自分の子供の資産形成に大きな効果があるジュニアnisa制度

自分の子供の資産形成に大きな効果があるジュニアnisa制度

LIFE STYLE 2019.02.11

Share :

ジュニアnisaの制度を分かりやすく解説

ジュニアnisaが最近導入され大いに注目を集めるようになってきています。投資によって得られた利益に対しては一定の税金を支払う必要があるのですが、ジュニアnisaの制度を活用すると利益の一部が非課税になるという特典を得ることが可能になります。非課税になるということは確定申告の手間を省くことができますので、時間を節約することもできます。

非常に魅力的なジュニアnisaの制度ですが、メリットばかりでなくデメリットも存在していますので、制度の中身を十分に理解した上で活用していくようにすることが肝要です。

しかしながら、制度の中身を十分に把握しておけば、非常に多くの恩恵を受けることが出来るようになりますので多くの人が活用を始めています。自分の子供の将来の幸せを検討する意味で、ジュニアnisaの活用を検討して見てもいいでしょう。

そもそもnisaとは

多くの人が注目をしているジュニアnisaはいったいどのような制度なのでしょうか?ジュニアnisaは国民の資産形成を後押しするために作られた税制優遇制度です。毎年120万円まで投資可能です。最長5年間、投資による利益が非課税になるという恩恵を受けることができます。制度の恩恵を受けるためには制度の運用方法に沿って資金を活用していかなくてはなりませんので、まずは制度の仕組みを確認してみることがおすすめです。

 

また、投資する期間にも制約がでてきますので、しっかりと確認をして自分の資産運用のプランにマッチしたものであるかについて確認してみることも必要です。

 

一定の期間資産を動かせなくなってしまうことにもなりますので、それについて問題ないかの確認が特に重要です。自分の資産管理をしっかりと行って、トラブルが出ないようにすることが肝要です。

nisaの特徴を確認しよう

ジュニアnisaの口座を有効活用すると自分の利益を非課税にすることが出来るとても魅力的な制度です。非常に便利な制度ですが、ジュニアnisaとして活用することが出来る口座の数は1つに限定されていますので、その点は注意が必要です。また、節税対策にもなりますので、非常に魅力的です。

nisaの口座を使うことで利益が非課税に

ジュニアnisaの制度を設定した口座から投資信託や株を購入すれば、譲渡益や分配金は非課税扱いという恩恵を得ることが可能です。nisaではない他の口座を使った場合の資産運用では、利益が発生すれば20.315%の税金が引かれることになりますので、少なからず税金を支払う必要がでてきます。

日本ではあまり浸透してはいませんが、アメリカなどでは如何に節税するかを多くの人が考えて日ごろから行動しています。税金について十分な知識をあつめて、節税の工夫を今後は日本においても多くの人が工夫するようになるはずです。

非課税だから確定申告も不要

ジュニアnisaの口座を使った投資活動の場合には、一定金額までは無税の恩恵を受けることが出来るようになります。無税ということは確定申告の必要がなくなりますので、時間的な節約をすることが可能です。また、一般のサラリーマンの方は確定申告に慣れていないことも考えられますので、その手間が省けるということは大変魅力的です。

確定申告の煩雑さのために資産運用に対して躊躇をしてしまっているサラリーマンの方が積極的に資産運用をすることが可能になりますので非常に魅力的な制度であるといえます。副業の形で自分の資産を増やすことがサラリーマンの方であってもできる時代になってきているのです。

nisaが使える口座は1つのみ

ジュニアnisaの制度を活用することができる講座は基本的に1つと定められています。しかしながら、金融機関は毎年変更することが認められていますので、資産運用を始めた後に金融機関の変更手続きを行えば、複数の金融機関で非課税の恩恵を受けることが出来るようになりますので非常に便利です。

子どものための資産形成に役立つジュニアnisa

自分のお子さんの将来のために資産を形成するという方法にもジュニアnisaは大変適しています。もともと、その名の通りジュニアnisaとは子供や孫のための長期にわたる資産形成のための制度として導入されました。20歳未満の居住者を対象に、ジュニアNISA口座で購入した株式投資信託などから得られる利益が非課税になることになります。

 

自分の子供のための資産を非課税で作り出していくことが出来るようになれば、子育ての環境が整ってきますので、日本が抱えている少子高齢化の問題の解決に大きな効果を上げることが期待されます。ジュニアnisaの制度と向き合うことによって、子育てに対して真剣に取り組んでいくことが出来るようになるという効果も期待されます。

ジュニアnisaの特徴

ジュニアnisaの特徴はどのようなものなのでしょうか?従来のnisaは20歳以上の方向けであり、投資によって得られる利益に対して非課税の恩恵を受けることが出来るのは大人だけにということでしたが、ジュニアnisaでは非課税の恩恵を19歳以下の世代も受けることが出来るようになるという特徴があります。

しかしながら、未成年者が資産運用をするようになると、マネーゲームの虜になってしまったりすることも考えられますし、法的な責任の所在が不明になってしまうことも考えられますので、資産の運用はあくまでも親権者の監督のもとに行われることになっています。

さらには、あまりにも莫大な資産を未成年者が運用するのは危険な部分もあるので、運用額の上限も定められています。

非課税で親権者が子供のために資産を運用することになりますので、いわゆる生前贈与の形で財産を相続することが出来るようになるというメリットもあります。

0歳から19歳が利用可能

ジュニアnisaの制度を活用することができるのは、0歳から19歳の方に限られています。20歳以上の方が成人向けのnisaの制度を活用することができます。したがって、生涯に渡ってnisaの恩恵を我々は受けることが可能となっています。お子さんが生まれた場合や、小学校に入学する機会に合わせてnisaを始めてみてもいいでしょう。

運用者は親権者

未成年者が資産を運用することになると、悪質な詐欺まがいのトラブルに会わないとも限りませんので、ジュニアnisaの管理・運用は子供に代わって原則、親や祖父母などの親権者が行うというルールになっています。

あくまでも未成年者の資産を増やすためのものですので、親権者といえども勝手に未成年者の資産を使ってしまうことはできません。未成年者の方にとってメリットのある資産運用であることが要求されます。

 

投資には当然の事ですが、リスクがついてきます。親権者の方が投資活動をする場合には、リスクをできるだけ少なくするために投資についてのノウハウをしっかりと把握しておくようにすることが肝要です。投資についての書籍をしっかりと読むこともおすすめですし、一方で投資についてのセミナーに積極的に参加してみてもいいでしょう。

色々な条件の投資プランが市販されるようになってきていますので、それについての情報をしっかりと集めて見ることもおすすめです。ネットなどから投資プランの情報を集めてみてもいいですし、同じような投資を考えている人とのネットワークから有効な情報を集めてみてもいいでしょう。

年間拠出可能額は80万円

ジュニアnisaによる年間の投資額の上限は80万円までと決められています。80万円分の投資による利益が非課税の対象となりますので毎年80万円までと決めて投資活動をすれば、確定申告をする必要が全くなくなります。ジュニアnisaの場合も期間は通常のnisaと同じく5年間と決められています。

 

ジュニアnisaのメリットとデメリット

多くのメリットを持ったジュニアnisaですが、デメリットが無いという訳ではありません。デメリットに比べれば、メリットの方が多いのですが、出来るだけデメリットの影響を少なくするために、制度の全体像を把握しておくことが日必要です。

ジュニアnisaのメリット

ジュニアnisaのメリットはどのような点にあるのでしょうか?非課税対応で資産を運用することができるようになりますので、例えばお子さんに対しての生前贈与の方法としても非常に有効であると考えられます。

また、資産運用の場合には取引の際に一定の手数料が生じることが考えられますが、ジュニアnisaの場合には取引手数料が0円になりますので、効率的に資産を運用して利益を上げることが可能になります。

非課税で運用できて学資保険代りにもなる

ジュニアnisaの制度を活用すると税コストゼロで自分の資産を運用できるという最大のメリットを享受することが出来るようになります。さらには学資保険並みに長期運用ができるため戦略的に増やす従来の学資保険よりも多くのメリットがあるものとして利用することもできます。

お子さんのための学費は有った方が良い物ばかりですので、しっかりと運用してできるだけ良い条件でお子さんが勉学に励むことが出来るような環境作りを親御さんは考えていくようにするといいでしょう。ジュニアnisaの制度はそのための大きなサポートをしてくれるはずです。

相続税対策ができる

ジュニアnisaでの運用資金として祖父母から資金を贈与してもらう場合、毎年80万円分の贈与税を節税することができます。相続税の支払いは残された家族にとって大きな負担となることも考えられますので、お子さんに大きな負担をかけることが無いようにジュニアnisaの制度を活用して、相続税対策をしっかりとしておくようにするといいでしょう。

また、生前のうちから相続税対策をしておけば、自分が死んだ後に、財産分与の事で遺族がもめることがなくなりますので、遺言書の代わりにジュニアnisaの制度を考えてみてもいいでしょう。

取引手数料を取られない

ジュニアnisaの口座で取引をする場合、国内株式の手数料はずっと無料になるというメリットがあります。株の取引きの際に問題になってくるのが取引手数料ですが、その負担が解消されることになりますので、効果的に株式の利益を上げていくことが可能になるはずです。

ジュニアnisaのデメリット

ジュニアnisaは非常にメリットのある制度ではあるのですが、デメリットが全く無い訳ではありません。それほど大きなデメリットではありませんが、運用にあたってはあらかじめデメリットの部分についての対応も考えておくことが必要です。

 18歳になるまでお金を引き出せない

ジュニアNISAに貯えられた資産が両親や祖父母の資産運用のために使用されることを防ぐための措置としてジュニアnisa内の資産は未成年者が18歳になるまではお金を引き出すことが出来なくなっています。つまり0歳からジュニアnisaの制度を運用する場合は、18年間お金を引き出せないためお金の流動性が低くなってしまいます。

急にお金が必要になった場合に、その部分は動かすことが出来ないということになってしまいますので、しっかりと余裕をもたせた資産運用が必要です。

 金融機関の変更ができない

従来の成人向けのnisaとは異なり、ジュニアNISAは金融機関の変更が認められてはいません。どうしても金融機関を変更したいという場合には、今使っているジュニアnisaの口座を廃止する手続きを取ってから、変更先で新たにジュニアnisaの口座を開設する必要がでてきます。

ジュニアnisa用の口座を開設にするにあたってはできるだけ活用性の金融機関の口座を長期的な展望で開設するようにするといいでしょう。

 運用期間が2023年まで

非常に便利な制度を持ったジュニアnisaですが、一般のnisaと同様に、運用期間が2023年の12月末までとなっています。2024年以降は一般口座や特定口座に移管させなければなりませんので。それ以後は非課税や株式取引の際の手数料無料などの恩恵を受けることが出来なくなってしまいます。

お子さんのための資産運用を考えて、ジュニアnisaの制度を検討している場合には、お子さんの年齢と運用期間を照らし合わせて検討して見るようにすることが肝要です。

ジュニアnisaのメリット ジュニアnisaのデメリット
非課税である お金を18歳になるまで引き出せない
相続税対策に有効 金融機関が限定されている
株の取引きの際の手数料無料 運用期間が決められている

 

ジュニアnisaの口座を開設する方法と手順

ジュニアnisaの口座を開設するにはどのようなことが必要になってくるのでしょうか?それほど難しい手続きは全く必要ありませんが、手引きなどをしっかりと読んでその内容を理解して、正しい方法で手続きを行って行くことが必要です。

証券会社のホームページから申し込みを行う

ジュニアnisaの口座の開設をする場合には、まずは証券会社のホームケージからの申し込みをすることが必要です。ホームページの申し込みサイトに必要となる事項を記載すると口座開設にかんする書類が送付されてきます。その書類に必要事項を記入することによって申し込みを進めていくことが可能になります。

必要書類を用意する

申し込み書類に必要事項を記載することに加えて、別途必要となる書類を準備することも必要です。ジュニアnisaの申し込みに必要となる書類は本人確認書類、マイナンバー通知届書、登録親権者の本人確認書類、登録親権者との続柄が確認できる書類となります。これらの書類は用意するのに一定の時間を必要とすることが多いので、時間的な余裕を十分に考えて書類を用意するようにするといいでしょう。

書類を証券会社に返送する

ジュニアnisaの口座開設に必要となる書類が全て揃ったら、それをまとめて証券会社に郵送します。証券会社に書類が届き次第講座開設の手続きがスタートすることになるはずです。

口座開設完了の通知を受け取る

証券会社の方でジュニアnisa口座開設の手続きが進められ、手続きが完了すると証券会社から税務署へ口座開設の申請が行われ、1週間~2週間後に該当の口座か開設されることになります。口座が開設されると証券会社から口座開設完了の連絡が申請者の元に届くことになります。

口座の開設が完了すれば、申請者がnisa口座を活用することが出来るようになりますので、口座の持つ様々な恩恵を十分に活用しながら、資産運用を進めていくことになります。多くのメリットがあるシステムではありますが、資産運用のための投資にはリスクが全く無い訳ではありませんので、その点はしっかりと理解しておくことが必要です。お子さんのために責任を持った資産運用をしていくことが求められます。

ジュニアnisaをうまく活用しよう

ジュニアnisaは非常に多くの特典を持った資産運用の制度です。従来非課税の特典を受けることが出来るのは成人の方に限定されていましたが、ジュニアnisaの制度が導入されたことによって、世代を超えて誰もが資産運用をすることが可能になりました。

もちろんやみくもにマネーゲームのように資産運用をしてしまうとトラブルに遭遇してしまうことも考えられますので、自分の人生設計に合わせた資産運用を明確な目的に沿って行って行くことが出来るようになったと考えることができます。

次世代の幸せのためにジュニアnisaの制度を上手く活用して多くの資産を残してあげるようにしてみてもいいでしょう。

category

記事カテゴリー