FXを成功させるための秘訣|コツを理解して上手く資産運用しよう

FXを成功させるための秘訣|コツを理解して上手く資産運用しよう

LIFE STYLE 2019.01.05

Share :

FXを成功させようにはどうすればよいか

投資としてFXを始めたいという方は多いでしょう。FXでお金を増やすことができれば、今の生活を豊かにしたり、老後の生活のための資金をつくることもできます。毎日働いて得られるお金だけでは将来に対する不安があったり、不満を感じているという方もいると思います。

しかし、投資は失敗したときのリスクを考えるとなかなか手を出せないという方もいると思います。投資はしっかり知識を身につけて行う必要があります。行き当たりばったりで始めてしまうとリスクは増してしまいます。そんな投資に対する悩みを持つ方に向けてFXを成功させるためのコツをまとめました。

FXの基礎知識をおさらい

FXをこれから始めるのに必要な基礎知識について解説します。

DODA

FXとは外国為替証拠金取引のこと

そもそもFXは外国為替証拠金取引のことです。外国通貨の売買を通して為替差益による利益を得ることを目指す取引です。たとえば、日本円を米ドルに両替したり、米ドルを日本円に両替することによって、利益が得られるのです。これは外国通貨との交換レートが常に変動していることによります。

基本的にはこれから価値が上がりそうな通貨を購入して、実際に価値が上がったタイミングでその通貨を売って日本円に両替します。これによって、上手くいくと最初に持っていた日本円よりも手持ちの日本円を増やすことができるのです。

具体的な数字で説明すると、1ドル80円で10ドル買う場合は800円を両替します。そして、1ドル100円になってから10ドルを日本円に両替すると、1,000円を受け取れます。この場合は200円の利益を得たことになるのです。

少額の資金で大きな利益を得られるがリスクも大きい

手持ちの資金が少ない状態でFXをやったとしても、あまり効率が良くありません。しかし、FXにはレバレッジという仕組みがあります。これによって、手持ちのお金以上に投資をすることができるのです。たとえば10万円の資金があるときに、10倍のレバレッジをかけると、100万円の資金を用いてFXの取引ができるようになるのです。

レバレッジによって得られる利益が大きくなるのですが、その代わり損失のリスクも大きくなってしまうため注意が必要です。たとえば10万円にレバレッジ10倍をかけて100万円でFXをするとします。この場合、値動きが1%しか上昇しなかったとしても、101万円を得ることができるため、元の資金の10%の利益を得られるのです。

ただし、100万円が99万円になってしまうと1万円の損失となります。これは損失が10倍になってしまったことになります。レバレッジは多くの会社では最大25倍までとなっています。

景気に左右されない

FXは通貨の変動から利益を狙うものです。こちらは通貨が上がっても下がっても利益を得られる可能性があります。そのため、景気がどのような状態であっても、関係なく利益を目指せます。

たとえば円安になりそうなときには外貨を買い、逆に円高になりそうなときには外貨を売ります。これを基本戦略としていれば、最終的には景気がどのように変化したとしても、利益を確保しやすくなります。

為替手数料が安い

実はFXで外貨に両替をするのは手数料がとても安くなっています。通常、通貨を両替する際にはかなりの手数料がかかってしまいます。しかし、FXの両替手数料については外貨預金の両替手数料の100分の1以下となっているのです。そのため、何度も両替したとしても、手数料による損失は少ないです。

たとえば日本円とドルの両替の手数料は3円/ドルのように設定されていることがあります。この場合は1ドルを買うのにレートが100円だったとしても、それに手数料が加わって実際には103円で1ドルを両替することになるのです。これがFXの場合は両替の手数料が0.01円/ドルのようにとても低くなっているのです。

FX専用の口座開設が必要

FXの取引はそれぞれの業者や証券会社の専用口座を通して行うことになります。そのため、これからFXを始めるならば、まずは専用の口座開設から始めることになるのです。それぞれの業者のホームページでは分かりやすく口座開設の方法が説明されています。画面の指示にしたがって手続きを進めていけば、簡単に開設できるでしょう。

ただし、口座開設の際にはマイナンバーが必要となりますそのため、自分の個人番号を確認できるようにしてください。基本的には普通の銀行口座を開設するのと変わらないです。

FXを成功させるためのコツ

FXは闇雲に取り組んだとしても成功することができません。FXを成功させるためのコツを紹介します。

FXを成功させるためのコツ
・長期で無理なく続ける
・情報収集をして相場を分析する
・取引に使う資金とレバレッジの上限を設ける
・通貨ペアの値動きの傾向を掴む
・損切りをして損失を最小限に留める
・決まったルーティンで取引をする
・自分で決めた取引ルールを守る

長期で無理なく続ける

FXをギャンブルとして考えている方は一攫千金を狙おうとするかもしれません。しかし、それではリスクが大きすぎます。短期間で大きな利益を得ようとするのは確実性がなく、リスクばかりがあり、とても危険な行為なのです。FXはあくまでも資産運用として取り組むべきものです。

できるだけ無理なく継続してFXの取引を続けていけるようにしましょう。そもそも、どんな通貨ペアについても毎日大きな変動があるわけではありません。小さい変動幅に収まっていることが多いため、そこで小さい利益を毎日コツコツと積み重ねていくべきです。そうすれば、長期的に見るとかなりの利益を得ることも可能なのです。

情報収集をして相場を分析する

FXに限らず投資は情報収集が大きな鍵を握ります。為替相場はさまざまなことの影響を受けるのです。それは新聞やニュースなどをチェックすることで少しずつ分かってきます。多くの情報を集めて、それを整理して、さらに分析してみましょう。そうすれば、これから為替相場がどのような動きを示すのか予測できるようになるのです。

また、FXでは過去のチャートを分析することも大切です。同じような状況では同じような動きを繰り返すことが多いからです。このようにできる限りの情報を駆使して今後の相場の動きについて考えていきましょう。きちんと根拠や理屈に基づいて相場の分析をすることが大切です。

取引に使う資金とレバレッジの上限を設ける

FXの専用口座に資金を入れて、それを用いて取引をすることになるのですが、目安としては口座の中にある資金の20%のみを使用するようにするのが良いです。また、レバレッジについては5倍以下で取引をすることが大切です。

FXでは強制ロスカットという仕組みがあります。これは一定割合以上の損失が発生したときに、トレーダーの意志とは関係なく強制的に決済されてしまうとういことです。損失が証拠金の範囲を超えてしまうとロスカットされるのです。したがって、余剰資金を多めに残しておくことが大切なのです。

レバレッジを低めに抑えておくのもロスカットを防ぐためには有効な方法です。

通貨ペアの値動きの傾向を掴む

通貨ペアは常に値動きするため、その傾向を掴んで最高のタイミングで両替をするべきです。通貨ペアの値動きの傾向の掴み方を説明します。

通貨ペアの特徴を知る

FXで取引できる通貨ペアはたくさんあります。それぞれの通貨ペアの傾向を知っておくことによって、自分と相性の良い通貨ペアを見つけましょう。得意な通貨ペアは人によって異なるでしょう。判断基準は、その通貨ペアの動きの傾向を正確に把握して分析できるかどうかです。

通貨ペアはその国の市場が開く時間に影響されます。また、1日の中でも値動きが変動しやすい時間帯が存在するものです。代表的な通貨ペアとして米ドルがあります。こちらは初心者向きといえるでしょう。あまり値動きが荒くないからです。次にユーロが人気を集めています。

英ポンドは殺人通貨という異名を持っており、値動きはとても荒いです。そのため、デイトレーダーから人気を集めています。初心者には向いていません。豪ドルは中国の景気状況の影響を受けやすいです。代表的な通貨ペアの傾向を紹介しました。

取引する通貨ペアは限定する

基本的にFXの通貨ペアは1つに絞るべきです。特に初心者の方はしっかりと情報収集をして、丁寧に分析をして取引をするべきであり、そのためには通貨ペアは1つに限るべきでしょう。どんな通貨ペアから始めたとしても、リスクにさえ注意しておけば成功することは可能です。それでも最初は米ドル円やユーロ米ドルがおすすめです。

まずはどの通貨ペアに集中するのか決めて、その通貨ペアの過去のチャートをチェックしながら、日々の価格の値動きに注目してみましょう。そうすれば、その通貨ペアの傾向のことがだんだん理解できるようになるのです。

損切りをして損失を最小限に留める

FXに限らず投資で大切なことはきちんと損切りをすることです。これはつまりロスカットのことなのですが、FXのロスカットは強制決済のため、自分で判断する損切りとは厳密には異なります。損切りとはある程度の段階で損失を確定してしまうことでリスクを最小限に抑える方法となります。

その際に逆指値という注文指示を出すことが重要です。こちらはいくらの含み損が出たら決済するという指示のことです。相場上昇を待ってマイナスをカバーしようとするのはリスクがある行為なのです。そうではなくて、時には思い切って損失を確定してしまう方がリスクが少ないという考え方もあるのです。

決まったルーティンで取引をする

プロのトレーダーにならない限りは、多くの方は本業の合間に取引をすることになります。この場合、ルーティンを決めておかないと、無駄な時間を過ごしてしまうことになるでしょう。

たとえば平日の夕方から夜までを取引をする時間帯にすると決めておくのです。そして、それ以外の時間帯には情報収集をしたり、トレードの日誌をつける時間にすると決めておきましょう。一度決めたルーティンをずっと維持してください。そうすればFXのために効果的に時間を使うことができるのです。

自分で決めた取引ルールを守る

FXの取引は自分で決めたルールにしたがって行うべきです。ルールを決める際のコツを紹介します。

自分に合ったルールを設ける

ルールを決めておけば、それに毎日したがって行動すればいいため、冷静に取引を進められます。投資で感情的になってしまうと、リスクを無視した行動に出てしまう可能性があるため注意しましょう。それではリスクが高まってしまうため、とても危険です。

たとえば投資に使う資金について明確なルールを定めておきましょう。最低限いくらまで貯金は残しておくと決めたり、前月に余ったお金のみを用いてFXをやるというルールも考えられます。取引の時間についても明確に決めておきましょう。家族や友人との付き合いの時間を作ったり、趣味に打ち込む時間もきちんと確保するべきです。

レバレッジは最高で何倍に設置するのか、損切りはどういうタイミングで行うのかということも決めてください。これからFXを始めたいならば、まずはルールを決めましょう。

ルールを頻繁に変えない

一度決めたルールはしばらく結果が出なかったとしても、すぐに間違いだと判断してはいけません。ルールが自分に合ったものなのかを検証するためには時間がかかるからです。ひょっとしたら長い目で見ると自分に合っているかもしれないのです。

せめて同じルールで半年から1年は続けてみるべきでしょう。そうすれば、そのルールの良いところと悪いところが明確になっていきます。そこで初めてルールの変更を検討してみるべきです。

成功するためのFX会社選びのコツ

FXの会社はたくさんあります。その中から成功につながる会社を選ぶためのポイントをまとめました。

情報量が多い

FXの会社はさまざまな情報を提供してくれます。その情報量が多い方が当然取引には有利となります。これはニュースの配信元が業者ごとに異なっていたり、それを分析したレポートの内容も異なっているからです。情報量が多いと参考にできる情報が増えるため、分析をする際の精度も高まるでしょう。

特に初心者の方は情報量が多い方が、安心して取引を進められます。相場のポイントを教えてくれたり、重要な経済指標や今注目されている通貨ペアについても教えてくれるからです。ニュースやチャートを分析したレポートを公開している業者もあるのです。

少ない資金で取引ができる

FXの取引をする際には最低取引単位に注目しましょう。これが取引をする基本単位となるからです。そして、これは業者ごとに設定金額が異なっています。中には数千円から取引ができるところもあります。特に初心者の方は最初のうちは少ない資金から始めてFXというものに慣れていくことが大切です。

低スプレッドである

スプレッドとは買値と売値の差額のことであり、これを手数料として支払うことになります。手数料が高いと何度も取引をするごとに出費が増えてしまうことになり、スプレッドの分だけ損をしてしまいます。このスプレッドの値は業者ごとに異なっているため、できるだけ低いスプレッドで取引できる業者を探してください。

信頼性がある

FXの業者ごとに信頼性は異なっています。信頼性の基準としては、たとえば取引高です。その業者を利用して取引している方が多いならば、それだけ信用しやすいです。また、口座開設数をチェックすれば、利用している人数を正確に把握できます。証拠金残高は実際に口座に預けているお金の総額であり、これも信用と深く関わるでしょう。

さらに初心者の方は特にサポート体制に注目してみましょう。さまざまな場面でサポートを受けたくなるものです。そんなときには24時間体制でサポートしてくれる業者だと安心できます。

取引のツールが使いやすい

取引に使えるツールやアプリはそれぞれの業者が独自のものを用意しています。これらは使いやすさが異なっているため、注意しましょう。たとえば操作性が高かったり、取引画面が見やすい方がストレスが溜まりにくく、それがFXの結果にも大きく影響するでしょう。

無料でデモ取引ができる業者もたくさんあります。この機会を利用することで、それぞれの業者のツールやアプリをチェックできます。

FX初心者が注意すること

FXの初心者はさまざまな点に気をつけて取引をしなければいけません。初心者が注意するべきことを紹介します。

ギャンブル感覚で取引をしない

FXはギャンブルではないということは肝に銘じておくべきことです。ギャンブルという感覚で行ってしまうと失敗してしまう可能性が高いです。FXは本来投資なのです。そのため、根拠に基づいてきちんと取引をすることによって、リスクを可能な限り減らすことができます。これがギャンブルにない大きなメリットといえるでしょう。

投資として真剣に取り組むべきであり、きちんと情報収集をしたり、過去のデータを集めて分析することが大切です。

慣れないうちは少額での取引する

初心者のうちは必ず少額から取引を始める方が良いです。コツコツと少しずつ利益を増やしていくようにしましょう。資金管理を徹底して、リスクを回避することを何よりも優先するべきです。絶対に大きな損失を出さないことを優先してください。常に資金管理をきちんと行いましょう。

初心者が運任せで大金を注ぎ込んでしまうのはギャンブルをしているのと変わりありません。しかもギャンブルとは異なり、ビギナーズラックで大当たりするということもあまりないのです。あっという間に損をしてしまうことがほとんどのため、初心者は少額のお金のみを取引しましょう。

ロスカットは高めに設定

ロスカットを設定する際にはロスカットレベルを自分で設定することができます。これを高めに設定しておくと少ない損失でもすぐにロスカットされるようになります。もし自分で設定できるサービスの場合は、50から100%以上に設定しておくことをおすすめします。

また、マージンコールといってロスカットの危険を知らせてくれる設定も高めにしておきましょう。危機管理を何よりも優先するべきなのです。

注文方法を確認しておく

FX会社ごとに取引をする際の仕組みは異なっています。どのようにして注文すればいいのか、どのような手順で注文を進めればいいのかを確認しておきましょう。まず最初にそれぞれの業者のシステムに慣れることから始めましょう。そうすればチャンスがきたときにスムーズに取引を始められます。

出入金のルールを理解する

出入金のルールもそれぞれの会社ごとに異なっていることが多いため、そちらを確認してから取引を始めましょう。たとえばクイック入金という便利なシステムが用意されていることが多いです。こちらを利用するとすぐに入金を反映させることができます。一般的には入金よりも出金の方が成約が多いため気をつけてください。

自分なりの方法を確立してFXを成功させよう

FXは自分なりのルールを決めて、それにしたがって取引を進めることが大切です。そうすれば、安定した利益を得ることができるでしょう。自分なりの方法を確立するまでには時間がかかることが多いです。そこを乗り越えることによって、FXで思ったとおりの利益を得られるようになります。

category

記事カテゴリー