筋トレの為のヨーグルトを効果的に摂る方法とおすすめ商品

筋トレの為のヨーグルトを効果的に摂る方法とおすすめ商品

TRAINING 2019.01.07

Share :

筋トレに効果的なヨーグルトの食べ方が知りたい

筋トレにヨーグルトがおすすめされることが多いです。ただし、ヨーグルトをただ食べればいいわけではなくて、食べ方にもこだわる必要があります。こちらではヨーグルトが筋トレに効果のある理由やおすすめの食べ方、おすすめのヨーグルトの種類などについて紹介します。

筋トレにヨーグルトがおすすめな理由

筋肉をつけるためにはどうしてもタンパク質をしっかりと摂取することが大切です。タンパク質は筋肉を構成する材料となるからです。そして、ヨーグルトの中にはタンパク質がきちんと含まれています。

また、乳製品に含まれているタンパク質にはBCAAが特に豊富に含まれています。こちらは分岐鎖アミノ酸と呼ばれるものであり、筋肉のタンパク質分解を抑制したり、タンパク質合成を促進するという働きがあるのです。このBCAAを多く含むタンパク質を摂取することは、筋トレにとって特に効果的なものなのです。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

また、乳製品には牛乳やヨーグルトがあるのですが、ヨーグルトの方が乳酸菌の働きによってタンパク質の一部がアミノ酸に分解されやすいです。これによって、タンパク質を吸収されやすい形にできるのもおすすめの理由となります。

おすすめのヨーグルトの食べ方

筋トレのためにヨーグルトを食べるならば、食べ方にもこだわるべきです。こちらでは一体どのような食べ方をするべきなのか、ヨーグルトのおすすめの食べ方を紹介します。

筋トレ後30分以内のヨーグルト摂取が効果的

筋トレをすると体内の糖質がどんどん消費されてしまいます。したがって、筋トレをした後にはエネルギーが不足した状態となっているため、そこで糖質が不足していると筋肉が分解されてしまいます。人間は飢餓状態に陥ると筋肉を分解してエネルギーを得ようとするからです。せっかく筋トレをしたのに筋肉が分解しては意味がありません。

そこで筋トレをしてから30分以内にすぐに糖質を摂取することをおすすめします。このタイミングでヨーグルトを摂取することによって、糖分をしっかりと補給できるのです。そうすれば筋肉を維持できて、筋トレ後の1時間から2時間後には筋肉の合成が進むようになります。

筋トレをしたあとは疲れを感じたり、眠たくなってしまうことがあるのですが、これも糖質が不足しているためです。そのため、すぐにヨーグルトを食べることで眠気を防ぐこともできます。

プロテインと混ぜてたんぱく質アップ

筋トレをしている方にとってプロテインは欠かせません。プロテインによって筋肉を合成するために必要なタンパク質を摂取することができるのです。しかし、プロテインだけを飲むのは飽きてしまう方が多いでしょう。そのような方には、アレンジの方法としてヨーグルトと混ぜる方法をおすすめします。

プロテインを牛乳を混ぜて飲む方は多いのですが、これは親和性が高いからです。ヨーグルトも牛乳を原料として作られているため、プロテインとの相性が良く、混ぜ合わせて一緒に食べることをおすすめします。

ただし、ヨーグルトはなかなかプロテインに溶けにくいことが多いでしょう。そんなときにはのむヨーグルトを使うことをおすすめします。そうすれば、液体状となっているため、プロテインも溶けやすくなります。

ホットヨーグルトにすると吸収率アップ

実はヨーグルトはホットにすることによって吸収を高めることができます。温めることによって、ヨーグルトの栄養素を活性化させることができるのです。それによって、栄養素の吸収率を高めることもできます。

また、ホットヨーグルトのように温かいものは代謝アップに期待できます。冷えを解消することができて、血行が良くなるでしょう。そうなれば代謝が上がり、体がとてもスッキリとした状態となるのです。内臓機能を高めることができるため、脂肪燃焼効果を期待することもできます。

バナナと一緒に摂ってカリウムを補う

筋トレをすると電解質が失われてしまいます。電解質というのは、たとえばカリウムです。そこで筋トレの際にはバナナを食べることによって、しっかりとカリウムを補うことができます。電解質が失われるのを防ぐことができて、筋肉収縮を促すことができるのです。筋肉の疲れを癒す効果もバナナにはあります。

そんなバナナはヨーグルトとの相性がとても良いです。そのため、一緒に食べるととても美味しいでしょう。ただし、バナナには糖質が含まれているため、これと普通のヨーグルトを食べてしまうと糖質を摂りすぎてしまうかもしれません。そこでバナナと食べるならば、ヨーグルトは無糖のものを選んでください。

おすすめのヨーグルトの種類

ヨーグルトといってもさまざまな種類が存在しています。その中から筋トレにおすすめのヨーグルトの種類を紹介します。

ギリシャヨーグルトはたんぱく質が多く含まれている

ギリシャヨーグルトは普通のヨーグルトをろ過して、さらに水切りしています。これによって、より多くのタンパク質が濃縮されており、筋トレに最適なのです。それによって、クリーミーで濃厚な味がして、食感はまるでクリームチーズのようにコクが出ています。

効率よくタンパク質を摂取できるという意味では筋トレ向きであり、実際にアメリカではボディビルダーがギリシャヨーグルトをスムージーにして愛用しているのです。普通のヨーグルトに飽きてしまって方にもおすすめできます。ちょっとリッチな気分を味わうことができて、まるでデザートを食べているような感覚になれるでしょう。

ギリシャヨーグルトは栄養分が水切りによってほとんど失われておらず、タンパク質の量はほぼ倍になっています。基本的に低カロリーであり、太る心配もないです。

無脂肪のプレーンタイプを選ぶのは鉄則

ヨーグルトといえば、今では各メーカーからとても美味しいものが出ています。フルーツが含まれていたり、別に用意されたソースをかけて食べるタイプもあるのです。しかし、これらは筋トレには向いていません。糖分を多く摂取してしまい太りやすくなってしまいます。

筋トレを目的としてヨーグルトを選ぶのであれば、基本的にプレーンタイプのものだけを選びましょう。無脂肪であり、糖分が一切含まれていないものを食べてください。ヨーグルトというのはもともと脂肪分が多く含まれているものです。そのため、筋トレの効果を上げたいならば、無脂肪のものを選ぶことが鉄則です。

筋トレのためにヨーグルトを食べるのであれば、美味しさを求める必要はないです。何を重視したいのかをきちんと考えてヨーグルトを選びましょう。

具体的なおすすめのヨーグルト

筋トレには無脂肪のギリシャヨーグルトがおすすめです。その中から特におすすめできるものを紹介します。

オイコス 脂肪0 プレーン・砂糖不使用

こちらは脂肪分が0のギリシャヨーグルトであり、とてもクリーミーでしっかりと触感があるため、食べごたえを感じられるでしょう。砂糖はもちろん不使用であり、プレーンヨーグルトです。カロリーは100キロ未満であり、太ってしまう心配なく食べることができます。たとえばバナナと一緒に食べたいときにはおすすめできる商品です。

濃密ギリシャヨーグルト PARTHENO《パルテノ》

こちらは水切り製法によって、ヨーグルトを3倍に濃縮しているギリシャヨーグルトです。濃厚でクリーミーであり、そのまま食べても美味しいです。もちろん、バナナやプロテインなどと組み合わせるのにも最適です。幅広いアレンジで美味しく食べることができます。また、酸味の少ない商品のため、ヨーグルト特有の酸味が苦手な方にも適しています。

THE GREEK YOGURT プレーン

こちらはヨーグルト100gあたりにタンパク質が10.2g含まれており、脂肪分はゼロでカロリーは60キロととてもヘルシーです。タンパク質を効率よく摂取したい方のためのヨーグルトといえるでしょう。普通のヨーグルトよりもかなり濃厚であり、水切りヨーグルトの代わりに使うこともできるのです。筋トレをしている方に最適です。

筋トレ直後に無脂肪のギリシャヨーグルトが効果的

筋トレのためにヨーグルトを選びたいならば、無脂肪のギリシャヨーグルトを食べることをおすすめします。これならばタンパク質の含まれている量が豊富であり、無脂肪のためカロリーは抑えめになっていて太ってしまう心配もないのです。上手く筋トレにヨーグルトを取り入れることによって、筋トレの効果を高めてください。

category

記事カテゴリー