自動車保険はどこがいいのか悩んだ時に知っておくポイント

自動車保険はどこがいいのか悩んだ時に知っておくポイント

LIFE STYLE 2019.03.16

Share :

もしもの時に必要な自動車保険は妥協せず選ぶべき

万が一の時に補償できないようでは困るのが保険です。生命保険や医療保険などがありますが、自動車保険は自分を守るという意味と交通事故を起こした場合に相手を守るものともなります。自賠責保険は強制保険となるため、自動車を保有する方、運転する方は法律に沿って加入が必要です。自賠責保険が切れていると車検も通りません。もしもの時に後悔しないよう、自動車保険は妥協することなくしっかり選ぶ必要があるのです。

2種類の保険タイプから選ぶ

自動車保険を選ぶといっても数多くの保険から選ぶのは大変です。そこで2種類の保険タイプに分けてそれぞれの特徴を理解してから選ぶようにするといいでしょう。自動車保険は保険料を抑える事ができる通販型と保険の知識が無くても補償内容をしっかりレクチャーしてもらえる代理店型があります。

保険料が抑えられる通販型

ダイレクト型とも呼ばれる自動車保険の種類となりますが、通販方はリーズナブルな保険料で人気です。インターネット上で自分がほしい補償を選んでいき、組み立てていく保険となります。

代理店型のように保険の外交員が顧客に保険商品を説明するという事がないので、人件費がかかりにくいという事、事務所をもたなくていいという事でリーズナブルな保険料となっている保険です。ただこうしたダイレクト型の保健を選ぶ場合、自動車保険に関するある程度の知識が必要となりますし、必要な保障などよく理解しておくことが必要となります。

保険の知識が少なくても安心の代理店型

代理店から外交員が顧客のところに伺い、商品の説明などをしてくれることで保険料は高くなりますが、自動車保険の知識が無くても安心のタイプが代理店型です。保険会社と顧客の間に代理店が入ることで、その地域の顧客にこまめな営業、保険商品の説明ができます。

ただ代理店、また担当者によって細かくフォローしてくれないこともあるので、口コミや代理店、保険商品に関する評価なども調べておく必要があるでしょう。

自動車保険選びで抑えておくべきポイント必ずつけておきたい保証内容

自動車保険に加入するとき、必ず抑えておきたいポイントがあります。万が一、自分が交通事故を起こして加害者となった場合、被害にあわれた方を守り、また自分を守ってくれる保険となるのが自動車保険です。必要な補償がないのでは意味がありません。

対人と対物の賠償は無制限のものを選ぶ

対人対物は基本的に無制限にしている方が多いです。対人に関しては自賠責で補償できてもそれを超える損害賠償額となる事があります。裁判などになると億を超える損害賠償を負うこともありますので、無制限にしておく方が安心です。

対物は無制限にしなくてもという人もいますが、最近は道路上に高額な公共物があります。信号もそうですが電線を埋設にしたことで出来た地上機器等も、事故で破壊してしまったらかなりの賠償額となります。

コンビニなどに誤って突っ込んでしまったら?お店の修理代に商品の代金も補償しなければなりません。となると対物という事に関しても無制限にしておくことが必要と考えられるのです。

自分に対する補償となる人身傷害と車両保険

自動車保険の補償には人身傷害と車両保険等があります。人身傷害は自分・家族の怪我に補償するもので、車両保険は自分の車が破損した場合に利用できる保険です。自分の家族に対する補償もつけておくべきですが、問題は車両保険といわれています。

車両保険は自分が車をぶつけた単独事故などの場合で車が破損したり、傷ついたとき利用できる保険です。しかしこの車両保険をつけると自動車保険料が一気に高くなります。ただ、車両保険部分に加入がないと単独事故で車を大きく破損した場合、費用を払いきれないという事もあるのです。

交通事故で相手がいて事故の過失割合でいくらか相手に補償してもらえるならいいのですが、もらえない単独事故などの場合、どんなに大きな破損でも実費負担で直すことになります。

事故発生時の対応力は重視したい

自動車保険に加入していれば、交通事故となった時、いつでもすぐに飛んできて対応してくれると思っている方も大井です。しかしこれは間違いで、保険会社によってすぐに対応してくれるところもあれば、受付しても対応は後日というところもあります。

交通事故で相手が100%悪い事故という場合、自分が加入している自動車保険会社は保険金を支払う必要がないので修理費の請求等、保険会社が「動かない」のです。そうなると相手との交渉に自分が動くことになります。

またお互いに過失割合でもめたり、死亡事故等で裁判まで発展する事もあり、こうした交渉、裁判などを万全にしておくためにも、弁護士費用特約は加入を考えておく方がいいでしょう。

特約は本当に必要かを検討すべき

特約に関しては自分にとって本当に必要かどうかを考えてから加入すべきです。例えばペットに関する費用はペットがいないなら関係ありません。原付をもっていないのにファミリーバイク特約は必要ないですし、特約は人によって必要、不必要なものがあるのです。

近頃は相手の車が時価額を超えることを配慮し、過失の割合によって補償を上乗せできる対物超過修理費用特約等も人気となっています。

またこうした特約が付いていると思って安心していたらついていなかったという事もあります。特約に関しては保険会社によってサービス内容に違いがあるのです。そのため、特約の内容、本当に必要かどうか、特約に関してもしっかり検討すべきなでしょう。

一括見積りサービスを活用して保険の価格を知ろう

自分が加入しておきたいと思う特約、また補償内容を具体的に決めたら、度の保険会社を利用するかを考えなければなりません。この時便利なのが、インターネット上で各保険会社の見積もりを複数一気にとれる一括見積サービスです。

一括見積なら複数の保険商品の見積もりがほしいと思う時、それぞれ保険会社のホームページにいってから見積もりを請求するという必要もありません。また一括見積サイトでキャンペーンを行っていて、お得な情報や割引サービスを受けられることもあるようです。

自動車保険は安心を得るために買うもの

自動車保険は万が一の時に被害者も加害者もしっかり補償されるようにという事を考えて作られたものです。現代の交通事故は賠償額が非常に高額になっています。時に裁判となれば億を超えることも珍しくないのです。

自賠責だけでは補償しきれない部分を担う自動車の任意保険はすでに必須といえるものとなっています。安心を得るためにも、必ず加入を考えておくべきです。

category

記事カテゴリー