腹筋トレーニングはマットを活用して腰痛予防しながら鍛えよう

腹筋トレーニングはマットを活用して腰痛予防しながら鍛えよう

TRAINING 2019.02.21

Share :

腹筋すると腰が痛くなる

腹筋によって体を鍛えようとしている方が多いのは周知のとおりですが、床の上でダイレクトに腹筋トレーニングをしてしまうと逆に腰に負担をかけてしまい、腰痛を発生してしまうことも考えられます。腰痛を防ぐための方法の良い方法としては、トレーニングマットを使うようにしましょう。

トレーニングマットを使うことによって、腰への負担を大きく減らすことができるようになります。腰への負担の軽減を考えるのであれば、できるだけ厚いタイプのものがおすすめですが、マットの持ち運びを考えるのであれば、折り畳みをすることができて、しかも収納時にかさばらないタイプのものを選ぶことも必要です。

しかしながら、あまりにも薄いトレーニングマットにしてしまうと。腰への負担を軽減することができなくなってしまいますので、その点は注意をしなくてはなりません

腹筋時に使う腹筋マット

腹筋のトレーニングの時におすすめの腹筋マットは体への衝撃を減らすことを考えて導入するようにするのがポイントです。

身体への負担を考慮すれば、できるだけ厚いマットがおすすめですが、例えばジムなどでトレーニングすることを考えている場合には、マットをいかにコンパクトに収納できるかについても考慮に入れることが必要になります。

腹筋マットを選ぶときのポイント

腹筋マットを選ぶ際には、幾つかの商品をチョイスしてみて、それぞれの商品の特徴を比較してみるようにすると良いでしょう。その際に注意すべき点を下記に列挙します。自分の体を保護しながらトレーニングをすることができる商品を選ぶようにしましょう。

マットの厚さ

一番重要なポイントはマットの厚さです。十分な厚さのマットでないと床からの衝撃を綬分に吸収することができなくなってしまいます。しかしながら、あまりにも厚いマットを購入してしまうと、持ち運びの際に不都合が生じてしまいます。

自宅でトレーニングをするのであれば、それほど気にする必要はありませんが、そうではない場合には、持ち運びについての利便性を考えてみることが必要です。衝撃の事を考えるのであれば10mm以上のマットを選択することがおすすめですが、持ち運びが必要であれば、6mm程度のマットにしておくといいでしょう。

トレーニングに合わせて幅を選ぶ

トレーニングの規模に合わせてマットの平面的なサイズを選ぶことが必要です。自分がトレーニングすることにしようするエリアよりも大きなサイズであることが理想的です。また、宅などでマットを使用する場合には、自宅に合わせてマットのサイズを選ぶことも考えなくてはなりません。

色々なデザインのマットがありますので、自宅などでトレーニングをする場合には自宅の雰囲気とマッチするデザインのものを選んでみてもいいでしょう。自宅の床などがとレーニングによって破損してしまわないような仕様のものを選んでみることもおすすめです。

おすすめの腹筋マット

腹筋マットを選ぶ際には、トレーニングによって自分自身の腰を傷めることが無くなるものを選ぶのは言うまでもありません。また、忙しい毎日を送っている方の場合には通販から購入可能なマットの方が便利かもしれません。

通販から購入する場合には、実際に商品を見ることはできませんので、口コミなどの情報をしっかりと確認しましょう。それほどマット自体は高い物ではありませんので、腰を傷めないようにするために必ず、マットを使った状態でトレーニングするようにしなくてはなりません。

腹筋でも使用できるAmazonベーシック ヨガマット

Amazonベーシック ヨガマットはヨガのトレーニングように作られたマットですが、腹筋のトレーニングの際にもお使いになれますので、非常に便利です。十分な厚さをもっていますので、腹筋の際の衝撃を吸収してくれます。

丸めて運ぶことができますので、持ち運びの際にとても便利です。ご使用にならない時には場所を取らず収納することが可能です。多くの方がトレーニングの際に活用している人気のマットです。

クッション性の高いGronG ヨガマット トレーニングマット

GronG ヨガマット トレーニングマットは十分なクッション性を持った腹筋用のマットです。それほど厚くはありませんが、腹筋をする際の衝撃を十分に吸収してくれますので、腰を傷めてしまう心配がありません。

コンパクトに折りたたむことができますので、持ち運びにも便利です。トレーニングジムなどでお使いになるのに最適な仕様となっています。使い勝手の良い商品ということで話題を集めています。

腹筋ローラーに最適なHorizon ジョンソン オリジナルフロアマット

Horizon ジョンソン オリジナルフロアマットは十分な固さをもっていますので、腹筋ローラーをする場合にも大きな効果が期待できるようになります。丈夫に作られていますので、長期間安定にお使いになることができます。

防音効果にも大変優れたマットですので、トレーニング中の騒音で近所に迷惑をかけてしまう心配がなくなります。自宅などで効率よくトレーニングをすることを可能にしてくれるということで大きな話題を集めています。

マットを使用したトレーニング

マットを使用したトレーニングには腹筋の他にもいろいろなものがあります。腹筋以外の筋肉を鍛えることが可能ですので、腹筋と併用してみると自分が鍛えたいと思っている筋肉を鍛え上げていくことができるようになります。

いずれのトレーニングも大きな効果が期待できるものではありますが、トレーニングの効果は継続してそれを実践しないと現れてはきませんので、毎日短時間でも欠かさずにトレーニングするようにするといいでしょう。

下半身も鍛えられるレッグレイズ

レッグレイズは仰向けになって足の上げ下げを行う運動で下半身の強化に最適なものです。自宅でも簡単に行うことができるトレーニングですが、腰を痛めてしまうことが無いようにマットの上でとレーニングするといいでしょう。

下半身の血行をよくすることもできますので、足痩せ効果も期待できるトレーニングです。美しい足のラインを作り出すことができるようになります。血行が良くなると新陳代謝がよくなってきますので、健康増進効果も期待できるようになります。

よく知られているクランチ

腹筋に加えてクランチも腹筋を鍛えることができるトレーニングです。腰を痛めてしまうことが無いようにマットの上で実践するのがおすすめですが、トレーニングをする場合にはその効果が十分に現れてくるように腹筋を十分に収縮させるようにすることが必要です。

短期間で腹筋を鍛え上げたいという場合には、クランチをメインにトレーニングしてみるといいでしょう。筋力が増強すると体の持っている代謝レベルがアップしますので、免疫力が改善することも期待できますので、風邪などになりにくくなります。

腹筋に負荷をかけるシットアップ

シットアップは通常の腹筋よりも効果的に腹筋を鍛え上げることを可能にしてくれます。シットアップトレーニングをする場合には、腹筋のストレッチを常に意識するようにすることが肝要です。

トレーニングを行っている際に、腰にダメージを与えないようにするために、十分な厚さを持ったマットを使うことがおすすめです。動きやすい服装で、十分に体をほぐして行くようなイメージで筋力アップを行って見るようにするといいでしょう。

身体を痛めないように腹筋を鍛える

健康増進やダイエットのために腹筋のトレーニングをする場合には、トレーニングの際に腰を傷めないようなケアをすることが必要になります。腰を傷めずに腹筋のトレーニングをするためには、トレーニング用のマットを活用することがおすすめです。

トレーニングマットを購入する場合には、十分な厚さを持ったものを選ぶことが必要です。持ち運びの必要性がある場合には、コンパクトに折りたためるかどうかについても考慮に入れておくことが必要です。

利便性に優れたトレーニング用のマットが多く市販されるようになっています。また、多くの人に愛用されている大人気のトレーニングマットについては通販サイトから購入することもできるようになっています。

category

記事カテゴリー