ランタンハンガーが便利|使い方などを知ってキャンプを格上げしよう

ランタンハンガーが便利|使い方などを知ってキャンプを格上げしよう

CAMP 2018.11.07

Share :

できれば3本はランタンハンガーを用意したい

キャンプなどのアウトドアでランタンは必要不可欠なアイテムともいえます。ランタンを吊り下げるランタンハンガーは、他のものも吊り下げることができるので、多目的に使用できます。ランタンハンガーの汎用性を知り、ランタンハンガーは3本は用意するようにすることがおすすめです。

なぜランタンスタンドよりランタンハンガーがいいのか

ランタンハンガーとは、ポールに引っかけるだけで簡単にランタンを釣り下げることができるアイテムです。暗くなってからの作業や調理には、あると便利なアイテムですが、ランタンスタンドよりもランタンハンガーがよいとされる理由はどのような点なのでしょうか。

ランタンを倒す心配が少ない

ランタンはアウトドアやキャンプに欠かせないアイテムですが、火を扱うものなので、取り扱いには注意したいところです。子連れキャンプなどでは、ランタンを倒してしまう危険もあり、置いておく場所に困ったこともあるのではないでしょうか。
ランタンハンガーは、ランタンを簡単に吊し、まるで部屋の電気のように明かりを灯すことができます。高い位置にランタンを設置することができるので、引っかけてしまう心配がないだけでなく、雨などで濡れる心配もしなくてすみます。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

軽量でコンパクトで持ち運びやすい

ランタンスタンドと同じような仕様でありながら、軽量でコンパクトになる点は、スタンドよりも勝っています。低価格で手に入れやすいというコストパフォーマンスも魅力の一つといえるでしょう。
アウトドアやキャンプの際には、荷物が多くなりがちです。少しでも荷物は軽量でかつ、コンパクトにしたいものです。必須アイテムのランタンは、スタンドよりも軽量でコンパクトなハンガーがおすすめです。

さまざまな道具を吊るすことができる

ランタンハンガーは、テントやタープに装着し、対極にランタンを吊して使用します。ランタンだけでなく、さまざまな道具を吊すことが可能なので、汎用性の高いアイテムといえるでしょう。調理器具や衣服など、ちょっとしたものを引っかけるときに大活躍してくれます。
吊したランタンの重みで固定される仕組みになっているので、耐荷重性も充分あり、安心して使用できます。手の届く範囲に、使いたいキャンプ道具が置いておくことができるアイテムは重宝できるでしょう。

インテリアのようにおしゃれに使える

ランタンハンガーはDIYして手作りすることも可能です。木でDIYすれば、オブジェのような風合いを演出することもでき、鹿の角のような形で作るとおしゃれ感がアップし、テント室内の調度品といった役割も果たしてくれるでしょう。
凝ったランタンハンガーは、キャンプのときのみに使用するのではもったいないこともあります。市販のもので気に入ったものが見つからない場合は、DIYすることも視野に入れ、他にはないこだわりのランタンハンガーにしてみることもよいでしょう。

ランタンハンガーの使い方

ランタンハンガーの使い方は、キャンプのときにランタンを吊すだけではありません。スタンドよりも高い汎用性を持っていることも人気の理由といえるでしょう。どのような使い方があるのかを知り、キャンプで大活躍させましょう。

当然の使い方であるランタンをかける

ランタンをテーブルなどに置いて使用する場合、手元は明るく照らしてくれますが、テント付近全体を照らしてくれるわけではないので、作業がしにくいという点が懸念点として考えられます。暗くなってきてから調理したり、ご飯を食べたりするときに、全体を明るく照らしたい場合には、ランタンハンガーがおすすめです。

ランタンをハンガーで吊すことで、上から照らすことができ、テント内全体を見やすくしてくれます。ランタンの重みで固定される仕組みになっているので、吊り下げタイプのランタンは、テント内に吊り下げて、部屋の電気のような役割をもたせると使いやすいです。

ドライネットを引っ掛ける

耐荷重性が充分にあるランタンハンガーなので、洗い物などを干しておくことも可能です。食事を楽しんだ後は、洗った食器類をドライネットに入れて、自然乾燥させることができます。
アウトドア用のドライネットであれば、耐荷重もしっかりとあるので、自然乾燥で乾くことができる量の食器類なら、入れてランタンハンガーに吊すことも問題ではありません。食器乾燥として使用する場合は、ランタンハンガーを風通しのよい場所に設置するようにしましょう。

鍋などのフックに

焚き火の上で鍋を吊り下げて調理したいときにもランタンハンガーは使用できます。ランタンハンガーは耐荷重がしっかりとしているとはいえ、ダッチオーブンなどのような重い鍋を吊すことは、事故のもとになる危険があるので、控えることをおすすめします。
キャンプなどのアウトドアシーンでは、持ち運ぶ荷物の量が増えがちなので、代用できるものは代用する方法も取り入れていきましょう。コーヒーを淹れるためのやかんを火にかける、といった使い方をすることがおすすめです。

おすすめランタンハンガー

ランタンハンガーはテント内で使用するシーンが多いかもしれませんが、調理のときに使用したりと、テント外で使用することも考え、できるだけおしゃれ感のあるランタンハンガーを選びたいものです。お手頃な価格でおしゃれなランタンハンガーをチェックしておきましょう。

スノーピーク ランタンハンガー


タープのポールなどに巻き付けてセットするランタンハンガーで、ポールの経に合わせて2種類のサイズから選ぶことができます。ランタンを引っかけて荷重がかかることで固定される仕組みです。
ステンレス製なので丈夫に作られている点も嬉しいポイントです。ランタンだけでなく、タオルやゴミ袋など、使い方はアイデア次第で幅広いです。ポールに巻き付ける部分は、落ちにくいようループ状に設計されています。

196ひのきのランタンハンガー


シンプルな木製のランタンハンガーは、他の人とは差別化を図ることができるスタイリッシュなアイテムです。ひとつひとつ手作業で作られており、ひとつひとつの木目が異なる点でも風合いを楽しむことができます。
ポール経に合わせて2サイズから選ぶことができます。ポール経との微妙な調整ができるよう、ストッパーやゴムリングが付属されているので、ランタンや他のものを吊した重みで、ずり落ちてくる心配がありません。木の質感を感じながら、ランタンを吊し、おしゃれなキャンプ空間を演出しましょう。

ランタン本体もかっこいいものを

キャンプなどのアウトドアシーンでは必須アイテムともいえるランタンですが、ハンガーに引っかけるランタンもかっこいいものを選びたいものです。一目置かれるようなデザインのランタンをチェックしておきましょう。

PETROMAX(ペトロマックス) ランタン ペトロマックス HK500


キャンプなどのアウトドアシーンだけでなく、漁業関係などのプロも愛用するほどの圧倒的な明るさと、長時間の点灯が可能です。シルバーとゴールドの2カラーから選ぶことができます。
燃料には灯油を使用し、操作には若干のコツが必要となるので、使用する前に取扱説明書をよく読んで使用するようにしましょう。美しいデザインと高い機能性が、多くの人から長年支持されているランタンです。

テントファクトリー クラシックLEDランタン


単一電池を使用し、LED発光してくれるので、キャンプ初心者の人でも簡単に操作でき、安心安全に使用できるランタンです。レトロなデザインが人気で、シルバーとゴールドの2種類から選ぶことができる点も魅力です。
クラシックな雰囲気を醸し出すデザインと、柔らかい暖色系の明かりがサイトを明るく照らしてくれます。充分な光量があるので、メインランタンとして使用することも可能です。

便利なランタンハンガーを準備しよう

キャンプなどのアウトドアシーンでは欠かせないランタンですが、ランタン本体を吊すだけでなく、さまざまなものを吊して使用できるランタンハンガーが特におすすめです。
上部から明るくテント内を照らしてくれるだけでなく、欲しいものが近くに設置できるランタンハンガー。キャンプの必須アイテムとして大活躍すること間違いなしです。便利なランタンハンガーで、キャンプをより一層楽しいものにしましょう。

category

記事カテゴリー