関東にもたくさんあるキャンプ初心者におすすめのキャンプ場を紹介

関東にもたくさんあるキャンプ初心者におすすめのキャンプ場を紹介

CAMP 2019.02.21

Share :

初心者でも安心して楽しめるキャンプ場を紹介

キャンプ上級者を見ていると、いとも簡単にテントを組み立てたり、火を起こしたりしていますが、実際にやると見ているのとは大違い。自分には無理と諦めてしまうのはもったいないです。今は上級者でも、初心者のときは人知れず苦労もあったでしょう。

キャンプにもいろんな種類があって、初心者がいきなり上級者の真似をしても上手くいかなくて当たり前です。初心者でも気軽に楽しめる方法はありますので、無理をせず少しずつ慣れて行ってください。関東周辺にある初心者におすすめのキャンプ場を見ていきましょう。

色々なキャンプの形を紹介

キャンプと言っても実はいろんなスタイルのキャンプがあって、目的や経験によって向き不向きがあります。場所もそうですが、キャンプ場の設備などレベルに合ったところを選ぶのもポイントです。目的別に色々なキャンプのスタイルを紹介します。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

都心の近さと便利を求めるなら高規格キャンプ

高規格キャンプ場というのは、交通アクセスに便利なことも条件に含まれますが、それ以外にも宿泊設備やキャンプ場にあると便利な設備が充実している場所のことです。

経験豊富なキャンプ上級者なら、多少不便でもなんとか対応できます。しかし経験の浅いキャンプ初心者だと、嫌な思いや辛い思いをするとキャンプを嫌いになってしまうこともあります。せっかくキャンプに興味を持っても、出だしで躓くのはもったいないこと。最初は何不自由なく過ごせる高規格キャンプ場をおすすめします。

高規格キャンプ場は周辺を豊かな自然に囲まれているものの、公園でキャンプをするような安心感があります。設備も綺麗ですし、営業時間内なら管理人もいます。キャンプ道具がまだ揃っていない初心者でも、キャンプ場でグッズをレンタルできるのポイント。

まだ本格的にキャンプをするかどうか迷っている人も、とりあえず高規格キャンプ場で体験してから決めるのもいいでしょう。あれこれ悩まず気軽に利用できるのがいいところです。都心から行ける場所もたくさん揃っています。

自然の中を求めるキャンプなら2種類

バンガローに泊まるタイプ

キャンプというとテントを張って、自然を満喫するイメージです。キャンプはしてみたいけど、どうも不安というならバンガローのある高規格キャンプ場を探してみてください。中には高規格キャンプ場とは言えないところもありますが、テントではなくちゃんとした家に寝泊まりできます。

テントは不要ですし、バンガロー内にはキッチンもあって室内で調理できます。バンガローによっては、テラスがあってそこでバーベキューを楽しめるところも。エアコンや冷蔵庫、お風呂やトイレも全てバンガロー内に完備されていますので、季節に関係なく室内で快適に過ごせます。

いきなりテントのキャンプに抵抗があるという人や、小さいお子さんと一緒のキャンプも、バンガローなら安心感があります。

キャンプ場によっては、バーベキューのみバーベキュー施設で行うようにというルールがあります。高規格キャンプ場を選べば、キャンプグッズやバーベキューセットなども全てレンタルできるので、手ぶらで行けるというのも魅力です。

テントを張って皆で火を楽しむタイプ

初心者だけどやっぱりキャンプをするなら、テントを張って自然を感じながら過ごしたいという人は、テントで寝泊りできる高規格キャンプ場を探しましょう。高規格キャンプ場の条件はいくつかありますが、最近人気となっているのが「手ぶらキャンプ」が可能なところです。

テントでキャンプするにも、いくつか必要な道具があります。最初に全部揃えるとなりと、安いものを選んでもかなりの金額になりますし、荷物の量も増えます。いきなり全部揃えても、結局自分には無理だったとなった場合、揃えたキャンプ道具が日の目を見ないまま…なんてことにもなりかねません。

関東周辺にも高規格キャンプ場はありますし、必要なものは全てキャンプ場でレンタルできる手ぶらでキャンプ可能なところも増えています。テントもタープも、ペグやテント内シートや寝袋まで、全てレンタルできれば初心者でも本格的なキャンプを体験できます。

バーベキューセットや焚き火セットなどもあるので、家族みんなで楽しくバーベキューしたり、焚き火を囲んで語り合うというのも可能です。

おすすめの高規格キャンプ場とは

高規格キャンプ場は、初心者でも気軽に安心してキャンプが楽しめます。慣れるまでは高規格キャンプ場を選ぶといいでしょう。おすすめのスポットを紹介します。

高規格キャンプ場の条件

高規格キャンプ場を探すにしても、条件がよくわからないと思っていた所と違うとがっかりする原因になります。高規格キャンプ場を探す前に、条件を知っておくことが大切です。高規格キャンプ場の条件を見ていきましょう。

  • 施設内の清掃やメンテナンスなど管理が行き届いている
  • 水洗トイレとお風呂・シャワーを完備している
  • 管理棟が設置されており、管理人が常駐し対応している
  • キャンプに必要なグッズのほとんどをレンタルできる
  • 売店がある
  • コテージやバンガローがある

キャンプをするときに、あったらいいなと思う設備が整っているのが高規格キャンプ場です。中にはグランピングができたり、ホテルのようなコテージがあったりというところもあります。必要なグッズのレンタルができれば、手ぶらキャンプも可能。

お風呂やシャワーは時間制限のあるところが多いですが、トイレは24時間利用できることも条件です。高規格キャンプ場と呼ばれるキャンプ場なら、清掃もきちんとされていて気持ちよく利用できます。

初心者でも経験豊富なメンバーがいれば、多少不便なところでもなんとかなります。しかしほとんど経験がない人やソロキャンプで何かあったとき頼れる人がいない、子供連れの人には安心な高規格キャンプ場がおすすめです。

おすすめの高規格キャンプ場を見てみよう

アクセスの良さを取るならここがおすすめ

せっかくの楽しいキャンプも距離が遠すぎたり、交通アクセスが不便だとキャンプ場にたどり着くだけでも精一杯なんてことになりかねません。高規格キャンプ場は、交通アクセスがいいことも条件です。

パディントンベア・キャンプグラウンドは、都心から約1時間の相模湖にあるキャンプ場です。交通アクセスも抜群ですし、最寄りのICから30分かからずにキャンプ場まで行けます。道順もとてもわかりやすく、初めて行く人でも迷わずスムーズにたどり着けるでしょう。電車でも行ける気軽さが人気となっています。

キャンプ場のすぐ近くには遊園地もあるので、子供連れの人にも人気があります。テントを張ってキャンプを楽しむこともできますし、コテージやキャビンといった宿泊施設も充実しています。常時テントを設置しているサイトなら、テントを張る手間もかかりません。

宿泊者は屋根付きで天気を気にせず楽しめる、バーベキュー施設を無料で利用できるという特典もあります。温泉もあるので、子供から大人まで皆で楽しめます。

子供の体験を重視するならここがおすすめ

那須ICから車で7分のところにあるキャンプ・アンド・キャビンズ那須高原は子、供でもキャンプを楽しめるように、子供目線でさまざまな工夫が盛り込まれています。子供に楽しい思い出を作ってあげたいとか、都会ではできない経験をさせてあげたいという人におすすめです。

大人はキャンプの楽しみ方を知っていても、子供はすぐに飽きてしまいます。子供も安心して一緒に楽しめるようなお手伝いのできるキッチンや、子供向けのアクティビティが充実しています。

キャンプ初心者も気軽に楽しめるように、キャンプグッズは全てレンタル可能。テントサイトからキャビンにコテージまで、宿泊スタイルも自由に選べます。食材はバーベキューセットやお鍋セットなど、お好みで選べますし、ケーキのデリバリーも利用できます。売店やピザハウスまで揃っているので、食べるものにも困りません。

トイレやシャワーも親子で利用できるよう配慮されています。敷地内には水遊びの出来る池や図書館、ドッグランもあるのでペットも一緒に遊びに行けます。

通年営業しているから四季が楽しむならここ

群馬県の北軽井沢にある軽井沢スウィートグラスは、1年中季節に関係なくキャンプを楽しめます。冬には雪が降りますが、コテージやキャビンを利用すれば、寒さに凍えることなく快適に過ごせます。雪の中でキャンプというのもなかなかできない体験ではないでしょうか。

もちろん春夏秋もそれぞれに表情が変わり、いつ行っても楽しみがいたるところにあるので、子供から大人までワクワク気分でキャンプできるのがいいところです。子供と一緒に大人も楽しめる、アスレチックも併設されています。

宿泊プランも豊富で、テントサイトは18種類、キャビンは15種類、コテージは8種類の宿泊プランを用意しているので、自分のスタイルに合ったプランが選べるのも嬉しいところでしょう。犬も一緒に宿泊できる専用のログキャビンなら、ペットも一緒に過ごせます。

宿泊施設には全ての棟に薪ストーブを完備しています。薪代は宿泊料金に含まれているので、追加料金もありませんし、自分で薪をくべるという貴重な経験も可能。薪ストーブは部屋全体を効率よく温めるので、どこにいてもぽかぽかです。

高規格キャンプ場の予約の狙い時期

高規格キャンプ場高規格キャンプ場は利便性も高く、初心者や家族連れ、ソロキャンパーにも利用しやすいとあって、ここ最近は人気急上昇です。

設備も充実していて、子供から大人まで幅広いニーズに対応している高規格キャンプ場は利用者も多く、キャンプに行く人が多いゴールデンウィークや夏休みは、早くから予約が入るので、少しでもタイミングがずれると予約がとれずどこも空きがない…という状態になっています。

運良く予約が取れれば超ラッキーでしょう。特に関東周辺の都心からも行きやすい高規格キャンプ場は、シーズン中は気合を入れて予約を取らないと、キャンプの計画をしていても肝心のキャンプ場が押さえられないということも増えています。

これからキャンプえをするために高規格キャンプ場を利用しようと思っているなら、シーズンオフがおすすめです。夏休みが過ぎると利用者が減るので、人気の高規格キャンプ場も予約が取れるようになってきます。

冬もキャンプをする人はいますが、寒いのでピーク時に比べると人も少なく狙い目です。冬のテントが不安なら、キャビンやコテージを選ぶといいでしょう。

この秋冬は高規格キャンプで自然を感じよう

季節によってもキャンプの楽しみ方は変わりますが、秋冬はキャンプにおすすめのシーズンです。朝晩は冷え込むので防寒対策が必要ですが、高規格キャンプ場なら初心者でも無理なく安心してキャンプができます。

自然豊かな場所でも、設備が充実していればキャンプの醍醐味を存分に味わえます。友達や家族、恋人と一緒のキャンプはもちろん、ソロキャンプまで幅広いニーズに対応しています。

category

記事カテゴリー