仕事ができる人には共通点がある!上司として必要な能力とは

仕事ができる人には共通点がある!上司として必要な能力とは

BUSINESS 2018.12.31

Share :

仕事ができる人には共通点がある

世の中には、同じ仕事を任されたとしても、手早くできる人とそうでない人がいます。しかしながら同じ人間なのに何が違うのでしょうか?できる人にはある特徴があります。時間を有効に使い、効率的に仕事を勧めることが出来ます。休日の使い方も上手で、趣味をたくさん持っています。常に好奇心旺盛で、視野が広く、部下からの信頼が厚いです。上に立っているからと、威張ることもさほどなく、いつも謙虚で素直さを忘れません。その特徴を真似することで、出来ない人も出来る人に近づき、そして、出来る人へとなれるのではないでしょうか。この記事では、出来る人がやっている良い習慣ともいえることを紹介していきたいと思います。

仕事ができる人に共通する特徴

仕事が出来る人にはある共通点があります。決して手抜きをしているわけではないけれども、とにかく仕事が早いということが、まず挙げられます。時間を無駄に使わず、期限内にテキパキと仕事を仕上げてしまうのはもちろん、その内容にも抜け目なく、しっかりとしています。彼らの特徴を覚えて、真似をすることから始めれば、あなたも仕事が出来る人になれるでしょう。そこで、仕事が出来る人の共通点をまとめてみました。

仕事を効率化して進めることができる 

仕事が出来る人は、深夜まで残業したり、昼食中にパソコンを広げて仕事をしたりはしません。日々スケジュールを組み立てることによって、上手に時間配分を行い、仕事を効率的に行います。自分のキャパシティーを知り、無理のないスケジュールを組むことによって、日々のタスクに追われず、その日の仕事はその日の時間内に終えることが出来るようにしています。そうすることによって、翌日に仕事を延期しないので、急な用事が入っても、翌日のスケジュールに組み込むことが出来ます。作業によっては時間のかかる作業もあるのですが、仕事が出来る人は素早く動くことが出来ます。デスクの上や引き出しの中、パソコンのファイルもきちんと整理整頓されています。

人材紹介・転職なら「マイナビエージェント」転職・求職者募集プログラム

冷静な判断力と決断力がある

世の中には何を決めるにも時間のかかる人がいます。ランチでさえも素早く決断できない人は重要な仕事での決断も出来ません。仕事が出来る人は、素早い決断力と実行力があります。忙しそうにバタバタと動き回っている人は、ミスも多く、その結果、次から次へと来る仕事が溜まっていってしまいます。仕事が出来る人は、忙しい中でも、今現在の状況を冷静に判断し、観察し、把握することが可能なうえに、優先順位をつけて一つずつ仕事を片付けられるのでバタバタすることがありません。そのため、常に余裕とゆとりがあり、達成感があるためさらに冷静な判断力と決断力がうまれます。

トラブルに強く迅速に対応できる

トラブルが起きると、途端に平常心を失って焦ってしまい、パニックに陥る人がいます。パニックに陥ってしまっているので、普通に判断することも難しく、問題をより複雑に考えてしまうのです。トラブルや緊急事態というのは、その複雑さ、困難さが増すほど、それに対応する人の本質が問われるものです。仕事が出来る人は、複雑な問題などは、その複雑に絡み合った問題をシンプルなものにして考えることが出来ます。物事を全体的にとらえて、判断し、トラブルには迅速に、的確に対応し解決の策を見つけることが出来ます。

集中力があり記憶力が優れている 

仕事が出来る人は、例外なく集中力がとても高いです。周囲への気配りや、上司・部下とのコミュニケーションを重視するので、自分の仕事はなるべく短時間で仕上げます。集中力が高まれば高まるほど仕事の精度が上がり、処理時間も短時間で済みます。マルチタスクで仕事をしていても、切り替えが早く、そのつど頭の中を切り替えるので、常に一点に集中できています。

広い視野で仕事全体を見渡せる

できる人は、常に全体を客観的に見渡しています。視野が広いと言いうことは、物事の全体像が見えるということで、普通の人が気づかないようなところも気づくことが出来ます。視野が広い人は偏見がありません。自分のことを真剣に見つめることが出来ているので、物事を判断する時に、自分の感情が入ったり、思い込みや先入観もありません。また、経験が豊富なことから、正しい情報をいっぱい持っていて、他人の意見をも受け入れ、思い込みではなく、物事を冷静に客観的に判断することが出来ます。ですので、上司や部下などから信頼され、仕事においては高い評価を得ることが出来ます。

謙虚さと素直さを持ち合わせている

仕事ができる人は何事も学びと捉えて、素直に自分の中に落とし入れます。 自分の意見を押し通すことはせず、相手の意見を最後まで聞きます。腰が低く威張ることもしません。立場が上になると謙虚さを忘れがちですが、できる人は常に謙虚で、誰かに何かをしてもらったときは、立場に関係なく「ありがとう」と感謝の気持ちを忘れません。

仕事ができる人の特徴

仕事を効率化して進めることが出来る

冷静な決断力と判断力がある
トラブルに強く迅速に対応できる
集中力があり記憶力が優れている
広い視野で仕事全体を見渡せる
謙虚さと素直さを持ち合わせている

 

上司として必要な能力

部下に信頼される上司とは、どのような能力が必要とされるのでしょうか。出来る人になったら、次は上司として必要とされる能力が問われます。部下よりも仕事が早いのはもとろん、今、何が起こっているのか、部下は何が言いたいか、部下に伝えるべきことは何か、など、物事をロジカルに考えて、高度なコミュニケーション能力をもって対応しなければなりません。

高いコミュニケーション能力が必要不可欠

コミュニケーション能力とは社会において他社と関りを持つために必要な能力です。今やソーシャルスキルの一つです。=ソーシャルスキルともいえるでしょう。人間関係を築き、情報を交換し合い、共有し、相手に働きかけることがビジネスシーンでも必要な基本的なスキルです。自分の伝えたいことを相手に的確に伝え、相手の意見や気持ちを理解し、時には場の空気を読むことも大切です。相手があってこその自分です。

自分の伝えたい事を相手に伝える能力

「仕事」は1人では成立しません。同じ職場のみならず、他の部署や、他社とのコミュニケーションも大事です。特に上司という立場ともなれば、高度なコミュニケーション能力が問われます。自分の伝えたいことを部下に理解させる力が無ければ意味がありません。歌えたい内容を正確に適切な方法で効率的に伝えることが大切です。

相手の言いたい事を理解する能力 

コミュニケーションは相手からも刺激を受けて、自分をも成長させることが出来うるものです。相手が本当に伝えたいことは何なのかを理解できなければ、いい仕事は出来ません。相手の質問の意味などを深く理解することで、上司として+αの回答が出来るようになります。相手の意見を聞くだけでなく、質問などをして自分から理解できるようにする姿勢が大事です。

周りの空気を読む能力

空気を読むということは、非言語的コミュニケーションのことを言います。上司の立場になったら、状況を広い視野で客観的に見て、周囲の雰囲気を素早く感じ取ったり、相手の状況などを考慮し気遣いが出来るようにすることが大切です。相手の表情、声のトーン、文脈、背景状況などの言葉以外の情報から、周りの雰囲気を感じ取り、物事をみる能力です。上司がみんなの状況を把握し、意見を柔軟に取り入れることで、仕事の効率が上がります。

高い観察力を身に付ける

洞察力が高いということは、物事を深く鋭く観察する能力が高いということです。周りのことを注意深く観察することで、今何が起こっているのかを瞬時に理解し、常に一歩先を見据えて考え行動することが出来るので、危機管理能力に優れているため、上司としては持っておきたいスキルです。高い観察力は場の空気を読むうえでも大切です。先入観を取り払い、状況を注意深く観察するように意識することが大事です。    

知識や経験を増やして直観力を高める  

良く考えて答えを出すことも大事ですが、成功者の多くは自分の直感力を信じて行動しています。直感とは自分が経験してきた事をもとに引き出されます。直感力を鍛えるには、新しい経験を積み重ねることです。いったことのない場所や、食べたことのない食べ物を食べてみるなど、新しい経験を積むことです。そして、一日に一回リラックスして、出来れば瞑想をして、頭の中をリセットする習慣も大事です。 

物事を論理的に考えるロジカル思考力が必要不可欠

物事を論理的に考える力とは、事実を正しく認識して、問題点・課題点を明らかにし、その解決策を見つける力です。論理的思考が無ければ,物事を正しく理解して、自分の智恵、知識として身につけることが出来ません。仕事で成果を得るためにはこの論理的な思考が必要不可欠と言えます。  

知的好奇心を持ち続ける 

洞察力を高めるためには、好奇心旺盛で何にでも興味を持ち続けることが大事です。いろんなことに興味を持つことで、話題が豊富になり、ユーモアにあふれてきます。いろんなことに興味を持ち、何かを注意深く見ることが出来るので気づきも多く、本物を見極められるようになります。また、知識や経験が豊富なほど、いろんな人と多種多様な雑談が出来るようになり、交友関係も広がります。

仕事とプライベートの切り替えが効率を高める-

仕事ができる人は、オンとオフの切り替えがはっきりしていて、またその切り替えも上手です。仕事の時は仕事に集中して、休日などのプライベートの時間は趣味などを楽しむ余裕があり、時間の使い方の工夫が出来ます。仕事ができる人ほど、趣味が多種多様で遊びにも工夫があります。

気持ちがいつもリフレッシュされているので家に仕事を持ち帰るなどして、休日も仕事をするようなことはしません。オンとオフの切り替えが早ければ、いざとなった時に良いアイディアが出てきやすくなります。ここぞという場面で、スイッチをオンに素早く切り替えできるので、効率よく仕事が出来ます。

仕事ができる人こそ大切なスーツの着こなし術

出来る人はスーツの着こなしもビシッと、カッコよく決めて見た目も重視しています。スーツ姿にも誠実さが必要不可欠です。また、スーツはもともと欧米人の体系に合うように作られているので、スーツが良く似合うかっこいい体系作りも大事です。

自分に合ったスーツのサイズを見極める

せっかくいいスーツを購入しても、サイズが合わなかったり、お腹が出ていたりしては、残念です。スーツを選ぶ時は、出来る人が選ぶスーツのポイントをまとめました。最小限これだけは押さえましょう。また、自分では自分に似合うスーツがわからない時もあります。そんな時は、専門店の店員さんにベストなスーツ選びを手伝ってもらいましょう。

小さめジャストフィットでデキる感を演出   

正しいスーツのサイズ選びは、自分では少し小さめかも、と思うくらいがちょうどいい。スーツ姿がコンパクトに見えると、フットワークが軽く、気が利く人だという好印象を得られます。今の時代はスピードが大事なので、こういった印象は大事です。かといって、小さすぎてもい切りすぎな感じを与えるので気をつけましょう。着丈はお尻がぎりぎり隠れるくらいのものを選びましょう。

ジャケットのボタンを留めてサイズを確認   

サイズがあっているかどうかは、ボタンを留めてチェックします。縦にしわが出れば大きめ、横にしわが出来れば小さめ、シワが出なければジャストサイズとなります。 ボタンを留めたときに、vゾーンに握りこぶしが1個入るくらいがちょうどいいサイズです。

袖口からシャツのチラ見せが着こなしの基本   

洗練されたスーツの着こなしでは、袖口からシャツをチラ見セするのが基本です。理想は、袖口から1cm前後見えているのがベストです。オーダーメイドの場合にしかできないことではありません。シャツを購入しに行くときには、普段来ているジャケットを持っていき、試着するのがベストです。同じ既製のシャツでも、首回りと着丈が自分に合ったものを選べるお店や、ブランドがおススメです。

また、洗練されたスーツを着こなすためには、シャツも手は抜いてはいけません。シャツはアイロンの手間を省いたり、クリーニングが面倒だからとかの理由で「ポリエステル混合シャツ」を選ぶのはお勧めできません。シャツは断然、「100%コットン素材のシャツ」がおすすめです。手間はかかりますが、蒸れるなどの心配もありません。

スラックスの丈の調整まで気を抜かない   

スラックスの裾上げは、ダブルとシングルがありますが、ビジネスシーンでは断然シングルでしょう。スラックスの裾上げは重要です。人は「足元を見る」とよく言いますが、せっかくオーダーメイドのいいスーツを着ていても、裾が適切な長さでないと、全体のバランスが悪くなってしまい、スーツ本来のシルエットも崩れます。店内でフィッティングする際は、あらかじめ用意された靴を履いてするのではなく、自分が普段履いている靴を履いて、全体のバランスをみるのが大事です。スラックスのウエストを合わせることも忘れずに行います。ローライズになったりしないようにベルトは必ず装着しましょう。

オーソドックスで洗練されたスーツスタイル

オーソドックスで洗練されたスーツスタイルは堅い業界のビジネスシーンで活躍できます。最もオーソドックスなスーツと言えばネイビーカラーのスーツです。ネイビーカラーのスーツはビジネスパーソンにとって欠かせない定番スタイルです。中でも王道は、ダークネイビーのスリーピーススーツにセミワイドカラーの白シャツ、ネイビーの小紋タイの 組み合わせです。商談相手などが保守的な場合はあえてシンプルな着こなしがベスト。威圧感を与えない細身のスーツにレギュラーカラーの白シャツ、スーツと同系色のソリッドタイをチョイスすることで、シャープで知的・誠実な印象を与えるでしょう。ポケットチーフは一般化していない業界もあるのであえて使わないほうがより実践的です。

スーツの似合う身体作りが着こなしの決め手

スーツはもともと西洋人の体系に合うように作られています。日本人は西洋人に比べると、身体の後ろ側の筋肉が発達していません。ですから、スーツが前側に引っ張られてしまい、同時に、後ろ側の筋肉が弱いということは猫背になりやすく、姿勢が崩れてしまいます。下半身も後ろ側の筋肉が重要です。肩幅を広く見せるには、僧帽筋、三角筋。広背筋は男らしい背中を作り、スーツが前側に垂れるのを防ぎます。大胸筋は前側の張りを作り、上腕二頭筋は力強い腕を強調し、腹筋・背筋は姿勢を正します。ハムストリングス、大臀筋は、引き締まったお尻を作ります。まんべん身体の中心と後ろ側の筋肉をまず鍛えて、姿勢を良くするのが大切です。 

部下から尊敬される仕事ができる人になろう

「仕事」は人と人の信頼関係の上に成り立つものだと思います。部下から信頼され、尊敬されるためには、円滑なコミュニケーション能力を身につけ、仕事を効率よく行わなければいけません。そのためには、知識と経験を増やし、視野を広げ、好奇心を常に持ち続けて、物の本質を見極め、観察力・洞察力を研ぎ澄まし、トラブルにおいても、迅速に正しく行動できるようにしなければなりません。このように行動するためには、オンとオフの切り替えもきちんとして、いつも頭の中をフレッシュな状態でいることや、人間的にも、謙虚さと素直さを忘れずにおくことが大切です。また、出来る人は洗練されたスーツの着こなしも大事です。威圧感を与えない程度のオーソドックスなネイビースーツが良いでしょう。まずは見た目も大事です。以上のことを頭に入れて部下から尊敬・信頼される上司を目指しましょう。

category

記事カテゴリー