、缶詰状態の満員電車から解放され通勤のストレスがなくなります。風をきって走るので、爽快な気分を味わうことができますね。

日本では時速24キロまでしか電動アシストがきかない

日本の法律では24キロまでしか電動アシストの補助ができないので危険性は低いです。電動アシスト自転車は道路交通法で「人の力を補うため原動機を用いる自転車」または「駆除補助機付自転車」と定められています。

この場合、一般的な自転車扱いですので、運転免許証の携帯やヘルメットの着用などは不要です。

道路交通法では「時速10km〜24kmまでは、その比率を速度に応じて徐々に下げ、時速24kmを超えるとアシスト率はゼロになる」といった項目があります。この規定に従うと、電動のアシストは24kmを超えると効かないということが言えますので、漕いでいるペダルが重くなります。

電動ロードバイクは大会では使えない

電動ロードバイクは大会などに使えないので、レース出場も考えてる人は注意が必要です。もしレースに出場してしまうと、機材ドーピングの疑惑をかけられ検査をされます。電動が見つかると厳しいペナルティが待っていて、罰金としばらくレースの出場停止の処分になるかもしれません。

ロードバイクの大会では出場する人たちは、体力作りなどの努力をしてきた人ばかりです。電動で楽して力強い走りを見せて、優勝しても意味がありません。電動ロードバイクはレースではなく、普段乗りを楽しむためにあるのです。

電動ロードバイクの魅力

電動ロードバイクで、ロードバイクのいいところを味わえます。体力に自信がない人でも、気軽に楽しめて運動ができます。

ヒルクライムが特に楽

電動ロードバイクを使ってヒルクライムをすると、背中を押してもらって補助してもらっているような感覚になります。坂の途中で止まって発進しても力をそれほど入れなくても登ることができます。ロードバイクのときには息切れる坂道でも、息切れすることなく登れます。

しかし、電動ロードバイクはヒルクライム向けに作られたものではありませんので、登りの途中でバッテリーが切れる可能性があります。バッテリーの予備を持って行くことがオススメです。

始めの加速をアシストしてくれる

自転車で一番力を使う発進からある程度のスピードに乗るところまでをアシストしてくれます。街乗りでも余裕ができて、危険な運転もしにくくなります。さらに、時速24km以上のスピードを出すとアシストがゼロになります。

このことで、スピードを出し過ぎず走ることが可能となり、街乗りも快適にできます。また、足の筋肉にあまり負荷がかからず有酸素運動ができることから、足の関節などを痛めている人でも楽しく運動することができます。

ロードバイクの一番気持ちいい所を楽に味わえる

ロードバイクはスイスイ進んで風を切って走ることが気持ちがいい乗り物です。そのスピードに乗ってからの気持ちいい所を楽に味わえるのが、電動ロードバイクの魅力です。さらにロードバイクに装備されているドロップハンドルも採用されていて手を置く位置をいろいろ変えられます。

このことから、疲れを感じる前に姿勢を変えることができ、体にかかる負担が減ります。ロードバイクは体力がいりますが、体力に自信がなくても遠くまでスピードを出して走ることができます。

電動化自転車の値段

普通の自転車であれば10,000円〜20,000円で売っていますが、電動ロードバイクは18万円〜30万円程度です。これはママチャリタイプよりもより高価なものです。同額の金額を出すのであれば、原付バイクを購入することが可能になりますね。

電動ロードバイクが高い理由は、アシスト機能のあるモーター部分とそれを動かすバッテリーにあります。安全に使うためのさまざまな機能がついているのです。

さらに、電動アシストはただモーターをつけただけというよりも、強度も安全性などもきちんと考慮されて作られていますので、車体の品質もよいものが多いのです。

電動自転車に乗るべき人

体力が衰えてきたり、女性みたいに足の力が弱い人に適している乗り物が電動ロードバイクといえます。

体の衰えを感じている40代以上の男性

若いときにロードバイクにハマっていた人も、年を重ねると体の衰えを感じたり、足に痛みが出てきてペダルを漕ぐのが大変になってくることがあります。

電動ロードバイクは、しんどい部分を補助してもらってもう一度、ロードバイクの気持ちよさを感じられます。
電動ロードバイクは、年齢や体力を理由に諦めていた人ももう一度サイクルライフが身近なものになります。

さらに、運動不足で悩んでいる人も汗をかくことなく走ることができるので、通勤の時に電動ロードバイクを使うことで運動不足が解消されます。

男性と一緒にライドしたい女性

趣味がロードバイクを乗っている男性のペアである女性は体力に自信がないことなどの理由で、同じ趣味を楽しむことを諦めてしまうことがあります。電動ロードバイクは夫婦やカップルなど、脚力差がある男性ともペースを合わせて走れます。

ロードバイクに憧れていた女性も、簡単に乗ることができますので、彼氏と一緒に自転車デートも可能。休日に今までは別行動をしていた夫婦も、天気がいい日には一緒に遠くまで行くことができます。

また、一緒に運動することもできますので、夫婦の会話も増えいいことだらけなのではないでしょうか。

男女問わずに一緒に走れて楽しさが広がる

ロードバイクは漕ぎ始めの時に力がいり、また体力がないと遠くまで走ることができません。ロードバイクを乗っている人の多くは男性で、女性は力が必要とするロードバイクを諦めることが多くあったことでしょう。

しかし、電動ロードバイクは漕ぎ始めも力がいらずスピードが出ますので、今まで諦めていた女性も気軽にロードバイクを楽しむことができます。自転車で遠くの景色を楽しむことができ、新しい世界が広がりますね。また風をきって走ることでストレスの発散にもなります。

さらに、夫婦で趣味を見つけたいときにも、年齢に関係なくさまざまな場所へ出かけることができます。趣味としてだけではなく、よい運動にもなりお互いの健康を保つことができます。

また会話も広がりカメラも持って行くと、さらに趣味が広がりますね。自転車の魅力をまだ実感していないという人は、ぜひ自転車ライフの世界へ飛び込んでみてはいかがでしょうか。

category

記事カテゴリー