スクワットマシンの効果はいかに?長く続ける方法やコツを紹介

スクワットマシンの効果はいかに?長く続ける方法やコツを紹介

TRAINING 2019.01.15

Share :

座ってポンポンするだけで筋トレ効果があるのか

テレビCMでもよく見かけるスクワットマシンは、座ってポンポンと上下させるだけでスクワットができるところが魅力です。一般的な筋トレで行われているスクワットとは、だいぶイメージも違っていますし、本当にこんなに簡単にスクワット効果を得られるのか?と不安に思う人もいるでしょう。

スクワットマシンにはどのような効果があって、取り入れることでどんなメリットがあるのでしょうか?安易に購入してしまい後悔しないためにも、スクワットマシンの正しい使い方や期待できる効果などを詳しく見ていきましょう。

スクワットマシンの魅力

筋トレにスクワットマシンを取り入れる人が増えています。どんなところに魅力があるのかをチェックしてみましょう。

お尻から太ももにかけての筋肉を鍛える

上半身を起こしたまま、腰を落とし太ももを床と並行になるようにします。筋力がないと体を支えるのが難しく、何か支えになるものがないとバランスを崩してしまうことも。

最初は無理をせず出来る範囲で始めるのもポイントですが、スクワットマシンを使えば体力がない人も、筋力がない人も簡単にスクワットに挑戦できます。

太ももやお尻など大きな筋肉を鍛えられる筋トレは、基礎代謝を高め体脂肪を燃やしやすい体作りにも役立ちます。同時に腹筋や背筋、体幹なども鍛えられます。基礎代謝が低下しがちな中高年世代の人にもおすすめです。

座るだけで正しい姿勢でスクワットができる

スクワットは一見簡単そうに見えますが、実はとても奥が深く、正しい姿勢で行わないと怪我や故障の原因となってしまいます。自分では正しいと思っていても、間違った姿勢では関節を痛める可能性も否定できません。

スクワットマシンは、座って上下させるだけで、正しい姿勢を保ってスクワットが続けられます。理想的な5度の傾斜になるよう設計されているので、初めて使う人も最初から正しい姿勢でスクワットができるのです。マシンで体を支えるので、関節を痛める心配もありません。

怪我のリスクを減らせる

スクワットは気軽にできる筋トレとして人気もありますが、正しく行わないと関節や腰を痛めやすいので注意が必要です。知らない間に猫背になっていたり、姿勢を保てずにへっぴり腰になってしまうと腰を痛める可能性も高くなってしまうのです。

スクワットマシンを使えば、マシンに腰掛けるだけで、スクワットをするのに理想的な姿勢になります。マシンがサポートしてくれるので、腰掛けてポンポンとするだけで正しくスクワットできます。正しい姿勢を自然に取れるので、怪我のリスクが大幅に軽減されるのがメリットです。

保管場所もトレーニング場所も省スペースで大丈夫

スクワットマシンに座ってポンポンするだけで、正しい姿勢で簡単にトレーニングできるのが注目されています。テレビCMではお笑い芸人の横澤夏子さんがイメージキャラクターを努めています。横澤さんも実際にスクワットマシンを試して、ダイエットに成功していることもあって試してみたいと思った人も多いのではないでしょうか。

簡単に正しい姿勢でスクワットできるのも魅力ですが、雑誌一冊分くらいのスペースがあればOK。使わないときも収納場所をほとんど取りません。サイズは幅と奥行きが270mmずつだから、後は少し高さがある場所なら、邪魔になりませんし生活スペースをふさぐこともありません。

スクワットマシンの効果は

スクワットマシンを使うことで、どのような効果が得られるのか?合わせてスクワットのメリットも紹介します。

本格的に体を鍛えられる体作りに役立つ

スクワットマシンを購入するにしても、それなりの値段はするのでどのような効果があるのか、納得した上で決めることが大切です。スクワットは気軽にできる筋トレですが、これから筋トレを始めようと思っている人には、鍛えるのが難しい筋肉も簡単に鍛えられます。

下半身の筋肉は全体の70%をしめているので、下半身を鍛えることで筋トレに必要な基礎筋力がつきやすくなります。簡単に見えても、正しい姿勢で行わないと怪我の原因になりやすいので注意が必要です。スクワットマシンなら、誰でも簡単に効率よくスクワットができます。

負担なく続けられる

今までほとんど運動をしてこなかった人が、いきなりスクワットをしようとしても体を支える補助がないとバランスを崩してしまうでしょう。無理をしてバランスを崩せば、筋肉を痛めたり怪我をしたりという可能性も。正しくやっているつもりでも、間違ったやり方では膝や腰を痛めてしまいます。

スクワットマシンを使えば補助にもなりますし、1セット1分で効率的にトレーニングできます。自力でやるよりも怪我のリスクも少なく、続けやすいので今まで筋トレが続かなかった人にもおすすめです。

姿勢がよくなる

スクワットは太ももを鍛える筋トレというイメージがありますが、実はいろいろなところの筋肉も同時に鍛えられます。下半身の引き締めにも効果がありますし、大きい筋肉を鍛えると代謝が上がりやすく、脂肪を燃やしやすい体になります。

通常の筋トレでは鍛えるのが難しいと言われる、体幹も鍛えることができます。体感を鍛えておくと、姿勢がよくなるので見た目にもスっとしてかっこよく見えます。猫背では体にも負担をかけますし、ポッコリお腹の原因にも。体幹を鍛えたい人にもおすすめです。

1ヶ月の短い期間でシェイプアップできる

スクワットマシンの効果を実感している人が多いといっても、数日で効果を実感できるわけではありません。最低でも1ヶ月間は続けましょう。通常筋トレでシェイプアップするには、効果の実感まで集中的にトレーニングして約2ヶ月~3ヶ月はかかります。

スクワットマシンはマシンが正しい姿勢を維持して、効率よく鍛えられるので、自力でトレーニングするよりも効率がよく、早い人なら1ヶ月で効果を実感できます。実感があればやすきも出て、続けようという気持ちになれます。見た目にも嬉しい変化があるのもポイントでしょう。

姿勢を変えればいくつものトレーニング法がある

スクワットマシンは1台で何通りかの使い方ができます。最初はそのまま使ってもいいですし、慣れてきたらいろいろアレンジすることも可能。スクワットマシンを使ったトレーニング法を紹介します。

しゃがみを浅くし小刻みに上下するパルススクワット

スクワットマシンに慣れてきたら、少しやり方を変えてワンランク上のトレーニングをしてみましょう。パルススクワットは、基本的にはスクワットと同じですが、完全には立ち上がらずに中腰の姿勢で小刻みに上下させる方法です。

中腰の姿勢をキープしたままで、小刻みに上下させることにより、お尻の筋肉を効率よく鍛えられます。自力では少しキツイと感じることもありますが、スクワットマシンならハードなトレーニングも簡単にできます。ヒップアップさせたい人におすすめです。

負荷を強めるダンベルスクワット

自宅で筋トレをしている人なら、ダンベルを使ったトレーニングもしているのではないでしょうか。スクワットマシンを使うときに、ダンベルを持つだけで負荷を高められます。スクワットマシンでスイスイとスクワットができるようになれば、効果の実感もあるでしょう。

これだけでは物足りないと感じてしまうなら、ダンベルを持ってみてください。ダンベルがなくてもペットボトルに水や砂を入れて使えば、ダンベル代わりになります。

足を四の字に組むで行う四の字スクワット

太もものたるみが気になるなら、四の字スクワットをおすすめします。片足を曲げてもう片方の膝に乗せ足を四の字のようにします。要は片足だけでスクワットをするのですが、自力だとかなりキツイと感じます。無理をすると怪我をするので注意が必要です。

スクワットマシンを使えば、マシンが支えになってくれるので、四の字スクワットも簡単にできます。普通にやるよりも負荷が高まり、太ももにもかなり不可がかかるのを実感できるでしょう。左右均一に鍛えてください。

正しい姿勢でできるスクワットマシンで筋トレ効果を高めよう

スクワットは筋トレン中でも手軽にできて、続けやすいトレーニング方法です。しかし勘違いや思い込みで間違ったやり方をすると、十分な効果を得られませんし、腰や膝を痛めてしまうこともあります。

スクワットマシンを使えば初めて挑戦する人も、正しい姿勢でスクワットができます。マシンを使えば体力に自信がない人も、気軽に試せます。根気よく続ければ効果の実感もあるので、やる気を引き出してくれるのはメリットと言っていいでしょう。

category

記事カテゴリー