投資を始めようと考える場合にやっておくべきことは何か?

投資を始めようと考える場合にやっておくべきことは何か?

LIFE STYLE 2019.02.02

Share :

投資について学びたい

投資について学びたいと考えている場合にはどのように対処するのがいいのでしょうか?投資は自分の持っている資産を増やすことが出来るという点で非常に魅力的な要素をもっていますが、絶対に資産を増やすことが出来るということが確約されているということではありません。

リスクに対する備えを十分に考えておくことが必要です。リスクの可能性をゼロにすることはできなくても、投資についての知識を蓄えておけば、リスクの可能性を大幅に小さくすることが可能です。

投資について学ぶ際には、投資のメリットだけでなくてデメリットもしっかりと把握しておくことが必要です。また、投資にのめり込んでしまうとマネーゲームになってしまう事もあります。なぜ投資を行うのかについて自分なりの目的をしっかりと持っていることもリスク解消のためには必要です。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

投資に関する基礎知識

投資活動は自分の保有している資産を増やすことのできる経済活動です。自分の資金を投下することによって、それを増やしていくことをすることです。貯蓄などに比べると非常に大きな利益を上げることが出来る場合が多いのですが、一方で自分の資産を失ってしまう可能性が全く無いということにはなりません。

投資の良い部分も悪い部分も理解して納得した上で投資活動をしていかないと悔いを残す結果になってしまいます。投資の方法は主に2種類に分類されます。比較的リスクが小さなインカムゲインとリスクは大きいけれども大きな利益を期待することができるキャピタルゲインがありますので、自分の投資の目的に合わせてチョイスすることも可能です。

投資については一定の知識を持っていないと安全な投資をすることが出来なくなってしまいます。投資を始めようと思ったならば、書籍を購入して基本的な内容をしっかりと学んでいくことが必要です。投資に関するセミナーも適宜開催されていますので、参加することによって基本的な情報を知ることもできるようになるはずです。

資金を投下し利益をあげていく行為

投資活動は資金を投入して、自分の資金を増やして行く行為です。銀行や郵便局にお金を預けても同様に利息によってお金を増やしていくことが出来るようになりますが、それよりもはるかに大きな収益を上げることが出来るのが投資活動です。投資活動においては、資金を不動産や証券など積極的に投入して利益を上げていきます。

投資をする場合には、いろいろな情報を多面的に集めていくことが必要です。情報を多く持っていたほうが投資活動を有利に進めていくことが出来るようになるからです。ネット上にもいろいろな投資情報が存在していますが、人づてに情報を集めて見るという方法もおすすめです。投資活動を有利に展開させていくことを考えるのであれば、投資仲間を作っていくことも必要です。お互いに刺激を与え合うことになりますし、有益な投資に関する情報を交換することが出来るようになります。

ハイリスク・ハイリターンが原則

投資をする場合にはリスクの高いものほど大きな収益を得ることが出来るという特徴があります。短期間で大きな収益を上げることが可能な投資の場合には同時に大きな損失となってしまう可能性を考えなくてはなりません。

投資の中にもリスクのそれほど大きなものではない物もありますが、その分利益率は少なくなってしまいます。じっくり時間をかけて自分の資産を増やしていくことを考えるのであれば、ローリスクタイプの投資を活用してみるのがおすすめです。

全くリスクの存在しない投資は無いですが、例えば分散投資などの方法を使ってリスクを減らすことは可能です。また投資にかけることが出来る資産をあらかじめ決めておけば、仮に資産を減らすことがあったとしても比較的冷静な対処を取ることが可能です。

リスクは全く想定できないという訳ではありませんので、想定されうるリスクに対してどのように対処すればいいのかを自分なりに考えておくことがおすすめです。投資に対する哲学を自分なりに形成しておくことができると万全の態勢で投資活動をしていくことができるようになるはずです。

収益は2種類ある

投資による収益にはキャピタルゲインとインカムゲインの2つのタイプが存在しています。キャピタルゲインは多くの場合においてハイリスクハイリターンタイプの投資になりますが、逆にインカムゲインがローリスクローリターンになることが多くなります。長期的な展望に立ってコツコツと試算を増やしていくことを考えるのであれば、ローリスクローリターンタイプの投資を検討して見るようにするといいでしょう。

売却で利益を得るキャピタルゲイン

キャピタルゲインは自分の資産で購入したものを購入価格よりも高い値段で売ることを言います。しかしながら、損失が出てしまうことも考えらえますので、その場合には、キャピタルロスと呼ばれています。

例えば株式などの相場の変化を利用して大きな収益を上げることが出来るようになるのが、キャピタルゲインです。相場の動きを的確に読むことが出来れば大きな収益を上げることも夢ではありません。投資に対して長時間割くことが出来る人の場合には相場の動きを常に監視することが可能ですので、大きな利益を上げやすくなります。

逆に片手間に投資活動をしようと考えている方の場合には、キャピタルゲインから大きな利益を上げにくくなってしまうことが多くなります。

保有することで利益を得るインカムゲイン

キャピタルゲインとは異なりインカムゲインの場合にはものを売り買いすることはあまり必要ありません。一定の資産を保有することによってその資産から定期的に得られる利益の事をインカムゲインと読んでいます。

インカムゲインは資産を保有するだけのことですので、それほどリスクの高い投資ではありません。しかしながら、資産を保有するための一定の資産をあらかじめ持っていることが要求されます。ローリスクタイプの投資ですので、大きな収益を上げることは短期間では難しくなってしまいます。

長期的な視点にたって資産を増やしていくことを考えている場合にはお勧めの投資方法であると考えられます。比較的堅実な投資方法ですので、着実に自分の資産を時間をかけて増やしたいと考えているのであれば、積極的に活用することがおすすめです。

 

投資をするメリット

投資をするメリットはどのような点にあると考えておくといいのでしょうか?銀行などにお金を預けることによって得られる利息よりも大きな収益を上げることができるようになります。投資によって得られた利益を更に投資に投入することによって、複利的な資産増加を期待することも可能になります。

銀行金利より利益が期待できる

投資によって得られる利益は、基本的に銀行金利より高く設定されています。貯蓄しているだけでなく投資することで高い利益が期待できるようになるからです。貯金の場合は物価上昇に弱いが、投資であれば物価上昇率を上回る利益が得られる可能性もあります。

不労所得が得られる

給与を受け取るためには、労働活動をすることが一般的ですが、投資の場合には、労働活動の不要な不労所得を得ることができるようになりますのでおすすめです。たとえば不動産投資の賃貸収入や、株式投資の配当金などが不労所得に該当します。

複利効果が期待できる

投資活動は大きな資産を持っているのであれば、仮にローリスクローゲインのものであってもトータルで十分な利益を上げることが出来るようになります。はじめは少ない資産での投資になるかもしれませんが、投資活動が軌道にのってきて資産が増えてくれば、複利的に利益を増やしていくことも可能です。

また、投資初心者の場合には、どのように投資すればいいのか迷ってしまうことも多いです。投資信託タイプのものを活用して、一定の手数料を支払いながら、プロの方に投資活動を代行してもらってもいいでしょう。信託型の投資であれば、投資活動に自分の時間をほとんど使うことなく一定の収入を得ることが出来ることも期待されます。

投資信託タイプの投資法はプロの方が全ての投資活動を代行してくれますが、段々となれてきたら、自分の考えも積極的にプロの方に伝えて、より効率のよい投資になるような工夫をしてみてもいいでしょう。そのためには普段から投資についての勉強をすることも必要になります。

投資をするデメリット

投資活動をするデメリットはどのような点にあると考えておくべきなのでしょうか?銀行に預金するのとは違って、自分の資産が無くなってしまうことも考えておかなくてはなりません。元本保証の適用にはならないことを知っておくことが必要です。また、自分の資産を投資活動することが必要ですので、投資を開始するにあたって必要になってくる初期投資が場合によっては巨額になってしまうことも考えられます。

元本保証ではない

投資活動は絶対に成功するものではありませんので、場合によっては自分の資産が元本割れを起こしてしまうことも考えられます。投資をする場合には、自分の資産の中で余裕があるものだけを投入するようにすることがおすすめです。また、長期間投資をする場合には自由にその資産を使えなくなってしまうことも考えられますので、予算的な余裕を常に確保しておくことが必要です。

分散投資をしておくことによって元本割れをしてしまった場合の補てんを考えてみてもいいでしょう。

投資によっては初期費用が高い

株式投資の場合には最低でも数万円程度の投資額が必要となります。ほとんどの銘柄は10万円以上の投資額を用意することが求められます。一方で、不動産投資の場合は数百万円以上の初期投資が必要になってきます。初期費用のそれほど掛からない投資ももちろんありますので、資金が増えてきたら、別の投資に切り替えて更に大きな収益を上げるようにしてみることも可能です。

投資のメリット 投資のデメリット
銀行よりも大きな利益が期待できる 元本保証がない
不労所得を得られる 初期費用が高い物もある
複利効果が期待される  

主な投資の種類 

多く人が利用している投資活動にはどのようなものがあるのでしょうか?株式投資、信託投資、不動産投資を活用して資産運用をしているケースが多くみられます。それぞれの投資の特徴を把握すれば、自分に合った投資の方法を見出すことが出来るようになるはずです。

配当金も得られる株式投資

株式投資はキャプタルゲイン方式の投資方方法ですので、大きな利益を上げる事を期待することもできますし、更には配当による利益も期待することができます。短期間で大きな利益を上げることが出来る用になるので大変魅力的ですが、大きなリスクを伴う投資でもあります。

資産の運用をプロまかせる投資信託

投資信託は初心者の方に特にお勧めの投資方法です。資産の運用のプロに投資をやってもらえますので、リスクのかなり少ない投資方法になります。しかしながら、投資に失敗してしまうと元本は保証されなくなってしまいます。また手数料をプロの方に支払う必要bが出て来ます。

不労所得が得られる不動産投資

不動産を購入し賃料収入を得るインカムゲインと、その不動産を購入売却することで得る利益キャピタルゲインの方法で利益を得ることが可能です。不動産投資の場合は、確定申告で所得税の還付を受けられるというメリットがありま。

外貨の売買で利益を得るFX

外貨を用いて為替の変動を利用して収益を上げるFXと呼ばれる投資方法もおすすめです。為替の変動に対して、素早い対応をすることが求められますので、かなり時間的な制約が伴い投資方法であると考えておくと良いでしょう。

投資を成功させるためのポイント

投資を成功させることを考える場合にどのようなポイントに注意することが必要なのでしょうか?

投資に関しては事前の準備が大きなポイントになってきます。

投資を行うときのポイントとして自分なりの目標と期間をキチンと設定してから投資活動をスタートするようにすることが必要です。

目標と計画を立てる

投資についての自分なりの計画を立ててから投資をスタートしないと投資をしている途中で資金不足に見舞われてしまうことも考えられます。計画通りにことは運ばない時でも事前にしっかり計画を立てておくことによって大きな選択を迫られる場合でもブレずに投資することがあります。

また、どのくらいの利益をあげたら撤退するかについても自分なりに決めておくようにすることが必要です。また、投資についての自分なりのルールを設定しておいて、仮に損失が出てしまっても被害を大きなものにしないために、撤退することを実行することも考えておかなくてはなりません。

リスクに対する対処方法を考えておく

投資にリスクが付き物です。そのリスクをできるだけ小さなものにするという努力は常に行っておくべきです。いろいろな可能性を常に想定して、実際にトラブルに遭遇してしまった場合の対応を常に考えておかなくてはなりません。

コミュニティに参加し情報交換をする

投資を行っている人達とのネットワークを構築しておけば、そこから投資に関する最新の情報を得ることも可能になってきます。投資を勝ち抜くためには新しい情報に常にアンテナを張っておくことが必要です。

投資には確定申告が必要

我々日本人は憲法の規定で納税の義務があります。投資によって一定の収益を得た場合にはそれに応じて税金を支払う必要がでてきます。確定申告が必要ですので、投資によって収益が出た場合には忘れずに行わなくてはなりません。

確定申告が必要

投資によって利益を得た場合には、必ず確定申告をしなくてはなりません。株式投資の場合源泉徴収が行われている口座であれば、確定申告は不要です。確定申告を忘れると追徴課税されるますので要注意です。税金について不明の点がある場合には税理士さんに相談してみるようにすることも必要です。

投資のリスクは計画を立て無理のない投資を心がけることが大事

投資活動は無理のない計画を常に考えておくことが必要です。無理のない計画を立てることは投資のリスクを最小限にすることにつながりますので、欲張らないことを考えながら投資活動に携わっていくようにすることがおすすめです。

また、投資をするためには一定の知識も必要になってきますので、書籍やネットから新しい情報を手に入れることを常にしていくようにすることが必要です。また、いろいろな場所で投資に関するセミナーが開催されていますので、活用してみることもおすすめです。最初は無料のセミナーを利用することがおすすめです。

category

記事カテゴリー