ロードバイク向けのパンツ選び|パッド入りパンツおすすめ4選

ロードバイク向けのパンツ選び|パッド入りパンツおすすめ4選

CYCLING 2018.11.18

Share :

ロードバイクでどんなパンツをはけばいいのか分からない

ロードバイクを始めたいけど、カッコイイ男は外見もスタイリッシュに決めたい。ロードバイク向けのパンツには、どんなパンツを選べばよいのでしょう。ここではパンツの選び方や、おすすめの商品など解説していきましょう。

ロードバイク向けのパンツの選び方

ロードバイク向けのパンツの特徴として、どのような点を気を付けて選ぶことがよいのでしょうか。選ぶ際に気を付けたいポイントやタイプなど、パンツの選び方を解説します。

下半身のフィット感で選ぶ

ロードバイク向けウエアは、走行中の衣類のバタつきによる空気抵抗を抑えるため、身体にフィットしてキツク作られているものが多くなります。日常に選ぶサイズより少しだけキツイと感じるものがベストといえます。

普段着のサイズで選ぶと緩い場合が多くなるので、試着した時の太もも周りやヒップのサイズで決めることがよいとされています。また、ロードバイクに乗って漕いでいる身体の形で裁断されているものが多いので、試着する時かなりキツク感じでも、実際ロードバイクに乗ったら丁度よかったという場合もあります。

パッドが入っているタイプを選ぶ

ロードバイクに向けウェアのお尻の部分には、パッドやゲルが封入されているものがあります。パットが入っていることで長時間の自転車走行時でも、お尻が痛くなることを軽減する作用があり、初心者はパッド入りのレーサーパンツを選びましょう。

まだロードバイクに慣れない初心者の場合、バイクの漕ぐ姿勢が確立されないため、長時間の走行中に地面からくる振動の衝撃が蓄積されて、お尻の筋肉や太ももの筋肉に支障をきたす場合もあります。初めてのロードバイク向けウェア選びは、お尻にパッドやゲルが入っているものを選びましょう。

おすすめのロードバイク向けのパンツ

ここでは、ロードバイク向けのおすすめウエアをご紹介しましょう。カジュアルなデザインであり、お尻にパッドやゲルが入っているタイプのものを厳選してみました。

PEARL IZUMI 2483D サイクルクロップドパンツ


1950年に創業した日本のサイクルウエアブランドPEARL IZUMIの「2483Dサイクルクロップドパンツ」は、バイクウェア初心者が一番気になる、太もも周りのフィット感のあるシルエットが出にくく、少しゆったりしたデザインの七分丈パンツです。

本格3Dネオパッド入りで、長時間走行から街乗りまで可能です。動きやすいストレッチ素材と高い吸汗速乾性で、いつもサラサラして気持ちよい気心地が実現します。紫外線カットUPF50+で、真夏でも日焼けによる疲労が軽減されます。

Wellcls レーサーパンツ(3Dゲルパッド付き) 春夏用 ロング 自転車 サイクリング サイクルウェア サイクルパンツ


「Wellclsレーサーパンツ」は、履き心地とフィット感にこだわって製造されたレーサーパンツです。伸縮性に優れ、膝までチャックが付いているので脱着もしやすく、お尻部分には、通気性と吸汗性に優れた2.3cmのゲルパッドが使用されているので、走行からくる擦れや痛みを軽減できます。

春夏用に開発された、ロングタイプのレーサーパンツなので、汗を掻いてもサラッと速乾性があり、ネットに入れて自宅で洗濯も可能な商品です。

selling-sports メンズ サイクリングタイツ 3Dゲルパッド付き UVカット 通気性 伸縮性 サイクルパンツ


「selling-sportsサイクリングパンツ」は、通気性に優れているので汗を素早く吸収し、吸収した水分を素早く発散させる効果があります。湿気を溜めることなくいつでもドライ状態に保つので、サラサラとした着心地でおすすめのサイクリングパンツです。

3Dクッションパッド入りで、振動によるお尻にかかる擦れや痛みを軽減させる効果があります。98%のUVカット性能や、反射ストライプ付きのデザインで夜間走行も安全です。

カペルミュール サイクリング サイクルハーフパンツ パッド付


日本のサイクルブランド「カペンミュール」は、ツールデフランデルの難所といわれる石畳の急坂の名前から付けられたオリジナルサイクルウエアです。「サイクルハーフパンツパッド付」は、インナーパンツを履いてその上にアフターパンツを履くという手間を省き、インナーパンツとアフターパンツを合体させた一体型ハーフパンツになります。

イタリア製のサイクル用パッドが採用され、防臭抗菌加工済みで、柔らかく肌触りのよい素材を表面生地に採用し、厚さの異なる高密度パッドで長時間走行の振動からくる負担を軽減し、快適な乗り心地が実現される、初心者にもおすすめのライダーハーフパンツです。

ロードバイク用のインナーパンツについて

ピッタリしたフィット感のロードバイク向けのパンツが恥ずかしいと感じる場合は、インナーパンツを履いて普段着を上から着ることも可能です。そんなロードバイク向けのインナーパンツについて解説しましょう。

サイクルパンツに抵抗がある人におすすめ

サイクルパンツのフィット感が恥ずかしいと感じる初心者の方も少なくありません。そんな場合は、普段履くパンツの中に、インナーパンツを履くことで、見た目は普段着に見えても、ゲルやパッドの付いたインナーパンツでお尻の痛さを軽減できます。

インナーパンツは、寒い時などに履くアンダーウェアのようなものなので、上から普段着を着ても違和感ないのでサイクルバイクに抵抗がある初心者にもおすすめです。

カジュアルな服装でロードバイクを楽しめる

インナーパンツは下着のように使用するタイプでありながら、お尻部分にはパッドやゲルが封入されており、ロードバイクでの走行時も快適なライドを楽しめるようになっています。

インナーパンツを履くことで、その上に普段着ているカジュアルなウエアを着ることができるので、ロードバイク競技のような身体にピッタリフィットした本格的ウエアを着ないで、普段着のカジュアルウエアで走行を楽しむことが可能です。

お気に入りのパンツを見つけてロードバイクを楽しもう

ロードバイクの走行の爽快感は、街乗りでも長距離ライドでも、一度経験したら病みつきになるものがあります。楽しく自分らしくロードバイクを楽しみたいなら、お気に入りのロードバイク向けパンツを見つけて、長時間の走行でも身体に支障をきたすことなく、思いっきりロードバイクを楽しみましょう。

category

記事カテゴリー