FXのスキャルピングで稼ぐ方法とは?損切りを徹底して勝負

FXのスキャルピングで稼ぐ方法とは?損切りを徹底して勝負

LIFE STYLE 2019.02.11

Share :

FXをスキャルピングで始める

普段から、株式などの投資を行う方では、もはや常識と言えるものですが、そもそもFX投資におけるスキャルピングとは、何を表しているのでしょう。スキャルピングが、ごく短い周期で、短時間の取引きを行う事は理解していても、なぜそうした取引は必要なのか、FXを始めたばかりの人では、全く理解できないのではないでしょうか。

そこで、初めてFXでの投資を行っている方や、これからFXでの投資を始めようとされる方の為に、スキャルピングの仕組みと、その運用方法を手短に説明したいと思います。あくまでも投資方法の一つですので、理解しておくという事が一番大切なのです。

そもそもスキャルピングとは

いわゆる、ごく短い周期で取引きを繰り返す方法を、スキャルピングといいますが、FXをスキャルピングで始める前に、まずPipsの事を理解しておきましょう。このPipsとは、FXで表現する最小値幅単位の事を差しており、為替相場の値動きが変動する時には最小の単位があり、この最小値の事を表す数値として、1ピップスといったふうに使うわけです。

スキャルピングは超短期の取引

FXでの短期の投資方法が、スキャルピングの実態である事がおぼろげにわかってきましたが、実際には一般の方が思い描いているよりも、スキャルピングは極端に短い取引です。つまり、スキャルピングとは、ポジションを保有してから決済するまでが、数秒から数分の取引をする事を指しているもので、長くても30分以内で取引きを終えてしまいます。

こうして聞くと、何やら単純な投資のように思えるかもしれませんが、こうした運用方法を繰り返して行う事で、1日に何度も取引を行いながら、利益を上げていくという方法なのです。

トレンドの影響とメンタルに優しいメリット

FX投資を行う上で、スキャルピング取引きにおけるメリットとは、いったいどういった部分にあるのでしょう。スキャルピングが、超短期の取引だという事は理解できましたが、FXを始めたばかりの方であれば、その利点は少し分かりづらいかと思います。

まず、スキャルピングによる利点は、ポジションの保有期間が極端に短いので、仮に間違ったトレンドでエントリーしても、すぐロスカットしてリスクを軽減できるというメリットがあります。常に、短期での取引きを繰り返しますので、ポジションを翌日に持ち越す事は少なく、相場変動の不安を気にする事なく熟睡できるというのもメリットでしょうか。

集中力の低下で大損するデメリット

スキャルピングの場合、決済が早く区切りをつけやすい為、相場を気にしなくて済むというメリットは、会社に勤務されているサラリーマンや、何かと忙しい家庭の主婦などには、かなりのメリットがあるといえます。しかし、スキャルピングはメリットだけではなく、デメリットもある事を考えておく必要があるでしょう。

まずデメリットとして考えられるのは、何回も取引をするので、1回当たりの取引が雑になる事があります。そして、1回当たりの利益が少なく感じてしまいますので、仮に損失がかさんでしまった場合、損失を取り戻すのに苦労するというところです。

FXでスキャルピングに向く人向かない人

FXでのスキャルピングの方法が理解できたところで、そのメリットとデメリットも、それなりにあるという事がわかってきました。簡単に言えば、FXでのスキャルピングで、成功するにはデメリットとなる部分を排除する事で、成功に限りなく近づくという事になります。

ルールを守って取引が続けられる人向け

自分の事は分っているつもりでも、意外と世間や人に流されるといったことはよくある事です。FX投資での、スキャルピングもまた同じで、自分はいつも冷静沈着だからと言って、自信をもつのは時期尚早と言えるものです。では、FX投資におけるスキャルピングに向く人とは、いったいどんなタイプの方が向いているのでしょうか。

まず、向いている人の特徴は、どんな状況でも感情に左右されず、損切りが行えるといった冷静な対処ができるタイプです。また、確実に時間を確保できることも必要で、一定の時間チャートに張り付いておけるというのも、重要なポイントとなってきます。

集中力がなく大きく稼ぎたい人には向かない

一般的によく言われるのが、短気な方は投資にはあまり向いていないといわれています。いわゆる、瞬間湯沸かし器のように、直ぐにかっとなりやすいタイプで、負けを取り戻そうと大きくつぎ込んでしまうというのも、こうした性格の方によく見受けられます。

スキャルピングは、小さな数値を追いかける事も多く、素早い判断で送や集中力が無いと、利益をすぐに逃してしまうという事が考えられます。特に、スキャルピングは、1回での利益となるものは数pipsでしかない事も多く、大きく稼ぎたいのであればスイングトレードなど、中長期の運用をした方がよいでしょう。

スキャルピングのための基礎知識

短気な方や、優柔不断になりがちな方などは、あまりスキャルピングといった、投資方法はあまり向いていません。FXで失敗する方の中には、この短気さと判断力を履き違えている方も、多く見かけられます。

しかし、そうした性格であっても、自らを自制する事で成功する場合もあり、その為にもスキャルピングの基礎知識を、1から学んでおく必要がありそうです。

取引する通貨は流動性の高いものを選ぶ

まず、スキャルピングの性質として、かなり短期での取引きを繰り返さなければならないという事を、まずは念頭に入れておきましょう。なぜかというと、相場そのものに流動性が無ければ、頻繁な値動きが見られませんので、逆に言えば取引チャンスが少ないという事につながってしまうからです。

したがって、FX取引きの中でも、人気の通貨ペアの組み合わせである米ドル/円、ユーロ/円やユーロ/米ドルなど、具体的な通貨を上げておく必要があるわけです。取引き量が多ければ、相場には必ず流動性が生じますので、それだけチャンスがあります。
     

経済指標の日にちや時間の把握

経済指標とは、いわゆる日本経済の経済動向を知るうえで、バロメーターの一つとして重要視されるものです。この経済指標は、各国の政府や日銀あるいは、中央省庁が発表する経済に関連する統計の事で、経済指標はマーケットに大きな影響を及ぼす要因となっています。では、一般人である私たちが、こうした経済指標を把握するには、どうすればよいのでしょうか。

実は、経済指標の日にちや時間の把握は、個人でも容易に知る事ができ、発表される日にちや時間帯は決まっている事をご存じでしょうか。これは、取引会社などが、カレンダーを作成していますので、いつでも把握することができます。

取引する時間帯と市場の特徴

さて、スキャルピングの性質を理解したうえで、効率よく取引きを行っていく為には、まず取引する時間帯と市場の特徴を、知っておく必要があります。その理由としては、各市場の時間帯と特徴を表でまとめる事によって、各取引き所の性格を把握しやすいというメリットがあるからです。

有力な取引き市場一覧と特徴

   ・ロンドン市場

  ・16:00~22:00 経済指標の発表により値動きが大きいのが特徴
   ・東京市場    ・8:00~ 17:00  取引量が少なくゆっくりとした値動きが特徴
   ・NY市場    ・21:00~6:00 トレンドに沿った変動をしやすいのが特徴

 

ファンダメンタルズよりテクニカル分析

ファンダメンタルズとは、経済の基礎的条件と称されるもので、国や企業などの経済状態などを表す指標を差しています。ファンダメンタルズの分析は、経済指標などの要因から、未来の相場を予想する手法として、利用する事ができます。

この場合、スキャルピングは、瞬間の取引なので、ファンダメンタルズは特に気にする必要はありません。ちなみに、テクニカル分析とは、様々な手法がありますが、簡単に言ってしまえば、チャートによる過去の価格と値動きを参照し、将来的に見た方向性や価格などを予想する手法の事を言います。

スキャルピングで勝つためのポイント

スキャルピングは、短期で利ザヤを稼き、少額の儲けを積み重ねていく事です。しかし、相場は常に変動していますので、投資のタイミングによっては、逆に損をしてしまう可能性もあります。これは、本人の性格や判断力が劣るものではなく、いわゆる相場の流れに乗れなかったといわれるものです。

したがって、FXで常に勝ちづづける為には、失敗を恐れず速やかに損切りを敢行し、マイナス分を減らしていく事こそが重要な要素と言えるでしょう。それ以外にも、スキャルピングで勝つ為のポイントは、いくつか挙げる事ができます。

取引コストが安い所でFXの口座開設

マイナス分を減らし、収益を上げていく事は、投資の世界では最も大切な要素として、重要視される事ですが、コストパフォーマンスを考えて、投資方法を見直すというのも、重要な要素となってきます。例えば、取引コストが安い所で、FXの口座開設を行う事によって、手数料を抑える事ができますので、少しの値動きでも利益を出す事が可能となります。

その為、スプレッドが小さくとも、利益につなげる事ができます。どうしても、取引回数が多くなってしまいますので、FX口座の開設には、取引手数料が安い所が良いという事になるわけです。

得意な相場を見つけて取引

何事も慣れというものは必要で、昔からよく習うより慣れろといったことわざは、言い得て妙と言えるのではないでしょうか。FXのスキャルピングも同様で、自分のスタンスやスタイルを作り出せれば、ある程度の勝ち筋も見えてくるというものです。

そこで、得意な相場を見つけて取引を行うといった、スタイルを身につけてみてはいかがでしょうか。例えば、1分足など短い時間軸のローソクで、移動平均のパターンなどからルールを作るのもよいでしょう。ただし、同じスキャルピングでも、トレンド相場を狙う場合や、レンジ相場を狙う場合とでは違ってきます。

勝率よりも損益率で取引を判断

よく相場は生き物と言われますが、相場の変動は熟練者でも予想だにしない事が起こる場合もあります。ましてや、FX投資の経験が浅ければ、それだけリスクを負う可能性も大きくなる為、投資にはそれだけ繊細な注意が必要となります。まず、重要な事は、投資によって資金を増やす事にあります。

その為には、たとえ勝率が99勝1敗でも、1敗の損益が大きければ意味がないという事を、頭に入れておかなければなりません。これを一言で言うならば、損小利大を目指して取引をするという事になります。

昼間も取引したいなら自動売買

FX取引きの手法の一つとして、自動売買システムを利用するといった方法があります。自動売買とは、インターネットを介して、パソコンで自動的に取引きを行うもので、取引ルールは自分で細かく設定できるといったメリットがあります。

そのほかのメリットとしては、まず取引を行う為に、画面に張り付く必要が無くなりますので、おのずと時間に余裕が生まれて来る事になります。また、自動売買ならば、本業が忙しいサラリーマンや、育児や家事にと忙しい主婦の方であっても、自動的に昼間でも取引をしてくれるというメリットがあります。

FXのスキャルピングにおすすめの業者3選

FXでのスキャルピングが把握できたところで、取引きに際しては決して短気にならず、冷静な判断を行う事が大切とわかってきました。さらに、効率よくスキャルピングを行う為に、自分自身の独自の取引パターンを確立させる事も大切です。

その為にも、少しでもスキャルピングの効果を高める為に、FX業者の選定にも細心の注意を払う必要があるようです。そこで、取引きを効果的に行う為にも、特にFXのスキャルピングにおすすめの業者を、3社ほどご紹介しましょう。初心者にもお勧めできますので、ぜひFX投資のご参考にして下さい。

1日何回でも取引できる「JFX」

JFX株式会社は、スキャルピングが可能と公言するほど、このスキャルピング取引きを推奨するほど、スピードに長けたFX取引き所と言えるでしょう。実際に、利用されている方の実情を見ると、99.9%の約定能力で、約定スピードは最大0.001秒といますから、かなりの速さの取引きが期待できます。

基本的には、一般のFX取引き所と同じ機能を有していますが、お客様サポートなど充実しており、簡単な疑問から何らかの不具合が生じてしまった場合など、専用のフォームで問い合わせを行う事ができます。サイト内にQ&Aがありますので、初めての方でも分かりやすくなっています。

チャートの分析ツールが豊富「GMOクリック証券」

テクニカル分析サービスに、定評のあるGMOクリック証券は、パワーユーザー向けに特化した取引ツールが充実しており、複数のテクニカル分析を一つのチャート上で表示できる事が自慢の一つです。操作方法も、かなり簡単に行えるのもかなり有利で、ワンクリックで簡単に注文ができますので、ストレスのないスピーディな取引きを行う事ができます。

これは、GMOクリック証券が、操作性を重視する傾向の高いリッチクライアント型の、次世代FX取引きツールを採用している為で、このツールを利用したいが為に入会される方も多いと言います。

オリコンで満足度1位「ヒロセ通商」

オリコンとは、本来ミュージック関連の人気度を測る指標の一つですが、現在ではあらゆる部門でこのオリコンというシステムが使われるようになりました。オリコンは、いわゆる統計学に基づいて行われるもので、正確な人気度を測ることができるものです。

2018年のオリコン顧客満足度調査で、FX取引・FX専門業者の分野において、3年連続1位となったのもこのヒロセ通商で、それだけFX利用者に広く親しまれている事を意味しています。
スプレッドは小さく、原則固定ですので慣れている方にとっては、非常に見やすいものとなっています。

ビットコインFXでもスキャルピング

ビットコインFXとは、ドル建てやユーロ建てなどのペア通貨でFX取引き行うのではなく、こうした取引きのペア相手を、ビットコインで行うというものです。ご存じの方も多いかと思いますが、ビットコインの市場は、かなり激しく価格の変動が起こる事が多く、それだけ利益を得るチャンスが多いという事にもなります。

そこで、FXの方式をビットコインの取引きに応用し、ビットコインFXでもスキャルピングが、かなり有効だという事がわかってきました。基本的な取引き方法は、FXのスキャルピングと同様ですが、ビットコイン取引きには少々コツがいるようです。

稼ぐのに必要なコツは外貨のFXと一緒

どの投資方法でも言える事ですが、取引きにおいては決して私情を挟む事なく、ルールを決めて取引を行う事が重要なポイントとなってきます。外貨でのFX取引きと同様に、スキャルピングでは取引き数を多く繰り返して行きますので、冷静な対処と冷静な判断が必要となってくるからです。

基本的には、ご自分の資金額を、いかにして増やしていくかが課題となりますが、稼ぐのに必要なコツは外貨のFXと一緒とお考え下さい。したがって、FX取引き所と同様に、ビットコインの場合も、低スプレッドで手数料が安い取引所を使う事をお勧めします。

価格変動の激しさには注意

ビットコインは外貨のFXよりも、値動きが著しく変動しやすいという事もあり、そこに目を付けたFXの投資家たちが、スキャルピングによって、効率よく利益を得ようという動きが活発になってきました。確かに、ビットコインFXは、価格変動が顕著に表れやすいという事もあり、それだけ投資家たちには利益を得るチャンスがあるという事です。

ただし、ビットコインの市場は、まだまだ安定したものとは言えないのが現状で、暴騰暴落をしやすい、または流動性が高いとは判断しにくい部分が多く、約定率の高い取引所を選ばないと、損をする可能性がある事を覚えておきましょう。

FXのスキャルピングで堅実に利益の積み重ねを

FX取引きでの、スキャルピングを行うには、まず取引き方法をしっかりと把握して、スキャルピングに有利な取引き上選択しておくのが大切です。基本的にスキャルピングは、利益の積み重ねというスタンスを忘れずに、冷静に確実に利益を得ていく事を目標としましょう。

category

記事カテゴリー