40代で納得できる転職活動をするためのポイントと注意点を解説

40代で納得できる転職活動をするためのポイントと注意点を解説

BUSINESS 2018.12.07

Share :

在職中で忙しいが効率よく転職活動がしたい

現在の仕事に不満や悩みを抱えていると転職をして環境を変えたいと思う人が多いでしょう。しかし、今の仕事を辞めてから転職活動をするのはリスクが大きすぎるため、多くの人が在職中の状態で転職活動をすることになってしまいます。
この場合、今の仕事を疎かにするわけにもいかないため、転職活動をするのはとても大変です。

このような悩みを抱えている人のために、どうすれば転職がうまくいくのかを紹介します。転職をして環境や待遇を変えたいと思っている人に役立つ情報を紹介します。

転職活動開始時期を決める

転職活動はどの時期に始めるのかを考えることがとても大切です。転職活動を開始するのにおすすめの時期を紹介します。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

職種によるが転職活動期間は半年から10か月

転職活動をする際にはやらなければいけないことがたくさんあります。

そのため、実際に転職先で仕事ができるようになりたい時期の半年から10ヶ月前にはもう転職活動を始めましょう。実際に転職活動をするとなると、半年から10ヶ月ほどの期間がどうしてもかかってしまうからです。

ただし、実際に必要な期間は職種によって傾向が異なります。

転職の準備としてやるべきこと
自己分析
情報収集(希望業界や企業)
書類や写真、スーツなどの準備
スケジュール作り

現職の退職のタイミングを考える

転職をするならば、現職を退職するタイミングや社内での引き継ぎなども考えなければいけません。

この時点では考えばイメージをするまでに留めておく

基本的に退職のタイミングについては転職先が決まってからでも可能です。転職活動をする前の段階で退職に関する話をしてしまうと早く転職をしなければいけないと考えてしまい、冷静に判断することができなくなってしまうこともあります。

もちろん、退職をするときのことを考えておくことは大切ですが、転職活動をしている最中ならば、あくまでもイメージをするだけで留めておきましょう。

有給休暇の残数も確認

転職にもし成功したならば、それまでに溜まってしまった有給休暇を取得することを考えるべきです。そのため、転職活動を始める前にどのくらい有給休暇が残っているのか把握しておくことをおすすめします。また、それをどのように消化するべきなのかも計画の中できちんと考えておくべきでしょう。

有給休暇は転職をする人であっても、しっかりと消化することができます。転職に成功したときに、どのくらいの有給を消化できるのか、現時点での日数を計算しておきましょう。
有給の計算にはさまざまな条件や計算方法が関わっています。

キャリアビジョンの明確化

転職をしたいならば、これからのキャリアをどうしたいのか考えておくことが大切です。キャリアビジョンを明確化するためのコツを紹介します。

これまでのキャリアを振り返る

まずこれまでの自分の仕事について振り返ってみましょう。入社してから現在にいたるまで20年近くさまざまな仕事をしてきたはずです。

具体的にどういった仕事をしてきたのか書き出してみましょう。その際には詳細な業務内容についてもしっかりと振り替えるべきです。
それぞれの仕事をしてきたときに工夫した内容や具体的な対処法などについても整理しておきましょう。これまでに自分がしてきた仕事やそこで得てきたものなどをすべてまとめておくのです。
このようにして自分のキャリアを振り返る機会はなかなかないものであり、これからのキャリアビジョンを考える上でとても重要なことなのです。

今後何をしたいか年収はいくらほしいのか

転職をするこれからのことについてしっかりと考えておきましょう。特にお金について考えるのは大切であり、具体的にどのくらいの年収を得ることができれば満足できるのかはっきりさせるべきです。
これがはっきりしてないと転職先を選んだり、条件を交渉したりするときに困ってしまいます。
基本的には現在の年収よりも上の条件で転職をするべきでしょう。年収は一度下がってしまうと、それを上げるのはなかなか大変だからです。すでに大きなローンを組んでいる場合には、その返済のことについても考える必要があるため、なおさら年収を上げる方向性で転職に取り組むべきでしょう。

職務経歴書や面接でも役に立つキャリアビジョンにする

キャリアビジョンを考えるには、これまでの仕事について振り返り、それをもとにして今後どういう仕事をしたいのか、自分に何ができるのかを考えるべきです。これらを明確にしておくと転職先として希望する業界や企業が見えやすくなります。
また、実際に面接を受けたり、職務経歴書を作成したりする場合には、キャリアビジョンをはっきりさせているほうが有利となります。どうして自分がその企業の求人に応募したのか、その理由を明確に説明できるからです。これまでのキャリアを踏まえた上での希望や適性、PRなどを考えてください。

転職先を選ぶ時のポイント

後悔しない転職をするためには転職先の選び方が大事です。満足できる転職をするための転職先の選び方のポイントを紹介します。

これまでのキャリアを活かせる職場

これまでのキャリアを活かせる転職ができるならば、即戦力として力を発揮できます。自分の能力を活かせる職場の選び方を説明します。

同じ職種ならワンランク上の企業を目指す

同じ職種であればこれまでとあまり仕事の内容は変わらないため、キャリアや経験などを存分に活かすことができます。また、せっかく同職種で転職をするならば、できるだけ大きな規模の会社を目指すことをおすすめします。ワンランク上の企業のほうが基本的に待遇が良いことが多いからです。
もちろん、同じ職種であっても、別の企業に転職するとなると、細かな部分は違っていることが多いでしょう。
しかし、同職種であれば、基本的な部分は共通しており、さまざまな知識や技術をすでに身につけている人であれば、すぐに慣れることができるでしょう。
同職種の転職ならば、経験をアピールできれば大企業へ移ることも夢ではありません。

異業種でも経験を活かせれば大丈夫

異業種への転職は難しいというイメージがあるのですが、そこでも経験を活かせることをアピールできれば採用される可能性はあります。この場合、今の仕事と希望する仕事で共通している様子を見つけ出して、その経験をアピールすることが効果的です。
たとえば、販売の仕事をしていたのであれば、お客さんと関わってきた経験があり、常に相手のニーズを察知してそれに対応してきたでしょう。このような経験は、たとえば別の業界であっても、販売や営業の仕事ではとても重宝されるでしょう。上手く経験をアピールすることが転職では大切です。

リスクを伴うことは避ける

40代での転職はさまざまなリスクにきちんと備えることが大切です。たとえば、転職をする際に引越しをしなければいけないことがあります。
遠くの会社で魅力的な条件で転職できそうだったとしても、引越しをして生活環境が変わるストレスについても考慮に入れるべきです。
たとえば、引越しをしたことによって、体調が悪くなってしまったり、ストレスが溜まってしまうケースは少なくありません。配偶者や子供がいるならば、家族の影響についても考えるべきでしょう。

たとえ独身だったとしても、たとえば実家から遠く離れた場所に住むことになるならばリスクがあります。周りに友人がまったくいない場所で働くことになるのは心細くなるかもしれません。転職した後のことを深く考えておきましょう。

転職先を具体的に探す方法

転職をするためには求人情報を探す必要があります。転職先を探すための具体的な方法を紹介します。

転職サイトで探す場合

多くの人が転職サイトを通して転職求人をチェックしています。おすすめの転職サイトを紹介します。

即戦力に強いビズリーチ

こちらは即戦力を求めている企業からの転職求人が豊富に集まっている転職サイトです。公開されている求人や採用企業数が多いのがメリットです。キャリア志向の人はこちらに登録をすることで、ハイクラスな求人をたくさんチェックすることができるでしょう。
たとえば、経営幹部のような高年収が可能なプロフェッショナル人材のための求人が多数掲載されています。こちらで職務経歴書を公開することで、それに興味を持った企業やヘッドハンターからスカウトされることもあります。管理職や経営幹部として採用されたい人には魅力的な求人が多く集まっています。
会員登録をするのは無料のため、試しにどういう企業が登録しているのか見るだけでも価値があるでしょう。これからの転職活動の参考になります。

管理職の求人を多く扱っているDoda

こちらはエグゼクティブや管理職を目指す人のための求人が豊富に寄せられています。年収1,000万円以上を実現できる求人が豊富にあります。ただし、非公開求人の数が多いのが特徴となっています。
いろいろなコンテンツが豊富であり、たとえばいろいろな転職の成功事例が紹介されています。また、専任のキャリアアドバイザーについてもらうことが可能です。こちらに登録しておくとスカウトされる可能性もあります。多様な企業からの求人を取り扱っており、一般には公開されにくい求人も見られます。

転職エージェントで探す場合

転職サイトだけではなく転職エージェントを利用するのも一般的となっています。おすすめの転職エージェントについて紹介します。

JACリクルートメントは、管理職・専門職に特化したエージェントでコンサルタントの質も高いと評判

こちらは管理職や専門職を目指す人のニーズに特化した転職エージェントです。これまでに数多くの人達の転職活動をサポートしてきた実績があります。無料で登録することが可能であり、求人情報を気軽にチェックできます。
大手の転職エージェントであり、コンサルタントは1,000名以上在籍しています。東証一部上場の企業であり、社会的に信頼されています。管理職や技術・専門職の転職に関するエキスパートとして転職を助けてくれます。さまざまな業界や業種の企業を取り扱っており、全国どの地域にもしっかりと対応しています。
転職エージェントに協力してもらうことで、スムーズな転職を実現できるかもしれません。

 転職エージェントとマッチングさせてくれるサイト

こちらは、登録者の職種やキャリアに合った転職エージェントを紹介してくれるサイトです。自分からエージェントの指名をすることもできます。サイト内にはキャリアアドバイザーの顔の見えるインタビュー記事が掲載されているため、そちらをチェックすれば安心できるでしょう。
専門性の高い記事が揃っているため、これから初めて転職活動をするという人はポイントを理解できます。普通の会社員の転職だけではなくて、IT転職や医師・薬剤師などの転職にも対応しています。

キャリアを積むと意外と多いのが紹介で転職する場合

意外と知人の紹介による転職をする人は少なくありません。このパターンでの転職について解説します。

取引先やお客さんの企業への転職

取引先やお客さんに誘われて転職をするというケースはよくあります。顧客としてあなたと接することによって、あなたのことを信用したり、能力が高いと評価したりすることで、誘ってくるのです。この場合、転職後のことも考える必要があります。
たとえば、競合他社への転職が活発に行われているような業界であれば、特に問題はありません。しかし、そうでないならば、転職先で以前の会社の人達と会ってしまうケースもあります。同じ業界で仕事をしているならば、そのような機会はよくあるのです。以前の同僚に顔を合わせると気まずくなるような企業は避けたほうが無難です。
このパターンの転職のメリットとして、転職先の企業の内情を深く理解している状態で転職できる点です。事前にいろいろな話を聞いたり、情報を集めたりすることができるでしょう。できる限りの情報を集めておいて、判断しましょう。

条件交渉はきちんとしておく

基本的に紹介で転職をする場合、誘ってきた相手とは親しい関係を築いていることが多いです。そのため、つい油断してしまい、条件交渉について甘く考えてしまうケースがあります。そもそも交渉をしなかったり、条件を口約束してしまったりすることが少なくないのです。
条件交渉はきちんとしておくべきであり、条件についてまとまったならばそれはちゃんと証拠を残しておきましょう。雇用条件はきちんと書類を作成してもらうことが大切です。身内感覚で転職を考えてしまうとトラブルになってしまいます。あくまでもビジネスであることを自覚しましょう。
また、条件交渉をしてもしこちらの希望が聞き入れてもらえないならば、はっきりと誘いを辞退することも大切です。親しい人からの頼みだから断れないと考えてはいけません。転職はあなたの人生を左右する大きな決断となるものです。

好条件で内定を獲得するポイントはやはり面接

せっかく転職をするならば、できるだけ好条件を獲得したいものです。そのために重要な面接についてのポイントを紹介します。

40代だからこそ面接で注意したい点

実際に転職活動で面接に臨む際には40代という年齢だからこそ注意するべき点があります。どんな点に気をつけて面接を受けるべきか紹介します。

質問に対する答えは結論から話す

もし質問をされたならば、簡潔に答えを話しましょう。40代という年齢のために、どうしても話が長くなってしまう人がいるものです。ひょっとしたら面接官が年下の可能性もあり、そうなると緊張感がなくなってしまうことがあります。普段の会話の延長線上で面接に臨むべきではないのです。
すでに40代になっている人は、最後に就職活動で面接の経験をしたのがかなり昔であることが多いでしょう。そのため、すっかり面接のコツというものを忘れ去っていることが多いです。面接はあなたの能力や考え方、態度などをチェックしている場であり、余計なことを主張するべきではありません。
相手から聞かれたことのみを答えてください。それ以外に不用意な発言をしてしまうと、社会人としての常識がないと判断されかねません。それでは面接において大きなマイナスとなってしまいます。

上から目線にならないようにする

人事担当者が20代というケースもあります。そんな場合であっても、相手が自分よりも上の立場であるという意識を持って接することをおすすめします。まるで部下を相手にするかのような話し方をしてはいけません。面接では基本的に敬語を忘れてはいけないのです。相手の年齢は関係なく、まるで取引先と接するときのような緊張感を持ちましょう。
普段、年下の部下との会話にばかり慣れてしまっていると、どうしても尊大な態度が身についてしまいがちです。しかし、人事担当者にとってあなたは年齢が上かもしれませんが、上司でも先輩でもありません。あくまでも対等の関係で接してくるため、謙虚な姿勢を忘れないでください。自分が試されている立場であるという自覚を持ちましょう。
正しい敬語について40代という年齢であらためて勉強をし直すのもおすすめします。面接での言葉遣いや態度は採用に大きく響いてきます。40代の社会人としての自覚を持ち、恥ずかしくない態度で面接に臨みましょう。

現職に影響が出ないように納得いく転職活動にしよう

転職活動は計画的に行い、なおかつ現職には影響が出ないようにしましょう。さまざまな転職サイトやエージェントを活用したり、キャリアデザインを明確にしたりすることで、転職活動を成功させられます。後悔することがなく満足できる転職を実現しましょう。

category

記事カテゴリー