股関節からポキポキと音が鳴る原因と対策

股関節からポキポキと音が鳴る原因と対策

TRAINING 2019.02.15

Share :

股関節からポキポキと音がする

股関節がぽきぽきと音を立ててしまう理由はどのように考えておくのがいいのでしょうか?多くの場合において疲労から来ていることが多いのでそれほど心配する必要はありませんが、股関節の構造や仕組みは合わせてしておいた方が、股関節のトラブルを再発させてしまうことが無くなるはずですので、おすすめです。また、症状は軽いうちに対処したほうが良いでしょう。悪化すると治りにくくなってしまいます。

また、ストレッチなどを行って、股関節周りの筋肉を普段から柔軟にしておけば、トラブル防止において大きな効果を期待することができます。しかしながら、いろいろなケアを行っても股関節の状態に改善が見られない時には迷わず病院で診察を受けることも必要です。

股関節の構造と音がなる原因

股関節の構造は非常に複雑なものとなっています。それによって自由に足を動かすことが出来るようになるからです。しかしながら、体にゆがみが出てしまうとそれによって、股関節から音が出てしまうことも考えられますので、そのようなことが無いように適宜自分の体のゆがみを調整することも必要です。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

股関節の構造

股関節は非常に精巧に作られています。この精巧な仕組みのお蔭で我々は体を自由に動かすことが出来るようになっています。股関節の動きをスムーズにさせてくれる働きをしているのが筋肉です。筋肉がかたくなってしまうと股関節の動きが不自然になってしまうことが考えられます。

書店などで医学に関する解説書を手に取ってみれば、股関節のイメージを理解しやすくなることも期待されます。非常に精緻に作られていますので、精密機械のようなメンテナンスを欠かさず行って行くことが必要であるといえます。

筋肉の付き方

股関節を動かすときに特に重要な働きをしてくれるのが中殿筋です。中臀筋の働きによって脚を閉じたり開いたりすることが可能になります。中臀筋をストレッチによって時々ほぐしておくようにするといいでしょう。

中殿筋を鍛えておくと足腰が鍛えられることになりますので、下半身のパワーアップにもつながります。長時間歩いても疲れることが無い大きなパワーを手にすることも可能です。

骨の配置

股関節は骨盤と太ももの大腿骨の連結を担っています。球状構造をもった関節ですので、動きが非常にスムーズであるという特徴があります。立ったり座ったりするときに非常に重要な働きをしてくれます。

立ったり座ったりする動作は普段何気なくおこなっていますが、それが出来なくなってしまうと大きな不便を生じることになりますので、股関節のケアは非常に重要なものであると考えて良いでしょう。

音がなる原因

股関節から時として音が出てしまうようなこともあります。これはどのような場合に起こってしまうのでしょうか?あまりにも症状がひどい場合には病院で検査を受けることも検討しなくてはなりません。

弾発股の可能性

身体の左右のバランスが崩れてしまって、股関節にゆがみが生じてしまうといわゆる弾発股の状態になってしまって、音が出てしまうことが考えられます。身体のゆがみを解消すれば音は解消されます。症状が軽い間の方が治しやすいので、出来るだけ早くケアをするようにすることがおすすめです。

関節の部分で潤滑油のような役割をしている軟骨が不足しているような場合もかんがえられますので、そのような場合には、コラーゲンを多く含む食材を積極的に摂取するようにするといいでしょう。

問題ない弾発股の可能性もある

一方で、股関節を柔軟にするために行うストレッチの際に音がなってしまうこともあるのですが、これは全く問題ありません。しかしながら、症状があまりにもひどい場合には、病院で見てもらうことも考えてみると良いでしょう。

ストレッチはできる限り継続して行うようにすることがおすすめです。だんだんと股関節の筋肉は硬くなってしまいますので、それを防止するためには継続的なストレッチが効果的です。

股関節を柔らかくするストレッチ

股関節を柔らかくする方法としておすすめなのがストレッチです。誰もが簡単に実践することができるものですので、特別な器具を使わなくても更には自宅などで行うことができますので、空き時間を上手く利用してストレッチをする用にするといいでしょう。

自宅では難しいというような場合には、ジムなどに通ってストレッチをしてみてもいいでしょう。専門のインストラクターの指導の下にストレッチを行って行くことになりますので、効率よく股関節のケアをスルことができます。

外旋筋群を柔らかくするストレッチ

骨盤と大腿骨をつなぐインナーマッスルである外旋筋群をストレッチによって柔軟にしておくと、足の動きをスムーズにすることが出来るようになります。外旋筋群のストレッチは骨盤の位置を適切なものにしてくれる働きもありますので、姿勢の改善効果も期待できます。

座ったままでできる股関節ほぐしのヨガ

股関節ほぐしのヨガは座った状態で筋肉を鍛えることができるのでおすすめです。左右の筋肉を交互にジワジワと伸ばすようにするのがおすすめです。座った状態で筋トレをすることができますので、テレビなどを見ながら筋トレができるようになるのでお勧めです。音楽などを聞きながらリラックスした雰囲気で実践してみもいいでしょう。

ヨガは大きな体力をつかうものですので、ヨガをした後はしっかりと栄養補給をするようにすることも必要です。

椅子を使う腸腰筋と太もものストレッチ

腸腰筋と太もものストレッチは椅子やフラットベンチや、ベッドなどを利用して行うものです。非常に大きな効果を短期間で生み出すことができるということで好評を得ているのですが、その分大きな痛みを生じてしまうこともありますので、痛みに対して我慢することが出来ない場合には、やりすぎないようにすることも必要です。

少しずつ継続的に行って行けば大きな効果を得られるようになります。あまりにも痛みを我慢してしまうとストレッチを継続するのが困難になってしまいますので注意が必要です。

初心者にもおすすめのあぐらストレッチ

あぐらストレッチは他のストレッチのウォームアップとしておすすめです。あぐらのままで行うストレッチですので初心者の方でも簡単に行うことができます。有酸素運動を導くためにも呼吸を意識しながらストレッチをするようにするといいでしょう。

ストレッチで股関節を柔らかくする

股関節はそのままにしておくとだんだんと硬くなってしまうものです。股関節が硬くなってしまうと動かすたびに不思議な音が出るようになってしまいます。また、関節をスムーズに動かすこともできなくなってしまいます。

股関節周りの筋肉をこまめにストレッチをすることによってケアしておけば、股関節に異常が生じてしまうことも無くなります。ストレッチの方法はいろいろなものがありますので、自分の好みの方法で行って見ると良いでしょう。すぐには効果は出てこないかもしれませんが、あきらめること無く継続してストレッチをするといいでしょう。ストレッチによって股関節の症状が改善しない場合には、医療機関でチェックをしてもらうようにすることも必要です。

category

記事カテゴリー