背筋を鍛える器具アイテム。トレーニングで背中を鍛えよう

背筋を鍛える器具アイテム。トレーニングで背中を鍛えよう

TRAINING 2019.01.08

Share :

背中を鍛えてかっこいい体を手に入れたい 

昔から「男は背中で物をいう」なんて言いますが、40代になると筋力がどんどん弱くなっていくのを痛感します。特に背中の筋肉はサラリーマン稼業ではほとんど使わない筋肉なので衰えが早いのです。背中を鍛えてかっこいいボディを作るためには筋トレ等、背筋を動かすことが必要です。器具にはどのようなものがあるのか、また鍛え方も理解しておきましょう。

スポーツジムにある背筋を鍛える主な器具 

筋トレをしっかり行うためにスポーツジムに通う人も多くなっています。スポーツジムには色々な器具がそろっていますし、トレーナーが各筋肉の鍛え方もレクチャーしてくれるので安心です。スポーツジムにある器具でどのように鍛えることができるのでしょう。

上から引き下げる動作で鍛えるラットプルダウン

背筋を鍛える器具といえばラットプルダウン、器具を利用することで上半身をバランスよく鍛えることができるのです。ラットプルダウンはフロントネックという方法とビハインドネックという方法があります。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

フロントネックは首の前にバーを下して背筋を鍛える方法です。ビハインドネックは首の後ろにバーを下すことで背筋を鍛えます。ラットプルダウン、ラットは広背筋、プルは引く、ダウンは下ろす、この通りの動作ができる器具です。

手前から引く動作で鍛えるシーテッドローイング

座った状態から器具のケーブルを引いてボート漕ぎのような運動ができます。ケーブルを後ろに引く動作をすることで背筋を鍛えることができるのです。脇を広げて引っ張ると負荷が弱くなり、脇を締めて引っ張ると負荷がかかります。自分で調節しながらトレーニングできるのも魅力です。

座って体を反らす動作のバックエクステンションマシン

脊柱起立筋は背骨に沿うようについている筋肉で、この筋肉を鍛えると腕を背中に回したとき、背中の真ん中に縦のラインがかっこよく入ります。背中側にシックスパックができたようなイメージで男の憧れのラインともいえるでしょう。

この脊柱起立筋を鍛えるのがバックエクステンションマシンです。トレーニング自体は平坦なところから状態を反らすというトレーニングになりますが、スポーツジムでは効率よく筋肉を利用し、筋肉を傷めないためにもマシンを利用して行います。

器具に胸を下にした状態から手を頭の上に抱え息を吐きつつゆっくり後ろにそり、背中の筋肉(脊柱起立筋)が緊張したら2秒静止、空気を吸いながらゆっくりと元のポジションに戻るというトレーにイングです。これを10回程度行います。

自宅で背筋を鍛えられる器具は豊富

スポーツジムに通っている時間がない、また近くにスポーツジムがないという方も多いです。そんな時でも今は自宅で筋トレができるアイテムが沢山販売されています。

チューブを使って行う筋トレ用のチューブ、ダンベル、その他大きめの器具まで購入できるのです。ダンベルやチューブはそれほど高くないので初心者でも気軽に購入し自宅筋トレに活かすことができるでしょう。

またバランスボールは体幹トレーニング、背筋を鍛えるトレーニングに利用できます。バランスボールもリーズナブルなので買っておけば便利です。

おすすめのダンベルの紹介

初心者が背筋を鍛える時に買うアイテムとして人気があるのがダンベルで、最近は女性も筋トレが流行していることからオシャレなものが多数登場しています。ダンベルは可変式と固定式があるので、使いやすい方を購入して筋トレに活かすといいでしょう。一人暮らしの男性の家にふと置いてあってもかっこよくおしゃれなダンベルを紹介します。

ワウト バーベル 2個セット 5kg 10kg 20kg

流通網がシンプルなのでコストパフォーマンスのいいダンベルです。初心者でも気軽に購入できるおしゃれなダンベルで非常に人気があります。ダンベルが床にぶつかると音が大きくまたへこむこともありますが、このダンベルは外部素材にポリエチレンを利用しているので、床にぶつかっても音が小さく傷をつけにくいという配慮ある商品です。

BeryKoKo ダンベル 2個セット

鉄ダンベルは金属がそのまま露出しているので寒い時期には握るのが嫌になるほど冷たくなり、夏は汗で滑りやすいというデメリットがあります。しかしこのダンベルはゴムでコーティングされているので扱いやすく、冷たい、汗で滑ることもありません。

ゴムコーティングされているので握りやすく、初心者の方でも扱いやすいダンベルです。一般的なダンベルのように丸ではなく六角形なので床に置いて保管しても、転がることもない安心のデザインとなっています。

おすすめのトレーニングチューブの紹介

チューブを背面に向けて引っ張る運動は背筋を鍛えるトレーニングとして最適です。トレーニング用のチューブも自宅用に用意しておけば、背筋トレーニングをいつでも行うことができます。セット商品を購入すれば負荷の調節ができ便利です。トレーニングチューブもおしゃれなものが多数あります。

TheFitLife フィットネスチューブ

負荷を50㎏まで調節できるトレーニングチューブのセット商品です。背筋を鍛えるほか、リハビリや子どものトレーニングなどにも利用されています。負荷を細かく調節できるので、家族で利用できる便利モノです。

フィットネスチューブとは違い高品質のラテックス製を採用、丈夫なカラビナを使っているので安心してトレーニングできます。

エクササイズバンド Disifen トレーニングチューブ レジスタンスバンド 強度別5本セット

背筋以外、全身様々な筋肉を鍛えることができるトレーニングチューブです。背筋を鍛えたり、太もものトレーニングをしたり、様々な部位を鍛えることができるので、シェイプアップに利用している方もいます。チューブトレーニングは関節を鍛えるトレーニングにもなるので、年齢を重ねても関節に支障がないようにトレーニングに取り入れている方も多いようです。

天然ラバーバンド採用で安全に利用でき、変形しないので扱いやすいのも人気の理由となっています。肩こりがひどい場合のトレーニングにもおすすめです。

おすすめのバランスボールの紹介

バランスボールは体幹トレーニングなどによく利用されています。お子さんからアスリート、高齢の方にも人気です。体幹トレーニング以外、背筋を鍛える運動などにも活用できるので一つ持っていると非常に便利なトレーニングアイテムとなります。

バランスボールも色々な商品がありデザインも色々です。かっこよくまたお値段も手ごろな商品を紹介します。

Trideer バランスボール45/55/65/75cm

Trideerのバランスボールはカラーも豊富でオシャレです。45㎝から75㎝までサイズも多くフットポンプ付で楽に空気を入れることができます。1年有効のメンテナンス保証がついている安心の商品です。

ヨガ、ピラティスなどに利用する方も多いのですが、気軽に背筋のトレーニングができるので幅広い年齢層の方が利用しています。背筋を伸ばしバランス感覚を整えながら背筋力アップにもつながるので、椅子としての利用もおすすめです。

高密度でより厚く作られ、表面は滑り止めとして安置バースト加工も施されています。滑らないように注意する事もなく、楽にトレーニングできるのも特徴です。

Active Winner バランスボール

背筋の強化、姿勢の矯正に、体幹トレーニングにも利用できるバランスボールの中でも、安全性の高い商品です。バランスボールも長く利用していると傷がついてしまったり、穴が開くこともありますが、このバランスボールは一気に空気が抜けることがありません。

ゆっくり空気が抜けていくので安全に利用できるのです。品質に自信を持っている証拠に1年の保証がついてきます。空気入れもついてくるので空気を入れるのも楽々です。

背中を鍛える器具は種類が豊富でネットでも購入可能

背筋を鍛えたいと思っている人は多いと思いますが、なかなか実行できないものです。しかし筋トレアイテムを持っていればやってみようかなと思う時、すっとトレーニングできます。筋トレは継続的に行うのがポイントです。

年齢ともに丸くなりがちの背中ですが、綺麗に伸びた背筋は若々しい印象を与えます。かっこいい背中になるために、筋トレ方法を理解し少しずつでいいので筋トレを続けていきましょう。

category

記事カテゴリー