自分の仕事にやりがいを感じられない場合の対処方法について

自分の仕事にやりがいを感じられない場合の対処方法について

BUSINESS 2019.02.03

Share :

若い頃のやる気を取り戻したい

若いうちは張り切って色々な仕事に取り組んでいたはずなのですが、いつしか仕事に対して気持ちが後ろ向きになってしまってしまうこともありますどんなに魅力的な仕事であっても同じことをいつもしているtpやる気がだんだんと失われてきてしまいます。

仕事に対してのやる気が失われてしまうと仕事の内容がだんだんとおろそかになってしまい、結果として悪循環になってしまいます。自分なりの方法で若いころのやる気を維持する方法を探し出すことが必要です。仕事にやりがいを感じていると気持ちにハリがでてきますので、老化防止にもつながります。健康管理の意味でも仕事に対するやる気を維持しておくことがおすすめです。

 

仕事のやりがいを感じる瞬間とは

仕事にやりがいを感じる瞬間とはどのような瞬間なのでしょうか?働いていて楽しいと思える時間をもつことは仕事に対してのやりがいを呼び起こさせるものと言えます。また、自分が職場でのびのびと働くことが出来るというのもやりがいを感じられる瞬間になるはずです。更には仕事を通じて自分の成長を確信できるとしたら、それも大きなやりがいとなって返ってくるのではないでしょうか?

働くことが楽しいと思える

働くことが楽しいと感じることが可能になるためには、仕事内容だけでなく、自分にしかできないことを任されていたりあるいは自分の存在が周囲に必要とされていることも大切なポイントになります。周囲の評価が自信に繋がり、仕事が楽しく思えてくるきっかけになります。

今の自分自身が発揮できている

自分しかできない能力を持っていないとしても、真面目にコツコツと仕事をしていくというスタイルが会社の中で最大限に発揮することが出来るような職場環境であれば、努力型の人は大いに仕事に対するやりがいを覚えるようになるのではないでしょうか?自分で仕事を完了させることが出来たという充実感がやりがいを生む原動力になってくれるはずです。

仕事を通じて自分の成長を感じられる

仕事を通じて自分の成長が感じられるのであれば、仕事に対する面白さを感じることが出来てやりがいを感じることが出来るはずです。目標を立てて、スキルアップができたり、あるいは、仕事が目標に達成した場合は充実感や達成感が感じられ、自分自身も成長したと感じることができる。その気持が次の仕事も頑張ろうという気持ちに繋がるので良いサイクルの中に自分をおくことが出来るようになります。

仕事にやりがいを感じられない原因とは

仕事に対してやりがいを感じられない原因はどのような点にあると考えておくのがいいのでしょうか?いつも同じ仕事を繰り返しているとマンネリ化してしまって、そこから刺激を得ることが出来なくなってしまいますので、やりがいを感じられなくなってしまうかもしれません。

また、自分なり真剣に仕事に取り組んでいるにも関わらず周囲からの評価が非常に低い場合はやりがいが減少してしまうかもしれません。また、給与が著しく低いという場合も同様の事が起きてしまうものです。また、忙しすぎると体に角の負担がかかってしまい、、仕事に対するマイナス要素ばかりを考えるようになってしまいます。

慣れた仕事と環境で刺激がない

会社に入って、長く同じ仕事をしていると仕事に対するやりがいを感じられなくなることもあります。仕事に対する意識が高い人ほどやりがいが感じれなくなって悩むということは多いようです。

いわゆるマンネリの状態になりますので、仕事のやり方を自分なりに工夫してみるとか仕事の中で新たな魅力を自分なりに創造してみるようにするとやる気が復活するかもしれません。どんな仕事でも工夫の余地は必ず存在しているはずです。

自分の仕事に対する評価と報酬が満足できない

自分の仕事に対して正当な評価を受けそれに見合った対価が得られることで仕事に対するやりがいを感じられます。しかし、満足できない待遇だと不満が募ってしまい、仕事にもやりがいを感じなくなってしまって、仕事に対して全く興味を持てなくなってしまいます。

どうしても自分の中で不満が解消されないのであれば、自分が満足できる報酬を与えてくれる職場を模索してみると良いかもしれません。新しい職場で自分が正当に評価されると感じることが出来ればやる気が復活してくるはずです。

日々の仕事に追われている

毎日の仕事があまりにも忙しすぎて、日々の仕事をこなすことで精一杯で、仕事に対してどう考えるべきか、将来の目標など考える暇もないという状態になってしまったら、思考停止の状態ですので、当然の事ですが仕事に対する喜びを感じることが出来なくなってしまいます。

このような状態になってしまったら、すぐに自分に対してゆとりの時間を与えるようにすることが必要です。自分を見直す時間をつくり、体を休めることができればそれによって仕事に対する活力を蘇らせることができるはずです。

体調や将来の不安

多くの人にあてはまることですが、40代になると、健康の問題を持つ人が増えてきます。昨今では仕事内容が理由でなく、出世したくないと思う人も増えてきます。さまざまな不安要因のためから目標が立てられず、自分の抱えている心理的な状態から仕事への意欲も減る人も多くなってしまいます。

このような場合には、自分の気持ちを切り替えることが必要です。日本人の寿命はどんどん延長していますので、40代と言ってもまだまだ若いと考えていいでしょう。健康の心配をするよりも自分の将来展望をあれこれと考えてみる方が健康的であるのは言うまでもありません。

仕事のやりがいを考える

仕事のやりがいはどのようなものであると考えておくのがいいのでしょうか? 仕事をするうえで、「評価」「報酬」「将来」のバランスが取れていると心が満たされて、仕事にやりがいを感じられやすくなります。で、自分にとってのやりがいは何なのか、また将来どういうスタンスで働きたいのかを考えて仕事の取り組むことが大事です。

 

会社側の問題について

働いている会社側の問題で仕事に対するやりがいが減ってしまうことも多いものです。雇用者の立場で会社のありように色々なことを言うことは難しい部分もありますので、自分なりの工夫で仕事に対するやる気を維持するようにすることがおすすめです。

仕事の範囲が曖昧

海外では、与えられた仕事がどこからどこまでなのかしっかり定義されていることが多いのですが、日本はそのあたりを曖昧にしていることが多い。そのため、いつのまにか仕事が増えていたり、入社当初は想像もしていなかった仕事を任されたりすることもあり、それがストレスになり仕事に対するやる気がだんだんと失われてしまうことになります。

年功序列で能力主義ではない

若手は能力があっても昇進できず、勤続年数や年齢が重視され、賃金や役職がそれらに反映されていると、頑張る意欲がわかない。しかし、一定期間以上働くことで昇給や役職が確約されるので将来に対する不安はなくなる。日本の雇用システムですので、上手くそれに順応して、仕事に対するやる気を維持するようにすることが肝要です。

やりがいを感じない本当の理由とは

自分の事を自分自身がきちんと把握していないために仕事に対してのやる気を失っている場合も考えられます。振り返りによって自分のありようを確認してみてもといいでしょう。

自分のことがわかっていない

そもそも自分のことがよくわからないから、自分に合わない仕事を選んでいる可能性がある。やりがいを感じないという一言で片付けるのではなく、この仕事の何が嫌か、どんな仕事だったらもっと自分の能力を活かせるのか自分の気持に向き合うことで、自分のことがもっとわかるようになります。

そのためにも、目の前にある仕事をしっかりこなすことでもっとやりたいことが見えてくるはず、自分探しのためにできる限りの努力をしてみるといいでしょう。

今の状況が安定している

給料も良く人間関係も良好。会社も安定して待遇もよい。しかし、仕事は仕事内容に興味が持てず、やりがいも感じなくなってしまいます。そのような場合は、仕事のやりがいより生活の安定を優先することを自分で選択しているので、ある程度そういう仕事なのだと割り切ることも大切です。欲を言っても仕方がありません。

将来のヴィジョンがない

20年以上社会で働くと、自分の能力の限界を感じたりする。若い頃は、こうなりたいなという考えたそれほど簡単にできなくなった。住宅ローンの負担や、子供の学費などで将来を考える余裕がないのも原因で仕事に対する情熱を維持するのが難しくなってしまうことも考えられます。

社内のコミュニケーションが不十分

社内のコミュニケーション不足はさまざまな問題の要因になり、業務の障害になり得ます。職場で不満がある場合、部署の人も不満をいだいている可能性もある。コミュニケーションを活発にすることで、お互いの不満を明らかにし改善することで職場の環境の改善だけでなく業務を円滑に進むようになり、仕事に対するやる気を復活させることになるかもしれません。

今ある状況を楽しもうという意欲がない

満足できず不平不満を言う人はどんな状況でも同じ場合がある。あるものより、ないものを数えるからである。仕事でもすべてが悪いわけではなく、そもそも仕事があることへの感謝、仕事中にしてもらっている親切など些細な喜び積み重ねればもっと心豊かな生活になるはずですので、常に感謝も気持ちをもつことも重要なポイントです。

仕事にやりがいは必ずしも必要ではない

現代においては価値観が多様化していますので、仕事に対してのやりがいを必ずしも見つけなくてもいいという考え方の方も増えてきています。そのような方の場合には仕事する上で、やりがいを必ず見つけなくてはいけないわけではないことになります。

そもそも生きがいは人それぞれで、アンケートでも趣味や家族と答える人も多いので、むしろ自分の趣味にやりがいを見つけていくという生き方もあってもいいのではないでしょうか?

今の生活をより良くするためのポイント

仕事を通じていまの自分の生活をより良くするためにはどのようにするのがいいのでしょうか?自分の生活を見直してみることからスタートしてみることがおすすめです。生活を見直すことによって自分の体力を回復させてみると良いでしょう。体力があれば何でもやろうという気持ちになるはずです。

また、自分以外の人間についても大きな関心を持つようにすることがおすすめです。実務的な喜びに加えて周囲の人間の成長を喜ぶという方法で仕事に対するやりがいを見出してみてもいいでしょう。給与面で満足できないというのであれば副業を始めたり、転職を考えてみてもいいでしょう。

まずは生活を見直す

健康的な理由で日々の仕事にやりがいを感じることが出来ないという可能性が考えられる場合には自分生活スタイルを見なおしてみて、体力の回復を考えてみることがおすすめです。アンケートによると、日常的に疲労を感じている人の割合は、慢性的な疲労を感じている人は7割弱となっています。

十分な睡眠と栄養補給によってまずは、体調を回復させることが大切です。ストレスもためないように上手く発散させることを考えてみると良いでしょう。

他人に関心を持つ

仕事に対してのやる気を持つことが出来ない場合には他人に対して積極的に関心を持つようにすることもおすすめです。他人に興味がない人は、気遣いができなかったり、自分本位の考えしか浮かばなかったりすることが多い物です。相手の立場に立ったり、部下の立場に立ったり、いろんな視点から物事を見ることが出来るようになれば、いままでと違った見方ができるようになる。

相手の気持ちがわかるようになれば、社内のコミュニケーションの円滑になり職場の雰囲気も変わるはずですので、結果として自分の職場での評価も変わってくるはずです。人望があつまれば、大事な仕事を任されることになりますので、それによってサラリーがアップすることも期待できます。

自分の成長だけでなく部下の成長を喜ぶ

いつも同じ仕事をしている毎日のために、仕事に慣れて新鮮味を感じられなくなって、これ以上学ぶことが見つからなくなる人もの場合にはだんだんとモチベーションが下がってしまうことも多い物です。

このような場合には仕事に対する考え方を180度変えてみると良いでしょう。たとえば、自分が熟達している仕事を部下に教えることをやってみるといいでしょう。自分が教えることによって部下が効率よく仕事をすることが出来るようになるという喜びは仕事に対する新たな情熱を呼び起こしてくれるかもしれません。

更には部下に指導することによって自分自身のスキルアップにつながるかもしれません。意外と人に教えることは難しい部分も多いので、それをそつなくこなして行くには自分自身のレベルアップが必要です。自分のレベルアップを体感できればそれ大いなるモチベーションにつながっていくのではないでしょうか?

副業を持つ

給与の面で仕事に対してのやりがいを感じることができないのであれば、副業をもってみてもいいでしょう。2018年1月には、厚生労働省が「副業・兼業の促進に関するガイドライン」が作成され、「モデル就業規則」から副業禁止の規定を削除したので、従来よりも副業がしやすい環境が整いました。

好きなことで生計を立てるのは大変だが、副業なら収入を気にせず続けることができるはずです。また、他に仕事を持つことで、今ある仕事のありがたみを再認識できるかもしれませんので、仕事のやる気が蘇ってくることも期待できます。

転職も視野に入れる

これまでは転職を考えるのであれば、35歳までと言われていましたが、最近では雇用情勢も大きく変わってきていますので、40代でも転職推奨される時代になっています。多くの企業が少子高齢化の社会情勢の中で、人手不足で、採用における年齢にこだわらない企業も増えて来ています。自分のやりたい仕事が明確な場合は転職も考えると良いでしょう。

自分のやりたい仕事に就くことが出来れば仕事に対するモチベーションが蘇ってくるはずです。

転職を有利にするために空き時間を見つけて、最新の情報処理技術などを身に付けてみてもいいでしょう。資格を持っていることは言うまでもありませんが転職において大きな武器になります。資格取得の上限はありませんので、出来る限り多くの資格にチャレンジしてみてもいいでしょう。

 

今の生活をより良くするためのポイント
自分の生活を見直す
他人に関心をもつ
部下の成長に喜びを感じる
副業をもつ
転職も考える

 

Businessmen with plants

仕事にやりがいが感じられない場合はもう一度自分の生活を見直すこと

仕事にやりがいを感じることが出来ない場合には、自分の生活をまずは見直して見るようにするといいでしょう。身体が疲れてしまっていて、思考停止の状態になってしまっていると色々なことに関心を持てなくなってしまいますので仕事の喜びを感じることが出来なくなります。

生活習慣を見直すことによって体力は回復させることができます。体力が回復したら、どうしたら仕事に対しての生きがいを見つけることが出来るか自分なりに振り返ってみるといいでしょう。いろいろな価値観がありますので自分なりの価値観で仕事に対してのやりがいを作り出して見ることがおすすめです。新鮮味が全く無い仕事はこの世の中にはないはずです。

category

記事カテゴリー