プロテインの効率の良い保存方法とは?容器や保存場所も併せて解説

プロテインの効率の良い保存方法とは?容器や保存場所も併せて解説

TRAINING 2019.02.22

Share :

プロテインはどのくらいの期間保存できるのか

プロテインはどのくらいの期間保存できると考えておくことができるのでしょうか?例えばプロテインからできている肉や魚をそのままにしておくと腐ってしまいますので、プロテインも適切な方法で保存をしておかないと劣化が早くなる可能性が考えられます。

劣化した状態のプロテインを摂取してしまうと効果がないばかりでなくて体にマイナスの効果を与えることも考えられますのでその点も注意が必要です。

プロテインを保存する時のポイント

プロテインを保存するときのポイントは以下の様にとらえておくといいでしょう。ちょっとしたケアや工夫をすることによって、プロテインの効果を損ねることなく長期間保存することが可能になってきますので、実践してみるといいでしょう。

涼しい場所に保管する

プロテインを保存する場合には、ダニの発生を防止するために、必ず25度以下の場所に保存することを心がけることがポイントです。直射日光によってプロテインの機能が損なわれてしまう可能性も考えられますので、遮光して保存するようにするといいでしょう。

雑菌などが繁殖しないようにできるだけ高温多湿の環境は避けなければなりません。例えば冷蔵庫のような涼しくて光が当たらない場所は保存するのに最適であると考えておいていいでしょう。プロテインは生ものであるということを常に意識しておくようにすることが肝要です。

開封後は口をしっかりと閉めて早めに飲む

プロテインにはいわゆる使用期限が定められていますので、その期限内にプロテインを使い切ることは言うでもありませんが、使用期限はプロテインの封を決まるまでの期間と考えておかなくてはなりません。ですから、封を切ったら、少なくとも3か月以内にすべてのプロテインを使い切るようにすることが肝要です。

封を切った後はプロテインの袋に空気が入らないように注意しながら保存するようにするといいでしょう。しっかりと袋の口が閉まるように工夫してプロテインを保存するようにするのがおすすめです。袋からプロテインを取り出したら、すぐに封をするようにするとプロテインが長持ちしやすくなります。

密封容器に移し替える

プロテインの封を切ったらすぐに密封容器に保存するようにすれば、袋の口の管理がしやすくなります。容器はプロテインをうつす前にキレイに洗浄しておくようにすることが必要です。容器を清潔にしておかないと、プロテインがそれによって劣化してしまうことも考えられます。

密封容器に保存をした場合も、プロテインを取り出したらすぐに容器に蓋をするようにすることも必要です。密封容器に移したとしてもそれで安心することなく3か月以内にすべてのプロテインを使い切るようにすることが必要です。

珪藻土スティックを活用する

プロテインの封を切ったらそれをすぐに密封容器に保存するだけでなくプロテインを湿気から守ることも必要になります。湿度が高くなってしまうと途端にプロテインが劣化する可能性がでてきますので、プロテインを保存する容器の中に乾燥材を入れるようにすることもおすすめです。

いろいろな素材の乾燥材が市販されていますが、プロテインへのにおいなどが付かないといことで珪藻土素材の乾燥剤が広く用いられるようになっています。湿度が上昇してしまう梅雨時は特に十分な乾燥材を保存容器に入れておくようにすることがおすすめです。

プロテインの保存におすすめの容器

プロテインの保存に最適な容器は密封可能であるという事です。その基準を最優先して保存容器を選ぶようにすることがおすすめです。密封可能であれば、それほど高額な容器である必要はありません。

ニトリ フレッシュロック角型

ニトリ フレッシュロック角型は透明タイプの容器なので、中身を確認することができるというメリットがあります。プロテインの状態を保存したまま確認できるというメリットをもっています。パッキンが内臓されていますので、しっかりと密封することが出来るという特徴も兼ね備えています。

洗浄などもしやすい仕様となっていますし、それほど容器の値段が高くはありませんので、容器が古くなってしまったら新しい物に買い替えることもそれほど大きな負担にはならないという特徴もあります。使いやすさから多くの人がプロテインの保存に活用しています。

Myprotein サプリメント用ボトル

Myprotein サプリメント用ボトルにプロテインを保存すれば、直射日光からプロテインを守ることが可能になります。ネジまき式の便が採用されていますので、密封状態を確実にキープすることが出来るようになります。ネジの開け閉めでプロテインの取り出しが可能になりますので、非常に使いやすい仕様となっています。

ボトルタイプですので、携帯にも便利ですので、例えば外出先でもプロテインを摂取することを可能にしてくれます。透明タイプの容器をチョイスすれば、プロテインの保存状態を確認することも可能です。

タケヤ化学工業 フレッシュロック角型1.4l

タケヤ化学工業 フレッシュロック角型1.4lは酸性やアルカリ性の状態に対して耐性をもっているPET樹脂によって作られていますので、プロテインの劣化が起こりにくい状態を約束してくれる保存容器です。クリアタイプの素材が使われていますので、中身を簡単に確認することができますので非常に便利です。

蓋はしっかりと密封して閉めることができますので、安心してプロテインを保管することが出来るようになります。瓶の洗浄が容易な構造となっています。液体の保存も可能なので、液体タイプのプロテインの保存も可能にしてくれます。

プロテインの保存をする時の注意点

プロテインの保存をする場合の注意点は下記の様になっていますので、しっかりと留意しながら、プロテインの劣化を防いでみるといいでしょう。大事なことは必要量をこまめに用意して摂取するということになります。

大量に作り置きはしない

プロテインを保管する場合には粉の状態で保管することがおすすめです。溶液の状態でプロテインを保管するとプロテインの酸化が起きてしまったり、カビや菌が繁殖してしまうことが考えられます。プロテインを溶かす場合には手間がかかってしまう部分もあるのですが、必要量を毎回使うようにすることがおすすめです。

粉の状態のプロテインはできるだけ衛生的に問題がなく、密封された空間に保管するようにするといいでしょう。保管する場所の環境によって、大幅にプロテインの劣化のスピードが変わってきてしまいますので注意するといいでしょう。

途中で常温に切り替えない

プロテインを保管する場合には冷所に保存することは大変オススメなのですが、例えば冷蔵庫などにプロテインを保管している場合には、常温に戻すことは避けたほうがいいでしょう。プロテインを常温においてしまうと湿気を吸いやすくなってしまいますので、プロテインの劣化を促進する結果になることも考えられます。

プロテインは基本的に冷蔵庫などの冷所で保管して、必要になった段階で常温に戻すようにするのが最適な使い方であると考えておくようにするといいでしょう。冷蔵庫に保管している場合でも封を切ったら3か月以内でプロテインは使い切るようにすることも必要です。

正しい保存方法でプロテインを湿気やダニから守ろう

プロテインは保管の方法によって大幅に劣化のスピードが変わってきてしまいますので、プロ店の劣化を避けるために冷暗所で保管することがおすすめです。また湿度によってもプロテインは劣化してしまいますので、湿度対策も考えなくてはなりません。更には、ダニは非常にプロテインを好みますので、ダニ対策も必要です。

category

記事カテゴリー