筋トレ中に効果的な朝食と食事方法についてくわしく解説

筋トレ中に効果的な朝食と食事方法についてくわしく解説

TRAINING 2019.02.19

Share :

筋トレをするなら朝食を摂ろう

筋肉質で引き締まった体を作るためには、筋トレを実行することが必要です。しかし単に筋トレを行うのではなく、朝食をしっかりと取りつつ行うことが上手な筋トレの方法といえます。なぜ筋トレの際に朝食を食べた方がいいのでしょうか。その点について説明したいと思います。

筋トレと朝食の関係

筋トレは1日の間のいつでもできるものですが、あえて朝に行うことをおすすめします。筋トレを行う前には、朝食を必ず食べる必要があります。それではなぜ朝食を食べるべきなのでしょうか。ここで筋トレと朝食の関係について説明したいと思います。

朝食は筋トレのスタート

朝食を食べずに筋トレを行うと、パワーが出ないので集中して実行することができません。体に必要なエネルギーが不足してしまうため、体力が低下してしまうからです。筋トレを集中的に行い引き締まったボディにしていくためには、1日の始まりに朝食を必ず食べることが必要です。朝食を食べることで体がしっかりと働くようになり、筋トレをしっかりと行っていくことができます。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

睡眠中には体作りのためにタンパク質が消耗してしまいますので、不足しているタンパク質の摂取のためにも朝食を食べるようにしましょう。またエネルギーになったり、体作りに使われる脂質も適量を朝食から補う必要があります。これまでカロリーを気にして朝食を食べなかった方や朝食を食べない習慣があった方は、意識して朝食を食べるように努めることが大切です。

代謝が上がる 

朝食を食べて筋トレを行うことで、代謝がアップします。それによって脂肪の燃焼効率も高まり、より筋肉質で引き締まった体を作っていきやすくなります。朝食を食べずに筋トレを行ってもパワーが出ないため、筋トレの結果も出しにくくなってしまうのです。代謝アップを狙いつつ、上手に筋トレを行うコツは朝食にあります。

朝食を食べると胃腸の働きが活発になり、体温も上昇します。血流が良くなり、新陳代謝が活発になり、代謝機能がアップします。それによって体についた脂肪の燃焼効率が高まり、筋肉がきれいに見えやすくなります。朝食と併せて筋トレを行うことで筋肉量が増え、基礎代謝量自体がアップするため、その日一日代謝が高い状態をキープすることができます。

間食が減る 

朝食をしっかりと食べることで、間食の習慣を減らしていくことができます。朝食を食べないと、体は夕食後から体内に入ってこないカロリーを確保するため、間食など何か食事をするように空腹感を起こさせてしまいます。それによって間食を食べてしまいますし、間食を食べる習慣が身についてしまいます。筋トレを上手に行うコツは朝食を食べることです。

朝食を食べずに筋トレを行うと、筋トレの際に消耗してしまったカロリーを含め、必要なカロリー摂取のために食欲が出てしまいます。筋トレを行わない場合以上に食欲が出てしまいます。また高カロリーな食品などを食べる可能性もあります。こういったことがないように、朝食を必ず食べて空腹感がない状態で筋トレを行いましょう。

筋トレ中の朝食でおすすめの食材

筋トレを実行する際にはエネルギー補給や筋肉の材料となるタンパク質を中心に、必ず朝食を食べる必要があります。それでは朝食の際にどんな食事をすればいいのでしょうか。ここで筋トレ中の朝食の際に、積極的に食べたい食材について説明したいと思います。

 栄養のバランスの良いヨーグルト

ヨーグルトには筋トレを行う方にとっていい栄養素が豊富に含まれているので、積極的に食べるようにしましょう。ヨーグルトは腸内環境を良くする乳酸菌が豊富に含まれています。腸内環境をよくすることで免疫力がアップし、元気に活動することができます。それによって筋トレも健康的に行うことができます。

ヨーグルトにはタンパク質と糖質が豊富に含まれています。睡眠中は新陳代謝が活発になっており、タンパク質や糖質が消費されてしまいます。筋肉を作る材料となるタンパク質をヨーグルトによって簡単に補給することができますし、エネルギーとなる糖質もヨーグルトからスムーズに摂取することができます。胃腸に負担がかからず、誰でも簡単にタンパク質や糖質が摂取できる点では優秀な食品といえます。

タンパク質豊富な卵

筋肉の材料となるタンパク質を多く含む卵は良質な脂質も含まれており、筋トレ中の小食事にはぴったりの食品といえます。卵は生でも食べることができますし、茹でたり焼いたりといろんな調理法でおいしく食べることができます。飽きる心配がない点でも朝食に活用するメリットがあります。卵自体は小さいですが、卵1個を食べるだけでタンパク質の摂取が簡単にできてしまいます。

エネルギーとなり、また体作りに欠かせない脂質ですが、卵には多く含まれています。脂質の多い食品の中には消化の悪いものもありますが、卵は胃への負担をかけにくいため、脂質の摂取のために役立つ食品です。脂質を上手に摂取することでパワーを維持しながら筋トレを行っていくことができます

低カロリーなささみ

ダイエットを実行しつつ筋トレを行う方におすすめな食品がささみです。ささみは非常にタンパク質が多く、低脂質な点が特徴として挙げられます。筋トレ前の朝食にタンパク質をしっかりと摂取しなければなりませんが、ささみを食べれば簡単にタンパク質を摂取することができます。またダイエット中に気になる脂質の過剰摂取も抑えることができます。

筋肉増強効果のプロテイン

筋トレで筋肉増強を図りたい方には、筋肉増強効果の高いプロテインを朝食の際に利用する方法もおすすめです。プロテインは筋肉の材料となるプロテインを多く含んでいますし、体作りをサポートするビタミンやミネラルも含んでいます。さらに低脂肪のため、脂肪の過剰摂取を避けることも可能。無脂肪乳や低脂肪乳に混ぜてプロテインを飲めば、より多くのタンパク質を摂取することができます。

炭水化物のご飯やパン 

朝食時にしっかりと摂取したい栄養素が炭水化物です。代表的なものとしてご飯やパンがありますが、これらの食品には糖質が多く含まれています。糖質はタンパク質の吸収を高めますし、また脳にとって必要なエネルギーになるぶどう糖になるものです。そのため、筋トレを行う方はタンパク質だけではなく炭水化物も偏らずに朝食時に摂取することが大切です。

筋トレ中の効果的な朝食の摂り方

筋トレ中には必ず朝食を食べる必要がありますが、ただ単に食べればいいわけではなく、気を付けたい点があります。好ましい朝食の食べ方を知ることが、筋トレを効果的に行うためには必要です。ここでその朝食のおすすめな食べ方について説明したいと思います。

午前中に筋トレをする場合 

午前中に筋トレを行う場合には、食事の量を少し控えめにしておくといいでしょう。朝食は必ず食べなければなりませんが、ただ食べ過ぎてしまうと胃腸に大きな負担がかかってしまい、腹部が苦しくなってしまう恐れがあります。また体が思うように動かないため、筋トレを集中して行うことが難しくなります。体が軽く感じられ、活動的に筋トレができる程度の朝食の量に調整することが大切です。

 午後に筋トレをする場合 

午後に筋トレを行う場合には、朝食が体調に影響を及ぼさないため、食べる量は特別気にする必要はありません。ただ朝食の量が少なくなると、昼食時に多く食べてしまう恐れがあるため、昼食時までに空腹感が感じられないようにしっかりと食事をすることが大切です。炭水化物やタンパク質を中心とし、さらにビタミンやミネラル、脂質も摂取できる朝食を食べるようにするといいでしょう。

筋トレ中は朝食から気をつけよう

筋トレを集中して、また活動的に実行していくためには朝食を食べることは必須になります。筋肉質で引き締まった体作りの基礎となりますし、また筋トレ時の体力不足にならないために、しっかりと朝食を食べなければなりません。炭水化物とタンパク質を中心とし、バランスのいい朝食を意識しつつ、食べることが大切です。

category

記事カテゴリー