婚活で自己紹介文を作る|相手に好印象をあたえるアピールポイント

婚活で自己紹介文を作る|相手に好印象をあたえるアピールポイント

LIFE STYLE 2018.11.10

Share :

自己紹介文で印象が変わる

婚活では、婚活サイトに自身を登録するうえで、必ずと言っていいほど自己紹介文を書く機会があります。婚活を始めた人の中には、自己紹介文をどのように書けばよいのかと悩む人も少なくないでしょう。
これがよければ相手に注目されやすくなりますが、そうでなければ、相手に全く興味を持たれなくなってしまいます。本記事では、自己紹介文が大切な理由について解説し、好印象を持たれる文を書く方法を紹介します。

婚活で自己紹介文が重要な理由

婚活を行ううえで、自己紹介文は異性との出会いにつなげる、重視すべき要素と言えます。なぜなら相手にどのような印象を与えるかは、自己紹介やそのプロフィール文で決まるからです。口頭でなく文で自身をアピールすることにより、相手に自身に関する情報をありのままに受け入れられやすくなります。

自己紹介やプロフィール文で印象が決まってしまう

自己紹介文は、出会いを求めてプロフィールを調べる人によい第一印象を与える大切なものです。心理学のメラビアンの法則により、第一印象の55%は、視覚情報で決まると言われています。
婚活サイトにアクセスする人は、プロフィールを「見る」ことで情報を得て、その人の印象の半分以上を決めています。実際に相手と出会う前に、自身がどのような印象を与えるかは、自己紹介文で変わるのです。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

口頭ではなく文で自分をアピールすることが出来る

口頭よりも、文を書いたときの方が、ある程度整理された状態で自身を伝えることができるため、相手を誤解させるリスクが少なくなります。自身の好みのタイプや長所はなにかを、よく考えながらメモをしてから、プロフィールを書くのがいいでしょう。
ここで注意すべきことは、文章内でのアピールは、さりげない形で行い、自慢や嫌味にならないように配慮することです。それらを念頭に置き、一度書いたプロフィールは読み直してみたり、知り合いに内容をチェックしてもらいましょう。

自己紹介文のコツ

自己紹介文で相手に好印象を与えるためのノウハウを紹介します。挨拶分や締めの文を謙虚に書くこと、職業は具体的に書くこと、出会いの機会を逃さないために好みのタイプを細かく書きすぎないことなど、出会いを成立させるうえで大切なことを以下に述べます。

挨拶文や締めの文は謙虚に書く

紳士的な印象を与えるため、冒頭の挨拶や締めの文は謙虚につづりましょう。挨拶では「見ていただきありがとうございます」というように感謝の気持ちを、締めの文では「最後までお読み頂けて、ありがとうございます。共感して頂けたら、メッセージをお願いします」というように感謝を送りつつ、次の行動を促す文を簡潔に述べます。

職業は具体的に書く

職業は具体的に述べることが重要です。たとえばその欄に「会社員」とだけ述べても、相手はその人に対し、どのような会社でどのような仕事をしているか分からないため、敬遠することが多いようです。勤め先のジャンルや自身の役職については記述しましょう。

趣味などは女性が共感しやすい内容がおすすめ

趣味の欄を書く際は、スポーツ系や、アニメ、アイドルのような男性的なイメージの趣味よりも、映画鑑賞、読書、食べ歩きのような、女性が共感しやすい内容がおすすめです。
この場合も、趣味は漠然と種類だけを書くのではなく、その詳細になる文をひとつ加えましょう。例えば読書の場合は、「趣味は読書で、一番好きな作品は(作家名)の(作品名)です」といった形です。

自己アピールはあまりし過ぎない

自己アピールの際に、張り切って多数を書き連ねる人もいるようですが、これはかえって相手に押しつけがましいと思われてしまうため、おすすめできません。アピールの数は二つを目安に考えましょう。自身を誇張することなく、等身大の姿をありのままに述べてください。

好みのタイプは細かく記載しない

自己紹介文では、理想のタイプを書く場合が多いようですが、この時も細かく書きすぎないように注意しましょう。理想が高すぎるとされ、傲慢な印象を与えてしまい、出会いが減ってしまうからです。理想のタイプも、自己アピールと同じく、二つを目安に考えましょう。

文章は長すぎず短すぎない見やすい文に仕上げる

文章は相手に対し分かりやすく伝わることが大切です。そのためには、長すぎず短すぎず、見やすい文に仕上げることが大切です。
文章が短すぎると、自身がどのような人かを分かってもらえません。また長すぎると、相手は途中で読むのが億劫になり、重い印象を受けがちです。全体の自己紹介文は、二〜三行を目安に改行しましょう。

婚活パーティーでの自己紹介カードの書き方のコツ

婚活パーティーでは、直筆で自己紹介カードを書き、出会いを求める人たちに見てもらいます。自身が誇りを持って見せられるような自己紹介カードの書き方を以下に紹介します。

文字は丁寧に書く

紹介文の文字は、並びがなるべくまっすぐになるよう丁寧に書きましょう。文字の並びが斜めに歪んでいるケースが見受けられますが、これは子どもじみた印象などを与え、相手が不快に感じる場合があります。
文字の並びがまっすぐに並ぶように書くことで、清潔感のあるカードにまとめることができ、相手に好印象を与えられます。また、誤字脱字が多い文章も相手が受ける印象に悪影響を与えますので注意が必要です。

項目はなるべく埋める

項目は原則として全てか、少なくとも九割ほどは埋めるようにしましょう。空欄があり過ぎると、相手はやましい事情があるのかと思い、近寄りがたい印象を受けてしまいます。カードにイラストを入れるなどしてポップに仕上げると、読む人を楽しませることができます。

NGな自己紹介文

自己紹介文を書くにあたって、タブーとなる方法も存在します。プロフィールを詐称すると、トラブルのもとになりますので避けましょう。自身のネガティブなところを書く人もいますが、これも基本的にはおすすめできません。もし伝えるなら、自身のいいところを知ってもらってからにしましょう。

嘘のプロフィールは絶対ダメ

自己紹介文を書く際に、経歴詐称をはじめ嘘のプロフィールを書いてしまう人もいるようですが、これはマナー違反になります。後でプロフィールと違う事実が判明した場合は、トラブルに発展してしまい、信頼をなくしてしまいます。プロフィールは真実のみを書きましょう。

ネガティブな文をのせる

自己紹介文に、自身のマイナスポイントを書いてしまう人がいるようですが、これも避けましょう。正直に書くことは大切ですが、ネガティブな要素まで入れると、相手にいらぬ不安を与えてしまい、出会いの機会を逃しやすくなります。どうしてもネガティブなことを述べようと考えている場合は、相手にいいところを知ってもらってからにしましょう。

自己紹介文1つで素敵な出会いのチャンスが増える

婚活では、自己紹介文の書き方が出会いのチャンスを決める大きなポイントになります。自己紹介は出会いに重要と言われる第一印象を相手に与えるからです。
自己紹介文の仕上がりが素晴らしいと、相手に好感を持ってもらえ、発展した関係になれるチャンスを得られる可能性が高くなります。今、婚活を行っている、またはこれから始めようと考えている人は、自己紹介文に注力しましょう。

category

記事カテゴリー