ロードバイク初心者が揃えたい必要なものとは。快適なバイク生活

ロードバイク初心者が揃えたい必要なものとは。快適なバイク生活

CYCLING 2019.02.18

Share :

必要なものを購入し快適なロードバイク生活

初めてロードバイクを触れる方にとって、知識はとても重要なものになってきます。特に、ロードバイクに必要なものと言われても、全くピンとこないのは至極当然ともいえるものです。そこで、初めての方であっても、最低限そろえておく必要があるアイテムを手に入れ、快適なロードバイク生活を楽しんでみてはいかがでしょうか。

ロードバイク通勤で必要なもの

まずは、ロードバイクを身近なものにする為にも、通勤に利用するといった手も最善の方法の一つと言えます。初心者にとって、ロードバイクはとても高価なもので、どのようなパーツがあるのかも、一朝一夕でわかるものではありません。

そこで、ロードバイクを通勤に使うにあたって、必要となるものをピックアップする事が大切となります。ロードバイクの通勤は、身近に利用する方法の一つだといえますが、安全に利用する為にもいくつかのアイテムをそろえておく必要があるようです。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

命を守るために大事なヘルメット

ロードバイクは、普通の乗用車と同様に、重大な事故になりうる可能性がある事を、まずは理解しておきましょう。特に、一般自転車とは異なり、ロードバイクはスピードに特化した自転車ですので、頭部を守る為のヘルメットの着用は大切な命綱となってきます。

ロードバイクは、比較的簡単にこいでいても、簡単に速度を出すことができますので、被っていないと命にかかわるという事は、肝に銘じておかなければなりません。ロードバイク用のヘルメットは、デザインだけではなく、機能性にも優れているのが特徴です。

早朝出勤や残業帰りで欠かせないライト

1年の中でも、特に冬場は早朝や夕方と、暗い時間帯にロードバイクを走らせる事が多くなってきます。ライトの重要性は、誰しもご存じの通り、自分の視界確保と相手に自分の存在を知らせる為の重要なキーアイテムとなるものです。

ご存じない方も、いらっしゃるかもわかりませんが、自転車のライト不点灯は、立派な道路交通法違反とみなされます。ロードバイク用のライトは、取り外しの簡単にできるタイプもあり、明るく防水仕様だと通勤の助けにもなってくれます。

防犯のために丈夫な鍵

一昔前までは、ちょっとのあいだ買い物する程度では、自転車に鍵などを施錠する者などほとんどいませんでしたが、現代は何かと物騒で丈夫なカギをつけていても、簡単に自転車が盗まれてしまうというはよくあるものなのです。

特に、グレードの高い自転車でもあるロードバイクは、原動機付き自転車などより高額なものざらにある為、常に盗難のリスクがある事を自覚しておかなければなりません。おすすめの施錠タイプは、U字パイプ状のロックタイプやチェーンタイプ、ワイヤータイプなど数種類つけておく事を心がけておきます。

危険を知らせるためのベル

近年歩きスマホが、社会的にも大変な問題になっています。驚く事に、歩行者ではなく乗用車や自転車を運転する者までがスマートフォンの操作に夢中になり、よそ見をする事で重大な事故に発展するといったケースも、ニュースで見かけるようになりました。

自転車に取り付けるベルは、周囲に危険を促すだけではなく、運転者自身にも自覚を促している要素が大きいものです。都道府県によっては、条例などで取り付けが義務つけられている場合もある為、必ず事故防止の為に取り付けておきましょう。

メンテナンスに必要なもの

ロードバイクの初心者だからと言って、何も知らないというわけにはいきません。なぜなら、一般自転車とは異なりロードバイクはかなりのスピードを出す事ができる為、それだけ事故の危険性が高いという事につながってきます。

もちろん、事故以外にも、さまざまなトラブルに見舞われる事も多く、ロードバイクユーザーとして、常に愛車のメンテナンスを行ってはなりません。ロードバイクのメンテナンスは、愛車の劣化を防ぐだけではなく、未然のトラブルも防いでくれるものなのです。

走行性を高めるために空気入れ

まず初心者の為に、ロードバイクのタイヤを説明すると一般自転車と比べてみると、いかにも細身できゃしゃであり、規格そのものが一般自転車とは異なっています。これは、ロードバイクが、走る事に特化しているという部分も大きいのですが、規格が異なりますのでバルブの形も違うという事になります。

当然の事ですが、ロードバイクには専用の空気入れが必要で走行性を安定させる為にも、一定の気圧を維持しておく必要があります。そこで、空気入れ選びには、空気圧のメーターが付いているタイプを選ぶと良いでしょう。

パンク対策のため修理キット

ロードバイクのタイヤには、タイヤとチューブが一体化のチューブラータイヤ、チューブの無いタイプのチューブレスタイヤ、そして一般的に広く使用されているタイヤとチューブが別々の穴を塞ぐだけのクリンチャータイヤがあります。

クリンチャータイヤは、メーカーでも広く採用していますのでコストパフォーマンスにも優れています。チューブを補強する為には、パンク対策のためのシールを用意しておき、万が一のタイヤの破裂対策の為、チューブも用意しておくとよいでしょう。

汚れを落とすためのクリーナー

ロードバイク初心者に、一言伝えておきたいのは、ロードバイクのトラブルとして特に多いのが、タイヤのパンクとチェーンによるトラブルです。タイヤもそうですが、チェーンがなくては、ロードバイクを走らせる事は一切できなくなります。

そこで、常日ごろからチェーンのメンテナンスも怠りなくやっておきたいものです。初心者におすすめしたいのは、チェーン用の汚れ落としで、専用のチェーンの汚れを落とす為のクリーナーとしてディグリーザー付が使いやすく便利です。

パーツ交換の為の工具セット

初心者に限らず、ロードバイクのトラブルは、思いがけない時にやってくるものです。常日ごろから、自宅でメンテナンスを行っていても、思いがけない段差や衝撃などを受けてしまうと、愛機にダメージが積み重なっていくという事も考えられます。

そこで、本格的にメンテする為の工具セットとは別に、携帯用の工具も常に所持しておく事で、思わぬトラブルがあっても、すぐに対処する事ができます。

ロードバイクを楽しむために必要なもの

ロードバイクの初心者から、中級者へと昇って行く間には、様々なロードバイクの知識を身につけ、さらに楽しむ為にはどうすればよいのかと、思い悩むこともあります。

もちろん、本気で悩むわけではなく、これもロードバイクの魅力の一つで、ロードバイクの魅力をさらに堪能する為にはもうワンステップ、つまり、ロードバイクをさらに楽しむ為のアイテムが欲しくなってきます。当然の事ですが、ロードバイクは持ち主の趣味の推移であり、そのチョイスも自由に選ぶ楽しみがあります。

走りをコントロールするためサイコン

一般の方では、あまり聞きなじみのないサイコンですが、サイコンとはサイクルコンピューターの事を差して言います。現代は、インターネットも広く普及し、電脳社会という事もあり、GPS内臓で走ったルートを管理できるタイプなどは旅先で最も威力を発揮するものです。

そして、このサイコンの機能として、時速や心拍数が簡単に把握できますので、ご自分の運動能力やトレーニングなどに合わせて、自由にロードバイクの走行を上手に調節していく事も可能な優れものです。

季節に合わせたサイクルウェア

一般的にも、趣味は形から入るのが一番と言いますが、ロードバイクの世界も同様で、ご自分の走行スタイルや愛機に合わせてのコーディネートも楽しみの一つとなります。ロードバイクのウエアとして、代表的なものは、ジャージやレーサーパンツをまず、思い浮かべるとは思います。

ご自分の愛機と合うように、グローブやサングラス、ヘルメットなど季節に合わせて、こうしたサイクルウェアやアイテムを上手く組み合わせていくコーディネートは、ロードバイク愛好者たちの楽しみの一つなのです。

ロングライドを助けるグッズ

ロードバイクの世界には、ビンディングというものがあり、スキーの板と同様にペダル部分と専用の靴を、ワンタッチで装着させるものです。初心者では、難しいと思われがちな点ビンディングペダルとビンディング用の靴ですが、ペダルと足が密着しているため疲れにくく、走行を安定させるといった効果を持っています。

また、雨天走行時などにも、足が滑らず未然に危険を回避できるという利点もあります。ほかにもお助けグッズとして、輪行の為の袋やボトルケージなどは、用意しておいた方がよいでしょう。

マウンテンバイク

値段より質を重視して必要なものを揃えよう

どのような趣味でも、初心者と上級者とでは、必ずと言っていほど違いがあり、上級者になればなるほど、趣味にお金をかけていくものです。これは、合理的にもすぐれた選択方法で、ロードバイクの世界も品質の高いものほど、丈夫で長持ちするといった特徴を持っています。したがって、安物買いの銭失いとならないような、そろえ方がアイテム購入のテクニックとなります。

category

記事カテゴリー