山中湖付近にあるたくさんの自然とおすすめのキャンプ場を紹介

山中湖付近にあるたくさんの自然とおすすめのキャンプ場を紹介

CAMP 2019.02.14

Share :

山中湖付近のキャンプ場はどのくらいあるか

山中湖は、富士山の景観の良いスポットが、多数存在している事から、観光スポットでも人気の場所で、海外からの観光客も多く見かけられます。周辺は、ハイキングコースやサイクリングロード、テニスコートが多く整備されている事で、合宿地としても利用されています。様々な用途に利用される山中湖付近のキャンプ場は、大どのくらいあるのでしょう。

施設でキャンプ場を選ぼう

キャンプ場の選択肢として、個人の趣味やその用途に応じて様々な選び方が考えられます。特に山中湖周辺は、夏も涼しく避暑地としても利用でき、大学や企業の保養地も多く点在しています。やはり、日本の象徴である富士山のふもとにあるという事から、キャンプ場としてもかなり人気の地域で、多数のキャンプ場があるのも、やはり山中湖の魅力と言えるのではないでしょうか。

キャンプ場の選び方の一つとして、施設によって行き先を決めるという方法もあります。また、キャンプ場で過ごす目的に応じて、施設を選択していくという方法もあります。

オートキャンプ

キャンプの醍醐味を、ダイレクトで味わえるのが、このオートキャンプといった方法で、区画を借りて自然をバックに自由なキャンプ体験ができますので、強く印象に残る思い出作りには最適な方法と言えます。山中湖周辺のオートキャンプ場には、みさきキャンプ場があり、車の乗り入れできるオートキャンプ場や、テニスコートなどを利用できます。

また、小田急山中湖フォレストコテージは、ペットも同伴する事のできる、ドッグランキャンプサイトが自慢のスペースで、バーベキューができるエリアや、オートキャンプ場でもAC電源を利用できます。

バンガロー・コテージ

オートキャンプでは、本格的なキャンプを堪能できる一方で、テントも薄く周囲が見渡せるという事もあり、ついつい周りの目が気になってしまうというところもあります。しかし、バンガローやコテージの場合は、周りを気にせずリラックスでき、解放感も味わえる為、PICA山中湖ヴィレッジのような、タイプベースで選べるコテージなどが人気となっています。

こうした、バンガローやコテージのあるキャンプ場選びには、探し出すのになかなか苦労してしまいがちですが、ネット上で簡単に検索できる「なっぷ」は、キャンプ場の検索や予約までこなすことができます。  

トレーラーハウス

トレーラーハウスとは、「タイヤのついたプレハブ住宅」とも言われる、快適空間が魅力の宿泊設備で、実際にトレーラーとして利用はできませんので、一つのキャンプを楽しむスタイルとして理解しておくとよいでしょう。

そんな、トレーラーハウスがあるキャンプ場で知られる撫岳荘キャンプ場は、3名から6名まで宿泊可能なトレーダーが、タイプ別に6種類合計13台用意されています。トレーラーハウスは、通常のシーズンと多忙気には宿泊料金が少々異なってくるようです。また、様々な体験プログラムや、食体験メニューも豊富で楽しみの一つとなるでしょう。 

クラブハウス・BBQサイト

キャンプを体験するもう一つの方法として、日帰りでキャンプ体験のできるデイキャンプといった方法もあります。デイキャンプを受け入れているキャンプ場は、比較的少ないのですが、宿泊しなくてもデイキャンプとして利用できる為、ホテルを拠点にして、日中をデイキャンプで楽しむといったスタイルも、アリなのではないでしょうか。

小田急山中湖フォレストコテージは、車一台を乗り入れできるデイキャンプサイトがあり、屋根つきのテントで森林浴を楽しみながら、バーベキューなどを楽しむ事もできます。また、ペットの同伴も可能になっています。

 

過ごし方に合わせてキャンプ場を選ぼう

キャンプ場の利用方法に、自然の環境下で趣味を堪能したい、あるいはスポーツをこなしたいといった過ごし方を希望される方も多いかと思います。また、コテージやバンガローなど、宿泊する場所にこだわる方や、キャンプ場で出される食事を楽しみにしていらっしゃる方もいます。

山中湖の場合は、サイクリングロードやハイキングコースが整備されているほか、湖などでも様々な楽しみ方ができます。こうした、利用者の過ごし方に合わせたキャンプ場選びも、キャンプの目的がはっきりとしますので、効率の良いキャンプを楽しむ事ができます。

ペットとのびのび過ごしたい

最近の日本は、ペットブームというよりもペット人気の定着で、旅行などで飼い主が数日家を空ける場合でも、ペット専用のホテルなどに預ける事ができるようになってきました。しかし、どうせならペットと一緒に、キャンプに挑戦されてみてはいかがでしょうか。

山中湖周辺のキャンプ場には、ドッグラン併設やペット用の食事等が充実したキャンプ場などがあり、飼い主と一緒に自然な環境下で一緒に過ごす事ができます。その中で、バスやトイレが完備されている山中湖フォレストコテージと、客室数は3件と少ないのですが、プライベートハウス バイロンがお勧めの施設です。

自然を満喫したい

元来、私たちの心の奥には、自然回帰といったものが存在し、人工的な建造物でなく自然を懐かしむ、あるいは自然を満喫したいといった感情が芽生える時があります。そんな時は自然と触れ合うことのできる、釣りやBBQ、山菜などの味覚狩りなどが楽しめる山中湖オートキャンプ場が、ぴったりのキャンプ場といえます。

また、小田急山中湖フォレストコテージは、湖畔エリアで湖を眺めながらの釣りもよし、森林エリアで森林浴を楽しみながらのバードウオッチング、秋の紅葉まつりや冬場のワカサギ釣りなどで、ダイヤモンド富士を楽しんでみてはいかがでしょうか。

虫や日光を避けて快適にくつろぎたい

キャンプの天敵といえば、人の体に忍び寄るブヨやアブに蚊といった害虫の問題で、専用の虫よけ対策は必須と言えるものです。また、女性たちの気になる強い日差しも避けておきたいもの。そんなあなたにお勧めしたいのは、一面ガラス張りで開放的なコテージのあるPICA山中湖ヴィレッジで、場内レストランもありますので食事や部屋にこだわる人に最適です。

また、FUJIYAMA KITCHENは、富士山麓の欧風レストランとして知られており、四季折々のコースメニューは、湖畔にたたずむオーベルジュで楽しむ料理の醍醐味を味わう事ができます。

体を動かしたい

活動的な方にとって、キャンプ場であっても機会があれば、少しでも体を動かしたいと思われている方は、意外に多いものです。意外に思われるかもしれませんが、山中湖はスポーツのメッカで、暖かな時期では様々なスポーツのイベントが行われています。

スポーツ合宿の多い、平野地区ではサッカーやテニスなどのイベントが開催されているほか、毎年五月に開催される山中湖ロードレースはあまりにも有名です。また、湖上のスポーツとして、ボートや水上スキー、釣りなどが楽しめ、ほかにもサイクリングロードやウオーキングなどを楽しむ事ができます。

家族が喜ぶおすすめキャンプ場 

子供たちにとって、キャンプは自然の環境下で自炊を行い、時にはテントを張り寝泊まりを行うもので、心の中に強く印象づけられるものです。だからこそ、思い出作りに最適なキャンプは、非日常を思い切り味わう為のもので、その思い出を良いものにしていかなければなりません。

そこで、家族が喜ぶお勧めキャンプ場として、選考基準をもとにいくつか選んでみましょう。

東京YMCA野外教育センター

東京YMCA野外教育センターは、公益財団法人が運営する施設で、バリアフリーも充実していますので、足元の不自由なお年寄りや、車いすでご来場の方でも安心の設計となっています。

富士山を望む、圧倒的なロケーションの山中湖センターは、野外教育のための施設で、幼児から高齢者までをその対象としており、障がいのある方の利用を想定した施設と、プログラムが用意されているのも、この山中湖センターの特徴です。プログラムの中身は、周辺の登山やハイキング、サイクリングや写真撮影、ビッグカヌーの体験など盛りだくさんの活動が行えます。

小田急山中湖フォレストコテージ

小田急山中湖フォレストコテージの魅力は、何と言ってもキャンプ利用者のニーズによる選択肢が、かなり幅広いというのが心をひかれます。宿泊施設としては、キャンプの醍醐味が味わえるオートキャンプ、ぜいたくな時間を過ごせる別荘タイプのコテージは、湖畔エリアと森林エリアにいくつかのデザインで用意されています。

またキャビンタイプのコテージもあり、比較的安価な料金で借りる事のできるバンガローまで、豊富な選択肢が用意されています。また、ペット同伴の可能なタイプも、いくつか用意されていますので、かなりの安心感です。

条件にこだわりワンランク上の宿泊体験も

キャンプだからこそ、ぜいたくを味わいたいといった意見もあるようですが、本来のキャンプの趣旨から考えてみると、どうなのかといった意見も出てきそうです。しかし、日ごろ家事や子供の世話で忙しい主婦にとって、旅行気分で出かける事のできるキャンプは、かなり魅力的と言えるでしょう。

そこで、通常のキャンプとは、異なる条件にこだわった、もう一つ上の宿泊体験を旦那さまから、提案されてみてはいかがでしょうか。キャンプという固定概念を一度外されて、新たな体験をされる事で新しい発見があるかもしれません。

カフェやレストランまで充実しているPICA山中湖ヴィレッジ
PICA山中湖ヴィレッジは、パーマカルチャーというコンセプトのもとに、水の循環や生命の循環、そしてエネルギーの循環と栄養分の循環、さらに人と人のつながりを一つのトータルデザインとして行っていく事を目標としています。

こうした考えのもと、部屋や料理にもこだわっているPICA山中湖ヴィレッジでは、宿泊プランにもこだわり、店内にも富士山麓の欧風レストランと評される、場内レストランでのお食事にも強いこだわりをだしています。各種季節のイベントも充実しており、参加型のキャンプ場としてお客さまがたに認知されています。

ヒノキの露天風呂を有するヴィラパインツリー

2018年夏季にオープンしたヴィラパインツリーは、お客さまがたに山中湖の貸し別荘として、ログコテージの名称で宿泊プランを提供しています。この、ヴィラパインツリー独自のログコテージには、本場フィンランドの木を取り寄せたコテージに仕上がっており、造りも本番さながらの雰囲気で贅沢に過ごす事ができます。

このログコテージには、専用のお風呂が設けられており、ぜいたく感あふれる専用露天風呂や、総ヒノキで作られた露天風呂なども部屋別に堪能する事ができます。調理設備は整っており、バーベキューなどを楽しめるほか、各種アメニティーもそろっています。

山中湖を眺めながら非日常を味わえるキャンプ体験を

キャンプ場の中でも、富士山を一望できるとあって、山中湖にあるキャンプ場は、どこも高い人気を誇っています。湖上スポーツや釣りを始め、様々なスポーツを楽しめるとあって、毎年山中湖を訪れるといったファンも多いのです。また、夕日や夜の星空がとてもロマンチックとあって、カップルで楽しまれる方もいらっしゃいます。

category

記事カテゴリー