会社を休む場合に知っておくと良い社会人としてのマナーとは

会社を休む場合に知っておくと良い社会人としてのマナーとは

BUSINESS 2019.02.09

Share :

どうしても会社を休みたくなった時の理由とマナーは?

毎日堅実に仕事をしていても急に体の疲労を感じたり、どうしても会社に行くことが精神的に負担になってしまう時もあるかと思います。そういった時は体が何らかのサインをだしているのでまずはそういった自身の体調や精神状態と向き合うことが必要です。

身体に無理をかけて仕事をすると、仕事に集中できなくなってしまって、周囲にも迷惑をかけてしまいますし、自分の健康を損なってしまうことも考えられますので、きちんとした対応をしていく習慣を社会人として身に付けておかなくてはなりません。一定の社会常識の中で会社を健康管理の意味で休むことは悪いことではないと考えられていますので、まずは自身の体調を整えることを優先しましょう。

会社を休む場合には、正当な理由をしっかり上司に伝える事が大切です。また、休養を取るのであれば業務の引き継ぎであったり、自分が抱えている顧客の情報を伝えてなるべく業務に支障がでないような配慮が必要です。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

休みたいけど休めないと悩んだ時に考えてみよう

会社での立場が上になってくると今の状況で仕事を休む事はできない、自分の仕事を外に任せることができないと考えている方も多いと思います。しかし、それを理由に体に負担をかけてしまい、結果長期的な病気な入院になってしまうことも考えられます。元々会社は有給であたり、社員が働きやすい環境をサポートする制度が義務つけられているので、自分の体に異変を感じたらまずは上司や信頼できる同僚に相談しましょう。

疲労を我慢することが正しい判断とは言えない

体に休息を与えることは仕事を効率良くおこなうためにも必要なことです。身体を壊してしまっては何にもなりません。仕事ができなくなってしまったら、自分にとって大きな損失を招くことになってしまいます。体が壊れる前に休息を取り回復させることは自分の為だけではなく、会社や家族の為にも重要なことであると考えて賢い対処を常に考えていくようにすることが肝要です。

身体の不調が続くのは脳が休養を要求している

身体の調子が悪い時には脳が体が無理をしているという司令を出しています。その司令が体調不良という形で現れるのです。たとえば、不眠、食欲低下、腹痛、動悸、憂鬱感などの状態が慢性的にあって、長期的に続き改善されない場合は身体がサインを発していると考えて速やかに休息を取るようにすることが肝要です。

人員不足を気にしてしまっている

また、自分が行かなければ、人員不足になってしまって会社に迷惑がかかるというように思う必要はありません。人員不足の責任は会社の雇用体系や管理職の統括ミスで起こることですので、体の調子が悪いのにもかかわらず休めないと思う必要は全くありません。

休むか悩んだときに以下3つのことを考えてみましょう。

疲労を我慢することが正しい判断とは言えない
身体の不調が続くのは脳が休養を要求している
人員不足を気にしてしまっている

会社を休む理由が体調不良の場合

会社を休む理由を自分の体調不良を理由にする場合にはどのような配慮が必要なのでしょうか?できるだけ早く会社に連絡をして、会社の業務に支障が無いようにしなくてはなりません。会社の方も急な欠員に十分に対処可能な体制を整えていたとしても、時間的な余裕が無ければ十分な対応ができなくなってしまいます。

自分が担当している業務があって、それに対して迅速な対応が必要である場合にはそれを的確に同僚や上司に伝えて対応をお願いすることが必要です。アポイントが入っているような場合も同様です。どのようにそれに対処していくべきかについての自分なりの考えを伝えることが必要です。

また、自分が不在になってしまうことによって、起こりうるトラブルに対して自分では対処ができないような場合には上司に忌憚なく相談することが必要です。困った状態になってしまっているのにもかかわらず何も対応しないでいるという最悪の事態が避けなくてはなりません。

業務の引き継ぎについて

欠勤の連絡は迅速に行うことが必要ですが、引き継ぎ事項については、メールなども活用して文章の形で伝達するようにすることがおすすめです。口頭での連絡の場合にはきちんと自分の言いたいことが伝わらない場合も出て来ますので、形が残るように伝えましょう。

もちろん、体の調子があまりにも芳しくなくて自分では何もできないような状態になってしまった場合には、全てを上司につたえて、判断を一任することも必要です。最悪の事態も考えて常に上司や同僚には透明性の高い仕事をすることがおすすめです。

ファイルなどもきちんと管理をしておいて、誰が見てもわかりやすい形でまとめておけば、自分の仕事を代行してくれる方に迷惑をかけてしまうこともなくなるはずです。欠勤することは良いことではありませんが、体に無理をかけて仕事をしてしまって、仕事に大きなトラブルを発生させてしまう事態をは避けましょう。

日頃の体調管理を考える

体調が回復して、仕事に復帰したら自分の仕事を代行してもらったことに関する感謝の気持ちを伝えなくてはなりません。また、健康上に理由で会社を休むのはもちろん認められるべき事ではあるのですが、何度も体調不良を繰り返してしまうのは決していいことではありません。

体調管理の方法は自分なりに作り上げておかなくてはなりません。十分な睡眠を取って、栄養もしっかりと摂取することが必要です。医師に診断をしてもらって、定期的に健康状態を確認するようにしてみてもいいでしょう。仕事は一生していくものですので、継続は力なりです。その継続をサポートしてくれるのが自分の健康状態であるということを理解しておくことが必要です。

家庭の事情で会社を休む場合

会社を休む理由を家庭の事情にする場合にはどのようにするのがいいのでしょうか?会社ごとに家庭の事情で休みを取る場合にはそれに合わせた対応が必要になります。会社の規定を超えて休む場合には上司に相談して、自分が欠勤する場合の対応を相談しなくてはなりません。

親族の危篤やお通夜を理由に休む

親族の区徳やお通夜を理由に会社を休む場合には、基本的に会社の慶弔規定に沿った対応が必要です。正式に休みを取ることができますが、病気で会社を休む場合と同様に自分が欠勤することへの対処をすることが必要です。

会社によっては、葬式などの場合にはお見舞金などが出ることも考えられますので、それについて、しかるべき部署に連絡することも必要です。会社で決められている休みの期間は決められていますので、それが終了したら、速やかに仕事に復帰しなくてはなりません。葬式後の対応は会社から与えられた休みの間に終わらせてしまう様にしましょう。

兄弟や親友の結婚式を理由に休む

兄弟や親友の結婚式を理由に休むことは決して悪いことではありません。休みを取得する理由としては正当なものであると考えていいでしょう。お通夜や葬式などとはちがい結婚式の日程はあらかじめ決められていることですので、事前に休みを取る場合にはそれを申請しておくようにすることが必要です。あらかじめ休みを取ることを会社側が把握していれば、それに向けての対応を会社が余裕をもって取ることが可能になります。

子供の体調不良を理由に休む

子どもの体調不良を理由に会社を休むことも可能です。例えば、妻(夫)も具合が悪い等、自分が看病をしなければならないことで休みを取ることが可能になります。従来はこのようなタイプの休みを取得することは認められませんでしたが、グローバル化の関係で最近では休みを取ることが可能になっています。

親の介護を理由に休む

親御さんの介護を理由に会社を休むことが可能です。重篤な病気の介護を理由に休むことをすると周囲に余計な気を遣わせてしまうことになりますので、単に調子が悪いので親を病院に連れて行きたい等の理由で会社を休むようにする方が良いでしょう。介護休暇の制度が会社にある場合にはそれを活用してみることもできます。

会社を休む場合の注意点

会社を休む場合の注意点はどのように理解しておくのがいいのでしょうか?連絡をする場合には必ず直属の上司に連絡することが必要です。仮に正当な理由で会社を休む場合であっても会社に迷惑をかけてしまって申し訳ないというニュアンスで伝えることが必要です。また、休みを取る場合には、3日間までとすることが肝要です。一方で、インフルエンザなどの伝染性の疾患を理由に休むことは避けるべきです。

電話連絡は直属の上司にする

会社を休む場合には無断欠勤にならないように必ず会社に連絡を入れることが必要です。社会人のマナーとして仕事が始まる前に連絡を入れることが必要です。その際にどうしても上司に仕事の関係で伝えなくてはならないことを忘れずに伝言することも必要です。

 会社への配慮とお詫びの気持ちを盛り込んで

会社に休暇の連絡をする場合には、迷惑をかけてしまうことに対する配慮の気持ちを伝えなくてはなりません。また、どのような理由で会社を休むのかについての具体的に伝えることも必要です。あくまでも上司に対しては、休暇を取ることへの伺いを立てる態度が必要です。正当な理由で会社を休む場合も、上司に対する謝罪と感謝の気持ちは誠実に伝えるようにしなくてはなりません。

インフルエンザは理由にしない

インフルエンザのような感染性の疾患を理由に休みを取ることも避けたほうがいいでしょう。インフルエンザによる感染者が出たことで会社内が大騒ぎになる可能性が考えられます。更には、医学的な理由で潜伏期間を合わせると5日以上休む必要が出てきてしまいます。場合によっては診断書の提出を求められる可能性もありますので、後始末が非常に面倒になってしまいます。

休む際のマナーとフォロー

会社を休んだ後のマナーとフォローはどのようにとらえておくのが良いのでしょうか?仮に正当な理由で会社を休んだ場合にも上司や同僚に対して謝罪の気持ちを表明することが必要です。これは社会人としての基本的なマナーであると考えておくといいでしょう。

出勤したら上司に謝罪の言葉を

会社を休んだ後に出社したら、まずは上司に謝罪の言葉を伝えなくてはなりません。上司に対しは欠勤の電話連絡の際も謝っているが出勤したら再度お詫びを伝えるようにすると、人間関係を円滑にすることが可能になります。

また、同僚や仕事仲間にも謝罪を伝えることが必要です。相手に対して仕事の負担をかけ迷惑をかけてしまったことを謝ることがポイントです。自分の仕事を引き継いでくれた人にはお礼の気持ちを伝えることも大切ですので、忘れないようにしなくてはなりません。

仕事を休み前に準備を整えておく

あらかじめ会社の仕事を休むことが決まっているのであれば、そのための準備を自分なりに行ってできる限り周囲に迷惑をかけないようにする努力が必要です。日ごろから余裕をもって仕事に取り組んでいくようにすることがおすすめです。同僚との意思疎通も普段からしっかりと行っておけば、自分が仕事を欠勤する場合の代行を依頼しやすくなるはずです。

毎日の仕事に余裕を持って取り組んでおく

仕事を欠勤したとてしても周囲に迷惑をかけることが無いように普段から余裕をもって仕事に取り組んでいくことが必要です。そのような準備をしておけば、仮に1~2日休んだ時に他の人に迷惑をかけるリスクを少なくすることが可能になります。急に仕事のスタイルを変えると違和感があるので、日常から仕事には余裕を持って従事するようにするといいでしょう。

自分に無理をさせることなく効率的な仕事を常に心がけておいた方がトータルでよい結果を招くことも多くなるはずです。

普段から仕事上のコミュニケーションを取っておく

自分の仕事の状況をできる限り周囲と情報共有するようにすることがおすすめです。同僚に限らず、仕事仲間(取引業者も含む)とのコミュニケーションも積極的に取るようにするといいでしょう。一定の発信力を持っているようにすることを日ごろから心がけておくようにすることが肝要です。

体調管理は常に徹底しておく

身体に大きな負担をかけてまで仕事をすることは必要ありませんが、健康管理は社会人として非常に重要なものですので、体調管理は常にケアフルに行って行くようにするといいでしょう。健康管理が悪い人は自己管理ができていないからと思われてしまうリスクが高いのでその点は注意が必要です。

バランスの良い食事を常に考えて、十分な睡眠を必ずとるようにすることがおすすめです。生活リズムを乱さないようにしていくことも重要なポイントになります。更には過度の体への負担を避けるために暴飲暴食は避けるようにすることも必要です。

会社を休みたくなったら理由を明確にして職場環境にも配慮しよう

会社を休みたくなったら、その欲求にある程度合わせて会社を休んでしまうのは決して悪いことではありません。しかしながら、自分が欠勤してしまうことに対する配慮と謝罪の気持ちは常に持っていなくてはなりません。無断欠勤をしてしまうのが社会人としての常識を疑われてしまいますので、必ず理由を明確にして上司に欠勤することを伝えて了承をもらわなくてはなりません。

伝染性の病気を理由に会社を休むことは大きな問題を引き起こしてしまうこともかんがえられますので、避けたほうがいいでしょう。体調不良を理由に会社を休むことは決して悪いことではありませんが、それを頻発してしまうと自己管理能力を疑われてしまいますので注意が必要です。十分な睡眠をとりしっかりと栄養補給をするようにするといいでしょう。また、ストレスを体に蓄積させないように定期的にリフレッシュすることもおすすめです。

category

記事カテゴリー