筋トレの効果を上げるシューズ。メニューに合わせて靴を選ぼう

筋トレの効果を上げるシューズ。メニューに合わせて靴を選ぼう

TRAINING 2019.02.23

Share :

どのシューズを選んだら良いか分からない

筋トレに最適なデザインのシューズとは実際のところ存在しているのでしょか。筋肉を動かすのであれば何でもいいのではないかと考えてしまう方も多いかもしれませんが、実は筋トレに最適なシューズがありますので、それを履いて筋トレを行うと非常に効率よく筋トレを進めていくことができるようになります。

また筋トレのメニューに合わせてシューズを選ぶことも必要ですので、自分の筋トレメニューを振り返りながら、最適なシューズを選んでみるようにすることがおすすめです。忙しい毎日を送っている方の場合には、靴屋さんに行く時間が取れないケースも想定されるため、そのような場合には通販から最適なシューズを買うようにしてみてもいいでしょう。

 

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

筋トレシューズの種類

筋トレシューズは下記に示すように目的に併せて色々なタイプのものが市販されています。シューズであれば何でもいいという事にはなりません。しっかりそれぞれのシューズの特性を理解して、自分も筋トレに最適なものを選ぶことが必要です。

フィットネスクラブでよく使用されるシューズ

フィットネスクラブで筋トレをしようと考えている場合には、それほど過激なトレーニングをする訳ではありません。足にそれほど負担がかからないようなできるだけ軽量な靴を選ぶようにするといいでしょう。あまりに重いシューズを選んでしまうとそれによって足に大きな負担をかけてしまうことになりますので、疲れてしまって、継続的に筋トレをすることが出来なくなってしまうので、要注意です。

ジャンプのような運動を多くとりいれたメニューで筋トレをする場合も同様に足への負担を減らすように軽量タイプのシューズを活用するといいでしょう。足首などを痛めてしまうことも考えられます。出来るだけ負担を少なくしなくてはなりません。

ウエイトトレーニングで便利なシューズ

ウエイトトレーニーニングで筋トレをする場合には、シューズが大きなクッション性をもっている必要はまったくありませんので、しっかりと足を地面に付けることが出来るようなシューズを選ぶようにするといいでしょう。上半身に力を入れる場合には、十分に下半身を踏んばらないといけません。その点についても注意をしなくてはなりません。

また、足首の柔軟性が不足している人の場合には、踵の高くなった靴を選んでトレーニングをするようにすると、足首の捻挫を防ぐことが出来るようになります。身体を軽やかに動かすというよりも、しっかりと足をガードしながら運動することが出来るようなシューズを選ぶことが肝要です。

足元のバランス力があるリフティングシューズ

スクワットによって筋トレを行って行くことを考えている場合には、踵が浮いてしまうことを避けるためにリフティングタイプのものを活用してみてもいいでしょう。踵が浮いてしまうことがなくなります。いつも安定したフォームでスクワットすることが出来るようになります。

スクワットは非常に効果的な筋トレメニューのひとつなのですが、踵をしっかりつけながらそれを行わないと、十分な効果を得ることが出来なくなってしまうのでその点は気を付けなくてはなりません。

お手軽なランニングシューズ

筋トレの際に、ランニング用のシューズを使ってみてもいいでしょう。筋トレと同時にランニングの際にも使うことができ非常に、経済的です。ランニングと筋トレを併用することによって、非常に効果的に自分の筋肉を鍛えることが出来るようになります。

ランニングシューズを選ぶ際には、筋トレの事も考えて踵のホールド感をしっかり確認して選ぶようにするといいでしょう。踵がしっかりホールドされていないと、筋トレをスムーズに行うことが出来なくなってしまう可能性がでてきます。

筋トレシューズの選び方とおすすめ商品

筋トレシューズの選び方と多くの人に愛用されているおすすめ商品は以下の通りです。参考にしながら、自分の筋トレの効率を高めてくれる商品を選んでみるといいでしょう。

筋トレシューズ選びのポイント

筋トレシューズを選ぶ際にはデザインよりも機能性重要視して選ばなくてはなりません。

靴底が薄いもの

ふんわりとした靴底の厚いシューズを選んでしまうと、トレーニングの際の邪魔になってしまうことがあります。靴底からのクッション性がトレーニング効果を低下させてしまうことになります。更には自分が鍛えたいと思っている場所とは異なった部分に力が入ってしまって、十分に筋肉を鍛えることが出来なくなってしまう場合が考えられ、十分に注意しなくてはなりません。できるだけ靴底の薄い物を探して見るようにするといいでしょう。

ジムなどで筋トレをする場合には裸足で筋トレを行って見てもいいでしょう。ただ、安全性の事を考えると裸足というのはあまり良くありませんので、出来るだけ足を守りながらクッション性の低いシューズを選んでみるようにするのがおすすめです。

ホールド感やグリップ力が強いもの

ホールド感やグリップ力があまりにも強いシューズを選んでしまうと、足に対しての遊びが無くなってしまい、筋トレ中に怪我をしてしまう可能性がでてきます。革靴のような靴で筋トレをするのは避けるようにしましょう。また、通気性の悪いものは、同様に大きな負担を足にかけてしまうことがでてきますので、足に対する通気性の確保も忘れてはなりません。

足を適度に保護しながら、運動性に優れたシューズを選ぶようにすると怪我の心配が少なくなります。筋トレ中に怪我をしてしまうと継続して筋トレできなくなってしまいます。実際にシューズを選ぶ際には、履いてみたり口コミなどの情報を確認してみて、自分の足の自由度を確認してから、それを選ぶようにしてみるといいでしょう。

おすすめの筋トレシューズ

筋トレの際にお勧めのシューズはどのようなものを考えて選んで行くのがいいのでしょうか。靴屋に行く時間が無いような場合には、通販からそれを購入してみるという方法も考えられます。

アシックス ウエイトリフティングシューズ

アシックス ウエイトリフティングシューズはシューズのソール部分に高さがありますので、筋トレ時に足の部分に違和感を感じることなくしゃがむことができますので、効率よくトレーニングをすることが出来ます。ウエイトリフティングによって筋トレをしたいと考えている方に特にお勧めの商品です。

ソール部分にはグリップ力にあふれるラバーが使われていますので、しっかりと筋肉を鍛えていくことができます。多くの人が愛用している人気のシューズです。足をしっかりと保護してくれます。トレーニング中の怪我の心配から解放されることになります。膝や腰の怪我の可能性を減らしてくれます。更には、デザイン性にも優れた商品です。運搬に便利なシューズ袋が付いています。

ビブラム Vibram FiveFingers KSO EVO

ビブラム Vibram FiveFingers KSO EVOは非常に薄く作られていますので、裸足のような感覚で筋トレをすることができます。力がシューズに吸収されてしまうこともありませんので、しっかりとした筋トレをすることが出来るようになります。足への締め付け感は全くありませんので、快適にお使いになれます。ユーザーからのフィードバックを参考にしながら商品の改良も行われています。

軽量コンパクトな仕様となっていますので、商品の持ち運びをスムーズに行えます。5本の指を自由に動かすことができますので、自由度の高い運動をすることを可能にしてくれます。このシューズを履いて歩いているだけでも足の筋肉に適度な刺激を与えることができますので、おすすめです。足の筋力の低下を防ぐことが可能になります。

喜多 安全靴・作業靴            

喜多 安全靴・作業靴は建築現場での作業に適した安全靴ですが、足をしっかりとガードしてくれるという特徴をもっているので、筋トレ用のシューズとしてお使いになるかも多くいます。クッション性の低さ、ソールの薄さ、グリップの強さを兼ね備えています。効率よく筋トレをすることが可能です。足の怪我の可能性も大きく減少させてくれます。

シューズは屈曲性に優れていますので、足に負担がかかりません。また、スリップしにくい仕様に作られていますので、運動の際のトラブルを少なくしてくれます。スリポンタイプなので着脱を非常にスムーズに行うことができます。カラーバリエーションが豊富なので、自分の好みの色を選ぶこともできます。

自分に合ったシューズを選んで筋トレすしよう

筋トレを行う場合には、自分の目的に合ったシューズを選ぶようにすることがポイントです。自分の筋トレメニューを振り返ってみて、それに合わせて商品を選んで行くようにするといいでしょう。シューズを選ぶ場合には、自分の足をしっかりと守ってくれて怪我の心配を無くしてくれるものがおすすめですが、あまりにもクッション性が高くなってしまうと十分なトレーニング効果が現れて無くなってしまうことも考えられます。

実際に商品を自分の目で見てシューズを調達してみてもいいですが、靴屋に行く時間を取れないというような場合には、通販ショップから商品を購入してみてもいいでしょう。通販にもいろいろなタイプの商品がありますので、自分の目的に合わせた商品選びができます。

category

記事カテゴリー