初心者にお勧めの投資方法とやり方について詳しく解説

初心者にお勧めの投資方法とやり方について詳しく解説

LIFE STYLE 2019.02.13

Share :

少額から投資を始めよう

初心者の方が投資活動を開始する場合にはどのような点に注意するのが大事かがとても気になるポイントになります。投資は利益を得られるだけではなく損失がでる可能というのも理解して、投資の知識を深めましょう。いきなり大きな金額で投資をするのではなく、まずは小額から投資をスタートするのがおすすめです。また、投資のタイプを知ることが重要になります。初心者向けの投資方法を選んでみることも必要です。

主な投資の種類の紹介 

どういう風に投資運用していくかによって方法は変わってきます。まずはそれぞれの投資方法の特徴を理解して、自分に合った投資方法を検討して見ることが必要です。

配当金や株式優待がある株式投資

株式投資は株式の売買による利益の他に、配当金による利益や株式優待が得られるという利点がありますが、株価の変動に対して瞬時に対応することが出来ないと利益を上げることが出来ないという欠点があります。そのため初心者にはなかなか難しい部分があります。株式投資に成功すれば短期間で大きな利益を上げることが出来るというメリットが存在しています。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

運用をプロに任せる投資信託

投資にそれほど多くの時間を費やすことが出来ないという場合には投資信託がおすすめです。運用会社に自分の資産を預けておくとプロの投資家が代わりに投資を行ってくれるので初心者の方でも安心して投資をすることができます。比較的堅実な投資の方法ということにはなりますが、運用に失敗してしまうと損失が出てしまうこともあります。元本の保証はありませんので、絶対に儲かるということにはなりません。

不動産売買で大きな利益を得られる不動産投資

不動産への投資はかなり堅実な投資の方法と言えます。不動産を購入し賃料収入を得るインカムゲインと、その不動産を購入売却することで得る利益キャピタルゲインの方法が考えられます。更には不動産投資は損益通算で、確定申告で所得税の還付を受けられるという特典もあります。不動産投資は一定の資金が無いとできないというデメリットがあります。

外貨の売買で利益を得るFX

外国為替市場の変動を活用して利益を上げる投資がFXです。為替市場の変動に常に注意していないと大きな利益を上げることが出来ないという点で株式投資とよく似たところがあります。初心者の方ですとなかなか為替市場の変動に上手く対処できないことも考えられます。

初心者が投資を選ぶときのポイント

初心者の方が投資の方法を選ぶ際のポイントはどのようにとらえておくのがいいのでしょうか?基本的には小額の投資からスタートすることを考えるのが賢明です。また、複雑な知識が必要となる投資ですと、初心者は混乱してしまうかもしれませんので、単純でわかりやすい投資方法を選ぶようにするといいでしょう。

また、初心者はできるだけリスクの少ない投資方法を選択すべきですので、長期タイプの投資を選ぶようにするのがおすすめです。

少額からできる投資を選ぶ

初心者の方は、最初は勉強をするつもりで小額の投資からスタートするようにするのがおすすめです。小額の投資でしたら、リターンは少ないですが、その分のリスクも最小限に抑えることができます。大きな利益を最初から求めて高額投資をするのは初心者の方は避けたほうがいいでしょう。

一定の知識がないと、投資に成功することはできないので、本やネットなどの情報を駆使して基本的な知識を得るようにすることも必要です。初心者向けの投資セミナーも開催されていますので、活用してみることもおすすめです。

シンプルでわかりやすい商品を選ぶ

複雑な取引が必要な投資は初心者のうちは避けたほうが良いでしょう。投資によって得られる利益が分かりやすいものを選ぶのがポイントです。自分で投資の仕組みを理解していれば、トラブルにすぐに対処することができますので損失を少なくすることが可能になります。

投資をスタートするにあたり、トラブルが起きてしまったときにはどのように対応すべきかをあらかじめ自分なりに考えておくことも必要です。

長期投資のものを選ぶ

初心者の間は長期投資を積極的に活用することがおすすめです。長期タイプのものはリスクが少ないという特徴があります。残念ながら、その分利益は少なくなってしまいますが、堅実に資産を増やすことが可能になります。急激に相場が変動するようなこともありませんので、トラブルに対して時間的な余裕を持って対処することが出来るようになります。

投資を始める前にやっておくこと

投資を始めるにあたって知っておかなくてはならない内容や準備しておくべきことはどのようなことなのでしょうか?一番重要なことは投資はすべて自己責任であるということです。また、投資にはリスクが付き物ですので、その点は自分で納得しておかなくてはなりません。

投資にのめり込みすぎてしまってマネーゲームのような形になってしまうと大きな失敗を招いてしまうことも考えられますので、自分なりの投資に対する目標と計画を立てておくことが必要です。

ハイリスク・ハイリターンについて理解しておく

投資によって大きな利益を上げようとする場合にはハイリスク・ハイリターンとなります。リスクを最小現にすることを考えるとその分利益も少なくなってしまいます。(ローリスク・ローリターン)従って、全ては自分の責任で行って行くことが求められます。利益を追い求めすぎてしまうと大きな損失を招いてしまう可能性がでてきますので、その点は注意しなくてはなりません。

ハイリスク・ハイリターンタイプの投資にはFX、株式投資、不動産投資があります。一方で、ローリスク・ローリターンタイプの投資としては預金、債券もあります。自分に合った投資の方法を活用してみることがおすすめです。

目標と計画を立てる

投資をする場合には自分なりの目的と計画を立てておくことが肝要です。堅実な投資の方法を採用したとしても無計画に投資をするとなんでもうまく行かず、必要な時に必要な資金が足りないという状況も起きてしまいます。投資にはリスクが付き物ですので、さまざまな投資のリスクを避けるために、いつまでにどれだけ貯めるか目標を自分なりにしっかりと決めておくことが必要です。

目標に合わせてどのような投資をすればいいのかという事をイメージしやすくなりますので、堅実でリスクの少ない投資活動をすることが出来るようになるはずです。言うまでもありませんが、あまりにも無謀な目標を設定してしまうと、大きなリスクを知らないうちに追うことになりますので、冷静な判断での目標設定が必要になります。

初心者におすすめの投資の紹介

初心者の方にお勧めの投資の方法はどのようにとらえておくのがいいのでしょうか?初心者の方はそれほど投資に対する経験がありませんので、自分のペースを大事にすることが出来る投資方法を選んでみるのがおすすめです。いきなり高額の投資をすることは難しいので小額の投資が可能な方法もおすすめです。

また、リスクに対してどのように対処していいか初心者は困ってしまうことも多いはずですので、出来るだけリスクの少ないタイプの投資方法を選ぶようにすることが肝要です。また、多くのメリットを持った投資方法を検討してみてもいいでしょう。

自分のペースでできる投資信託

投資信託は資産の運用はプロに任せられるので、投資に詳しくない初心者におすすめ。自分のペースで投資活動を進めていくことが可能になります。運用のプロに手数料を支払う必要がでてきますので、投資信託を選ぶ時は手数料が安いところを選ぶようにするといいでしょう。

少額から始められる積立投資

積立投信は積立型の投資信託のことを指します。100円程度の少ない資金で始められ途中で金額も自由に設定できるというメリットを持った投資方法です。毎月自動積立で自分で運用をする必要がないので、投資初心者や忙しい人におすすめです。

堅実に少しずつ自分の資産を増やして行こうと考えている場合に特にお勧めの投資方法であるといえます。

リスクの低い個人向け国債

国債は国が発行する債券ですので、リスクが非常に少ない投資方法を考えることができます。金利が半年ごとに見直される「変動10年」と、金利が変わらない「固定5年」「固定3年」タイプの国債がありますので、自分の目的に合わせて選ぶことができます。

低コストの外貨MMF

MMFはマネー・マーケット・ファンドの略称です。外貨で運用する外貨建ての投資信託の方法です。シンプルでわかりやすくので初心者でも始めやすいというメリットがあります。投資先は安全性の高い国債や優良企業の社債などなのでリスクも低く、低コストで購入手数料も無料なので初心者の方におすすめです。

少額で株式投資をしたい人におすすめのETF

ETFは各種指数に連動した値動きをする投資商品で、1商品で数種類の銘柄に分散投資しているとイメージすることができます。それぞれの商品を数千円で買えるので、資金が少ないが分散投資はしたい人におすすめの投資方法です。分散投資によってリスクを少なくしたいと考えている方に特に最適です。一方で外貨商品の場合は円安や円高の局面を考慮することが必要です。

ETFは非常にシンプルな投資の方法ですので、その仕組みとルールを比較的簡単に理解することが出来るようになりますので、初心者の方に最適な投資方法であるといえます。

さまざまなメリットが期待できる個人型確定拠出年金iDeCo

iDeCoは毎月自分で決めた掛金を自分で運用(投資)していき、60歳以降に利益を受け取る方法です。商品の種類や掛金をどのくらいにするかなど全てを自分できめることができるといメリットがありますので自分の資産に合わせて活用することができます。日本在住の20歳以上60歳未満の方であれば、原則誰でも始めることが可能です。

個人型確定拠出年金iDeCoを始めるメリットは以下の様になっています。

積立金額すべてが「所得控除」の対象になりますので、所得税・住民税を節税することが可能です。運用で得た定期預金利息や投資信託運用益が「非課税」の恩恵を受けることもできます。60歳以降に利益を受け取るときは「公的年金等控除」「退職所得控除」の対象にもなります。

投資の種類 おすすめの理由
投資信託 自分のペースでできる
積立投資 小額からスタートできる
国債 リスクが少ない
外貨MMF 低コストである
ETF 小額で株式投資ができる
iDeCo 色々なメリットがある

 

投資を始める人のためのNISAに関する基礎知識

投資をして利益を上げるができるのは非常に嬉しいことですが、利益に対しては、当然ですが納税の義務が発生してきます。投資による利益については毎年確定申告をしなくてはなりません。しかしながら、投資で得た利益はNISAを使うと非課税にすることも可能です。

一般的に投資で得た利益には約20%の税金がかかるのですが、NISAであれば毎年一定金額の範囲内で利益が非課税にすることが可能です。NISAの精度を利用できるのは、日本に住んでいる20歳以上の人です。

0から19歳の場合は未成年を対象にした少額投資非課税制度であるジュニアNISAを利用することができます。NISAの精度を活用すると、金融商品を売買したときに得られる売買益、配当金・分配金が対象で、制度の期限は10年間と定められています。節税対策を考えてNISAの精度を積極的に活用してみるようにすることがおすすめです。

積み立てNISAとの違い

さらには、積立タイプのNISAの精度も導入されるようになっています。従来のNISAに比べると投資可能な額は小さくなっています。また長期間の投資も必要になります。従来型のNISAと積立タイプのNISAを使い分けてみてもいいでしょう。

節税対策について不明の点がある場合には投資会社に相談してみるか、あるいは税理士さんに相談してみてもいいでしょう。納税が国民の義務ですので、責務はきちんと果たしていかなくてはなりません。

投資初心者におすすめの本

知識をまったく持たずに投資活動をすることは不可能であると考えなくてはなりません。初心者の方は書籍などから基本的な知識を入手することがおすすめです。初心者の方が投資に関する書籍を購入する場合にはレビューが多くされていて評価の良い物と選んでみるようにするといいでしょう。更には初心者の方であっても内容を把握しやすいタイプの書籍を購入するようにすることもおすすめです。

多くの人に愛用されている初心者向けの投資についての書籍は以下の通りです。また、投資に関するいろいろなセミナーが開催されていますので、セミナーに参加する場合には本で予習をして色々な知識を身に付けておくようにすることがおすすめです。セミナーの後には交流会が開催されることも多いので、知識を持っていたほうが交流会の場で投資に関する人脈を広げやすくなるというメリットも出て来ます。

知らないと損する 池上彰のお金の学校

知らないと損する 池上彰のお金の学校は、給料のシステム、円高の理由、格安のからくり、ギャンブルの経済効果などお金のしくみについて詳しく解説してくれる本ということで評判を集めています。投資で最も重要なお金について理解を深められるというメリットがあります。非常にわかりやすく書かれていますので、初心者であっても十分に内容を理解することができます。

金持ち父さん貧乏父さん

金持ち父さん貧乏父さんは経済通として多くの人に認識されているロバート・キヨサキがユニーク視点からな経済論を展開している書籍です。仕事を真面目に続けるより、収入を元手に運用し増やしたほうが、豊かになれることを逆説の発想を教えてくれます。投資をするにあたっての気持ちの持ち方を十分に理解することができるようになるはずです。

投資によって利益を上げていく方法が一般の仕事の方法とはコンセプトは異なったものですので、その違いをしっかりと理解して、自分なりの投資についての哲学をこの本を通じて考えてみるようにすると良いでしょう。

投資初心者は初心者向けの投資から自分にあった投資を選ぶと良い

投資初心者はいろいろな種類の投資の中からリスクの少ない堅実な投資を選んでいくようにすることがおすすめです。また、投資の際にはいろいろなトラブルが起きてしまうことも考えらえますので、それに対して比較的時間的な余裕をもって対処することが可能な投資の方法を選ぶようにすることも重要です。

投資をするにあたっては一定の知識が要求されますので、書籍などから必須の知識を身に付けていくようにすることも肝要です。

category

記事カテゴリー